ぼーっと する 病気。 「頭がぼーっとする・ふわふわする」ときの原因とは?対処法を解説!

だるくて頭がボーっとする原因は病気?ストレス?

ぼーっと する 病気

脳の栄養不足 脳の栄養といえば ブドウ糖です。 つまり糖分が不足していると頭がぼーっとするのです。 映画「デスノート」をご覧になった方はいますか。 映画の中で、松山ケンイチが演じる名探偵「L(エル)」の奇怪な行動を覚えていますか。 Lは、チョコレートやドーナツ・キャンディーなどなど、びっくりするほど甘いものを大量に食べ続けます。 これは脳を常に桁違いに活性させて事件解決への糸口を探しているため、脳の栄養が足りないからなんです。 糖分が不足すると脳の栄養が不足して思考できなくなり、ぼーっとしてしまいます。 脳の栄養(ブドウ糖)を摂取するには甘いものを食べるのもいいですが、炭水化物をしっかり摂ることが大切です。 糖分の摂り過ぎは他の病気につながります。 できれば毎日時間を決めた食事の中で炭水化物を摂取していくことが望ましいです。 朝は時間がなくて朝食を抜いているという方は多いですね。 朝起きてすぐは食事が喉を通らないという方もいます。 少し早く起きてしっかり朝食を摂ると改善されるかもしれません。 少量でもよく噛んで食べることで効率よく吸収できますので、ぜひ試してみて下さい。 脳の酸素不足 十分睡眠をとっているのにあくびが出てぼーっとするという方はいませんか?それは脳の酸素不足かもしれません。 あくびは脳が酸素を欲しがっている証拠なのです。 一日中座りっぱなしの仕事をしている方で姿勢が悪い場合など、血流が悪くなると脳への酸素が不足してしまいます。 またヘモグロビンが不足している場合にも酸素不足となります。 まずは、姿勢をよくして血流をよくしましょう。 そして、ゆっくりと深い呼吸を心がけてみましょう。 それでも改善が見られない場合は ヘモグロビン不足が考えられます。 食生活を見直し、レバー・貝類・ひじきなどの食品を多く摂取するようにしましょう。 食事での摂取が難しい場合はサプリメントも利用してみましょう。 睡眠過多 睡眠不足だからと休みの日に夕方まで眠るという方はいませんか? 基本的に「寝だめ」というのはできません。 たっぷり睡眠をとったからと言って明日からしばらく眠らずに過ごせるということはないのです。 疲れた体を癒すためにしっかり睡眠は必要ですが、必要以上に睡眠をとるとリズムが乱れ脳が覚醒しなくなります。 脳が覚醒していないと頭がぼーっとして何も考えられなくなります。 疲労が回復するよう、ある程度の余裕を持った中でリズムよく生活するよう心がけましょう。 なかなか脳が覚醒しない場合は、食事をしっかり摂り、軽い運動をしたり、シャワーを浴びたりして刺激を与えましょう。 脳疲労 脳が疲労している時や過度のストレスがかかると脳内にアンモニアが蓄積します。 これにより脳の働きが低下し、頭がぼーっとすることがあります。 有毒なアンモニアは肝臓で無毒化されます。 しかし大量に蓄積した場合は機能が追いつきません。 そのため脳を疲労状態にしアンモニアの蓄積を止めるのです。 まずは脳を休め、ストレスを軽減できるようにしていきましょう。 アンモニアは肝臓で無毒化されるほか、グルタミン酸により無毒化されます。 グルタミンが多く含まれる大豆製品を多く摂るよう心がけましょう。 自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう) 自律神経失調症は様々な症状が現れるのでわかりにくいですが、 過労・睡眠不足・不規則な生活・ストレス過多などから交感神経と副交感神経のバランスが乱れた状態です。 頭がぼーっとするという症状以外にも慢性的な体の異変はありませんか? 原因がわからないままでは精神的症状も現れるようになります。 自分の環境の中で変えられることがなければ、お薬などの治療もありますので早めに医療機関で相談しましょう。 心因性の症状 うつ病・パニック障害・不安障害・離人症などの心因性の病気が原因となることもあります。 生活リズムの見直しや過労・ストレスなどをできるだけ軽減しても改善されない場合は心因性の病気の可能性があります。 心療内科や神経内科で相談してみましょう。 まとめ 頭がぼーっとする原因は様々です。 これは、過労・ストレス・生活リズムの乱れなどに対し、体が信号を出しているのです。 心当たりのある原因を少しでも改善するようにしましょう。 一見重篤な病気ではないように感じるかもしれませんが、心因性の病気の可能性もあります。 軽視せず、できるところから改善していきましょう。 慢性的に悩んでいる方は早めに医療機関へ相談しましょう。

次の

動悸がして頭がぼーっとする

ぼーっと する 病気

私たちの耳には「外耳・中耳・内耳」の3つの働きがあり、それぞれ大切な役割を果たしています。 「外耳」には、一般的に「耳」と呼ばれるもので外から入ってきた音を内側に集める役割をしています。 耳の形が広いのは、なるべく外部の音を広く聞くことができるように平たく丸くなっており、外から受け取った音を外耳道と呼ばれる管の一番奥の鼓膜まで伝える役割をしています。 「中耳」は「鼓膜とその奥の3つの耳小骨」から成り立っています。 主に外耳から聞こえてきた音を鼓膜で振動して響かせて内耳に伝える役割と、中耳は鼻の奥まで繋がっているので定期的に空気の出し入れも行っています。 「内耳」は「蝸牛という器官を使って音に振動を与え、脳へ電気信号として音を伝える」役割を持っています。 中耳から伝わってきた音はカタツムリのような蝸牛に入ると、その中にあるリンパ液を揺らして有毛細胞が脳へ伝える電気信号へ変える工程で音が認識できます。 内耳に伝わることで初めて「音の強弱や高低」が電気信号に変わってくるのです。 耳が詰まったなと感じる大きな原因3つと対処法 耳が詰まった感覚は実は日常に原因があることも多いのです。 ぜひ日頃の行動をチェックしてみましょう。 耳垢がたまっている 耳は耳垢が外耳あたりに溜まってしまうと聞こえづらくなります。 耳垢は耳栓のようになってしまうこともあるので、耳が詰まった感じがすると思った人はまずはじめに耳垢をチェックしてみましょう。 また、外耳炎も「耳掃除をしている時にひっかいてそこから細菌が入ったり、耳を強くこすってしまうこと」によって起こる症状です。 耳は外部でもキレイに優しいケアをしてあげましょう。 ストレスや睡眠不足 実際には音はしていない時でも何か音らしきものが聴こえる「耳鳴り」やいきなり周りの音や声が遠くなって聴こえ辛くなる「難聴」の原因の多くはストレスと言われています。 何か思いつめたような悩みがあったり、いつも身体が強張っている緊張状態にあると耳にも悪影響を与えてしまいます。 また、睡眠不足も耳から来るめまいや耳鳴りの原因となっています。 不規則な時間帯で眠ることや短時間睡眠は身体のバランスも取りづらくなるので注意しましょう。 耳詰まりの時の可能性がある病気って? 耳詰まりの時は、原因によっては病気になる可能性があることをご存知でしょうか?ここでは主に、耳が詰まった時に起こる可能性のある病気をいくつかご紹介します。 耳に水が入る「耳垢栓塞」 この症状は主に水泳や入浴などで耳に水が一定量入った時に起こる症状です。 耳に水が入ってぼーっとしたり耳の聞こえが悪くなったことはありませんか?原因としては「耳垢が外耳道を塞ぐように詰まっていること」が多いと言われています。 耳垢は乾燥したり水分を多く含んだ時など変化しますが、診察を受けて定期的に耳掃除をすることをオススメします。 大きな音の衝撃で起こる「鼓膜損傷」 この病気の症状はその名の通り、鼓膜を傷つけてしまうことで耳鳴りや軟調になってしまうことを言います。 原因としては平手打ち・爆発・潜水などで発生してしまうことが多いと言われます。 また、かなり奥まで耳掃除をしている時など些細なことでも起きる場合があるので耳を触るときは注意しましょう。 症状の治療としては、風邪などウイルス病原体を減らして健康な身体にしていくようにすると徐々に改善されます。 音楽好きの人はご注意!「急性音響外傷」 これは「長時間爆音にさらされて聴力が低下し、耳鳴りや難聴になる病気」です。 例えば音楽ライブや音楽関係の仕事の人に起こりやすいと言われている病気です。 この病気では主にビタミン剤・代謝促進剤・血管拡張剤などを投与する必要があると言われていますが、日頃から音響予防などで気を付けることが長引かないコツと言われています。 突破な病気もある「突発性難聴」 これは「ある日突然聞こえが悪くなったり耳鳴りが起こる」症状です。 耳だけでなく朝起きた時にめまいがしたりするなどの症状が出ます。 原因は今のところ不明となっていますが「ウイルス感染・耳の神経障害・血行障害」が挙げられます。 突然のことが多いので、聞こえが悪い状態が長時間続くのであれば早めに院に行くことをオススメします。 長期間不調であれば「メニエール病」の可能性 メニエール病とは「めまいや吐き気が毎日・長期間に継続して起こる病気」のことです。 この病気の特徴は「耳の一番奥にある内耳にリンパ液がたまりすぎて起こること」なので、毎日や長期間でめまいが頻繁に起こるようであればメニエール病の可能性が高くなります。 早めに診察してもらうようにしましょう。 耳詰まりを感じた時にできる解消法 ここでは、耳が詰まった感覚がした時に未然に耳の病気予防ができる方法をご紹介します。 定期的な耳掃除 耳垢の詰まりは本来の耳の機能を低下させてしまう原因にもなります。 週に一度のペースから、傷つけないように掃除してあげましょう。 爆音を避けて鼓膜を守る 音楽が好きな人であればライブや音楽パーティーなどで爆音にさらされる人もおおいようです。 大切な鼓膜を守るためにも「爆音予防機能のアイテム」を身に付けて少しでも予防することをオススメします。 ストレスをためないこと ストレスは耳や身体の機能や美容にも負荷をかけてしまいます。 1日に1時間くらいは読書やアロマを香ったりお風呂に入ることなど、1日の間にリラックスした自分だけの時間を作ってみてくださいね。 耳は脳に最も影響を与える五感の1つです。 日頃から負担を減らすサポートを・・・ 身体の中でも脳はかなり大切な機能の一尾と言われますが、意外と身体のバランスを取っているのは「耳の機能」です。 耳の機能が低下すると、方向感覚や周囲の情報などをすばやくキャッチすることができないので、何か日常で違和感を感じた場合は少しずつ改善していきましょう。

次の

頭がぼーっとする原因は?めまいや吐き気、病気の可能性も

ぼーっと する 病気

私たちの耳には「外耳・中耳・内耳」の3つの働きがあり、それぞれ大切な役割を果たしています。 「外耳」には、一般的に「耳」と呼ばれるもので外から入ってきた音を内側に集める役割をしています。 耳の形が広いのは、なるべく外部の音を広く聞くことができるように平たく丸くなっており、外から受け取った音を外耳道と呼ばれる管の一番奥の鼓膜まで伝える役割をしています。 「中耳」は「鼓膜とその奥の3つの耳小骨」から成り立っています。 主に外耳から聞こえてきた音を鼓膜で振動して響かせて内耳に伝える役割と、中耳は鼻の奥まで繋がっているので定期的に空気の出し入れも行っています。 「内耳」は「蝸牛という器官を使って音に振動を与え、脳へ電気信号として音を伝える」役割を持っています。 中耳から伝わってきた音はカタツムリのような蝸牛に入ると、その中にあるリンパ液を揺らして有毛細胞が脳へ伝える電気信号へ変える工程で音が認識できます。 内耳に伝わることで初めて「音の強弱や高低」が電気信号に変わってくるのです。 耳が詰まったなと感じる大きな原因3つと対処法 耳が詰まった感覚は実は日常に原因があることも多いのです。 ぜひ日頃の行動をチェックしてみましょう。 耳垢がたまっている 耳は耳垢が外耳あたりに溜まってしまうと聞こえづらくなります。 耳垢は耳栓のようになってしまうこともあるので、耳が詰まった感じがすると思った人はまずはじめに耳垢をチェックしてみましょう。 また、外耳炎も「耳掃除をしている時にひっかいてそこから細菌が入ったり、耳を強くこすってしまうこと」によって起こる症状です。 耳は外部でもキレイに優しいケアをしてあげましょう。 ストレスや睡眠不足 実際には音はしていない時でも何か音らしきものが聴こえる「耳鳴り」やいきなり周りの音や声が遠くなって聴こえ辛くなる「難聴」の原因の多くはストレスと言われています。 何か思いつめたような悩みがあったり、いつも身体が強張っている緊張状態にあると耳にも悪影響を与えてしまいます。 また、睡眠不足も耳から来るめまいや耳鳴りの原因となっています。 不規則な時間帯で眠ることや短時間睡眠は身体のバランスも取りづらくなるので注意しましょう。 耳詰まりの時の可能性がある病気って? 耳詰まりの時は、原因によっては病気になる可能性があることをご存知でしょうか?ここでは主に、耳が詰まった時に起こる可能性のある病気をいくつかご紹介します。 耳に水が入る「耳垢栓塞」 この症状は主に水泳や入浴などで耳に水が一定量入った時に起こる症状です。 耳に水が入ってぼーっとしたり耳の聞こえが悪くなったことはありませんか?原因としては「耳垢が外耳道を塞ぐように詰まっていること」が多いと言われています。 耳垢は乾燥したり水分を多く含んだ時など変化しますが、診察を受けて定期的に耳掃除をすることをオススメします。 大きな音の衝撃で起こる「鼓膜損傷」 この病気の症状はその名の通り、鼓膜を傷つけてしまうことで耳鳴りや軟調になってしまうことを言います。 原因としては平手打ち・爆発・潜水などで発生してしまうことが多いと言われます。 また、かなり奥まで耳掃除をしている時など些細なことでも起きる場合があるので耳を触るときは注意しましょう。 症状の治療としては、風邪などウイルス病原体を減らして健康な身体にしていくようにすると徐々に改善されます。 音楽好きの人はご注意!「急性音響外傷」 これは「長時間爆音にさらされて聴力が低下し、耳鳴りや難聴になる病気」です。 例えば音楽ライブや音楽関係の仕事の人に起こりやすいと言われている病気です。 この病気では主にビタミン剤・代謝促進剤・血管拡張剤などを投与する必要があると言われていますが、日頃から音響予防などで気を付けることが長引かないコツと言われています。 突破な病気もある「突発性難聴」 これは「ある日突然聞こえが悪くなったり耳鳴りが起こる」症状です。 耳だけでなく朝起きた時にめまいがしたりするなどの症状が出ます。 原因は今のところ不明となっていますが「ウイルス感染・耳の神経障害・血行障害」が挙げられます。 突然のことが多いので、聞こえが悪い状態が長時間続くのであれば早めに院に行くことをオススメします。 長期間不調であれば「メニエール病」の可能性 メニエール病とは「めまいや吐き気が毎日・長期間に継続して起こる病気」のことです。 この病気の特徴は「耳の一番奥にある内耳にリンパ液がたまりすぎて起こること」なので、毎日や長期間でめまいが頻繁に起こるようであればメニエール病の可能性が高くなります。 早めに診察してもらうようにしましょう。 耳詰まりを感じた時にできる解消法 ここでは、耳が詰まった感覚がした時に未然に耳の病気予防ができる方法をご紹介します。 定期的な耳掃除 耳垢の詰まりは本来の耳の機能を低下させてしまう原因にもなります。 週に一度のペースから、傷つけないように掃除してあげましょう。 爆音を避けて鼓膜を守る 音楽が好きな人であればライブや音楽パーティーなどで爆音にさらされる人もおおいようです。 大切な鼓膜を守るためにも「爆音予防機能のアイテム」を身に付けて少しでも予防することをオススメします。 ストレスをためないこと ストレスは耳や身体の機能や美容にも負荷をかけてしまいます。 1日に1時間くらいは読書やアロマを香ったりお風呂に入ることなど、1日の間にリラックスした自分だけの時間を作ってみてくださいね。 耳は脳に最も影響を与える五感の1つです。 日頃から負担を減らすサポートを・・・ 身体の中でも脳はかなり大切な機能の一尾と言われますが、意外と身体のバランスを取っているのは「耳の機能」です。 耳の機能が低下すると、方向感覚や周囲の情報などをすばやくキャッチすることができないので、何か日常で違和感を感じた場合は少しずつ改善していきましょう。

次の