六ヶ所村。 六ヶ所村(青森県)の年収、人口、各種財務指標の推移

気象庁 | 気象警報・注意報 | 六ヶ所村

六ヶ所村

全職種 一般職員 一般行政職 教育公務員 警察職 六ヶ所村 543万円 39. 3歳 542万円 39. 3歳 524万円 38. 0歳 557万円 40. 4歳 0円 0. 0歳 全国 582万円 41. 5歳 582万円 41. 5歳 588万円 41. 6歳 624万円 42. 5歳 0円 0. 0歳 村 530万円 41. 2歳 530万円 41. 2歳 535万円 41. 0歳 527万円 40. 6歳 0円 0. 0歳 青森県内 546万円 41. 7歳 545万円 41. 7歳 527万円 41. 2歳 667万円 47. 4歳 625万円 38. 5歳 全職種 一般職員 一般行政職 教育公務員 警察職 六ヶ所村 543万円 39. 3歳 542万円 39. 3歳 524万円 38. 0歳 557万円 40. 4歳 0円 0. 0歳 青森県庁 645万円 44. 3歳 610万円 42. 5歳 604万円 43. 2歳 672万円 46. 8歳 625万円 38. 5歳 中核市 595万円 40. 6歳 594万円 40. 6歳 567万円 40. 2歳 721万円 47. 7歳 0円 0. 0歳 市 567万円 42. 0歳 565万円 41. 9歳 542万円 41. 8歳 724万円 49. 2歳 0円 0. 0歳 町 540万円 41. 8歳 540万円 41. 8歳 520万円 41. 2歳 572万円 47. 3歳 0円 0. 0歳 村 517万円 41. 1歳 516万円 41. 2歳 514万円 40. 6歳 571万円 40. 4歳 0円 0.

次の

六ヶ所村医療センター|公益社団法人 地域医療振興協会

六ヶ所村

地理 [ ]• 山:、• 河川:• 湖沼:、• 滝: 隣接している自治体 [ ]• :、、• : 気候 [ ] 年間を通して冷涼な気候で、夏はの影響を受けて肌寒く天候が悪い時期もある。 1 34 1. 6 34. 9 5. 3 41. 5 12. 0 53. 6 16. 9 62. 4 19. 4 66. 9 22. 6 72. 7 25. 4 77. 7 22. 4 72. 3 17. 0 62. 6 10. 4 50. 7 4. 1 39. 4 13. 2 55. 7 28. 4 29. 5 1. 6 34. 9 7. 2 45 11. 8 53. 2 15. 1 59. 2 18. 7 65. 7 21. 3 70. 3 18. 2 64. 8 12. 5 54. 5 6. 4 43. 5 1. 0 33. 8 9. 2 48. 6 23. 5 23. 0 28. 4 3. 0 37. 4 7. 7 45. 9 11. 7 53. 1 15. 9 60. 6 18. 3 64. 9 14. 7 58. 5 8. 3 46. 9 2. 7 36. 0 28. 4 5. 7 42. 3 mm inch 96. 7 3. 807 68. 3 2. 689 58. 8 2. 315 63. 2 2. 488 91. 1 3. 587 107. 9 4. 248 162. 8 6. 409 149. 1 5. 87 170. 7 6. 72 115. 6 4. 551 102. 0 4. 016 96. 6 3. 803 1,301 51. 22 平均月間 77. 0 98. 0 153. 7 187. 1 191. 5 153. 8 129. 2 139. 3 140. 2 149. 0 101. 9 78. 5 1,593. 8 出典: 歴史 [ ] 「尾駮の駒」や「尾駮の牧」はとして何度もうたわれている。 尾駮とはどこであるか不明だが、六ヶ所村尾駮地区であるとも言われている。 は歌枕の地を確認しようと尾駮村を大雪の中訪ね、その感激を歌にしている。 土地に200年程前から伝わる古文書(木村文書)によれば、が所有した名馬「生食(いけずき)」の産地と伝えられる。 「生食」の産地については、中国地方、宮城県等諸説ある。 (22年) - の施行により、倉内村、平沼村、鷹架村(たかほこ)、尾駮村(おぶち)、出戸村、泊村の六ヶ所(六集落)が合併して六ヶ所村が発足。 行政 [ ] エネルギー関連施設の存在によって、度(18年度)予算においては年間60億円もの村税が納入されるなど税収は豊かである。 このような財政状況を反映して村内に・施設、診療所、健康施設が整備されるなどインフラ整備は進んでいる。 (平成7年)改定のにかかるにおいても周辺市町村との合併には否定的であった。 村長 [ ]• 第24代 1969年-1973年(1期) 1971年、むつ小川原開発計画への反対を表明• 第25-28代 1973年-1989年(4期) 原子燃料サイクル施設建設を推進• 第29-30代 1989年-1997年(2期) 原子燃料サイクル施設の工事凍結を公約に無所属で当選、のち推進に転換• 第31-32代 1997年-2002年(2期) 二期目途中にの電気工事会社からの疑惑でによる二日間の事情聴取を受けていたが、未明に自宅付近の雑木林で首を吊って自殺を図り在任中に死去。 第33-35代 2002年-(平成26年)(3期)古川伊勢松の実弟• 第36-37代 戸田衛 2014年- 古川健治より後継指名、原子燃料サイクル施設建設を推進 公的機関 [ ] 警察 [ ]• 尾駮交番• 千歳平駐在所• 平沼駐在所 消防 [ ]• 六ヶ所消防署• 北分署• 南分署 経済 [ ] 伝統的な農業・水産業に加え、数々のエネルギー関連施設が立地している。 これらによる税収や雇用だけでなく、風力発電や太陽光発電といったから原子力関連までの施設が同じ村に集積している珍しさを活かした見学ツアーの誘致も計画している。 エネルギー産業 [ ] 原子力 [ ]• (兼貯蔵施設) - 運転試験中• - 建設中• - 日本の電力会社はの再処理を英仏両国に委託しており、再処理で発生したのうち、フランスからのものは3月までにすべて返還され、イギリスからは3月に初返還されている。 六ヶ所核融合研究所 - 六ヶ所サイト(建設元候補地)• 六ヶ所輸送事業所• 防災技術センター• 六ヶ所原子力規制事務所 石油・風力 [ ]• 完成:(60年)• 最大備蓄量:約570万kl(全国で5000万klが目標)• 備蓄量:約491万kl(約13日分)(現在)• 管理者:• 運転開始:2003年(平成15年)• 事業者:• 運転開始:2003年(平成15年)、2004年(平成16年)• 事業者:• 運転開始:(平成20年)• 事業者:• 運転開始:(平成26年)• 事業者:• 運転開始:(平成27年)• 事業者: 農業・水産業 [ ] 農業(特に畜産業)、漁業が盛んである。 農業はによる冷害が起きやすい地域であり、などの冷害に強い類が多く作られている。 漁業 [ ]• 六ヶ所村立笹原小学校(2000年・千歳平小学校へ統合)• 六ヶ所村立二又小学校(2004年・尾駮小学校へ統合)• 六ヶ所村立中志小学校(2006年・平沼小学校へ統合)• 六ヶ所村立戸鎖小学校(2011年・尾駮小学校へ統合)• 六ヶ所村立平沼小学校(2013年・南小学校を統合新設)• 六ヶ所村立倉内小学校(同上) 中学校 [ ]• 六ヶ所村立千歳中学校 (2020年・第二中学校へ統合)• 六ヶ所村立室ノ久保中学校(2006年・第一中学校へ統合) 高等学校 [ ]• 交通 [ ] 空港 [ ]• (、1時間40分)• (、50分) 鉄道路線 [ ] 村内には鉄道路線は走っていない。 最寄駅• 在来線:(、40分)、(、40分)、(、30分)• 東北新幹線:(、1時間30分) バス路線 [ ] 十和田観光電鉄 野辺地-平沼-六ヶ所線「六ヶ所役場前」バス停留所• 泊線( - 泊)• 六ヶ所線(野辺地駅 - 泊)• 三沢 - 平沼線(三沢 - 追舘)• 野辺地 - 平沼 - 六ヶ所線(野辺地駅 - 追舘 - 大川目)• 一部路線が追舘まで乗り入れている 道路 [ ]• 白糠バイパス(白糠・泊トンネル)• 港湾 [ ]• () 出身有名人 [ ]• (演歌歌手)• (フリーアナウンサー・元青森テレビ) 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] スパハウスろっかぽっか• 物見崎灯台〔泊字焼山〕• タタミ岩〔泊字焼山〕• 馬門川観光公園〔泊字川原〕• 泊合同例大祭( - )• たのしむべ! フェスティバル(2週目土日)• ろっかしょ産業まつり(最終土日)• 異文化交流フェア• 村立郷土館〔尾駮字野附〕 六ヶ所村が舞台となる作品 [ ]• - 六ヶ所村で生きる男女の別れと再会を描いた、恋愛映画。 1月31日よりポレポレ東中野にてレイトショー公開される。 青森県出身の監督による初長編作品。 出演に西山真来、。 - 村内にある核燃料再処理工場を取り巻く問題を追うドキュメンタリー作品。 公開、監督作品。 - 「異人館村殺人事件」篇の舞台となる六角村のモデルとなっている。 脚注 [ ]• 図典 日本の市町村章 p28• 光本伸江 PDF 福岡県立大学人間社会学部紀要 2011, Vol. 20, No. 1, 89-102• 、2014年6月23日、2014年7月14日閲覧• 原子力・風力・太陽光 エネツーリズム始動 青森・六ケ所村/施設ツアー企画 農水産業への波及狙う」『』2017年7月17日 街づくり面• 共同通信. 2010年3月9日. 2011年1月19日閲覧。 六ヶ所村 Official Web Site. 2011年5月8日閲覧。 2012年2月16日に放送「日本映画専門チャンネル」EPGから 参考文献 [ ]• 『六ヶ所村の記録』上下 1991年 上: 下: (受賞) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

社会福祉法人 六ヶ所村社会福祉協議会

六ヶ所村

概要 [ ] で使用され終わったを集め、その中からのとを取り出すである。 今後 工場の建設も予定されており、のための核燃料を形成する。 この施設は核燃料サイクル事業で先行するから技術協力を受けており、現在でもフランス人技術者が複数名、本施設で働いている。 度重なる竣工の延期 [ ] 試運転の終了は当初2009年2月を予定していたが、様々なトラブルが相次ぎ「時期未定」としたケースを含めて23回の延期をしている。 2015年11月16日には竣工時期を、2018年度(平成30年度)上期に変更することが発表された。 しかし、2017年10月11日、建屋に雨水が流入するトラブルなどについて点検せずに点検日誌に「異常なし」と記載していた問題が判明し、日本原燃の社長は2017年9月29日の定例会見で、2018年度上期完成目標について「厳しい」とし、今後の見通しも「言及できる段階にない」と述べた。 さらには虚偽記載を保安規定違反に当たると認定し、施設稼働の前提となる安全審査を一旦、休止することを決めた。 これら延期とあわせて、建設費用も当初発表されていた7600億円だったものが、2011年2月で2兆1,930億円 、2017年7月で約2兆9,500億円 と膨れ上がっている。 運営 [ ] 2006年3月31日に日本原燃は六ヶ所村に隣接するなど合計5市町村とアクティブ試験についての安全協定を締結した。 同日中に開始されたアクティブ試験(試運転)では、17ヶ月をかけて本物の使用済核燃料からを抽出し、施設の安全性および環境へ放出される放射性物質の量を確認する。 430トンを処理して4トン前後のプルトニウムを抽出する予定であった。 これまでの経過 時期 記事 1989年3月30日 事業指定申請書 1993年4月28日 着工 2001年4月20日 通水試験開始 2002年11月1日 化学試験開始 2004年12月21日 ウラン試験開始 2006年3月31日 アクティブ試験開始 2009年1月30日 アクティブ試験終了予定を2009年2月から2009年8月に変更 2009年8月31日 アクティブ試験終了予定を2009年8月から2010年10月に変更 2010年9月2日 2010年10月完成予定を最大で2年延期することが判明 2012年 アクティブ試験終了予定を2013年10月に変更、その後未定に 2013年1月29日 断層検査の実施を発表 2013年12月17日 計画上の完成時期を2014年10月に延期 2014年10月30日 計画上の完成時期を2016年3月に延期 2015年11月16日 計画上の完成時期を2018年度上期に延期 放出される放射性物質 [ ] 国に提出されている再処理事業指定申請書には、放射性廃棄物の環境への推定年間放出量が記載されている。 この値にもとづいて周辺住民などの年間が推算されている。 また、保安規定として、同じ量を放出管理目標値に設定している。 7年 無し H-3 1900兆 12. 3年 無し C-14 52兆 5730年 無し 129 I-129 110億 約1570万年 有り 131 I-131 170億 8日 考慮不要 106 Ru-106 410億 374日 106 Rh-106 410億 29秒 137 Cs-137 11億 30年 137m Ba-137m 10億 2. 55分 90 Sr-90 7. 6億 28. 8年 90 Y-90 7. 6億 2. 3年 無し 129 I-129 430億 1570万年 有り 131 I-131 1700億 8日 考慮不要 106 Ru-106 240億 374日 106 Rh-106 240億 29秒 241 Pu-241 800億 14. 29年 137 Cs-137 160億 30年 137m Ba-137m 160億 2. 55分 90 Sr-90 120億 28. 8年 90 Y-90 120億 2. 7日 134 Cs-134 82億 2年 144 Ce-144 49億 285日 144 Pr-144 49億 17分 Co-60 41億 5. 3年 154 Eu-154 14億 8. 一方、本施設に反対する立場の人々は、被曝量による説明を受け入れていない。 また殆どの放射性物質は生物濃縮されないが、ヨウ素129のみ海藻に蓄積される為、まず沖の海藻が放射性物質によって汚染され、食用にならないのではないかと考える者も居る。 本格稼働した場合に、この再処理工場から空と海に放出されるは1日分で原発1年分になるという主張もある。 原燃は、自社の計算を前提に周辺住民の一人あたりの年間被曝量は国の規準を大幅に下回るので問題無いと主張するが、その計算や国の基準自体の信頼性を疑う者もいる。 詳細は「」を参照 実際の放出量は、事業者である日本原燃のホームページ でみることができる。 2006年4月〜2009年3月に再処理された使用済み核燃料および放出された放射性物質の量は以下の通りである。 使用済み核燃料の再処理量 核燃料 2006年度 (トンU) 2007年度 (トンU) 2008年度 (トンU) 合計 (トンU) 燃料 81 125 0 206 燃料 60 56 103 219 合計 141 181 103 425 気体で大気中に放出された(測定箇所:排気口) 放射性元素名 2006年度 ベクレル 2007年度 ベクレル 2008年度 ベクレル 合計 ベクレル 85 Kr-85 1. 7京 4. 6京 1. 8京 8. 1京 H-3 6. 0兆 9. 8兆 3. 7兆 19. 5兆 C-14 0. 9兆 2. 1兆 1. 4兆 4. 4兆 129 I-129 2. 2億 3. 3億 2. 0億 7. 5億 131 I-131 0. 0032億 0. 11億 0. 058億 0. 049京 0. 13京 0. 036京 0. 22京 129 I-129 0. 94億 2. 4億 2. 1億 5. 4億 131 I-131 0. 020億 0. 046億 0. 49億 0. 青森県は、六ヶ所再処理工場の稼働に伴う環境モニタリングへの影響を次表のように見積もっている。 006 74~125 0. 146~0. 006 87~110 0. 0059~0. 02 0. 002 ~0. 005 0. 00005 事故・故障 [ ]• 2月20日:低レベル廃棄物処理建屋内で、放射性物質を含む低レベル濃縮廃液約68リットルが漏れたと発表した。 当該箇所は通常では人の立ち入りがない場所であるため、作業員の被曝はなかった。 2006年5月25日:分析建屋にて作業を行っていた作業員1名が、微量の放射性物質を体内に摂取していたことを発表した。 2006年6月9日:「再処理工場分析建屋における微量の放射性物質の体内への取り込みについて 調査結果と今後の対応)」という文書で、当該作業員のは0. 014mSvであったと発表した。 2006年6月24日:分析建屋にて作業をしていた作業員1名がの可能性があると発表した。 2006年7月3日:2006年6月24日に発表された、分析建屋作業員の内部被曝に関する調査結果を発表した。 この調査結果によると、作業員から放射性物質は検出されず、作業員の内部被曝は無かった。 1月22日:低レベル廃棄物処理建屋内で放射性物質を含む洗浄水約20リットル 推定 が漏れたと発表した。 ウランやプルトニウムは検出されず、作業員の被曝はなかった。 2007年3月12日:ウラン・プルトニウム混合脱硝建屋内で、ウラン・プルトニウムの硝酸溶液を乾燥させるための皿に、誤って2バッチ分の溶液を供給したと発表した。 2007年10月11日:前処理建屋内に設置されている、エンドピース(使用済み燃料の片)を洗浄する装置の部品が変形していることを発表した。 2007年10月23日:前処理建屋内に設置されている、エンドピース洗浄装置の部品変形に関する調査結果を発表した。 1月4日:前処理建屋内に設置されている、使用済燃料の機から作動油約750リットルが漏れたと発表した。 なお、漏洩箇所は使用済燃料を剪断しているセル内ではなく、漏洩した作動油に放射性物質は含まれていなかった。 9月:「再処理施設安全調査プロジェクト」の会合で、廃液漏洩などの不祥事が続発していることが明らかになった。 8月2日:使用済み核燃料再処理工場の建屋で、高レベル放射性廃液が、廃液濃縮缶内から、缶内の温度計保護管内に漏れたと発表した。 男性作業員の両手とあごに微量の放射性物質が付着したが、男性の健康や環境への影響はないという。 7月30日、作業員5人が温度計を交換作業で抜き出したところ、温度計を置いたビニールシート上に基準値の約18倍となる放射性物質の付着が確認された。 温度計保護管に欠陥があり、廃液が管内に漏えいしたとみられる。 3月11日: により外部電源を喪失、非常用ディーゼル発電機2機で冷却水循環ポンプ等に給電したが、14日23時40分、ディーゼル発電機1機に不具合を生じたため停止して外部電源を使用、2時33分に給電が復旧した。 残る1機も外部電源に切り替えた。 また13日には使用済み核燃料の貯蔵プールの水約600リットルが溢れていたことなどが報じられた。 註釈 [ ]• 実際に使用済み核燃料を使った試験• 「1京」は「1億の1億倍」である。 「1兆」は「1億の1万倍」である。 検出限界未満。 出典 [ ]• 日本原燃 2015年11月16日. 2016年3月31日閲覧。 2014年10月31日. 日本原燃サービス 株 「再処理事業指定申請書」7-4-19頁(平成元年3月)• 日本原燃サービス 株 「再処理事業指定申請書」7-5-72頁(平成元年3月)及び「再処理施設アクティブ試験計画書」(平成17 年12 月)• 一般社団法人 プラズマ・核融合学会. 2019年3月10日閲覧。 日本原燃サービス 株 「再処理事業指定申請書」7-5-99頁(平成元年3月)及び「再処理施設アクティブ試験計画書」(平成17 年12 月)• (原燃の計算値よりも海藻から受ける放射線量は3倍程度高くなるという試算。 但しそれでも50マイクロシーベルトで、気体からの放射線量も何らかの再計算により上方修正しなければ国の規準は超えないことに注意)• グリーンピース 2002年11月22日. 2011年9月3日時点のよりアーカイブ。 2019年3月10日閲覧。 青森県「六ケ所再処理工場の操業と線量評価について」(平成18年2月7日)• 2011年3月15日. 2011年3月17日閲覧。 読売新聞. 2011年3月13日. 2011年3月17日閲覧。 関連項目 [ ]• :六ヶ所再処理工場のフランス版 外部リンク [ ]• - 電気事業連合会• - NHKエコチャンネル(『』2006年4月21日放送分).

次の