ボブ グラデーションカラー。 【グラデーションカラー】でボブを格上げ!暗めや明るめなどヘアカラー詰め合わせ|MINE(マイン)

グラデーションカラーのやり方!美容師オススメのヘアカラーとは!?

ボブ グラデーションカラー

まず初めにグラデーションカラーについて紹介させていただきます! グラデーションカラーはワンメイクカラー 根元から毛先までムラなく均一に染める方法 とは違い、根元から毛先までの明るさや色味に大きな差を出す染め方です! 根元から毛先に向かって明るくしていくのが基本的なグラデーションカラーのやり方ですが、明るさや色、ヘアスタイルや髪の毛の長さによって様々な塗り方があります。 あえてそういった色や明るさの差をつけてヘアカラーを染めることで、一般的なロングヘアやナチュラルなヘアスタイルにデザイン性の要素プラス! いつもと同じヘアスタイルだけど違った雰囲気を出したり、服やアクセサリー感覚で楽しむことができるのがグラデーションカラーなんです!! ヘアスタイルのオシャレ度をさらにグッと引き上げてくれるヘアカラーということですね。 グラデーションカラーのやり方は大きく分けると2つあります。 赤や緑など比較的色味のはっきりしたヘアカラーを入れますが、紫やアッシュなどの色も人気です! このグラデーションカラーのやり方だと、根元と中間の色は変えずに毛先の色を変えるので、大半の場合はブリーチなどを使って毛先を一度明るくしたところにオンカラーリングをするといった方法をとります。 またグラデーションカラーは長さのある方がバランスが取りやすいですが、このような色味でのグラデーションカラーだとあまり長さのないボブや、ミディアムほどの髪の長さの方でもグラデーションカラーを楽しむことができますよ! どんなヘアスタイルの方でも楽しめるヘアカラースタイルです! グラデーションカラーは今では定番の染め方ですが、登場した初期の頃は赤や緑、青といったビビットなヘアカラーに染めることが主流でした。 しかし、今はアッシュやベージュといったマットな質感で表現するスタイルが人気ですね。 カラーの明るさでグラデーションをつけるので、先ほど紹介した色味でのグラデーションカラーのような彩度の強いハデな色やビビットなカラーは使用しません。 毛先を少しヘアアイロンで巻いたり、ヘアワックスで動きをつけるだけで、簡単にオシャレなヘアスタイルにすることが可能です。 人気の外国人風ヘアスタイルには、グラデーションカラーは欠かせません! ただ一つに結ぶだけでも、ヘアスタイルがオシャレに見える魔法のようなヘアカラーなんです! 髪の毛が伸びてきても目立ちにくい ヘアカラーをした時に、気になることと言ったら 「ヘアカラーの持ち」 ですよね? グラデーションカラーは、全体を一色で染めるヘアカラーよりも長持ちします。 根元から毛先に向かって、徐々に明るくなるグラデーションカラーは、根元に黒い部分が伸びてきても目立ちにくいんです。 いわゆる、プリンの状態が気になりにくいということですね。 普通のヘアカラーなら2ヶ月〜3ヶ月が目安ですが、グラデーションカラーは半年以上持つ場合もあります! 一度グラデーションカラーに染めると頻繁に美容室に通わなくても大丈夫なんです。 これもグラデーションカラーの大きなメリットですね。 グラデーションカラーのデメリット 続いては、グラデーションカラーのデメリットの紹介していきましょう。 オシャレを楽しめて長持ちするグラデーションカラーですが、デメリットもいくつかあるんです。 髪の毛へのダメージ グラデーションカラーをする人の、7割以上の方は ブリーチをします。 ブリーチとは髪の毛の色素を抜くことで、ヘアカラーをとてもキレイに発色させる方法です。 ヘアカラーの明るさの差や色の差をハッキリさせるにはブリーチをして、グラデーションカラーをすることをオススメします! しかし、ブリーチすると 髪の毛に大きなダメージを与えてしまうんです。 ブリーチを使ったグラデーションカラーをした時は、髪の毛のダメージケアが必須になります! 通常の料金より高くなる ブリーチをする場合も、ブリーチをしない場合でも、グラデーションカラーをする時は通常のヘアカラーより料金が上がります。 どれだけ価格が違うのかは美容室によって様々なので、グラデーションカラーをする時はあらかじめ美容室に問い合わせて確認することがオススメです。 一色のカラーに戻すのが大変 色ムラを作ることで、動きや立体感を出すグラデーションカラーですが、一度グラデーションカラーに染めると一色に戻すのが難しいんです。 根元の暗いところと毛先の明るいところの差をなくすのは一度のヘアカラーでは至難の技。 グラデーションカラーをする時は、長期的にするという計画で染めることをオススメします。 この辺りは美容師さんの技術力やセンスが大きく関わる重要なポイントですね 境目をつけない 先ほど塗るところを狙いをきっちり定めてと言いましたが、ここで気をつけるべきは 境目をつけないこと!! グラデーションカラーの特徴は、根元から毛先までの色と明暗の段階的変化なので、キレイに塗りすぎるとツートンカラーとなってしまいます。 特に明暗をつけるグラデーションカラーの場合は、明るい部分と暗い部分のボカシをうまくつけないといけません。 人工的なヘアカラーではなく、自然にできた「外国人風」がトレンドなのでキレイにブリーチを塗りすぎてはいけないんです、 毛先にはヘアカラー剤をたっぷりと塗る 毛先は一番に差のある部分に仕上げなければいけません。 なのでカラーの薬剤もしっかりたくさん塗っておきます! オンカラーで好みの色に 明度差で表現するグラデーションカラーのやり方でもブリーチのみだとオレンジの色味が残ったり、染める前の元の色が邪魔になってしまい、きれいなグラデーションになりません。 ブリーチでどれくらい明るくするか?また元の色が残っていないかによって、オンカラーのキレイさが決まってくるので、表現の難しい色やこだわりの色があったり、かなりのハイトーンの場合はさらに二回、三回とブリーチで色を抜く必要があるかもしれません。 僕は絶対にできません笑 仮に自分でグラデーションカラーをして、失敗をしても美容室で直せない場合が多いんです。 取り返しがつかないことにならないためにも、グラデーションカラーをする時は美容室で染めることをオススメします! 黒髪の方にもグラデーションカラーはオススメです! 今ではグラデーションカラーのバリエーションも増えましたし、グラデーションカラーの中でのトレンドが変わってきています! グラデーションカラーが登場した当初はレッド、ブルー、グリーンなどビビットで原色の強いカラーリングがベーシックでした。 なのでどちらかと言えば万人ウケするやり方ではなくストリート感が強く、カジュアルスタイルや青文字系ファッションに取り入れる特殊カラーでした。 しかし最近では、明度差で表現するグラデーションカラーのやり方が人気を集め、 外国人風のナチュラルスタイルがトレンドになってきているので、自然な「ソンブレカラー」的なグラデーションが多くなっています! 今は「ダーク系カラー」が人気なので10代の女性からも人気がありますよ! 注意点としては、レイヤーの入ったスタイルだと根元付近が重くなりすぎて見えるので、頭が大きく見えたり暗い印象に見えがちだと言うことです。 なので、特にロングヘアーでの黒髪グラデーションカラーの場合、あまり毛先が軽くなりすぎない重めのスタイルがオススメ! またアッシュ系やゴールド系のハイトーンはドライな質感に見せる効果があります。 その質感自体は良いのですが、毛先に負担になりやすいグラデーションカラーではハイダメージになったり、バサバサした毛先に見えやすいです。 乾燥して見えると言う事は髪が傷んで見えるということになるので、オイルやジェルなどで少しツヤ感を与えたり、間違っても手入れをしていない髪だと思われないように注意してくださいね!! 個人的にはグラデーションカラーにオススメの長さは、アゴよりも少し長いくらいの髪の毛の長さがオススメ! しかしショートヘアでもグラデーションカラーはできます! ただその時は、より色の変化の差がわかりやすい色で染めることがオススメです。 それではショートヘアのグラデーションカラーとロングヘアのグラデーションカラーをそれぞれ簡単に説明していきましょう。 ショートヘアのグラデーションカラー ロングに伸ばすまで待てない!と言うショートヘアの方にも、オススメのグラデーションカラーのやり方を紹介いたします!! 最近のショートスタイルだと切りっぱなしボブなどが人気ですが、毛先をハイトーンにするやり方であればグラデーションカラーもできます! 先ほど紹介したように、ショートだと明度の段差をつけにくいので、毛先は色をつけて差を見せるグラデーションカラーがオススメです。 注意点としては時間が経って色が抜けてしまうと、極度のプリン状態(黒い部分が伸び始めた状態)に見えやすい事です。 最近全然ヘアカラーしてない風に見えないように、ショートヘアは特にこまめにオンカラーをしてスタイルをキープしてあげて下さいね。 ショートヘアのグラデーションカラーほど、少し上級者のトレンドヘアと言えますね! ロングヘアのグラデーションカラー やはりグラデーションカラーはロングヘアが一番映えるといえます! 明度の段階を表現しやすくナチュラルな外国人風なヘアーを表現できるからです。 4cmが得意とする「バレイヤージュカラー」でのカラーリングよりもややデザイン性が高く、色味の自由度が高いのが特徴といえます。 オススメは淡いピンク系やアッシュベージュなどのダーク系カラー、もしくは髪の毛の色素の薄い方はブリーチのみでの黒髪グラデーションカラーがオススメです。 注意点としては 毛先のダメージが気になるところ! ロングヘアほどダメージが顕著に現れるので特に注意が必要です。 せっかく入れたキレイなヘアカラーもダメージがひどいと色落ちが激しく、バサついたり枝毛の原因になったりします。 ロングの方は特に痛みに気をつけてアフターケアに気を配ってくださいね! ブリーチなしでもグラデーションカラーは可能か!? ここまで紹介した内容は、全てブリーチを使用したやり方を前提として説明してきました。 やはりブリーチをしてまず明るくした方が、キレイなヘアカラーが再現できることと、明暗の段階的変化の幅が大きくなることのメリットがあります。 しかし欠点としてはダメージがネックとなることや、デザインカラーの料金が高くつくこと、職場や学校での規則がありハデなヘアカラーにはしにくいといったことがあげられます。 しかしそれでもグラデーションカラーはしてみたいと言う方は、ブリーチ無しでの可能な限りグラデーションカラーを楽しんでみましょう。 できる範囲でのグラデーションカラーを楽しもう! では、ブリーチ無しでできるグラデーションカラーはどんなものかですが、ここまで紹介した内容にもヒントはありました。 それが 黒髪を利用したグラデーションカラーです。 黒髪から明るい色に変えていくやり方なら、色の差をつけやすくブリーチをしなくてもグラデーションを表現できます。 またこのやり方なら、明るくした毛先を髪の中に入れ込んでしまうことで、明るい部分は見えなくなり、職場での目も気にならないと言うウラ技もあります。 そして、明るくするときにはブリーチではなく、ハイレベルの明るい通常のヘアカラーなら十分明るくできるんです! 注意点とすれば、ブリーチに比べて色の自由度が狭く、 可能なカラーリングに制限があること。 街で見かけるオシャレでキレイなグラデーションカラーをしている人は、必ずヘアケアをしているんです! 特にブリーチを使ってグラデーションをした人は、何もしないとバサバサになり あっという間に色が落ちてしまうことも・・ そこでグラデーションカラーをしている髪の毛にオススメのヘアケア方法をご紹介していきます! 美容室でトリートメントをする まずグラデーションカラーをした時に、カラーと一緒にトリートメントをしましょう! ヘアカラーとトリートメントを同時にすることで、その時に染めた ヘアカラーのダメージを最低限に抑えることができます。 髪の毛はカラーを染めた直後が1番デリケートな状態。 美容室でしっかりケアすることで、カラーの長持ち具合も変わります! グラデーションカラーをした時は、美容室でトリートメントも一緒にしてくださいね! アミノ酸系シャンプーを使うと色が長持ちする 日々のヘアケアで1番大切なのが 「シャンプー」です! シャンプーは毎日使うもの。 使うシャンプーによって、髪の毛の状態が決まります! たくさんあるシャンプーの中でもグラデーションカラーした髪にオススメなのが、アミノ酸系シャンプーです! アミノ酸系シャンプーとは、低刺激の成分で出来ていて、傷んだ髪の毛を修復してくれる特徴があります。 シャンプーの中で1番ダメージケアに適していると言われているシャンプーです。 髪の毛のダメージを日ごろからケアすることで、ヘアカラーは色落ちせず長持ちさせることができます。 さらにアイケアシャンプーはシャンプーが5種類、トリートメントも5種類あり、その中からあなたの髪の毛の状態に合った組み合わせで使用できます。 当店美容室4cmでは実際にお客様の髪質やダメージのレベルに合わせて、あなたに合うシャンプーとトリートメントを紹介させていただきます。 せっかくするなら自分のイメージ通りのグラデーションカラーに染めて欲しいですよね! そこでグラデーションカラーする時に失敗しない、オススメの美容室でのオーダー方法をご紹介します。 まずは画像を最低でも 3つ用意すること! 自分の頭のイメージを口に出して細かく伝えるのは、簡単にできることではありません。 画像を美容師さんに見せることで、どんなイメージになりたいのかがちゃんと伝えることができます。 迷っている場合も同様に画像を見せて「迷っているんです。 」と美容師さんに伝えるとあなたに似合うグラデーションカラーを一緒に考えてくれますよ! もう1つオーダーする時に大切なのは 「嫌なことを伝える」ということです。 例えば ・ブリーチはしたくない ・わかりにくいグラデーションは嫌 など自分がしたくないことをはっきり美容師さんに伝えることで、ヘアカラーが大失敗するということがなくなります。 美容師は ・あなたのイメージする画像 ・あなたの嫌なこと の2つのことを聞いて、あなたのなりたいヘアカラーをイメージします。

次の

【公開ブリーチワーク】ボブの毛先ピンクのグラデーションカラー!レシピ付き|千葉の人気美容室ヘアーブレイスイチヒロヤのブログ

ボブ グラデーションカラー

この記事の目次• グラデーションボブとは? グラデーションボブとは、 毛先の裾の部分に少しだけ外側の毛が短くなるように段差を付けた丸みのあるスタイルです。 この「少しだけ段差を付ける」のがグラデーションカットという技法で、たくさん幅広に段差をつけるとレイヤーというまた違った技法になってしまうんです。 グラデーションカットは毛量が少ないけど多く見せたい方や、女性らしい丸みのあるシルエットが好きな方に向いています。 グラデーションボブとレイヤーボブの違い グラデーションボブとレイヤーボブの大きな違いは、段差とシルエットの違いです。 グラデーションボブは、段差が少なく重めのシルエット レイヤーボブは段差が大きく、軽めのシルエットになっています。 グラデーションボブのヘアアレンジ20選 黒髪編 出典: 王道グラボブスタイルがこちら。 丸みがあり女性らしいシルエットでまとまりがあるので、清潔感たっぷりなのでどんな場面でも好印象スタイル。 出典: パッと見、切りっぱなしボブ?と感じますが、裾部分にしっかりグラデーションが入っているので毛先に厚みを感じます。 ストレートブローするだけでキレイなシルエットのボブスタイルになるので、手入れが楽チン。 出典: 少し襟足を短くすると、さっぱりした印象に。 サイドを長めに残しているので前から見ると、アゴラインに毛先がくるので短く感じません。 出典: 毛束の内側に少しハイライトをプラスしたスタイルがこちら。 黒髪でも毛先を軽く巻いてハイライトをチラ見せすると、シックな雰囲気を作り出せます。 出典: 耳かけインナーカラーでオシャレ感UP!厚みを感じるグラデーションボブは、サイドの毛に遊びをつけると雰囲気が大きく変わります。 丸顔の人は、前髪が無い方が、小顔に見えておすすめです。 アッシュカラー 出典: 暗めのアッシュカラーで柔らかさをプラスしたグラデーションボブ。 髪を巻いていなくても動きを感じさせてくれます。 出典: 襟足長めのグラボブですね。 全体にざっくりしたカールで大人っぽく仕上げます。 個性的に感じるこのスタイルは、女性ウケもバツグン! アラフォーの人にもおすすめです! 出典: パッツン前髪で小顔効果をプラス。 首が大胆に見えるのでセクシーさも感じられますね。 出典: グラボブの耳かけスタイルは男性のキュンとするポイントでもあります。 清楚できちんと感があるので、シュチュエーションを選びません。 出典: 前上がりのスタイルは、グラデーションボブをさらに丸みのあるスタイルにしてくれます。 女性らしい丸みがかわいいを作ります。 出典: 前髪を後ろに流して上品に。 年代を問わないヘアスタイルなので、すぐに取り入れられます。 グレーカラー 出典: 毛先にかけてのグレーカラーのグラデーションで今風の流行スタイルに。 グラデーションカラーがキレイに映えるヘアスタイルです。 出典: ランダムな巻きとグレーカラーで外人風ヘアスタイルに。 毛が細い人でもペタンコに感じないヘアスタイルです。 出典: 前下がりグラデーションボブはサイドの毛を後ろに流して、プログレッシブなスタイルに。 クールな印象が攻めを感じさせてくれます。 出典: キレイめカジュアルファッションにもピッタリなスタイル。 波ウエーブは今人気のスタイルなので取り入れるだけで今っぽくなります。 出典: ナチュラルテイストで飾らない大人を演出。 自然ぽさが最近注目を浴びているスタイルです。 出典: アクセントカラーで甘辛ボブスタイルに。 女性らしいボブとちょっとクールなグレーカラーで明るさの違うアクセントをプラス。 出典: ふんわりした動きがフェミニンなスタイルに。 軽い雰囲気を壊さないスタイリングを心がけて。 出典: センターパートの前髪で両サイドにたっぷりカールで活発なイメージのスタイルに。 パーマでカールを再現したほうがくせ毛風で自然な仕上がりに。 ピンク 出典: ピンクのインナーカラーでオシャレ感がぐっと上がります。 モード系のこのスタイルは、カッコイイ女性を演出してくれます。 出典: ツヤ感がでるピンク系のカラーは、髪の毛のダメージを感じさせないカラーです。 かわいらしいピンク系はガーリーな雰囲気に。 まとめ 丸みのあるグラデーションボブは女性らしい雰囲気をUPさせてくれるので人気が高いスタイルです。 カラーやスタイリングで幅のあるグラデーションボブスタイルが楽しめます。 人気のグレーカラーやアッシュカラーで今風に仕上げればオシャレもしっかり楽しめます! スタイルによってシチュエーションを選ばす誰もが取り入れやすいスタイルもあるので、ぜひ参考にしてグラデーションボブにチャレンジしてみてください。

次の

ボブヘアでもグラデーションカラーってできるの⁉︎

ボブ グラデーションカラー

ですよねー ブリーチはやっぱ不安ですよねー では、簡単に解説します。 まずご来店時の状態を説明します。 (写真がないので今回もイマジネーションでお願いします。 ) 根元は3センチほど自毛の黒髪が伸びています。 中間は褪色している髪の明るさは10レベル。 毛先はブリーチ歴がありカラートリートメントでピンクの色素が少し残留しています。 今回のブリーチワークの手順• 5分放置後、中間部分にもブリーチを塗布する。 15分放置後、毛先を流す前にコーミングしてブリーチ剤を伸ばす。 写真でブリーチ塗布の状態をみてみましょう。 ダメージを最小限に抑えるために毛先にはほとんどブリーチをつけません。 根元は5ミリはほどあけて頭皮に直接つかないようにしています。 今回も使用したカラー剤はミルボンオルディーブアディクシー。 毛先はSHISEIDOのカラーミューズ。 根元(全体)9スモーキートパーズ:9シルバー:9マーメイドラベンダーアッシュ(4:1:1)• 毛先 カラーミューズ ピンク:トリートメント(1:5) 根元のカラー剤を塗布後15分自然放置 毛先の塩基性カラー(ピンク)を塗布します。 色の様子を見ながら5分〜10分以内でシャンプーします。 カラー塗布後の状態を写真でみてみましょう。 カラー塗布後も動画あります。 シャンプー直前の状態です。 ピンクベージュってなかなかお客様のオーダーも意外と少ないと思います。 ピンクの加減もどのくらいピンクにしたら良いのか難しいところでもありますし、、 アッシュ系よりも圧倒的に数が少ないので調合に悩むところですよね〜。

次の