バフ ランニング。 コロナ対策 ランニングのときの【 バフ Buff 】って何?

ランナーは1枚持っておきたい!とっても便利なBuff(バフ)のすすめとその使い方について

バフ ランニング

緊急事態宣言は解除されたものの変わらず県外移動は6月19日まで自粛?個人的にはもう自粛というよりはもっと進んだ経済活動をコロナ対策と同時にしないと疲弊する一方だと思うのだが・・・。 すでに2㎏も太った(笑)いわゆる「コロナ太り」!少しではありますが休日は多摩川の川沿いをランニングしたり、ザックを背負って歩荷トレをしているのですが、やっぱり登山のトレーニングは登山だよなぁ~! まだ県外移動は先なので、近場の山(東京都内)に行くとして、「三密」には注意しなければいけませんね! 河川敷のランニング中に思った事なのですが、コロナ対策として山中教授も言っておりましたが、ランニング時のソーシャルディスタンスも大切との事で、最近は皆さん「BUFF」「マスク」「ヤケーヌ」等を付けている方が増えました。 そこで「BUFF」「マスク」「ヤケーヌ」で歩荷時とランニング時で息の苦しさを検証してみました。 BUFF(バフ) BUFF(バフ)は以前から登山時に使っておりました。 BUFF(バフ)は「帽子」「ネックゲイター」「バラクラバ(緊急時)」として使っていますが、非常に優秀で優れものです。 ただし、ランニング時に使うとなると「息のしやすさ」という観点ではどうなのかと思い実際に、ランニング時に使用してみました。 結論は 「息はそこそこしやすい」がしかし 「暑い」 BUFF(バフ)にはいくつか素材があるのですが、現在所有のBUFF(バフ)はどちらかと言えば冬期にちょうどいい感じなので、体温が上がってくると「暑い」というデメリットもあり! BUFF(バフ)の素材は大きく分けて、「ウール」「ポリエステル」「ウレタン」で構成されています。 通気性と伸縮性は申し分はありませんが、どうしても「暑さ」は否めません!当然ネックゲイターが元の商品なので「保温性」があって当然なんですけどね! でも後述しますが、ランニング時に暑ささえガマンできれば十分にエチケット(マナー)は保てます。 マスク(普通の) 最近〇国で学生の体育の授業でマスク着用のままランニングして亡くなってしまったなんてニュースもありますが…マスク着用でのランニングはどうなんでしょう? 実際にランニングした感想は 「暑い」「息苦しい」 慣れなのかかなりの息苦しさを覚えます!そこで思いだしたのが「はじめの一歩」で伊達英二がロードワークをしているシーンを思い出しました(笑) 肺活量アップのためにあえて呼吸が苦しい状況を作り出すためにマスクを着用してランニングをするシーンです。 そうなんです、前述のBUFF(バフ)に比べると明らかに息苦しさを感じました、それから「暑さ」は共通みたいです。 なのでエチケット(マナー)も大切ですが、「息苦しさ」を感じたらちょっと他の物を着用したほうが良いかもです、個人的にはそう思います。 まとめ ラニング時のエチケット(マナー)におけるマスク着用でしたが、BUFF(バフ)・マスク・ヤケーヌの3点で順位を付けたいと思います。

次の

バフとは?ランニングで山中伸弥教授がオススメしてたので格安品や手作りについて調べてみた

バフ ランニング

新型コロナウィルスの影響、こんなに広がるとは思ってなかったですね・・。 自分自身のことで言っても、楽しみにしていた青梅マラソンは自粛しました。 これはまだ2月の中旬。 正直気にしすぎな感じがありましたが、当時まさか2ヶ月後にこんなことになってると思ってなかったですね。 その時はナイキのヴェイパーフライを履いてどれだけのタイムを出せるのかを楽しみにしてましたのでとても悔しかったですね。 外出が自粛される中で、まず3月には早々にジムが濃密空間で危ないということで標的になりましたね。 そうなると屋内の運動が制限され、運動するとなるとランニングということになっていました。 ただでさえ外出自粛で運動不足になりやすいので、ランニング需要は高まっていると思います。 僕はもともとランニングを趣味にしていてよかったなーと思ったのですが、きっと最近ランニングを始めた人も多いでしょうね。 しかし、ここに来て言われているのが 「ランニング時のマスク着用」「ジョギングエチケット」ということです。 これは、個人的には正直ちょっとやり過ぎだなと思いつつ、まあ公園での遊具使用禁止も含めてしばらくはやり過ぎくらいがちょうどいいのかなというところが思うところです。 僕も最近も毎週末は知っているのですがこれに配慮し、マスクを付けて走ってます。 大空の下、いわゆる「3密」の心配もない屋外での散歩やジョギング。 しかし、そこには思わぬ落とし穴が潜んでいると京都大学の山中教授は言います。 京都大学iPS細胞研究所・山中伸弥教授:「公園でジョギングをする人が多くなっているような気がします。 でも、新型コロナウイルスは感染しても多くの人は症状が出ません。 感染していてもジョギングする方がたくさんいます。 (感染者が)走って大きな息をすると、周りにもしかしたらウイルスをまき散らしているかもしれません。 せきやくしゃみと同じような状況です」 ジョギング中でも周囲の人への配慮としてマスクをしましょうと呼び掛ける山中教授ですが、ご本人は運動中の不織布マスクがあまりお好きではないようで・・・。 山中教授が取り出したのは「Buff(バフ)」と呼ばれる、ジョギングなどで使用する口などを覆うグッズです。 通気性に優れた生地で作られていて、スポーツ用品店などで売られています。 IPS細胞で有名な山中教授、自身もランニング愛好家ということですが、 ということで、ジョギング・ランニング中でもマスク着用が周囲への配慮として求められているのです。 ランニング時のマスクはBUFFがオススメ! ですが、動画内にもありますが、普通のマスクを着けて走るのはちょっと・・、と思いますよね。 それは山中教授も一緒です。 そこでオススメされているのがこちらです。 BUFF(バフ)です。 動画内で山中教授も実際に着けていました。 BUFF(バフ)の使用レビュー。 伸ばすとこんなに大きい さて、僕もBUFF(バフ)を巻いて走ってます。 僕が持っているのは、こんな迷彩柄です。 柄は本当にいっぱいあるので選ぶのは楽しいです。 このバフですが、実際広げて伸ばしてみたら、どれくらい大きいか分かりますか? こんな感じです。 これは大きい! どれくらい大きいかというと・・・・、 比較のためにティッシュの箱と並べてみました。 大きさが分かりますね。 これをくしゅくしゅにして使います。 素材はかなりサラサラしていて使いやすいです。 口を塞いでも呼吸がそんなに苦しくないですね。 まとめ 自分に自覚症状がなくても感染しているかもしれない、そしてそれを他人に移してしまうかもしれないというのが新型コロナウィルスの恐ろしいところです。 この自粛期間、運動不足になってしまうので屋外のランニングくらいはしたいもの。 しかし、ランニング中ももしかしたらウィルスを撒き散らしているかも、と考えるとやはりそこは何らかのエチケットは必要なんだろうと思います。 そんな時、快適にランニング中も苦しくないマスク着用でオススメされているのがこのBUFF(バフ)ですね。 ランナー達が変に批判されてしまわないよう、僕らがしっかり周りへの配慮をして楽しくランニングを続けていきたいですね。

次の

バフをマスク代わりに走ってみた話

バフ ランニング

快適なランニングのために、体温調節はとっても大事です。 屋外を走っていると、当然のことながら天候や気温の上下動によって暑くなったり寒くなったり色々なシチュエーションに遭遇します。 暑い時は汗を抑えたり日光を遮るものが欲しくなるし、寒い時はもっと厄介なことに。 体で「首」の付く部分(首・手首・足首)は皮膚が薄いこともあり寒さを感じやすい箇所といわれていますが、特に首回りは敏感。 ここが冷えてしまうとランニングパフォーマンスが急低下してしまいます。 でも、 走る時は余計なものは持たず、できるだけ身軽な状態で走りたい! ってのがランナーの偽りざる気持ちかと思います。 そんなランナーの要望を解決してくれるのが、この Buff(バフ)。 1枚あれば、何通りもの使い方ができるとても便利な代物で、管理人にとっては、もはやランニング時のマストアイテムといっても過言ではありません。 ぜひ皆さんにこの素晴らしさを知ってもらいたい!今回はこのBuffについてご紹介します。 Buffとは? 一言でいうと、 チューブ型のネックウェア です。 BUFFは、1992年にスペイン・バルセロナ西部に位置するイグアラダの地で誕生しました。 オートバイレースに出場していた創業者Joan Rojas(ジョアン・ロハス)が、バイク走行時により使いやすいマフラーを作ろうと、継ぎ目のないチューブ型のネックウェアをデザインしたのが原点です。 シンプルな形と、マフラーからヘアバンドまで様々な使い方ができるこのアイテムはすぐに注目を集めました。 1995年より海外進出を遂げ、スポーツだけでなく日常のライフスタイルにフィットするヘッドウェアも誕生しました。 現在では世界70カ国、2万店を超える店舗を展開しています。 まだ比較的歴史の浅いアイテムでありながら、その機能性がうけて、多くの人に愛用されているんですね。 様々な使い方が可能 特筆すべきはなんといっても、その多機能さ。 基本の使い方は「ネッカチーフ」。 単純に頭から首に通すことで、ネックウォーマーや首元のワンポイントとして使用できます。 寒い時には「フェイスマスク」。 北海道在住の管理人はこのスタイルをよく使います。 口や鼻を覆っても、通気性に優れた素材であるため呼吸は可能です。 まぁスピードを出しすぎるとちょっと苦しくなってしまいますが。 更に寒さが厳しい時には「バラクラバ」。 この状態だと頭部から耳、鼻先までスッポリと覆うことができ、帽子が無くても寒さから身を守れます。 逆に暑い時においても、「ヘッドバンド」や「キャップ」といった使い方で汗を抑えることもできるし、「サハリン」スタイルで首の後ろへの直射日光を防ぐ、なんて使い方も可能です。 これだけ色々な使い方ができるのに、非常にコンパクトで折りたためばポケットにスッポリ。 ハンカチのように収まってしまいます。 まったく邪魔になることがないので、軽量化を図りたいランナーにぴったりのアイテムと言えるでしょう。 豊富な素材とデザイン シンプルな形状の商品である一方、ラインナップは非常に豊富。 選ぶのに迷ってしまうこと間違いなしです。 まぁそれが楽しみではあるのですが。 素材には高品質なポリエステルマイクロファイバーをはじめ、使用用途に合わせた複数の素材が採用されています。 夏用においては吸水速乾性に優れるクールマックスや、高い遮蔽率を誇るUVカット素材を、冬用には登山用ウェアにも採用されるポーラーテックフリースや、 通気性と保温性を兼ね備えるメリノウール100%のアイテム などを使用しています。

次の