お手数を。 送金手数料|個人事業主のお客さま

要注意!加盟店が支払うクレカ決済の手数料について徹底解説!

お手数を

キャッシュレス決済の普及が進む昨今ですが、現金のニーズもまだまだ健在です。 そこで今回は、知っておくと意外と便利な、スマホ決済アプリの「残高を現金で引き出す機能」(現金化)に注目してみます。 現金化できると、アプリ送金でも安心 「ユーザー同士で気軽にお金を送れる」のはスマホ決済アプリの大きな魅力です。 しかし「PayPay残高はPayPayでの支払いのみ」「LINE Pay残高はLINE Payでの支払いのみ」といった具合に、各アプリの残高はそのアプリの加盟店でしか決済に使えません。 仮に、お金を受け取る側がそのアプリでの決済に積極的でない場合、残高を送られても使い道に困ってしまうことにもなりかねません。 そんなとき、送ってもらった残高が「現金化」できると知っていれば送られる側も安心でしょう。 この記事では「アプリ内の残高を現金に引き出せる機能」(以下、出金機能)を持つ6つのアプリを紹介します。 また、この機能のほか「アプリユーザー間で無料で送金ができる機能」(以下、送金機能)と「QRコードで決済ができる機能」(以下、QR決済機能)の2つもアプリ選びの基準にしました(6つのアプリともこの3つの機能あり)。 QR決済機能については、使える加盟店の数や決済金額に応じたポイント還元の有無でアプリ間に差があるため、理解を助ける目的で、加盟店が多く、ポイント還元がある4つのアプリを「買い物系」、残りの2つを「送金系」とジャンル分けして紹介します。 (本記事内の価格表記は基本的に税込です)• スマホ決済アプリの出金機能(現金化)とは? 最初に、スマホ決済アプリの出金機能について説明します。 現状、スマホ決済アプリの出金機能には (1)銀行口座への振り込みと (2)セブン銀行ATMでの出金の2つのタイプがあります。 アプリによって(1)のみができるものや、(2)にも対応しているものに分かれています。 これを念頭に読み進めていただければと思います。 (1)銀行口座への振り込み ユーザーが希望する銀行口座へ残高が振り込まれる機能で、今回紹介する6つのアプリすべてが対応しています。 振り込みできる銀行や手数料は各アプリによって異なります。 また、アプリでの手続き終了後、実際に口座に振り込まれるまでの時間はアプリによってまちまちなので注意が必要です。 (2)セブン銀行ATMでの出金 アプリ内の残高をセブン銀行ATMから直接現金で引き出す機能です。 セブン銀行の口座やキャッシュカードは不用で、スマホがあれば現金を引き出せます。 記事で取り上げる6つのうち3つのアプリがこの機能に対応しており、手数料などはアプリによって変わります。 「セブン銀行ATMでの出金」はどのアプリも操作方法は共通。 アプリ側で出金操作を行い「確認番号」を発行。 セブンATM側で「カードを使わない番号入力での取引」に沿って必要情報を入力すると出金できる仕組み。 これらのアプリの特徴は「QRコードで決済できる加盟店が多い」ことと「決済金額に応じてポイント還元がある」こと。 還元キャンペーンなどにも積極的で、使うことによる「お得さ」を前面に打ち出している印象です。 なお、これ以外のメジャーな買い物系アプリのうち、「楽天ペイ」は送金機能のみ(出金機能なし)、「メルペイ」は出金機能のみ(送金機能なし)のため、本記事では扱っていません。 加盟店やポイント還元、キャンペーン情報は下記の記事も参考になさってください。 LINE Payは「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しています。 出金機能を使うには、LINE Pay上で本人確認を済ませる必要があります(銀行口座を登録すると本人確認されたとみなされます)。 最小1円から出金可能で、1日の出金上限額は10万円。 手数料は1回あたり220円かかります。 手続き終了後、原則として即時口座に反映されます(平日の営業時間内のみ)。 対応している主な銀行は下記のとおりです。 対応銀行は下記リンク先の「チャージ用として登録可能な銀行を教えてください」より確認が可能(対応銀行を確認するにはLINE Payアプリが必要です)。 最小1,000円から、1,000円単位で出金が可能で、上限は1日につき1万円と、銀行口座への振り込みに比べて低く設定されています。 d払い ドコモが運営するスマホ決済サービスです。 ドコモユーザー以外でも、dアカウントを作ることで利用できます。 LINE Payと同様に「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しており、出金機能を使うには銀行口座を登録する必要があります。 最小1円から出金ができ、1日の出金上限額は2万円まで。 さらに出金回数は月に5回までに設定されています。 手数料は利用する金融機関や回数によって異なり、みずほ銀行宛てのみ、その月の最初の出金は110円、2回目以降は220円。 みずほ銀行以外の金融機関の場合は一律220円となっています。 なお、口座入金までの目安は翌〜翌々営業日中となっています。 記事執筆時点で対応している金融機関数は19です。 対応する金融機関は下記リンク先で確認ができます。 手数料は1回につき220円。 最小1,000円から1,000円単位で引き出し可能です。 上限は1回につき2万円までで、月の上限が10万円に設定されています。 PayPay ソフトバンクとヤフーの共同出資会社が運営する「PayPay」。 会員数は2,000万人を突破し、QRコード決済の中で存在感を強めつつあります。 PayPayが対応している出金機能は「銀行口座への振り込み」のみとなっています。 これは、PayPayでの本人確認後に銀行口座からチャージ、もしくは「ヤフオク! 」「PayPayフリマ」の売上金からPayPayにチャージした残高のことで、それ以外のキャンペーンなどで付与された残高は出金できません。 出金は最小1円から1円単位で可能です。 ジャパンネット銀行の口座に出金する際は手数料無料。 そのほかの金融機関に出金する際は1回あたり100円と、買い物系アプリの中では手数料が低めです。 ただし口座への入金は翌〜4営業日程度かかるので、日数に余裕を持って手続きしたほうがいいでしょう。 PayPayの出金機能に対応している主な銀行は下記のとおりです。 対応する金融機関は下記リンク先で確認ができます。 au PAY KDDIが運営する「au PAY」。 2020年2月より、最大20%還元の大型キャンペーンを実施して注目されています。 au PAYの出金機能は「銀行口座への振り込み」のみ対応しています。 ほかの買い物系アプリと同様、キャンペーンなどで付与されたポイントは出金できません。 また「auかんたん決済」「クレジットカード」「au WALLET チャージカード」を使ってチャージした残高も出金できないのでご注意ください。 出金1回あたりの手数料は、出金額が20,000円未満の場合は220円。 20,000円以上の場合は出金額の1%+税となります。 出金は1円以上1円単位で可能。 1回あたり10万円が上限です。 口座への入金は即時となっています。 買い物系アプリと比べると決済やお得の面では弱いものの、いずれも出金機能の手数料が原則無料となっており、お金を動かす機能に強みを持っています。 pring(プリン) 「pring」(以下、プリン)は、株式会社pringが2018年3月にリリースしたマネーアプリです。 お金を「送る、もらう、払う、チャージする、口座に戻す」がすべて無料で行えます。 「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しており、いずれも原則として手数料がかかりません(一部例外あり)。 例外が楽天銀行で、月3回までは無料ですが4回目以降は220円かかります。 出金の上限は1日あたり10万円です。 口座への入金は当日〜翌々営業日中までとなっています。 対応している主な銀行は下記のとおりです。 対応する金融機関は下記リンク先内「利用できる銀行はどこですか?」で確認ができます。 1日1回目までは手数料が無料です。 2回目以降は1回につき220円の手数料がかかります。 最小1,000円から、1,000円単位で引き出せます。 上限は1日につき10万円までとなっています。 J-Coin Pay(Jコインペイ) 「J-Coin Pay」(以下、Jコインペイ)は、みずほ銀行が運営するスマホ決済サービスです。 2019年3月にリリースされています。 ポイント還元や大型キャンペーンなどはありませんが、プリンと同じく銀行口座からのチャージや、口座への出金が無料です。 出金機能は「銀行口座への振り込み」にのみ対応しています。 出金手数料は無料で、1日あたりの出金金額の上限は3万円。 本人確認の手続きをすると1日50万円まで増やすことができます。 口座への入金は当日〜翌営業日中までとなっています。 対応する金融機関は下記リンク先で確認ができます。 ポイント還元のないアプリでも、別途キャンペーンなどでポイントが還元されるときがあります 上の表は、今回紹介した6つのアプリを出金機能を中心に比較したものです。 各アプリは一長一短で、スマホ決済アプリに何を求めるかよって選び方が大きく異なります。 「決済での使いやすさ」や「お得さ」を求める人で、出金機能を使う機会が限られる人は買い物系アプリを選んだほうがよさそうです。 いっぽう、定期的に仕送りを受ける人や、なんらかの事情で一時的にお金を立て替える機会が多い人など、アプリからの現金化が一定回数発生しそうな人は、送金系アプリがコスト面で有利です。 全国25,000か所のセブン銀行ATMで出金できるのは便利 また、セブン銀行ATMで出金できるか否かも判断基準のひとつになるでしょう。 セブン銀行ATMは全国に約25,000か所あります。 この点で、1日1回無料でセブン銀行ATMから引き出せるプリンに魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。 自分の複数口座間のお金の移動も このほか、今回の「現金化」というテーマからはややずれますが、送金系アプリを使って「自分が持つ複数の銀行口座間のお金の移動」を無料で行うという使い方も考えられます。 このように、各アプリの長所を生かした使い方がいろいろと考えられると思います。 本記事を参考に、最適なお金の動かし方を模索してみてはいかがでしょうか? 記事の最後には、メガバンク3行の振込手数料を参考情報として掲載してあります。 「他行宛ての振り込み」で「3万円以上」の場合、スマホ決済アプリのほうがコスト面で有利になるようです(みずほ銀行の場合は3万円未満でも)。 こちらも比較の材料にしていただければと思います。 本記事は情報の提供を目的としています。 本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。 本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格. kakaku. html)にご同意いただいたものとします。

次の

手数料のご案内:常陽銀行

お手数を

キャッシュレス決済の普及が進む昨今ですが、現金のニーズもまだまだ健在です。 そこで今回は、知っておくと意外と便利な、スマホ決済アプリの「残高を現金で引き出す機能」(現金化)に注目してみます。 現金化できると、アプリ送金でも安心 「ユーザー同士で気軽にお金を送れる」のはスマホ決済アプリの大きな魅力です。 しかし「PayPay残高はPayPayでの支払いのみ」「LINE Pay残高はLINE Payでの支払いのみ」といった具合に、各アプリの残高はそのアプリの加盟店でしか決済に使えません。 仮に、お金を受け取る側がそのアプリでの決済に積極的でない場合、残高を送られても使い道に困ってしまうことにもなりかねません。 そんなとき、送ってもらった残高が「現金化」できると知っていれば送られる側も安心でしょう。 この記事では「アプリ内の残高を現金に引き出せる機能」(以下、出金機能)を持つ6つのアプリを紹介します。 また、この機能のほか「アプリユーザー間で無料で送金ができる機能」(以下、送金機能)と「QRコードで決済ができる機能」(以下、QR決済機能)の2つもアプリ選びの基準にしました(6つのアプリともこの3つの機能あり)。 QR決済機能については、使える加盟店の数や決済金額に応じたポイント還元の有無でアプリ間に差があるため、理解を助ける目的で、加盟店が多く、ポイント還元がある4つのアプリを「買い物系」、残りの2つを「送金系」とジャンル分けして紹介します。 (本記事内の価格表記は基本的に税込です)• スマホ決済アプリの出金機能(現金化)とは? 最初に、スマホ決済アプリの出金機能について説明します。 現状、スマホ決済アプリの出金機能には (1)銀行口座への振り込みと (2)セブン銀行ATMでの出金の2つのタイプがあります。 アプリによって(1)のみができるものや、(2)にも対応しているものに分かれています。 これを念頭に読み進めていただければと思います。 (1)銀行口座への振り込み ユーザーが希望する銀行口座へ残高が振り込まれる機能で、今回紹介する6つのアプリすべてが対応しています。 振り込みできる銀行や手数料は各アプリによって異なります。 また、アプリでの手続き終了後、実際に口座に振り込まれるまでの時間はアプリによってまちまちなので注意が必要です。 (2)セブン銀行ATMでの出金 アプリ内の残高をセブン銀行ATMから直接現金で引き出す機能です。 セブン銀行の口座やキャッシュカードは不用で、スマホがあれば現金を引き出せます。 記事で取り上げる6つのうち3つのアプリがこの機能に対応しており、手数料などはアプリによって変わります。 「セブン銀行ATMでの出金」はどのアプリも操作方法は共通。 アプリ側で出金操作を行い「確認番号」を発行。 セブンATM側で「カードを使わない番号入力での取引」に沿って必要情報を入力すると出金できる仕組み。 これらのアプリの特徴は「QRコードで決済できる加盟店が多い」ことと「決済金額に応じてポイント還元がある」こと。 還元キャンペーンなどにも積極的で、使うことによる「お得さ」を前面に打ち出している印象です。 なお、これ以外のメジャーな買い物系アプリのうち、「楽天ペイ」は送金機能のみ(出金機能なし)、「メルペイ」は出金機能のみ(送金機能なし)のため、本記事では扱っていません。 加盟店やポイント還元、キャンペーン情報は下記の記事も参考になさってください。 LINE Payは「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しています。 出金機能を使うには、LINE Pay上で本人確認を済ませる必要があります(銀行口座を登録すると本人確認されたとみなされます)。 最小1円から出金可能で、1日の出金上限額は10万円。 手数料は1回あたり220円かかります。 手続き終了後、原則として即時口座に反映されます(平日の営業時間内のみ)。 対応している主な銀行は下記のとおりです。 対応銀行は下記リンク先の「チャージ用として登録可能な銀行を教えてください」より確認が可能(対応銀行を確認するにはLINE Payアプリが必要です)。 最小1,000円から、1,000円単位で出金が可能で、上限は1日につき1万円と、銀行口座への振り込みに比べて低く設定されています。 d払い ドコモが運営するスマホ決済サービスです。 ドコモユーザー以外でも、dアカウントを作ることで利用できます。 LINE Payと同様に「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しており、出金機能を使うには銀行口座を登録する必要があります。 最小1円から出金ができ、1日の出金上限額は2万円まで。 さらに出金回数は月に5回までに設定されています。 手数料は利用する金融機関や回数によって異なり、みずほ銀行宛てのみ、その月の最初の出金は110円、2回目以降は220円。 みずほ銀行以外の金融機関の場合は一律220円となっています。 なお、口座入金までの目安は翌〜翌々営業日中となっています。 記事執筆時点で対応している金融機関数は19です。 対応する金融機関は下記リンク先で確認ができます。 手数料は1回につき220円。 最小1,000円から1,000円単位で引き出し可能です。 上限は1回につき2万円までで、月の上限が10万円に設定されています。 PayPay ソフトバンクとヤフーの共同出資会社が運営する「PayPay」。 会員数は2,000万人を突破し、QRコード決済の中で存在感を強めつつあります。 PayPayが対応している出金機能は「銀行口座への振り込み」のみとなっています。 これは、PayPayでの本人確認後に銀行口座からチャージ、もしくは「ヤフオク! 」「PayPayフリマ」の売上金からPayPayにチャージした残高のことで、それ以外のキャンペーンなどで付与された残高は出金できません。 出金は最小1円から1円単位で可能です。 ジャパンネット銀行の口座に出金する際は手数料無料。 そのほかの金融機関に出金する際は1回あたり100円と、買い物系アプリの中では手数料が低めです。 ただし口座への入金は翌〜4営業日程度かかるので、日数に余裕を持って手続きしたほうがいいでしょう。 PayPayの出金機能に対応している主な銀行は下記のとおりです。 対応する金融機関は下記リンク先で確認ができます。 au PAY KDDIが運営する「au PAY」。 2020年2月より、最大20%還元の大型キャンペーンを実施して注目されています。 au PAYの出金機能は「銀行口座への振り込み」のみ対応しています。 ほかの買い物系アプリと同様、キャンペーンなどで付与されたポイントは出金できません。 また「auかんたん決済」「クレジットカード」「au WALLET チャージカード」を使ってチャージした残高も出金できないのでご注意ください。 出金1回あたりの手数料は、出金額が20,000円未満の場合は220円。 20,000円以上の場合は出金額の1%+税となります。 出金は1円以上1円単位で可能。 1回あたり10万円が上限です。 口座への入金は即時となっています。 買い物系アプリと比べると決済やお得の面では弱いものの、いずれも出金機能の手数料が原則無料となっており、お金を動かす機能に強みを持っています。 pring(プリン) 「pring」(以下、プリン)は、株式会社pringが2018年3月にリリースしたマネーアプリです。 お金を「送る、もらう、払う、チャージする、口座に戻す」がすべて無料で行えます。 「銀行口座への振り込み」と「セブン銀行ATMでの出金」の2つの出金機能に対応しており、いずれも原則として手数料がかかりません(一部例外あり)。 例外が楽天銀行で、月3回までは無料ですが4回目以降は220円かかります。 出金の上限は1日あたり10万円です。 口座への入金は当日〜翌々営業日中までとなっています。 対応している主な銀行は下記のとおりです。 対応する金融機関は下記リンク先内「利用できる銀行はどこですか?」で確認ができます。 1日1回目までは手数料が無料です。 2回目以降は1回につき220円の手数料がかかります。 最小1,000円から、1,000円単位で引き出せます。 上限は1日につき10万円までとなっています。 J-Coin Pay(Jコインペイ) 「J-Coin Pay」(以下、Jコインペイ)は、みずほ銀行が運営するスマホ決済サービスです。 2019年3月にリリースされています。 ポイント還元や大型キャンペーンなどはありませんが、プリンと同じく銀行口座からのチャージや、口座への出金が無料です。 出金機能は「銀行口座への振り込み」にのみ対応しています。 出金手数料は無料で、1日あたりの出金金額の上限は3万円。 本人確認の手続きをすると1日50万円まで増やすことができます。 口座への入金は当日〜翌営業日中までとなっています。 対応する金融機関は下記リンク先で確認ができます。 ポイント還元のないアプリでも、別途キャンペーンなどでポイントが還元されるときがあります 上の表は、今回紹介した6つのアプリを出金機能を中心に比較したものです。 各アプリは一長一短で、スマホ決済アプリに何を求めるかよって選び方が大きく異なります。 「決済での使いやすさ」や「お得さ」を求める人で、出金機能を使う機会が限られる人は買い物系アプリを選んだほうがよさそうです。 いっぽう、定期的に仕送りを受ける人や、なんらかの事情で一時的にお金を立て替える機会が多い人など、アプリからの現金化が一定回数発生しそうな人は、送金系アプリがコスト面で有利です。 全国25,000か所のセブン銀行ATMで出金できるのは便利 また、セブン銀行ATMで出金できるか否かも判断基準のひとつになるでしょう。 セブン銀行ATMは全国に約25,000か所あります。 この点で、1日1回無料でセブン銀行ATMから引き出せるプリンに魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。 自分の複数口座間のお金の移動も このほか、今回の「現金化」というテーマからはややずれますが、送金系アプリを使って「自分が持つ複数の銀行口座間のお金の移動」を無料で行うという使い方も考えられます。 このように、各アプリの長所を生かした使い方がいろいろと考えられると思います。 本記事を参考に、最適なお金の動かし方を模索してみてはいかがでしょうか? 記事の最後には、メガバンク3行の振込手数料を参考情報として掲載してあります。 「他行宛ての振り込み」で「3万円以上」の場合、スマホ決済アプリのほうがコスト面で有利になるようです(みずほ銀行の場合は3万円未満でも)。 こちらも比較の材料にしていただければと思います。 本記事は情報の提供を目的としています。 本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。 本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格. kakaku. html)にご同意いただいたものとします。

次の

Rakuten UN

お手数を

5万円の仮想通貨送金で「手数料が3億円」 たった1万5000円ほどの仮想通貨の送金で、3億円近い手数料が支払われた事例が確認された。 トランザクションは、日本時間10日の夜に確認されたもので、ブロック生成に成功している。 (トランザクションが成立) ブロック( 10237208)生成を行なった中華系マイニングプールのSpark Poolは、思わぬ形で多額の報酬を獲得した。 176566954591915817 Ether」と表示されていることが確認できる。 06万イーサリアムは、マイナー全体で採掘する1日のブロックリワードに匹敵する数量で、金額にして2億8200万円に相当する。 送金者ユーザーが手数料と送金金額の入力を誤った可能性や、現実的ではないがプールのマネーロンダリングに利用された可能性を指摘する見方もみられた。 また、多額の手数料を支払った後も11億円相当のイーサリアムがアドレスに残っている点や、数分おきに送受信がプログラム的に繰り返されている状況から、誤送信を行なったアドレスは取引所のもので、自動化されている送金システムのバグが影響している可能性も指摘されている。 なお、手数料を受け取ったSpark Poolは、誤送信されたケースに備え、送信者の身元確認を行なっているという。 誤送信の状況と送信者が証明されれば、手数料の返還がなされる予定だ。 追記(14:30) 異常な手数料と同額の事象が再び確認された。 (2度目) 上述した1回目の送金とほぼ同額の手数料「10,668. 73185 Ether」が支払われている事象で、同じアドレスから送金されている。 2度目の事象が確認されたケースから、送金システムの問題である可能性が高まっている。 イーサリアムの手数料 イーサリアムのマイナーが受け取ることができるブロックリワードには大きく分けて2種類あり、一つが固定ブロック報酬の2ETH。 19年3月のConstantinople(コンスタンティノープル)とSt. Petersburg(セントピーターズバーグ)のハードフォークで3ETHから2ETHに変更されている。 一方、マイナーはトランザクションを処理する際に生成したブロックに含まれるGASの合計を報酬として受け取ることが出来る(PoW)。 これがユーザーが指定する手数料だ。 手数料(GAS)は、ウォレットからイーサリアムを送金のトランザクションを実行する際に必要なGasの上限は任意に指定することができるほか、送金を早く送るために高い手数料を手動で入力することも可能だ。 手数料として利用されるGasは、Etherと別の概念として扱われているが、実際の決済ではETHで支払いが行われるため、ブロックリワードの合計値はEtherで表記される。 画像はShutterstockのライセンス許諾により使用.

次の