アパレル 企業 ランキング。 「コロナに強い」アパレル企業ランキング、3位アツギ、2位しまむら、1位は?(ダイヤモンド・オンライン)

アパレル業界の売上高ランキングTOP5【日本・世界】|動向や仕事内容

アパレル 企業 ランキング

順位 企業名 2011年 2013年 2018年 01位 ZOZO 238億円 350億円 984億円 02位 ファーストリテーリング 200億円 242億円 630億円 03位 ベイクルーズ -億円 082億円 340億円 04位 アダストリア 108億円 103億円 333億円 05位 TSIホールディングス -億円 -億円 289億円 06位 ユナイテッドアローズ 090億円 120億円 235億円 07位 丸井 164億円 171億円 230億円 08位 マガシーク 089億円 095億円 204億円 09位 オンワードホールディングス -億円 -億円 202億円 10位 アーバンリサーチ -億円 -億円 200億円 11位 ワールド -億円 -億円 193億円 12位 ドゥクラッセ -億円 -億円 172億円 13位 バロックジャパンリミテッド 054億円 070億円 084億円 14位 夢展望 053億円 067億円 069億円 アパレルEC市場は今後も伸び続ける ECサイトの市場規模は、現在も拡大し続けています。 一部では「もうECサイトに取り組むには遅い。 」という人がいますが、物販系分野のEC化率はまだ6%程度です。 物販系のEC分野はいろいろありますが、現在もっとも市場規模が大きいのは、EC化率13%、市場規模1. 77兆円のアパレル分野です。 しかも、この市場規模は予想よりも遅れています。 経済産業省は「日本ファッション産業の海外展開戦略に関する調査」の結果を7月16日に公表、日本のファッションEC市場は2013年の1. 7%増となる2. つまり、アパレルEC市場は、今後まだかなり大きな伸びしろを残しているわけです。 そのため、ZOZOやファーストリテイリングが安泰なわけではありませんし、総合ECサイトのAmazonや楽天なども、ますますアパレル用品の取扱高を増やしていくでしょう。 このランキングが2年後、3年後にガラッと変わっている可能性もありますね。 2012年6月5日付 本記事の初稿は2014年4月です.

次の

ファッション業界の売上高ランキング(2019年)

アパレル 企業 ランキング

緊急事態宣言の発令で臨時休業となった、コナカが運営する紳士服店「スーツセレクト」(4月8日、東京都新宿区) Photo:JIJI 新型コロナの感染拡大は戦後最大の脅威となっている。 今回はAIを使って「コロナ減益リスクが高いアパレル企業ランキング」を作成した。 厳しくなる企業はどこかを確認してほしい。 (ダイヤモンド編集部編集委員 清水理裕) 戦後最大の脅威となったコロナ 業績へのインパクトをAIが予測 新型コロナウイルスの感染拡大は、日本経済にとって戦後最大の脅威となっている。 インバウンド(訪日外国人)需要の消失や外出の自粛を受けて、消費が大幅に悪化。 家電やアパレル、自動車など影響は広範囲に及んでいる。 新型コロナの終息が見えない中、良品計画やしまむらなど業績予想を未定とする企業も増えてきた。 日本企業の先行き不透明感は強まっている。 そこで今回は、データ分析のベンチャー企業、ゼノデータ・ラボが人工知能(AI)を使って予測した、コロナによって減益になるリスクが高いアパレル企業をランキングした。 使用したのは、膨大なメディアのニュースや決算情報、統計データを解析し、個別企業や業種への影響を予測する、ゼノデータ開発のAI、「ゼノブレイン」である。 ランキングの対象は、同社が独自に分類した「アパレル・装飾品業界」に属する上場企業。 全63業界あるうちの一つになる。 早速結果をチェックしてみよう。

次の

ファッション業界の売上高ランキング(2019年)

アパレル 企業 ランキング

ファッション業界の業績 衣料品・雑貨小売の売上高ランキング 順位 企業名 年商(百万円) 1 ユニクロ 888,711 2 しまむら 540,773 3 ジーユー 200,517 4 アダストリア 195,427 5 エービーシー・マート 191,347 6 青山商事 184,573 7 西松屋チェーン 138,167 8 ユナイテッドアローズ 131,476 9 AOKI 114,404 10 パル 105,998 11 赤ちゃん本舗 102,639 12 ジーフット 92,868 13 ストライプインターナショナル 91,467 14 チヨダ 90,522 15 ビームス 82,706 16 サザビーリーグ 78,336 17 ライトオン 76,623 18 アーバンリサーチ 71,500 19 ワークマン 66,969 20 バロックジャパンリミテッド 58,453 21 東京デリカ 52,216 22 はるやま商事 51,345 23 スタイルフォース 46,830 24 ジユン 46,627 25 ハニーズ 46,348 26 マッシュスタイルラボ 42,889 27 トムブラウンジャパン 40,000 28 田原屋 39,756 29 コナカ 38,826 30 アルカスインターナショナル 38,560 31 アデランス 37,820 32 アートネイチャー 37,760 33 イッセイミヤケ 34,207 34 キャン 33,800 35 MARK STYLER 31,856 36 リーガルコーポレーション 29,580 37 ディーゼルジャパン 29,100 38 ナノ・ユニバース 28,349 39 マックハウス 28,009 40 ジョイックスコーポレーション 26,979 41 ビービーエフ 26,423 42 ジョルジオアルマーニジャパン 26,000 43 F・O・インターナショナル 25,181 44 タカキュー 24,997 45 チュチュアンナ 24,658 46 シップス 24,575 47 JS. WORKS 24,000 48 上野商会 23,600 49 パレモ 23,252 50 三起商行 22,727 衣料品・雑貨小売の純利益ランキング 順位 企業名 純利益(千円) 1 ユニクロ 83,865,000 2 エービーシー・マート 27,178,000 3 しまむら 16,289,000 4 ワークマン 9,809,000 5 ジーユー 9,183,000 6 ユナイテッドアローズ 6,448,000 7 青山商事 3,831,000 8 チヨダ 3,595,000 9 ビームス 3,502,000 10 パル 3,366,000 11 AOKI 3,267,000 12 アッシュ・べー・フランス 3,187,000 13 イッセイミヤケ 3,092,000 14 バロックジャパンリミテッド 2,566,154 15 西松屋チェーン 2,181,000 16 赤ちゃん本舗 2,103,000 17 アダストリア 2,078,000 18 チュチュアンナ 2,030,000 19 マッシュスタイルラボ 1,915,000 20 アートネイチャー 1,875,000 (帝国データバンク『全国企業あれこれランキング2020』より) ファッション業界の動向 スマホの普及などで消費のスタイルが多様化しています。 中古品市場やレンタル市場が拡大しています。 アパレルの動向 インターネット通販、海外進出に積極的です。 AIへの投資などITを活用した効果的な運営に注目が集まっています。 カジュアル衣料の動向 国内の低価格志向とカジュアルトレンドは継続しています。 各社は東南アジアへの多店舗化を進め、新たな販路を開拓しています。 靴・メガネの動向 靴専門店ではスニーカーやスポーツシューズが人気。 メガネ専門店はパソコン用、花粉カット用、ランニング用などシーンに特化した機能性メガネに続く、新たな顧客の開拓に取り組んでいます。 時計・宝飾品の動向 高級腕時計のインバウンド需要は堅調。 宝飾品メーカーはネット販売の強化を急いでいます。 ファッション業界の転職支援 ファッション業界の求人・転職サイト ブランドデザイナーやラグジュアリーブランドの販売、老舗商社の企画、ファッション系ECポータル運営など、幅広い求人が揃っています。 ファッション・アパレル業界でキャリアアップを目指したい人におすすめです。 相談からでもOKなので、ファッション・アパレル業界で転職を考えたら、とりあえず登録しておくと安心でしょう。 サービスの特長• ほとんどが正社員・契約社員の求人• 業界最大級の求人数• 業界出身のアドバイザー.

次の