クロスビー マイナーチェンジ。 クロスビーのマイナーチェンジはいつ?特別仕様車がいよいよ出るよ!

クロスビーのマイナーチェンジはいつ?特別仕様車がいよいよ出るよ!

クロスビー マイナーチェンジ

クロスビーの値引きポイント クロスビーの限界値引きは、オプション値引きを含めて 25~30万円だ。 新型のトヨタ ライズとダイハツ ロッキーとの競合でチャンス拡大するぞ。 「ライズの値引きが意外と出ていた。 ただ、クロスビーが安くなるなら本気で検討したい」などとやるといいだろう。 または、サブディーラーに安く買えないか聞いてみてもいいいぞ。 現状で正規ディーラーには出せない値引きを、サブディーラーなら出してくれるケースは多い。 この新型2車と競合させれば、クロスビーの値引きの突破口を開けるでしょう。 クロスビーの上級グレードなら、ホンダのヴェゼルやマツダのCX-3、スバルXVなどと価格帯が似通るため、競合させた値引き交渉も可能です。 クロスビーと総額がほとんど変わらないので迷っている」とセールスさんに伝えながら、クロスビーの値引きを引き出していきましょう。 クロスビーにオプションを追加して、ライバル車と総額で良い勝負になるようにして、値引き交渉を進めるといいでしょう。 クロスビーの限界値引きは30万オーバー!?決算期に最高値引きを狙え クロスビーの値引きが緩むのは、年間では決算期が一番期待値が高くなります。 メーカーの決算期ならディーラーも販売台数を稼ぎたい事情があるため、普段では出来ないような値引きでも決済が下りる事が多いです。 実際に当サイト 夢あるカーライフ で記録しているクロスビーの実例値引き額では、 決算期に30万円を超える値引き実例が報告されています。 下取り車を損なく売って値引きを最大化する! 下取り車があるなら、本来ある中古車相場の上限で売ってさらに値引きもMAXまで引き出せれば、 これ以上ないお得な車の買い替えに成功していると言えます。 ただ、値引きで成功したと思っても、 下取り車で損してしまう人がとても多いのが現状です。 損してしまう多くの例として「これ以上の値引きは見積書に出せないので、下取りの方で調整させてください」と言われる事です。 ここで、当初の下取り額から5万でも10万でもアップすれば、「10万もアップするなら、その分支払額が減るのでかなりの得だな」と思ってしまい、多くのユーザーはそのまま契約してしまうでしょう。 ただ、その当初の下取り額が本来の中古車相場を反映した物なら問題ありませんが、そうじゃない場合、 逆に5万、10万を簡単に損してしまう状況になります。 10万円アップしても、本来の中古車相場から見たら「まだまだ、あと20万は行けるでしょ?」などと言う事例は数多くあります。 しかし、一般ユーザーは中古車相場を的確に見分ける事が難しいので、多くの人が下取り車で損をしてしまうのが現状です。 下取り車で損=10~20万円以上の損失を避けるためには、1店舗でもいいので「 買取店に査定してもらう」事です。 買取店はディーラーと違い、実際の中古車相場(業者オークション相場)から査定額を算出するので、 買取店の査定額と比較すれば、ディーラーの下取り額が妥当なのか?判断する事が出来ます。 また、事前に下取り車の相場が分かれば、買い替えの予算も検討出来るでしょう。 おすすめは下記の査定サイトです。 買取店の査定は無料、さらに無料で出張査定にも来てくれます。 ネットで申し込み後に、おおよその査定相場もすぐに分かります。 純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる ナビやフロアマット、ドライブレコーダーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずクロスビーの総支払額を下げる事が出来ます。 以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。 カーナビ 本体 スタンダード79BN1-W00 イクリプスナビ AVN-R9 画面大きさ 7インチ 7インチ 価格 122,040円 80,784円 バックカメラ 43,740円 10,663円 Amazon ナビ工賃 10,314円 29,800円 合計額 176,094円 121,247円 純正との価格差 -54,847円 ETC最安 19,116円 5,600円 ETC2. 0 44,496円 13,980円 Amazon 社外品のナビは、クロスビーユーザーから人気のあるデンソーテンのイクリプスナビを選択、その他人気のパナソニックのストラーダナビも挙げています。 社外品ではやはりバックカメラと取りつけ工賃も含めて約12. 1万円、純正品よりおよそ5. 5万円安くあげる事が出来ます。 その他、ETC系でも純正品よりも社外品の方が安いことが多いため、新車でクロスビーを購入する際には社外品をディーラーに持ち込み、契約条件の一つに取りつけ工賃無料サービスを盛り込んでもらうと、クロスビーの支払総額を削り込むことができます。 フロアマット クロスビー純正フロアマット• フロアマット(ジュータン・クロスライン) 29,484円• フロアマット(トレー) 20,844円• フロアマット(ジュータン・スタウト) 18,684円 クロスビーの値引きポイント 純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。 ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。 5ヵ月~2. 5ヵ月 クロスビーの納期は、新たにメーカーへ発注すると、2~2. 5か月掛かります。 メーカーへの見込み発注分の中に希望のグレードや色があれば、1ヵ月ほどで可能です。 クロスビーの価格と各グレードのリセールバリューは?2019年10月調査 クロスビーでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?1年落ちクロスビーのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。 0 ハイブリッド MX セーフティサポートパッケージ 135万円 1,907,400 70. 0 ハイブリッド MZ 161万円 2,040,500 78. 0 ハイブリッド MX セーフティサポートパッケージ 4WD 157万円 2,052,600 76. 0 ハイブリッド MZ 4WD 175万円 2,185,700 80. 現状ではMXよりも MZの方がリセールが高いですね。 3年後のリセールランク予想は、60~65%でランクS、5年後はランクC~Bで4WDで50%以上、2WDで50%を切るグレードがあるかもしれません。 クロスビーの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめグレードは? クロスビーの売れ筋人気グレードは、上位グレードの「MZ」です。 流通台数で135台が確認され売れ筋の人気グレードとなっています。 次いでMXが96台となっています。 リセールバリューから見たおすすめグレードはハイブリッドMZ リセールバリューから見たクロスビーのおすすめグレードは、ハイブリッドMZです。 MXとは差があるので、素直にリセール上位のMZがおすすめとなります。 必要であれば4WDを選ぶといいでしょう。 クロスビーのリセールバリューから見たおすすめのカラーは? 1年落ちの相場で見た場合、単色で強いのがパールとブラックです。 ただ、2トーンルーフカラー(3トーン含む)の相場が高く、特にアイボリー、ブラック、レッド、ブルーの2トーンカラーのリセールが強そうです。 反対に低いのが、イエロー、ブラウン、グレーの3色で、他色よりも10~20万円ほど低い相場した。 この3色以外なら、現状では選んでも大きな損はないでしょう。 ネット上で概算価格が分かる、 です。 一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、 買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。 45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。 下取り車がもし古かったり過走行であれば、買取店よりも廃車業者に直接売った方が高くなる可能性があります(廃車なら買取店はマージンだけ取って廃車業者へ渡すだけ)。 その目安はグーネットやカーセンサーで下取り車に近い条件の車両が 20万円以下で売られていたら、その車両はほぼ廃車価格の仕入れとなっています。 もし自分の車に近い車両が20万円以下で売られていたら、廃車業者に直接売った方が高くなる可能性が高いでしょう。 事故車や不動車も以下の廃車業者に売れます。 全長3760mm 全幅1670mm 全高1705mm ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。 (横幅は1,850mm) クロスビーの全高は1705mmなので、残念ながら 一般的な機械式の立体駐車場には停められない寸法となっています。 ハイルーフ対応の機械式駐車場なら、問題なく入る寸法です。 クロスビーの実燃費は? カタログ燃費:22. ターボが付いているとは言え、1000ccの排気量は余裕があるとは言えないので、高速道路の燃費は思たほど伸びないようです。 クロスビーの最新モデルチェンジ 2019年7月3日 特別仕様車「スターシルバーエディション」を発売 ルーフ、ドアミラー、サイドカラーパネルにスターシルバーメタリック塗装を施しています。 ボディカラーは「クラレットレッドメタリック」、「スピーディーブルーメタリック」、「スーパーブラックパール」の3色をラインアップ。 シートのアクセント色はアイボリーとし、内外装を統一感のある上質な仕様としました。 クロスビーのモデルチェンジ情報と推移 クロスビーのモデルチェンジ予想 当面予定なし クロスビーのモデルチェンジ推移 2019年7月3日特別仕様車「スターシルバーエディション」を発売 2017年12月25日新型クロスビーを発売 クロスビーの値引きポイント クロスビーは今後マイナーチェンジ(改良)が加えられ、売れ行きが落ちないように車の鮮度が保たれる。 このマイナーチェンジや改良の直前になると、古くなる現行クロスビーの値引きは拡大するぞ。 限界値引きも楽に狙えるからモデルチェンジ情報は要チェック! クロスビーの値引きに効く競合車は? トヨタ ライズ これまでライバル不在だったクロスビーのクラスに、満を持して?登場したトヨタのライズです。 ミニRAV4を思わせる外観やちょうどいい大きさで運転しやすい事もあり、販売も好調です。 クロスビーと競合させれば、スズキのセールスさんも値引きで対抗せざるを得ないでしょう。 ダイハツ ロッキー トヨタ ライズのOEM元であるダイハツのロッキーです。 ライズとは外観や内装でも差別化を図っているので、兄弟車と言えどユーザーの好みで選ばれているようです。 デビュー当初から結構値引きを出しているので、ライズと競合させて値引きを引き出し、その値引きをクロスビーにぶつけてみましょう。 ホンダ ヴェゼル ヴェゼルはガソリン車の他にハイブリッドもラインナップされています。 ヴェゼルハイブリッドだと、クロスビーとは価格帯が合わなくなるため、ヴェゼルガソリン車とクロスビーの上級グレードとの競合になるでしょう。 クロスビーにオプションを追加して、「一クラス上のヴェゼルがクロスビーと同じ値段で買える。 クロスビーも値引きを頑張ってもらいたい」などと値引き交渉すると良いでしょう。 スバル XV やはり価格帯はXVの方が高いので、クロスビーとは総支払額での競合が有効です。 優れた安全装備「アイサイト」に含まれる全車速追従型クルーズコントロールなど、クロスビーには無い機能を挙げながら、商談を進めてクロスビーの値引きを引き出しましょう。 クロスビーを残価設定ローンで購入。 いくらで契約できる? クロスビーを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーション。 総額いくらで契約出来るか、値引き込みの総支払額も掲載しています。 グレード名 クロスビー 1. 9% 2. 販売店の金利によっても支払額は変わるので、上記は参考値として実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。 下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】 新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、 下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。 やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。 ディーラーの下取り金額に騙されるな!? 新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。 しかしここで注意してもらいたいのが、 「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。 本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。 また「値引きは限界です。 その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言った セールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約につなげる事が出来ます。 ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・ ディーラーに騙されないためにする事 以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。 ディーラーの査定でフィットは 52万円と言われました。 まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、 買取店にも査定してもらう事に。 買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。 その時の画像です。 出た金額は、なんと ディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。 概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。 もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、 25万円の大損となっていました。。 この時した事は、 査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。 これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。 ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいましたが、本当に限界らしく 1万円プラスの78万円を提示されました。 しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。 この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。 1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のように ディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

次の

クロスビーは2020年にマイナーチェンジする?ハイブリッドに変更点はあるの?

クロスビー マイナーチェンジ

レクサスは後輪駆動 FR のコンパクトセダン「IS」にビッグマイナーチェンジを施し、2020年秋にも日本で発売する。 現行型ISは発売から7年目を迎えたモデルだが、なぜ今、フルモデルチェンジではなく一部改良にとどめたのか。 そして、新型ISから読み取れるレクサスのメッセージとは。 マイナーチェンジしたレクサスの新型「IS」。 日本発売は今秋の予定 「IS」は10年選手に? 今回の新型車は現行型をベースに改良を加えたマイナーチェンジモデルだが、前後マスクを中心としたエクステリアの変更によるイメチェンや、機能装備の向上だけにとどまらないのが新型ISのすごいところだ。 最大の売りはその走行性能で、日本に新設した下山 愛知県 のテストコースをはじめ世界各地でテストを行い、徹底的に磨き上げたというから驚かされる。 前後マスクを中心にエクステリアでイメチェンを図った新型「IS」 2013年にデビューした現行型ISは、グローバルでは第3世代となる。 初代が6年、2代目が8年というモデルライフを考慮すれば、7年目となる現行型がフルモデルチェンジではなく、ビックマイナーチェンジを行ったのは意外だった。 これは暗に、現行型ISが10年選手となることを意味している。 多くの人の疑問は、なぜISが「フルモデルチェンジ」しなかったのかという点だろう。 走行性能にはマイナーチェンジの範疇を超えるほどの改良を施した上、新型ISで進化させたレクサスの乗り味「Lexus Driving Signature」を今後、全てのモデルで継承していくとレクサスは明言している。 それだけの自信作となっているにもかかわらず、新型ISはあくまでマイナーチェンジモデルなのだ。 マイナーチェンジ前の「IS」。 現行型は2013年に投入された レクサスがそこまでISに力を入れつつ、このクルマを全面刷新しなかった理由は何か。 そこには、トヨタとレクサスの現在のラインアップが影響していると思われる。 自動車メーカーは個性やジャンルの異なるさまざまなクルマを展開しているが、車体の基礎となるプラットフォーム 基本構造 は多くのモデルで共有している。 つまり、細部を変更することで、メーカーは車種を作り分けているのだ。 同じプラットフォームからセダンやクーペ、そして、最近ではSUVまで生み出すのが当たり前になりつつある。 トヨタは現在、「TNGA」 トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー というクルマづくりの思想のもと、汎用性の高いFF車 前輪駆動車 のプラットフォームを積極的に開発している一方で、ISと同じFR車 後輪駆動車 の最新プラットフォームは、「クラウン」やレクサス「LS」などの大型サイズのクルマに仕様が限られている。 これを流用してフルモデルチェンジを行った場合、ISはコンパクトなクルマではなくなってしまう。 トヨタのコンパクトなFR車といえばスポーツカーの「86」があるが、こちらはスバルのプラットフォームを使用した共同開発車で、生産もスバルに委託している。 仮に、新型ISに86のものを流用できたとしても、モデル末期の古いプラットフォームを使って新型車を作るのは現実的とはいえない。 つまり、現時点でISを進化させるには、手持ちの材料を最大限活用しなくてはならないという事情がトヨタおよびレクサスにはあったのだ。 もしISをFFにするのであれば、このタイミングでのフルモデルチェンジも可能だったかもしれない。 しかし、それでもコンパクトなFRにこだわるのは、レクサスのブランディングオフィサー兼マスタードライバーを務める豊田章男トヨタ自動車社長のこだわりだ。 自身でテストドライバーを務めるだけでなく、大のクルマ好きでもある豊田社長は、クルマ好きに響く魅力的な走りを持ち味とする商品として、コンパクトなスポーツセダンを外せない存在と考えているようだ。 事実、販売台数だけで見れば、2019年のレクサスの世界販売台数でISが占める割合は4%に過ぎない。 FRのコンパクトなセダンである「IS」は、走りの楽しさを訴求するため、レクサスにとって必要不可欠な存在となっているのかもしれない 新型「IS」を走りに振ったレクサス 新型の進化の象徴として紹介された「IS350 Fスポーツ」は、2. 0Lの4気筒ターボや2. 5Lのハイブリッドでも必要十分以上の性能が得られるサイズのボディに、より排気量が大きい3. 5LのV6エンジンを搭載することで、コンパクトさと軽さを活かしたアグレッシブな走りが楽しめるようにしたモデルだ。 もちろん、レクサスには「LC500」や「RC F」などのパワフルな高性能モデルが存在するが、ボディが大きい分だけ車重は重くなってしまう。 当然、価格も高価だ。 その点、ISなら日常でも扱いやすい上、サーキットなどの特別な場所に連れ出さなくても、日常運転を含めて操る楽しさが得られる。 レクサスの高性能モデルの中でも軽くてコンパクトな「IS Fスポーツ」であれば、アグレッシブな走りを楽しむことができそうだ 興味深かったのは、今回の新型ISを紹介する公式動画に、2代目IS 日本では初代 に設定された高性能モデル「IS F」の話題が取り入れられたことだ。 このモデルは、ISのコンパクトなボディに5. 0LのV8エンジンを搭載したスーパーセダンである。 レクサス広報部によれば、これは米国メディアからの質問に答えた対応だったということだが、レクサスとしても、コンパクトな高性能モデルへの関心がないわけではないという意味にも受け取れる。 また、少なくともメイン市場である米国では、コンパクトなISの可能性に期待するファンがいることの証拠ともいえるだろう。 TNGAによる改革でトヨタは、「走り」は全てのクルマで大切な要素であるとの考えのもと、新型車の開発と既存モデルの進化に取り組んでいる。 無論、レクサスも同様だ。 ISのマイナーチェンジは、表面的には苦肉の策、延命措置と見ることもできるが、守るべきものはしっかりと守るというレクサスの信念の表れとも感じられる。 個人的には、レクサスのミッドサイズセダンでFRの「GS」が廃止され、FFの「ES」に集約されたことで、レクサスの目指す方向性に変化が生じるのではないかと感じていたのだが、ISの進化は逆に、走る楽しさを前面に打ち出してきた。 レクサスとしても、走る喜びを意識したコンパクトFRという魅力的なクルマを手放すつもりはないという意気込みが感じられ、今後が楽しみになった。 著者情報:大音安弘 オオト・ヤスヒロ 1980年生まれ。 埼玉県出身。 クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者に。 現在はフリーランスの自動車ライターとして、自動車雑誌やWEBを中心に執筆を行う。 主な活動媒体に『webCG』『ベストカーWEB』『オートカージャパン』『日経スタイル』『グーマガジン』『モーターファン. jp』など。 歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【スズキ クロスビー】新色スターシルバーエディション追加!人気度を調べてみた

クロスビー マイナーチェンジ

スズキが、クロスオーバー「イグニス」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。 改良により魅力をアップした「イグニス」の最新情報や価格、スペックなどをご紹介します。 スズキ・イグニスは、グローバルに販売されるコンパクトクロスオーバーとしてラインナップされ、力強い走りや取り回しの良さが評価されています。 ビッグマイナーチェンジをうけた新型イグニスでは、新しいデザインや装備を採用することで魅力がアップしています。 SUVテイストを高めた専用デザインを採用する新グレード「HYBRID MF」を設定。 インテリアにタフで高級感のあるレザー調シート表皮を採用し、アクセントカラーにカーキとガンメタリックの2色を設定。 汚れをふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロアを採用。 (リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)• ベースモデルのエクステリアに新デザインを採用• シート表皮やメーター盤面の意匠を変更• センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックを設定• ボディーカラーに新色「タフカーキパールメタリック」を設定• スズキ国内初となる、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も、自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用した「オートライトシステム」を全車に標準装備• 助手席シートヒーターを全車に標準装備(4WD車は従来より標準装備)• 助手席シートサイドポケットを採用(HYBRID MG除く)• 新グレードとして設定された「イグニスHYBRID MF」では、スキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーと一部シルバー塗装を施したリヤバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールを採用し、SUVテイストがアップされています。 その他、新型イグニスでは、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も、自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用した「オートライトシステム」がスズキで国内初採用され、全車に標準装備されています。 魅力アップ!スズキ新型イグニスの内装(インテリア)デザインは? 新型イグニスの内装は、新しいデザインを採用することにより質感が高められています。 メーター盤面には新デザインを採用。 インテリアは、シート表皮やメーター盤面に新しいデザインを採用したほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックを設定。 (HYBRID MGはブラック内装) また、助手席シートヒーターを全車に標準装備し、助手席シートサイドポケットが採用(HYBRID MGを除く)されています。 また、汚れをふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロア(リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)が採用され、タフに使うことができるようになっています。 ホイールベース:2435mm• 最低地上高:180mm• 車重:850kg(4WD車:890kg)• しかし、ホイールベースは同じ数値とされ、空間効率がアップされています。 新設定された「HYBRID MF」グレードでは全幅を他モデルより広げることにより、5ナンバーサイズを維持しながらも力強い印象となっています。 直列4気筒 排気量 1. エンジン最大トルク:12. モーター最高出力:3. モーター最大トルク:5. トランスミッション:CVT• 駆動:FF or 4WD スズキ新型イグニスには、1. 2L「デュアルジェットエンジン」にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインが搭載されています。 2L「DUALJET ENGINE」 「K12C」型デュアルジェットエンジンは、高圧縮比化とバルブやベルトなどの低フリクション化に加え、吸気ポートや燃焼室形状の最適化により、熱効率を徹底的に追求。 高い燃費性能を発揮しながらコンパクトな設計により広い室内空間の獲得にも貢献しています。 加えて、発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電するマイルドハイブリッドシステムを採用。 加速時にはその電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現することができるようになっています。 悪路走破!スズキ新型イグニスの走行システムは? スズキ新型イグニスは、前後に配置した大径タイヤや高い最低地上高により、悪路走破性能が高められています。 新型イグニスでは走行システムに、スタックしたタイヤにブレーキをかけることで駆動力が逃げるのを防ぐ「グリップ・コントロール」、急な坂道も一定の速度で安定して下る「ヒルディセント・コントロール」システムを装備することで幅広いシーンに対応できるようになっています。 全車標準!スズキ新型イグニスの安全装備は? スズキ新型イグニスの安全装備には、デュアルカメラブレーキサポートが全車に標準装備されました。 システムは、車線逸脱警報やふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、全方位モニター用カメラなども備え、高い安全性が確保されています。 FF:19. 4WD:19. また、軽量、高剛性な最新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」により車重を850kgまで抑えることで、FF車のWLTCモード値で19. HYBRID MG FF:1,522,400円、4WD:1,658,800円• HYBRID MX FF:1,650,000円、4WD:1,786,400円• HYBRID MZ FF:1,788,600円、4WD:1,925,000円• HYBRID MF FF:1,839,200円、4WD:1,975,600円 スズキ新型イグニスの価格は、装備を充実したことでアップしました。 アップ幅は安全装備が標準装備となったエントリーグレードで11万円ほど、中間グレードでは1~2万円となっています。 専用のデザインを採用する新グレード「HYBRID MF」は、ベースデザインを採用するモデルより5万円ほどのアップとなっています。 HYBRID MG FF:1,408,000円、4WD:1,547,700円• HYBRID MX FF:1,628,000円、4WD:1,767,700円• HYBRID MZ FF:1,771,000円、4WD:1,910,700円 スズキ新型イグニスの発売日は? ビッグマイナーチェンジをうけたスズキ新型イグニスは、2020年2月4日に日本で発売されました。 スズキはグローバルモデルであるイグニスを改良することで、クロスオーバー市場での存在感をアップしていきたい考えです。 「IGNIS」のモデル名の由来は、ラテン語で「炎」を意味する言葉からとなっています。 初代は、日本で「スイフト」として販売されたモデルの欧州名として登場し、ボディ後部を延長した欧州独自仕様の車体を採用したモデルも販売。 その後、スイフトの2代目への変更時に国内外で車名が統一されたことから、イグニスのモデル名は一時廃止されました。 最新プラットフォームを採用するとともに、パワートレインにマイルドハイブリッドシステムを搭載することで高効率を追求。 デザインコンセプトは「シンプルアイコニック、シンプルスタンダード」とされ、わかりやすく特徴的なデザインと人が触れる部分の上質感が印象に残るつくりとされました。 販売は日本の他、欧州、インド、台湾などでも行われ、インド市場では上級車チャネル「NEXA(ネクサ)」で取り扱われるモデルとなっています。 新型スズキ・イグニスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の