宝くじビンゴ5攻略法。 ビンゴ5次回予想数字! 6/10の当選確率上げる詳細データ!

ナンバーズ4の攻略法

宝くじビンゴ5攻略法

ストレート• ボックス• セット• ミニ というように別れています。 ストレートの当選パターンは1234文字が完全一致で当選となります。 セットやボックス・ミニという購入方法も存在しています。 ストレートよりも当選確率が高い分、配当される金額が少ないというのが特徴ですね。 下記の表にそれぞれの 当選パターンをご紹介しておりますので参考程度にご覧ください。 しかし、といった 宝くじの必勝法攻略法は実は存在していません。 ですが絶対に当たらないということではなく、当選確率が上がる方法はあります。 確率的には0. では、ナンバーズ4の当選確率を上げるにはどうすれば良いのでしょうか。 過去の当選番号からわかること 高校の受験や大学の受験のように、まずは過去の当選番号を見ていくのが基本的な対策と言えます。 正しくは「 長く出ていない数字を避けること」です。 詳しく見るには過去1年分の当選番号が欲しい所ですが、今回は 1ヶ月に限定して当選番号を見ていきましょう。 2018年10月に開催されたナンバーズ4の当選番号を見てみると、 5の数字がしばらく出ていないことが分かります。 5の数字が出たのは10月9日に開催されたナンバーズ4のみで、それ以降は全く出ていません。 つまり次のナンバーズにおいて、「5」の数字を選ぶのはリスクが高いと言えます。 このように出現回数の少ない数字を切っていく事で比較的当選しやすい番号を選択する事が可能になるのです。 出てない番号を選ばない理由 「 出ていない数字だからこそ狙い目」と、反論もあるでしょう。 確かに「9」のように、しばらく出てなかった数字が急に出てくることはあると思います。 しかし、過去のナンバーズ4の当選番号を見てみると、 前回と同じ番号が出てくる確率は高くなっています。 つまり2018年10月17日の当選番号が「3009」だったので、次回ナンバーズの当選番号は 「3」か「0」か「9」が入る可能性はかなり高いです。 ただしあくまでも予想です。 過去1ヶ月の当選番号を元にしてはじき出した予想となっています。 その為、 0. より正確にはじき出すには、最低でも1年の過去の当選番号を参考にした方がいいといえるでしょう。 ここで過去で 一番当選回数の多い番号をご紹介させていただきます。 番号を決める際の参考にご覧ください。 ストレート当選回数の多い数字一覧 当選回数 1564 6回 9664 4回 4101 4回 8000 4回 こちらの番号はストレートで当選した番号のTOP5となっております。 表を確認する限り、 ストレートで出やすい数字は以下の番号が狙い目と言えるでしょう。 この番号を知っている方と知らない方では0. しかし、この差はまさに 天と地ほどの差があるといえるでしょう。 是非ともナンバーズを購入される際には参考にしてください。

次の

【10万円でできるかな】ビンゴ5必勝法とは?キスマイが高額当選!

宝くじビンゴ5攻略法

ビンゴみたいな宝くじ まず、ビンゴ5という宝くじですが、ロト6やナンバーズのような数字選択式の宝くじになります。 ビンゴ同様真ん中はFREEマスとなっているため、予想する数字は8個です。 毎週水曜に抽選が行われます。 ちなみにお値段は1口200円です。 抽選の仕組み ビンゴ5で予想する数字は全部で8個ですが、マスによって選択できる数字は絞られています。 こんな感じで、 左上のマスが「1~5」から1つ、 上段真ん中が「6~10」から1つ、 右上が「11~15」から1つ、 中段左が「16~20」から1つ、 中段右が「21~25」から1つ、 左下が「26~30」から1つ、 下段真ん中が「31~35」から1つ、 右下が「36~40」から1つを選択する方式です。 こんな感じで選んだ数字から縦・横・ななめの計8ラインのうちそろったラインの数で1等から7等までの当せんが決まる仕組みです。 1等は最高3000万円 このビンゴ5、 1等は最高3000万円となるそうです。 ちなみに、8ライン全てビンゴとなる確率は390,625分の1。 当選金額の理論値は5,556,200円となるそうですが、掛け金が200円なので十分ですね。 ちなみに、当選本数に応じて1等~6等の当選金額は変動します。 末等の7等は固定で200円ですが、確率や約7分の1で当選します。 比較的当たりやすい宝くじなんですかね? 数字選びに迷ったら? 基本的には誕生日や好きな数字を選べばよさそうですが、どうしても数字を絞り切れないという優柔不断の方のために、「クイックピック」というものも用意されています。 申し込み用紙のクイックピックという欄にチェックすることで、コンピューターが自動で8個の数字を選んでくれるという便利機能です。 この申込用紙のイメージで言うと、「3」の箇所ですね。 攻略法 ここで「 10万円でできるかな」の番組内で紹介されていたビンゴ5の攻略法をそのまま紹介します。 それはズバリ、、、 41の法則です! 41の法則 ビンゴ5では過去の抽選結果の統計上、真ん中を挟んで向かい合うマスの合計が「41」となる組み合わせがよく出るそうです。 右上のマスで「11」を選んだら向かい合う左下のマスは「30」を選ぶとちょうど「41」になりますよね? そんな具合の法則だそうです。 購入するときに1列はこんな法則を入れて買ってみると面白いかもしれないですね。 ちなみに、番組で購入していた回でもしっかりと「41」は当てはまってました。 どこで買えるの? このビンゴ5を購入できる場所ですが、2018年1月現在では数字選択式宝くじ取扱売り場でしか購入できないようです。 ロト6やナンバーズはインターネットで購入できるのですが、ビンゴ5はまだその辺の設備が整っていないのでしょうね。 今後、ネット購入できると利用者も増えそうですね。 10万円分購入した結果 ちなみに、「10万円でできるかな」内で10万円分のビンゴ5を購入した結果、、、 当選金の合計は6万円ちょっとでしたね(笑) そこはやはり宝くじ、、、 簡単に元金回収はできないですね。。。

次の

ビンゴ5宝くじ攻略方法について!これを知れば変わる!

宝くじビンゴ5攻略法

takarakujinet. html ビンゴ5は「1~5」から1つ、「6~10」から1つ、「11~15」から1つ、「16~20」から1つ、「21~25」から1つ、「26~30」から1つ、「31~35」から1つ、「36~40」から1つの計8個の数字を当てる宝くじ。 可能性として「1」「6」「11」「16」「21」「26」「31」「36」という抽せん結果が出ることもあるはず。 これは下一桁の「1」が4回出現、「6」が4回出現した数字だ。 でもそのような当せん結果はない! 50回という少ないデータであることは重々承知のうえ、下一桁が重なることは少ないのでは?と仮定する。 過去15回の下一桁の重なりを調べる 51回 「0」が2回出現、「7」が2回出現 50回 「3」が2回出現 49回 「8」が2回出現、「2」が2回出現 48回 「1」が2回出現 47回 「1」が2回出現 46回 「1」が2回出現 45回 なし 44回 「3」が2回出現、「8」が2回出現 43回 「6」が2回出現 42回 「8」が2回出現 41回 「9」が2回出現 40回 なし 39回 「3」が2回出現 38回 「4」が2回出現 37回 「6」が3回出現 ほとんどの抽せん回で、下一桁が重なるのは1数字ということが分かる つまり、「1」が出た回では、「11」、「21」、「31」は出ない。 「2」が出た回では、「12」、「22」、「32」は出ない。 下一桁重なる数字は捨てる 下一桁が重なることが少ないとはいえ、およそ1数字は下一桁が重なる数字が出現する。 この数字を予想するのは難しい。 よって切り捨てることにした。 ビンゴ5は、ロト7や6、ナンバーズのように、数字を当てる宝くじではなく、ラインを当てる宝くじなので、1個の数字を捨てるということは、かなりのリスクが伴う。 takarakuji-official. html 外れる数字が真ん中だと、2ラインを外すので最高6ライン 外れる数字が角マスだと、3ラインを外すので最高5ライン これこそ角マスが重要と提言するポイントだ。 とはいえ、この攻略法では下一桁が重なる数字は捨てると決めた。 8数字中、7数字を当てることに集中する。 結果はいかに。 hpfree. 数字のバランスが悪かった 5通り、均一に数字をばらしてしまったので、全部の数字が的中する反面、1ラインもそろわないという結果に。 角マスはある程度しぼり、数字が的中した場合にラインがそろうように配置するべきだったかも。 まとめ 下一桁が重なる数字が1個あるので、それは捨てて、8数字中7数字を当てるという攻略法。 当たった場合、6ライン約30万円の当せん金額が最高となる。 5回に1回くらい、下一桁が重なる数字が0個の場合もあるので、それにあたると1等8ラインも500万の可能性もある。 数学上、数字の出現率は均一であり、出目を予想するという攻略法はあり得ないと思っていたが、まんざら、そうでもないような気もしてきた。 またビンゴ5の数字だけではないおもしろさも、ライン予測要素と加わり、さらに盛り上がっていくことを願う。

次の