特定警戒都道府県 現在。 特定警戒都道府県との違いなど

【緊急事態宣言】「特定警戒都道府県」現在の13から増える可能性。西村経済再生担当相 どこが指定される?

特定警戒都道府県 現在

とのことです。 今までと同じく行動を制限する• 不要不急の帰省や旅行などを極力避けるよう促す。 県外への移動を法律に基づいて自粛を要請。 観光施設などに人が集中する場合は入場者の制限。 全国的かつ大規模なイベントの開催は中止や延期。 職場への出勤は在宅勤務や時差出勤などを推進。 施設の使用については法律に基づいて制限の要請。 などなどをしていくようです。 前からそんな感じで対応しようとしていたじゃん…って感じですが、 新しく「特定警戒都道府県」なんて言葉を使い線引きしたかったんでしょう。 他の「特定警戒都道府県」に入っていない地域に関しては、 感染状況や経済社会に与える影響を踏まえつつ、知事が判断することになるようです。

次の

特定警戒都道府県って何?どうなるの?|対象地域まとめ

特定警戒都道府県 現在

[株式会社インテージホールディングス] ~JMIRI処方情報データベースにおける調査より~ インテージグループで医療情報サービスを手がける株式会社医療情報総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:時田悟、以下JMIRI)は、独自に運用する「JMIRI処方情報データベース」の2020年5月データを基に、新型コロナウイルスの感染拡大が処方箋データに与えた影響を調査・分析しました。 「第4報」として発表します。 1.処方日数 の 増加 は落ち着きを見せるも、患者数は 下げ 止まらず 5月の平均処方日数は前年同月比16%増(116%)、患者数は前年同月比20%減(80%)となりました。 政府が4月7日に行った「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」(以下 緊急事態宣言)以降、一回あたりの平均処方日数は増加、患者数は減少の傾向にあり、5月も同様のようです。 緊急事態宣言は5月14日に39県で解除。 外出自粛が緩和され、平均処方日数の増加は頭打ちになっています。 一方、患者数は前年同月比80%と引き続き減少していることから、平時の水準に戻るにはしばらく時間がかかることが予想されます。 2. 「 特定警戒 都道府県 」 では患者数の減少が顕著 さらに、都道府県別に患者数を分析します。 「特定警戒」に指定されていた13都道府県(北海道、茨城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)では前年同月比22%減(78%)、その他の地域では15%減(85%)となりました。 患者数は3月以降、いずれでも減少傾向にあるようで、中でも13の特定警戒都道府県ではより顕著に減っています。 そのため、特定警戒都道府県ではその他の地域に比べ、外出を自粛する傾向が強く現れていたのではないかと考えられます。 また、都道府県によって緊急事態宣言の解除時期が異なるため、6月以降は先行して解除された地域の処方動向に注意が必要です。 3. 処方 する 薬剤の 変更 に 消極的 か 継続して医療機関を受診している患者を対象として、前回と異なる薬剤を処方された割合を算出しました。 その結果、薬剤を変更した患者の割合が3月以降は減少傾向にあり、5月には前年同月比8%減(92%)であることが明らかに。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出自粛などによってコミュニケーションが難しくなり、治療方針の変更が控えられるようになったことが一因だと考えられます。 これまで続いていた処方日数の増加と患者数の減少にどのような変化があるのか、今後も動向を注視していく必要があると考えられます。 JMIRIは国内で初めて「処方箋データベース」の運用を開始し、14年間のデータを用いて迅速な解析データの提供を行っています。 今後も、新型コロナウイルス感染症に関連する患者動向を発信していきます。 【本件に関するお問い合わせ先】 株式会社医療情報総合研究所 データソリューション統括部 瀬尾、鹿島田(かしまだ) Eメール: cs intage. 「処方情報分析サービス」、「患者・薬剤師・医師調査サービス」、「調剤薬局などでの疾患啓発サービス」を主力サービスとして提供いたします。 基盤サービス商品である「処方情報分析サービス」は、複数の調剤薬局企業から定期的に取得した処方データを処方情報データベースとして整備し、当社が独自に分析・加工した上で、顧客企業に対して迅速かつ継続的に薬剤の処方動向について情報提供を行うサービスであり、国内屈指のサービス提供者として、数多くの製薬企業にご利用いただいております。

次の

特定警戒都道府県以外の34県とは?どこの県?緊急事態宣言の解除はあるのか?

特定警戒都道府県 現在

[株式会社インテージホールディングス] ~JMIRI処方情報データベースにおける調査より~ インテージグループで医療情報サービスを手がける株式会社医療情報総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:時田悟、以下JMIRI)は、独自に運用する「JMIRI処方情報データベース」の2020年5月データを基に、新型コロナウイルスの感染拡大が処方箋データに与えた影響を調査・分析しました。 「第4報」として発表します。 1.処方日数 の 増加 は落ち着きを見せるも、患者数は 下げ 止まらず 5月の平均処方日数は前年同月比16%増(116%)、患者数は前年同月比20%減(80%)となりました。 政府が4月7日に行った「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」(以下 緊急事態宣言)以降、一回あたりの平均処方日数は増加、患者数は減少の傾向にあり、5月も同様のようです。 緊急事態宣言は5月14日に39県で解除。 外出自粛が緩和され、平均処方日数の増加は頭打ちになっています。 一方、患者数は前年同月比80%と引き続き減少していることから、平時の水準に戻るにはしばらく時間がかかることが予想されます。 2. 「 特定警戒 都道府県 」 では患者数の減少が顕著 さらに、都道府県別に患者数を分析します。 「特定警戒」に指定されていた13都道府県(北海道、茨城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)では前年同月比22%減(78%)、その他の地域では15%減(85%)となりました。 患者数は3月以降、いずれでも減少傾向にあるようで、中でも13の特定警戒都道府県ではより顕著に減っています。 そのため、特定警戒都道府県ではその他の地域に比べ、外出を自粛する傾向が強く現れていたのではないかと考えられます。 また、都道府県によって緊急事態宣言の解除時期が異なるため、6月以降は先行して解除された地域の処方動向に注意が必要です。 3. 処方 する 薬剤の 変更 に 消極的 か 継続して医療機関を受診している患者を対象として、前回と異なる薬剤を処方された割合を算出しました。 その結果、薬剤を変更した患者の割合が3月以降は減少傾向にあり、5月には前年同月比8%減(92%)であることが明らかに。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出自粛などによってコミュニケーションが難しくなり、治療方針の変更が控えられるようになったことが一因だと考えられます。 これまで続いていた処方日数の増加と患者数の減少にどのような変化があるのか、今後も動向を注視していく必要があると考えられます。 JMIRIは国内で初めて「処方箋データベース」の運用を開始し、14年間のデータを用いて迅速な解析データの提供を行っています。 今後も、新型コロナウイルス感染症に関連する患者動向を発信していきます。 【本件に関するお問い合わせ先】 株式会社医療情報総合研究所 データソリューション統括部 瀬尾、鹿島田(かしまだ) Eメール: cs intage. 「処方情報分析サービス」、「患者・薬剤師・医師調査サービス」、「調剤薬局などでの疾患啓発サービス」を主力サービスとして提供いたします。 基盤サービス商品である「処方情報分析サービス」は、複数の調剤薬局企業から定期的に取得した処方データを処方情報データベースとして整備し、当社が独自に分析・加工した上で、顧客企業に対して迅速かつ継続的に薬剤の処方動向について情報提供を行うサービスであり、国内屈指のサービス提供者として、数多くの製薬企業にご利用いただいております。

次の