ミナ ペルホネン 大阪。 ミナ ペルホネン・皆川明デザインによる“鳩のオブジェ”、スウェーデンの陶器工房とコラボ

Park

ミナ ペルホネン 大阪

都道府県 :• 全国のミナ ペルホネン• 青森 0• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 茨城 0• 栃木 0• 群馬 0• 岐阜 0• 静岡 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 徳島 0• 香川 0• 高知 0• 佐賀 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 沖縄 0 カテゴリ :• 全ての売ります・あげます• 自転車 0• 車のパーツ 0• バイク 0• 楽器 0• チケット 0• パソコン 0• 食品 0• 5 全国以外の都道府県から探す :• 全国のミナ ペルホネン• 青森 0• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 茨城 0• 栃木 0• 群馬 0• 岐阜 0• 静岡 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 徳島 0• 香川 0• 高知 0• 佐賀 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 沖縄 0.

次の

皆川明

ミナ ペルホネン 大阪

こんにちは、haconiwa編集部の森です。 本日ご紹介するのは、清澄白河の東京都現代美術館にて2019年11月16日 土 から2020年2月16日 日 まで開催中の「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展です。 デザイナーの皆川明氏が立ち上げたブランド「ミナ ペルホネン」。 読者のみなさんの中にも好きな方が多いですよね!1995年にミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」が誕生してから、来年2020年には25周年という記念すべき年を迎えます。 本展覧会は、ミナ ペルホネンと皆川明氏のものづくりとその思考をこれまでにない規模で紹介する展覧会です。 タイトル「つづく」には、ブランドの時間的な継続性を示すものはもちろんのこと、つながる・連なる・手を組む・循環するなど、モノや人が連鎖し何かを生み出していく生成のエネルギーなど、多義的な意味が込められているそうです。 生地や衣服、インテリア、食器等のプロダクトに加えて、デザインの原画、映像、印刷物、皆川明氏の挿絵など創作の背景を浮き彫りにする作品群や資料も併せて展示され、皆川氏とミナ ペルホネンのものづくりへの想いを感じる展示となっています。 今回は展覧会の様子を一部レポートします。 ミナ ペルホネンの活動の要素を8つの章で構成。 本展覧会は8つの章で構成されており、各章にはミナ ペルホネンのものづくりの営みを自然界に例えて、「実」「森」「風」「芽」「種」「根」「土」「空」といった名称が付けられています。 ミナ ペルホネンらしい展示構成に、ワクワクしますね。 最初の章は「実」。 かわいいお部屋のような展示です。 ここでは、ミナ ペルホネンの代表的な刺繍柄tambourine(タンバリン)のデザインの原点や、生地になるまでの工程、その生地から生まれた様々なプロダクトが紹介されています。 ミナ ペルホネンは、流行に左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オリジナルの生地からプロダクトを生み出す独自のものづくりを続けてきました。 「せめて100年つづくブランドに」という思いでファッションからスタートした活動は、その後、インテリアや食器など次第に生活全般へと広がり、現在ではデザインの領域を超えてホスピタリティを基盤にした分野へと拡張しています。 tambourineを通して、ミナ ペルホネンのものづくりの精神を垣間見ることができる章となっています。 各章をつなぐ入り口。 入り口から見える隣の展示もかわいいです。 これまでのものづくりの過程をじっくりと見ることができる展示。 ミナ ペルホネンの服がずらりと並ぶこちらの章は「森」。 設立当初から2020年春夏コレクションまでの約25年分の服、400着以上を一堂に集め、年代をミックスして展示されています。 正直、どの服が25年経っているのか分からないくらい、時が経っても変わらず素敵な服ばかり。 流行にとらわれない、長年愛用してもらえ服を目指すミナ ペルホネンの凄さだと思います。 「芽」という章では、皆川氏とインハウスデザイナー田中景子氏による、生地のためのデザイン画と、そのあとの工程を予感させる作品が展示されています。 こちらはjardinという織物のための図案です。 図案の線画も美しいですね〜。 そのほかにも、手書きの線や色の重なりが印象的なプリント用原画や、糸から織り組みまで考えられている織物用デザインなど、制作の過程が見ることができるとあって、大変貴重な展示となっています。 皆川明氏の頭の中を覗いているような、創作アイデアの展示も。 「種」の章では、皆川氏とミナ ペルホネンのものづくりの哲学や創作のアイデアを、過去・現在・未来の試みを通して紹介しています。 皆川氏のスケッチブックや、 皆川氏が19歳の頃、初めてのフィンランド・ラップランドへの旅で出会ったコートが展示されていました。 19歳の頃のコートに、ミナ ペルホネンの服に通ずるものを感じます。 そして、状態がとても良くてビックリ! 手製のゴムスタンプなど制作に使用された道具を見ることができたり、 インビテーションやノベルティバックなど、過去の作品を見ることもできます。 皆川氏が将来の夢として構想している「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ「shell house(シェルハウス)」も。 皆川氏のアイディアを設計し、かたちにしたのは皆川氏と公私ともにつきあいの深い建築士の中村好文氏です。 フィボナッチ数列から着想を得たユニークな渦巻き型の構造になっていて、リビング部分には実際に足を踏み入れることもできるので、shell houseのあたたかな空間を感じてもらいたいです。 ものづくりが継続していく大切さを感じる、ミナ ペルホネン25年の活動の軌跡。 最後の章は、ミナ ペルホネンの活動の軌跡を綴った展示です。 ブランド初期から現在まで大切に作り続けられているアイコン的存在の「mini bag(ミニバッグ)」からはじまり、2095年の想いにつながっています。 皆川氏がこの展覧会に込めた思いをお話ししているインタビュー映像もありますよ。 まさに、「つづく」という今回のテーマを最後まで感じられる展示でした。 今回の展示では、グッズも見逃せません!靴下やハンカチ、バッチやバッグなどの身に付けるものから、ポストカードやマスキングテープといった文具など。 充実のラインナップなので、来場記念にグッズもたくさん購入してみてくださいね。

次の

Park

ミナ ペルホネン 大阪

[画像のクリックで拡大表示] 岩手県盛岡市は、公募設置管理制度(Park-PFI)を活用して整備する盛岡城跡公園の芝生広場について、ファッションブランド「ミナ ペルホネン」を運営するミナ(港区)を事業者に選定した。 「ミナ ペルホネン」は、東京スカイツリーのユニフォームデザインを手がけたことでも知られるデザイナー、皆川明氏が率いるブランドだ。 公募は、2018年11月から2019年3月にかけて実施。 応募は同社だけだった。 盛岡城跡公園は、JR盛岡駅から徒歩15分ほどの盛岡市内丸にある広さ約9万2000m2の都市公園。 都市部のオープンスペースとして、史跡の保存以外の役割も求められるなかで、市は新たな機能の拡充と市民サービスの向上、および行財政負担の軽減を目指して、芝生広場の区域をPark-PFIで整備することにした。 具体的には、Park-PFIの特定公園施設として芝生広場と公衆用トイレを整備し、これらの費用を賄う公募対象公園施設として、飲食店など盛岡城跡公園のにぎわい創出に資する収益事業を行う施設を設置する。 いずれも民間事業者の負担で整備し、市の事業費負担はない。 ミナの提案は、芝生広場のほかにカフェ、服飾や地場産品などを取り扱うショップ、および地域の文化を世界へ発信するギャラリーを設置・運営するという内容だ。 建物の設計は、建築家で東京大学名誉教授の藤森照信氏が手がける。 ミナは、事業を通じて生まれる人の交流により、豊かな生活習慣や文化を自然な形で次世代に継承していくことを目指して、これらの事業を提案した。 施設は地域と近隣、さらには海外も含めた異文化の交流の場としても活用していく考えだ。 また、施設では一般社員のほか60歳以上の高齢者スタッフ、障がい者スタッフ、およびパートタイムのヘルプスタッフの雇用を想定している。 審査は、有識者など5人で構成される選定委員会が行った。 配点は、配置計画と事業目的が各25点、収支計画、運営計画、管理計画、総合評価、価格評価が各10点の計100点満点。 委員5名の平均評点は、100点満点中86. 6点だった。 今後、市とミナは6月中に基本協定を締結し、2021年頃の供用開始を目指して整備を進めていく。

次の