新幹線 コロナ。 新幹線の車内 換気はどうなっているのか? 窓は開かないが… 新型コロナ対策は

新幹線の新型コロナ感染リスクや危険性は?対策や予防方法も

新幹線 コロナ

夏本番を控え、例年なら夏休みの計画を立てた人が多いだろうが、今年は新型コロナが気にかかって決断しにくい。 だが、「ゴールデンウイークはステイホームを余儀なくされたので、夏こそは旅に出たい」という人は多いはず。 どんな旅が可能なのか探った。 7月上旬現在、政府は「外国への渡航は自粛か中止すべし」としており、外国政府の多くも入国条件を厳格化したまま。 渡航医学に詳しい東京医科大の濱田篤郎教授に夏休みの見通しを聞いた。 「世界的に見れば、新型コロナウイルス感染症はまだまだ拡大し続けています。 ほぼ収束したといわれる地域のうち、雨期に入る東南アジアの一部では屋内で過ごすことが多くなるので再拡大する可能性があります。 従来のコロナウイルスに起因する風邪は寒い季節に流行することを考えると、これから冬を迎えるオーストラリアやニュージーランドは、外国人の受け入れを再開するタイミングで流行が再び拡大の恐れがあります」 欧州連合(EU)の欧州委員会は6月30日、EU加盟国に対して「日本など15カ国に住む人の受け入れを7月1日以降、始めるべきだ」とする方針を発表した。 実際に渡航を解禁する対象国は各加盟国が決める。 発表文には「(対象国を決める際、加盟国は)相互主義に留意すべきだ」とあり、日本人がEU加盟国に渡航できるようになるには、日本政府がEU住民の受け入れを再開する必要がある。 日本政府はオーストラリア、タイ、ニュージーランド、ベトナムの4カ国とビジネス渡航者の再開を協議しており、EUに関しては未定だ。 国内旅行の移動手段として、感染するリスクが低い自家用車を選ぶ人が多そうだ。

次の

新型コロナウイルス対策に飛行機・新幹線はどの座席?通勤電車では?

新幹線 コロナ

外出自粛の影響で、自然に減っている可能性が高い項目ではあるのだが……。 前出の家計の節約に詳しいファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏はこう解説する。 需給のバランスが崩れ、品薄になっている店舗もあるのでこまめにチェックしたい。 「通勤定期の買い方についてはこれから慎重になったほうがいいですね。 テレワークに舵を切らざるをえなくなったことで、出勤する日数は減少するケースが増えてきます。 6カ月定期を購入していた場合、出勤が減少するなら解約を考えたほうがいいかもしれません。 1カ月定期も少なくとも15日くらいは出社しないと元が取れないため(鉄道会社によって異なる)、定期より回数券のほうが効率がよくなる可能性もある。 少なくとも損にはならないよう注意を払いたいところです」 新型コロナウイルスの影響は生活に思わぬ変化をもたらしつつある。 例えば、自動車代。 少し前までは「自家用車を手放し、必要なときだけカーシェアリングやタクシーを使う」という節約方法が定番だった。 駐車場代やガソリン代、車検費用などの維持費を考えれば、依然としてそのほうが割安なのは確かだが、「感染リスクを考えると、カーシェアリングやタクシーの利用がためらわれる」という別の要素が浮上した。 「カーシェアリングやタクシーに切り替えるかどうかは確かに節約につながるものの、今は焦って決めなくてもいいように思います。 会員登録すると、サイクルポートにある自転車を誰でも借りられるという仕組みである。 「私は、月額2200円払えば最初の30分以内が無料になる月額会員になっています。 自宅の近所にあるサイクルポートで自転車を借り、最寄り駅まで移動したり、商店街まで行ってパッと短時間で買い物をするといった使い方ができる。 タクシーを使う回数が大きく減っただけでも元が取れますし、運動不足解消にもなるので一石二鳥ですね」 一方、マネー事情に詳しいライターの山野祐介氏が注目するのは「」だという。 「新型コロナで遠出を自粛する動きが広がり、期限の限られたJRや私鉄の新幹線などの特急回数券や株主優待券が大きく値崩れしています。 「金券ショップの流通の多い商品である航空会社の株主優待券(国内航空券が半額で購入できる)もこれまで見たことのないような価格で出ています。 ANAの株主優待券が相場の半額以下の2000円台での販売例もありました。 JALの株主優待券も価格は下がっています。 利用する予定がある人は今が買いといえると思います」 新型コロナによる影響がいつ収束するのか予想が難しいが、自身の予定と照らし合わせ、期間を確認したうえで賢い買い物をしたいものだ。

次の

東京駅新幹線ホームは人影まばら…コロナ下のお盆帰省シーズン入り

新幹線 コロナ

大型連休が始まっても閑散としていた東海道新幹線のホーム=JR東京駅で2020年4月25日、幾島健太郎撮影 新型コロナウイルス対策で、新幹線の定期列車の運休が相次いでいる。 4月に緊急事態宣言が出されても定期列車は通常通り走っていたが、ここにきて対応が変わった。 一方、在来線については、首都圏ではほとんどが通常ダイヤを維持している。 なぜ対応が分かれるのか、その背景を探った。 【山本佳孝】 JR東日本は28日から東北や上越、北陸などの各新幹線と一部の在来線特急について、定期列車の運行本数を最大5割削減する。 深沢祐二社長は12日の記者会見で「利用の減少に加え、予約のキャンセルが続いている」と理由を述べた。 JR東海、西日本も11日から東海道、山陽両新幹線の定期列車を一部運休し、平日は2~3割の減便としている。 JR九州は4月から始めていた九州新幹線の運休を同日に拡大し、定期列車は現在、通常の7割ほどの運行となっている。 新幹線の定期列車は新型コロナの感染が広がっても、運行計画に大きな変更はなかった。 連休中など乗客が多い時に走る臨時列車こそ運休となったが、ほとんどの定期列車は通常ダイヤが維持されてきた。 緊急事態宣言が発令された4月7日、深沢社長は会見で「減便は考えていない」と話していた。

次の