麒麟 堂 レモン サワー。 コカコーラの「鬼レモン」は美味しいけどカロリー高すぎ

檸檬堂の再販はいつ?出荷停止する程うまい鬼レモン・塩レモン・定番レモン・はちみつレモンの価格・評判まとめ

麒麟 堂 レモン サワー

「」より 日本コカ・コーラは5月28日、「 檸檬堂(れもんどう)」と銘打った缶チューハイのレモンサワー専門ブランドを、九州地区限定で新発売した。 ラインアップは「定番レモン」「塩レモン」「はちみつレモン」の3種類で、メーカー希望小売価格は1缶350mlで150円(税別)。 コカ・コーラグループ全体としては、1970年代にアメリカでワイン事業に着手したことはあったが(1983年に撤退)、日本では初のアルコール飲料となるので、世間の目には新鮮に映っているだろう。 そもそも、なぜこのタイミングでアルコール事業に参入したのか、日本コカ・コーラ広報部の飯田征樹氏は次のように語る。 「今回の『檸檬堂』というレモンサワーの発売は、日本というユニークな市場で、当社が持続的な成長を続けていくための実験的な取り組みのひとつです。 当社は現在、これまでの清涼飲料の商品ラインアップではアプローチできなかった売り場やお客様に向けたご提案を、積極的に行っております。 たとえば、昨年3月の発売以降ご好評いただいている特定保健用食品(トクホ)の『コカ・コーラ プラス』や、今年4月に発表したフローズン飲料の『コカ・コーラ フローズン レモン』といった製品も、そうした取り組みの一環でした」(飯田氏) レモンフレーバーが人気の日本で「檸檬堂」はいかにして戦うのか では、数あるアルコールのなかでも、日本コカ・コーラがレモンサワーで勝負しようと決定した理由はなんだったのか。 「檸檬堂」のブランドマネージャーを務めるパトリック・サブストローム氏いわく、自身で実際に居酒屋巡りをしてみたところ、「東京の恵比寿や新宿をはじめ、こだわりのレモンサワーを出す店が繁盛していた」のだという。 また、近年は各地でレモンサワーに特化したイベントが開催されるようになっていたり、缶チューハイ市場ではレモンフレーバーが最もよく飲まれていたりといった現状も、「檸檬堂」開発の動機になったそうだ。 参考までに、ネット通販大手のアマゾンが昨年11月13日から今年4月30日にかけて集計した「Amazonランキング大賞2018上半期」のチューハイ・カクテル部門をチェックしてみよう。 皮ごとすりおろしたレモン果汁を、あらかじめアルコールに漬けて馴染ませておくことで、レモンサワーの味わいにより一層の深みをもたらした。 テレビCMでは、架空のレモンサワー専門店「檸檬堂」の店主として阿部寛を起用しており、絶妙なキャスティングといえるだろう。

次の

こだわりレモンサワー 檸檬堂4種×3本セット: LE COLLIER

麒麟 堂 レモン サワー

レモンサワー人気が続く中、九州限定発売だった檸檬堂が全国発売に。 既存ブランドとのカニバリもなく、レモンサワーカテゴリー全体が更に売上アップ。 *レモンサワーの定義、POSデータの対象店舗数、抽出期間等は巻末参照。 カテゴリー概況 レモンサワーは金額シェアが高まってきており、直近2020年1月20日週はスピリッツ&リキュール類全体の内、18%の金額を占めている。 直近週は、レモンサワーの前年比158%、他100%。 常に前年プラスで推移しているレモンサワーであるが、10月28日週は更に売上が大きくなった。 次いで鬼レモン、塩レモン、はちみつレモン。 この影響で、直近2020年1月20日週は販売店率が大幅にダウン。 この週はレモンサワー金額の18%を構成。 以降、サントリーホールディングス、麒麟麦酒に次いで3番目のシェアを維持している。 直近は販売休止の影響で金額が小さくなった。 また、既存ブランドも檸檬堂によって大きく売上が下がる事なく、金額を維持している。 氷結も前年比103%で前年アップ。 株式会社KSP-SP 【30日間無料】食品POSデータ利用体験サービス受付中! KSP HPへ URL:.

次の

【高評価】「大人のレモンサワー

麒麟 堂 レモン サワー

100mlあたり 1本あたり 定番レモン 48kcal 168kcal はちみつレモン 47kcal 165kcal 塩レモン 58kcal 203kcal 鬼レモン 80kcal 280kcal 檸檬堂こだわりレモンサワーには缶の下の方に1本あたりのカロリーも記載してくれています。 檸檬堂こだわりレモンサワーは人工甘味料を使ってる? 原材料を見てみると檸檬堂シリーズにはすべて「果糖ぶどう糖液糖」が入っています。 専門家ではないので詳細は割愛させていただきますが、果糖ぶどう糖液糖は人工甘味料ではなく砂糖と同じ天然甘味料だそうです。 なので檸檬堂こだわりレモンサワーには人工甘味料は入っていません。 ちなみに果糖ぶどう糖液糖は異性化糖と言い、原料はでんぷん。 でんぷんを工程を経て、異性化糖を作り上げています。 果糖ぶどう糖液糖は、果糖がぶどう糖より多いものを言い、ぶどう糖が果糖より多いものは、ぶどう糖果糖液糖と言います。 ぶどう糖は甘味が弱く砂糖の70%ほど。 一方、果糖は甘味が強く砂糖の130%ほどあります。 果糖は温度が低いと甘い性質があるので、よく冷たい飲料に使用されています。 檸檬堂こだわりレモンサワーでも、より甘味の強い果糖ぶどう糖を使っていますね。 なんだかややこしいですが、要はガムシロップみたいなものが入っているということです。 またまた、ちなみに原材料の表記は入っているものが多い順に記載されているそうです。 檸檬堂こだわりレモンサワーはちみつレモンの原材料の一番最初にはこの「果糖ぶどう糖液糖」が書かれています。 わぉ! 檸檬堂こだわりレモンサワーの発売日は? 檸檬堂こだわりレモンサワーは2019年10月28日に全国発売されました。 しかし実は1年以上も前の2018年5月に九州限定で発売されていたんです。 なぜ九州限定発売だったの? 当初、九州限定で発売されたのはテストマーケティングのためだったようです。 売れ行きなどを調査して他の地域での販売をするか検討するためで、コカ・コーラは他の製品でも九州でテストマーケティングをしていたことがあったとか。 なぜ九州なのかというと、九州人は認知度が低い商品でも受け入れてくれるから。 鬼レモンは発売されていなかったんですね。 その後、九州でも受け入れられ、他の地域でも飲みたいという要望があったために、晴れて2019年10月28日より全国発売となりました。 檸檬堂おすすめランキング それでは実際に飲んでみた檸檬堂のおすすめランキングをご紹介します。 パッケージデザインから本格的な味わいかなと思っていましたが、レモネードっぽい感じでどちらかと言うと女性向きかもという印象です。

次の