つれづれ なる まま に ひぐらし。 徒然草の「徒然なるままに」の意味と使い方・読み方・漢字の意味

徒然草~つれづれなるままに~

つれづれ なる まま に ひぐらし

【原文】 つれづれなるままに、ひぐらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、 そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 【現代語訳】 特にすることもないのをいいことに、一日中硯に向かって、心に浮かんでは消えていくしょーもないことを、 だらだら書きつけていると、不思議とアホらしくなってくることだ。 有名すぎる『徒然草』の序段を、良い感じに 笑 崩して訳してみました。 「つれづれなるままに=特にすることがないのをいいことに」・・・執筆の動機 「ひぐらし硯に向かひて=一日中硯に向かって」・・・執筆状況 「心にうつりゆくよしなしごとを=心に浮かんでは消えていくしょーもないことを」・・・題材 「そこはかとなく書きつくれば=だらだら書きつけていると」・・・執筆の姿勢 「あやしうこそものぐるほしけれ=不思議とアホらしくなってくることだ」・・・執筆時の心境 ということになるんだとかいうのを読んだことがある気がします。 個人的にはそんなのどうでもいいじゃん、って思いますけど 笑 「暇だったから書いた」っていうのは、今風に言うと「ハードルを下げた」ってことでしょうかね。 まあさておき、この一文はリズムが良いわけでもないのですが、 何だかとても洗練されていて、スッと頭に入ってくるし、声に出して読んでみても良い。 要するに名文だと思うわけです。 が、『』によると、これは兼好の独創ではない、というんです。 へーーーーー!と思いました。 いくつか証例が挙げられているのですが、一つだけ借用させていただきますと、 いとつれづれなる夕暮れに、端に臥して、前なる前栽どもを、唯に見るよりは、とて 物に書きつけたれば、いとあやしうこそ見ゆれ。 (和泉式部正集) というのがあるんだそうです。 兼好法師が『徒然草』を書いたのは鎌倉時代の最末期とされています。 それに対して、和泉式部というのは紫式部の同僚として中宮彰子に仕えた平安時代の人です。 『徒然草』より 300年も前に、上記「和泉式部正集」の文は存在していたのですね。 一種のパロディとも言えるかもしれませんが、そもそも古典文学の世界ではパロディはとても尊重されていました。 古い有名な和歌の一部を借用して作歌することを「本歌取り」といい、 むしろ積極的にパクっていこうぜ、というくらいの勢いなわけです。 日本はそういう風土なので、西欧流の「著作権」というのはあまり馴染まない気がします。 国際社会において無視はできないにせよ、日本に合った「著作権」のあり方を確立してほしいですね。

次の

徒然草~つれづれなるままに~

つれづれ なる まま に ひぐらし

徒然草序の段 徒然草 序段 つれづれなるまゝに 、 つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 なるまゝに: 退屈なこと、さみしいこと、無聊。 : <ひぐらし>と読む。 朝から晩まで。 ひねもす。 心に移りゆくよしなし事を: 脳裏に去来するさまざま雑多なこと、どうということも無いようなこと、瑣末なこと。 書きつくれば: とりとめもなく書いてみると。 「そこはかとなし」とは、はっきりしない様をいう。 こそものぐるほしけれ: 怪しげなものになってしまった、妙にきちがいじみたものになった。 古来、現代語訳の定まらない個所。 原文のままで感じ取ってしまうのがよい。 作者兼好法師の謙遜や羞恥、世間への配慮といったものもこめられている表現• 有名な書き出しである。 作者は、無聊の慰めに書いたと言い、三大随筆とも言われているが、単なる思い付きで書いた「随筆」ではなく、実際には非常に綿密な計画とコンセプトを持って書かれた中世の一日本人知性による魂の記録である。 よって、読者にとって「 あやしうこそものぐるほしけれ」というようなものではない。 本書が、時代を越えて読み継がれてきたのも、これが人生の書となっているからであろう。

次の

徒然草

つれづれ なる まま に ひぐらし

コリウスの花 寄せ植えの鉢にコリウスを植えていますが、葉があっという間に大きくなって丸いプランターいっぱいになってしまいました。 その上に花まで咲き出したのです。 コリウスは、シソ科なので、赤紫蘇やオオバと言われている青紫蘇とほぼ同じ花が咲くのですが、花が咲くのはもう終末を迎えたという意味なのですが、早々と花が咲いたのにはビックリいたしました。 花は小さい唇型の花で葉っぱの色は原色のケバケバシイ色ですが、花は上品な色の花です。 日よけのヨシズを変える。 夏を迎えるのでテラスにヨシズを張りましたが、梅雨時で雨が多くジトジトして部屋が暗く感じるので、開いたヨシズを巻き始めたら、古くなっているので葦を編んでいるヒモが劣化してバラバラになってきました。 仕方なく、ホームセンターへ。 店の軽トラを無料で借り運びました。 長い葦簀の挙げ降ろしだけでも大変ですが、古くなったヨシズを捨てるには、長さ80センチ以下に切断し小分けして一度には捨てずに、何回かに分けて捨てなければなりません。 幸い、電動ノコギリを持っているのでいいのですが、切ったり束ねたりで汗じっくりとなりました。 オシロイバナ 夕方7時、夕食を済まし書斎に入るとㇺッとす るほど暑い。 室内の温度計を読むと29. 5度を指しており、テラスから外に出て、裏庭に行くと赤い花がいっぱい咲いていました。 今朝起きて、居間に行くとまずは出窓のブラインドを開けるので、この赤い花であればすぐ気づくはずですが、目に入らず、イノシシがタケノコを食べるために掘った穴に目が行っているので、オシロイバナの花は今朝は咲いていなかったものと思われます。 どうも夕方咲いたようです。 赤い花でもオシロイバナとは・・・。 これは花が終わって実がなり、その実を割ると白い粉が詰まっているので、子供たちのままごと遊びでオシロイとして使ったということからオシロイバナと呼ばれるようになったと覚えています。 我が家のオシロイバナの色は赤色しかありませんが、近所の里道には、白色、黄色、黄色の霜降りなどがあるので、我が家が咲いた時は、そこまで見に行くのが恒例で、明日、見に行くことにします。 ブルーベリー園の下見 知人が、200本ほどのブルーベリーの世話をされており、収穫シーズンには、「ブルーベリー祭り」と称して、お客さんにblueberry摘みを楽しんでもらっています。 知人は本業の合間に世話をされているので、土日しか行けません。 午前中、買い物のついでに今年の出来具合を見に行きました。 お客さんに楽しんでもらうには、あと2~3週間は待たねばならないようです。 「ブルーベリーまつり」を7月17日 土 18日 日 と定めて、チラシを作ることにしました。 今年の目玉は、新しく鉢植えのブルーベリーがズラリと並べたガーデンを作っておられ、「ハイヒールでもブルーベリー摘みが出来るガーデン」が売りです。 ポトス ご近所に引っ越してこられたから転居ごあいさつに来られた時に頂いた鉢である。 ポトスを育てるのは何十年ぶりだろう。 とにかく久しぶりです。 頂いたポトスの葉っぱは斑入りで元気がよく、吊り鉢に植えられていましたが、吊りをはずし、しばらくガーデンチェアに置き、家の中から外を眺めながら楽しむことにしました。 しばらくして、茎が伸びすぎたので3本ほど茎を切り、別の鉢に差し芽をし、2鉢になりました。 今後増やして家の中の壁に這わせようかと思います。 元気を出し欲しい 日本海新聞 メールで6月21日付の日本海新聞の2面が送ってきました。 「とうちゃんは むしゃんよか」が「元気を出してほしい」という見出しでえほんの紹介があっていました。 「もう!早いなあ。 記事になるとは…大牟田から発信したのに。 」と思ったけれど、考えると出版と同時に全国の本屋さんに配本されるのだから当たり前なのです。 しかも、見出しが「元気を出してほしい」と私たちの願いが通じたのです。 発信は無駄ではなかったのだと素直に喜ぶことにしました。 日本海新聞は鳥取県を中心に島根県兵庫県の一部読者が多い地方紙であるようです。

次の