寝起き 鼻 詰まり。 喉の奥がネバつくのは膿汁が原因だった!?膿汁を出なくする方法とは?

耳がこもる・詰まった感じ…女性に多い耳管開放症の原因と治療法 | 女性の美学

寝起き 鼻 詰まり

アレルギー物質が夜のうちにたまる 昼間過ごしている場所は、自身も含め多くの人々が活動し、ハウスダストや花粉などのアレルギー物質は空中に拡散して浮遊している状態です。 つまりアレルギー物質の濃度が低い状態です。 しかし就寝中は、空中に浮遊していたアレルギー物質が少しずつ下がってきて床や布団の上などにたまっていきます。 就寝中は、床などの部屋の下層にたまったアレルギー物質の濃度の高い空気を大量に体内に取り込むことになります。 このように、朝起きた時に強いアレルギー反応が起こるのは、夜のうちにたまってアレルギー物質濃度が高くなった空気が原因となっている可能性があります。 就寝中は大変無防備ですので、対策をする必要があります。 自律神経の切り替わり 自律神経は、心臓の拍動や消化器のぜん動運動など、意思とは関係なく作用する機能を調整しています。 自律神経は、活動的な時に優位に立つ交感神経とリラックスする時に優位に立つ副交感神経があり、両者のバランスを保つことで成り立っています。 寝起きの時間帯というのは、それまで体を休息させてリラックスさせていたので副交感神経が優位に立っていたところから、目覚めて活動を開始するために交感神経が優位に立とうとする切り替わりの時間帯になります。 この交感神経と副交感神経の切り替わりのタイミングには、両者のバランスが崩れて鼻の粘膜への刺激に対する反応が強くなると言われています。 はっきり解明されているわけではありませんが、就寝前などの交感神経から副交感神経へと切り替わるタイミングでも鼻づまりなどの症状に悩む方が多いことから、理にかなった原因と考えられます。 アレルギー性鼻炎の方は鼻の粘膜が過敏ですので、 自律神経の切り替わりのタイミングには鼻水・鼻づまりといった症状があらわれます。 そして、他の体質や病気がある方も、就寝前や寝起きにそれらの症状が現れやすいのです。 これも自律神経の切り替わりによるバランスの乱れと考えられます。 鼻風邪 朝、寝起きに鼻水や鼻づまりがよく起きる原因は、単純に鼻風邪をひいている可能性があります。 寝ているときに掛け布団をかけていなかった場合など体温が下がってしまい、風邪をひいてしまっている場合があるのです。 鼻風邪を治す方法はこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 寝起きの鼻水・鼻づまりへの解消法 マスクをする アレルギー性鼻炎は原因となっている物質(アレルゲン)を排除することで症状は出にくくなります。 就寝中にたまったアレルゲンを大量に吸い込まないようにマスクをして就寝したり、寝室に空気清浄器を設置するなどして、アレルゲンを吸い込みにくくすると症状は現れにくくなるでしょう。 冷やさない アレルギー性鼻炎ではない方でも寒い時には鼻水が出たりします。 寒い空気は鼻の粘膜を刺激しますので、寝起きに冷たい水で顔を洗うのはやめましょう。 ぬるま湯で温めるぐらいの気持ちで洗顔してみて下さい。 就寝中にマスクをするのが苦手な方は朝起きた時に着用してみましょう。 寝起きの自律神経の切り替わりの時間帯に鼻を冷やさなければ、アレルギー反応は起こりにくくなります。 まとめ 寝起きの鼻水・鼻づまりの原因は解明されていませんが、寝起きの時間帯に起こりやすいアレルギー反応を緩和する方法はあります。 ちょっとした対策で寝起きのつらい症状が改善されますので、ぜひ試してみて下さい。

次の

【寝起きの鼻づまり】超シンプルな2つの予防法とは?

寝起き 鼻 詰まり

日中は鼻づまりなんてないのに、夜中だけ寝ていると鼻が詰まる…。 そんな場合、何が原因になっているのか?また、どんな対処をすれば良いのか?まとめていきますね。 ただでさえ鼻づまりになってしまうと生活に支障が出てしまいますが、特に睡眠中ということになると更に問題は大きくなってきてしまいます。 鼻づまりによってしっかり睡眠をとることができないと、日中の集中力低下、慢性的な睡眠障害など、生活の面に大きく影響が出てきてしまうんですね。 とは言っても、「日中には鼻づまりなんてないのになぜ?」と思うところかと思います。 実は、夜中に寝てる時だけ(もしくは寝る直前だけ)鼻が詰まるのには、しっかりと理由があったんです。 夜中だけ、寝る時だけ、鼻が詰まるという場合。 人によって体質の差こそあれ、こういった症状が出ている場合、ほとんどが副交感神経による影響が考えられます。 そして、この副交感神経の影響に加えて、【あなた自身】の体質が大きく影響しているんですね。 この根本的な原因を知って対処しなければ、さらに睡眠の質が悪化する危険性までひそんでいますので注意してくださいね。 見当はずれな対策では意味がない ネットで色々なサイトを見ていると、夜中に眠れない場合に「水分をしっかり補給する」「鼻をホットタオルで温める」「メントール入りのクリームを使う」などなど…色々な対策が書かれていますが、ハッキリ言って効果を体感できないケースの方が多いです。 例えば、風邪など一時的な病気のせいで鼻づまりが起きている場合、そんな時には効果を発揮してくれる可能性も期待できます。 ただし、慢性的に夜中に鼻づまりが起きて、「何が原因かわからない…」という場合、全く効果を発揮してくれません。 効果を発揮してくれないだけでなく、【根本の原因】を知らないことによって症状が悪化する危険性すらあるので、注意が必要です。 まず大事なことは、「なぜその症状が起きているのか?」ご自身なりにでも結構ですので、追求し続けることです。 寝る時、体で何が起きている? 私たちの体には、疲れた体を回復させたり、活動的にさせたりする神経が存在しています。 交感神経と副交感神経の2種類があることは、あなたもご存じかと思います。 交感神経は、体を活発に動かしたり、頭を回転させるために使われる神経のこと。 逆に副交感神経は、体を休めたりすることに主に使われる神経となっています。 この内容からもわかるとおり、睡眠中には主に副交感神経が使われることになっているんですね。 そしてこの副交感神経には、特徴があるんです。 「ある指令」とは? 夜中、寝ている時には副交感神経によって体をリラックスさせていることをお伝えしました。 ただこの時、体がリラックスするのと同時に、副交感神経は体に【ある指令】を出しているんです。 その指令こそが、夜中に鼻づまりを引き起こす原因になっているんです。 どんな指令か?というと、「血管を拡張させよ」という指令です。 日中、昼間の起きている時間には交感神経が優位に働いていて、この時は血圧を上げるといった働きをしています。 逆に睡眠中には副交感神経が、体を休めるために血圧を下げてリラックスさせる状態をつくりだしているんですね。 こうして血管を拡張させることによってリラックスして、体は休息しやすい状態をつくりだしてくれるんですが、これは「鼻」にとっては大迷惑な話でもあるんですね。 というのも、鼻の粘膜に存在している血管が拡張することで、空気の通り道が狭くなってしまいます。 これこそが、鼻づまりの原因なんですね。 ただし、通常であればこれだけで呼吸が難しいほど鼻づまりになることは基本的にはありえません。 複数の要素が混ざり合って鼻づまりになる 夜、寝ている間には副交感神経が優位に働くので、鼻の血管も拡張しやすく鼻づまりが引き起こりやすいということをお伝えしました。 ただし、それだけでは寝付けないほどの鼻づまりには基本的につながりません。 では、なぜ鼻づまりは悪化するのか?というと、これは大きく分けて2つの原因が影響しています。 そして、その2つの原因こそがあなたの睡眠の質を低下させている【本当の原因】なんですね。 鼻の骨格によって鼻づまりが悪化している 話は少し変わりますが、「日本人はいびきをかきやすい」という事実をご存じですか?いびきというと、少し肥満気味の人がかいてしまうイメージが強いですよね。 世界を見てみると、平均的に肥満気味の人がいびきをかきやすかったり、睡眠時無呼吸症候群になりやすいという傾向は確かにあります。 日本人の場合は別なんですね。 日本人は欧米人に比べると顔の骨格が短くて扁平(薄い顔)ですよね。 そして、加えて首が比較的短いという特徴をもっているので、どうしても鼻づまりになりやすく、いびきをかきやすい人種でもあるんです。 こういった特徴があるので、【骨格的に鼻づまりが起きやすい】というタイプの人は日本人の中でも非常に多いんです。 例えば、鼻が曲がっているタイプの骨格の場合。 こういった骨格だと、日中は問題なく鼻通りが良かったとしても、夜寝ている間に副交感神経の影響で鼻の血管が拡張してしまうと、すぐに鼻づまりになりやすくなってしまいます。 アレルギーが原因になっていることも あなたの周りで花粉症などのアレルギー性鼻炎ではない人を見つける方が難しいくらいかと思いますが、日本では近年、アレルギー性鼻炎にかかってしまう人の数はどんどん増加しています。 現在、日本人の5人に1人はこの鼻炎に悩まされていると言われていますが、その程度は人それぞれ異なるんですね。 くしゃみ・鼻水などが鼻炎の代表的な症状ではありますが、鼻づまりも鼻炎症状の1つです。 これは軽度の人であれば、普段は大きな症状として現れないのがやっかいなところ。 実際に自分ではアレルギー性鼻炎ではないと誤解している人は相当数いると考えられています。 ただ、夜中寝ている時に鼻づまりが起きる…というのであれば、鼻炎の可能性は非常に高いので注意が必要です。 寝ている間には副鼻腔炎の影響によって鼻の血管が拡張しやすいということをお伝えしていますが、これに加えて軽度の鼻炎を持っている場合には、布団についているアレルゲン(ホコリ・ダニ・花粉など)によって鼻づまりが悪化することは非常に多いんです。 こういった原因が背景にある場合、まずはアレルギー性鼻炎自体にしっかりと対処する必要が出てきます。 でないと、少しずつ症状が悪化するという危険性もありますので、まずは自分がなぜ鼻づまりになっているのか?しっかりと把握する必要があります。 どう対処すれば良いのか? 鼻の骨格に問題がある、もしくは隠れたアレルギー性鼻炎の可能性によって夜中に鼻が詰まるという症状が出るケースが非常に多いということをお伝えしてきました。 では、具体的にどう対処すれば良いのか?というと、【病院でしっかり検査をして原因を特定する】ということが第一に必要になってきます。 「なーんだ、結局は病院頼みか…」と思うかもしれないですが、私が伝えたいのはそういったことではありません。 「治療を病院任せにする」のではなく、「原因判明を病院にしてもらう」ということです。 原因がしっかりとわかっていないと正しい対処法をすることはできないということは何度もお伝えしてきましたが、まず第一に原因を判明させておくこと。 それには病院で検査してもらうのが一番です。 ただ、病院の治療法に任せるのが良いのか?というと、そうでもありません。 現代医学(西洋医学)では局所的な治療法が主体になっていますので、例えばアレルギー性鼻炎の治療法などは病院の治療法が良い効果を発揮してくれるとは必ずしも言えません。 これだけ日本で花粉症患者が多いのにも関わらず、劇的な治療法が見つかっていないというのもまた事実なんです。 原因がわかったら、さらにそれは何が原因で引き起きてしまっているのか?また、症状が悪化してしまっているのか。 これを考えていくことで、正しい対処法が見つかってくるんですね。 【夜中に鼻が詰まる場合の原因と対処法】まとめ ・見当はずれな対処法は無意味 ・寝る時、鼻の血管は自然と拡張されている ・骨格が影響して鼻づまりが起きている可能性 ・隠れたアレルギー性鼻炎が影響 ・原因を特定することが最優先 この記事では、夜中に鼻が詰まる場合の原因と対処法についてまとめてきました。 何度もお伝えしていますが、人によって原因は違ってきますので、しっかりと原因が特定できていない状態で「なんとなく効果がありそうな方法」を実践しても、効果を得ることはできません。 また、効果を得たとしても、それは根本的な解決にならないんですね。 もしかすると、「なるべく薬での治療はしたくない」と思うかもしれないですが、そうであれば他にも対処法は星の数ほどありませう。 ただ、その対処法も根本の原因とマッチしていなければ効果を発揮しませんので、まずはご自身の体についてもっと知ることから始めてみてはいかがでしょうか。 アレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」は、大正製薬が製造販売するアレルギー性鼻炎に効く薬です。 L-92乳酸菌とは 乳酸菌には数多くの種類があり、L-92乳酸菌もそのうちの一つです。 アレルギー性鼻炎や花粉症といった鼻づまりの症状を抱えていると、粘膜がどうしても弱くなってしまいます。 鼻炎症状が雨の日に悪化する…という人は、かなり多いです。 「雨で花粉とかホコリが舞わないから症 鼻炎治療についてですが、耳鼻科などでは基本的に飲み薬・点鼻薬などで治療をしていく方法が一般的 「アレグラFXジュニア」は、日本で初めて、医療用成分のフェキソフェナジン塩酸塩を医療用と同じ ひとくちに鼻水と言っても、風邪・花粉症・アレルギー性鼻炎から副鼻腔炎(蓄膿症)など色々な原因がありま 当サイトに「べにふうき茶は、水で抽出して飲んでもよいのでしょうか」という質問がきたことがあります。 外出して家に帰ってくると、衣類や髪の毛には大量のアレルギー物質が付着しています。 たとえば、花 日本国民の3割が悩まされているともいわれるほど、国民病ともいわれる花粉症。 日本で花粉症の患者.

次の

朝、起きたら、耳が遠いです

寝起き 鼻 詰まり

アレルギー物質が夜のうちにたまる 昼間過ごしている場所は、自身も含め多くの人々が活動し、ハウスダストや花粉などのアレルギー物質は空中に拡散して浮遊している状態です。 つまりアレルギー物質の濃度が低い状態です。 しかし就寝中は、空中に浮遊していたアレルギー物質が少しずつ下がってきて床や布団の上などにたまっていきます。 就寝中は、床などの部屋の下層にたまったアレルギー物質の濃度の高い空気を大量に体内に取り込むことになります。 このように、朝起きた時に強いアレルギー反応が起こるのは、夜のうちにたまってアレルギー物質濃度が高くなった空気が原因となっている可能性があります。 就寝中は大変無防備ですので、対策をする必要があります。 自律神経の切り替わり 自律神経は、心臓の拍動や消化器のぜん動運動など、意思とは関係なく作用する機能を調整しています。 自律神経は、活動的な時に優位に立つ交感神経とリラックスする時に優位に立つ副交感神経があり、両者のバランスを保つことで成り立っています。 寝起きの時間帯というのは、それまで体を休息させてリラックスさせていたので副交感神経が優位に立っていたところから、目覚めて活動を開始するために交感神経が優位に立とうとする切り替わりの時間帯になります。 この交感神経と副交感神経の切り替わりのタイミングには、両者のバランスが崩れて鼻の粘膜への刺激に対する反応が強くなると言われています。 はっきり解明されているわけではありませんが、就寝前などの交感神経から副交感神経へと切り替わるタイミングでも鼻づまりなどの症状に悩む方が多いことから、理にかなった原因と考えられます。 アレルギー性鼻炎の方は鼻の粘膜が過敏ですので、 自律神経の切り替わりのタイミングには鼻水・鼻づまりといった症状があらわれます。 そして、他の体質や病気がある方も、就寝前や寝起きにそれらの症状が現れやすいのです。 これも自律神経の切り替わりによるバランスの乱れと考えられます。 鼻風邪 朝、寝起きに鼻水や鼻づまりがよく起きる原因は、単純に鼻風邪をひいている可能性があります。 寝ているときに掛け布団をかけていなかった場合など体温が下がってしまい、風邪をひいてしまっている場合があるのです。 鼻風邪を治す方法はこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 寝起きの鼻水・鼻づまりへの解消法 マスクをする アレルギー性鼻炎は原因となっている物質(アレルゲン)を排除することで症状は出にくくなります。 就寝中にたまったアレルゲンを大量に吸い込まないようにマスクをして就寝したり、寝室に空気清浄器を設置するなどして、アレルゲンを吸い込みにくくすると症状は現れにくくなるでしょう。 冷やさない アレルギー性鼻炎ではない方でも寒い時には鼻水が出たりします。 寒い空気は鼻の粘膜を刺激しますので、寝起きに冷たい水で顔を洗うのはやめましょう。 ぬるま湯で温めるぐらいの気持ちで洗顔してみて下さい。 就寝中にマスクをするのが苦手な方は朝起きた時に着用してみましょう。 寝起きの自律神経の切り替わりの時間帯に鼻を冷やさなければ、アレルギー反応は起こりにくくなります。 まとめ 寝起きの鼻水・鼻づまりの原因は解明されていませんが、寝起きの時間帯に起こりやすいアレルギー反応を緩和する方法はあります。 ちょっとした対策で寝起きのつらい症状が改善されますので、ぜひ試してみて下さい。

次の