小沢 健二。 小沢健二が消えたと思ったらアメリカ人妻と結婚していた!華麗なる家系図!

小沢健二が消えたと思ったらアメリカ人妻と結婚していた!華麗なる家系図!

小沢 健二

シンガー・ソングライター小沢健二(52)が14日、公式インスタグラムで、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、5月30日に開幕を予定していたツアーを延期すると発表した。 そこに27日にメンバーを集め、汗と唾を飛ばしてリハを始めるのは、作業者の安全上無理なのです」と、密閉空間を避けられない状況を説明した。 延期時期は「ちょうど1年」を目指しているという。 「『2021年の同じ時期に、同じ会場で』を目標に、鋭意日程を調整しています。 『来年、いまお持ちのチケットと同じ会場、同じ席番に来ていただけること』が目標です」。 通常、イベント会場の予約は1年前から始まるため、現状では予約を入れられないといい、「延期先の公演日程は、後日(6月になると思います)の発表をお待ち下さい」と丁寧に説明した。 チケットの払い戻しも受け付けるという。 ツアーは5月30日、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールを皮切りに、全国6都市で8公演を行う予定だった。 小沢は「延期はむちゃくちゃ残念です」と、素直に心情を吐露。 その上で「でも、チケットを持っている方はチケットを、僕は曲順表を握りしめて、この暗がりを抜けた先で、落ち合いたいです。 『約束するよ、そばにいると』です」と、自身の楽曲「薫る(労働と学業)」の歌詞を引用してファンに呼びかけた。

次の

小沢健二

小沢 健二

小沢健二まとめ プロフィール 小沢 健二(おざわ けんじ、1968年4月14日 — )は、日本のシンガーソングライター。 愛称は、オザケン。 東京大学文科III類に入学。 1989年、大学在学中からアマチュアバンド「ロリポップ・ソニック」で活動。 プロデビューを果たすと同時に「フリッパーズ・ギター」と改名した。 90年代にヒット曲を連発した。 その歌詞は絶賛され、数多くカバーされている。 太田「タモリさん小沢健二好きだよねえ」 田中「あ!タモリさん好きだよねえ」 太田「俺らがタモリさんちに行って漫才の打ち合わせするときに、しばらくやって、後はいろいろ世間話してるとき、音楽とか聴かせてもらってたときに『小沢健二、これはいいんだよ』っつって聴かせてもらった」 田中「ジャズっぽいからね、小沢健二は」 太田「そうなんですよ」 田中「ジャズっぽい曲多いんですよ。 それでタモリさん好きなのかもしれない」 太田「歌詞がいいっつってた」 田中「歌詞がいい・・・分かる気がする」 出典 爆笑問題カーボーイ 2014年4月30日放送 小沢健二&タモリのエピソード 小沢健二がテレフォンショッキングに出演した1996年1月29日、タモリさんとの会話がこちら。 小沢 「タモリさんねぇ、僕の作品をびっくりするぐらい理解していただいていて。 ありがとうございました」 タモリ「いやいや、とんでもない。 最近ね、 ホントに歌の歌詞で「あぁ」ってなった人っつうのはね、この人しかいないのよ」 小沢 「あはは(笑)。 それがだから、何か僕はホント、そうだなぁ…、音楽とかは全然年の差とかは何にもないんだろうなって思っていて。 で、絶対この世代に向けてとか、そういんじゃない…。 僕は少なくともそういんじゃないですから。 そしたらタモリさんがああいうことを言ってくださってホント嬉しかったですね」 タモリ「あれはねぇ、本当に驚いたのよね、最近では」 ここでタモリさんが絶賛しているのは「さよならなんて云えないよ」の歌詞。 タモリさんは具体的な歌詞について語っています。 タモリ「でもね、よく考えられた作品だよね。 あのね、まぁいろいろ優れてるんだけども、俺が一番驚いたのは鹿児島で車でできた作品で『道を行くと、向こうに海が見えて、きれいな風景がある』。 そこまでは普通の人は書くんだけれども。 それが『永遠に続くと思う』というところがね,それ凄いよ。 凄いことなんだよ、あれ」 小沢 「ホンっト、ありがとうございます。 良かったなぁ、ちゃんと…。 ボクは何かね、聴いてて、何ていうのかな……。 それで、だから…。 んー」 タモリ「だからまさにあのフレーズがそうなんだよね。 左へカーブを曲がると 光る海が見えてくる 僕は思う! この瞬間は続くと! いつまでも さらに、タモリさんから小沢健二さんへの賞賛は続いていきます。 小沢 「ものすごい硬い話になっちゃった(笑)」 タモリ「そこまで俺は肯定できないんだよね」 小沢 「んー。 そうなんですか。 でもボクもねぇ、そんなわかんないんですけど。 でも何か、たとえば大学とかで勉強したりとか、あと普段嫌なことあったり、いいことあったりするんだけど、そういうのがギュッとこのぐらいまでは結構ありましたって、いちいち報告するようなものが書きたいなって思って」 タモリ「なるほどねぇ。 個人的な話になって悪いんだけど」 小沢 「いえ、すみません、笑えるような話じゃなくて」 タモリ「いいのいいの、笑えるような話じゃなくったって。 で、しかも そういう凄いことを簡単に何の嫌味もなく書けるっていうのが一番凄いことなんだよ。 人間の能力で一番凄いとは複雑なものを簡単にポッと出すことなんだよね。 簡単なものを複雑にやるのが一番バカなんだよね」 小沢 「あははは」 タモリ「よくいるじゃない。 タモリ「それがスゴいことなんだよね」 小沢 「そういうふうでありたいなぁと思ってます。 ありがとうございます」 タモリ「いやいや、期待してますよ。 いつも観てますからね」 小沢 「ありがとうございます。 なんか、すみません。 お昼休みっぽい話じゃなくって(笑)」 タモリ「いや、いいんだ。 だいたいあのことは本に一冊書けるくらい内容のあることなんだから。 だから大学行って勉強したことが凄いことになってるんだよね」 小沢 「うーん、それを反映しようとは思ってますけどね。 それはでもボクは大学であり、誰かは空手をやってたのかもしれないし、誰かはスポーツをやってたのかもしれない。 あとタモリさんはずっと『いいとも』をやってきたのかもしれないし、その中のことをボクはたまたま曲にするのであり…っていう。 なんかすごい真面目ですね~(笑)」 タモリ「ふふ(笑)」 出典 「あれは生命の最大の肯定」タモリが絶賛した小沢健二 てれびのスキマ 小沢健二はジワジワ系 「複雑なものを簡単に出す」。 一見、インパクトのある歌詞ではないので、その凄さを見過ごしがちですね。 著者も見過ごしていました。 小沢健二は歌はうまくないし、お気楽そうな曲だし、当時恋人のことを「子ねこちゃん」と呼んでいたこともあったためです。 爆笑問題の田中も同じようなことを2014年2月25日放送のラジオで力説しています。 田中「オリラジの藤森とカラオケに行った際、「歌詞がいいので聴いてください」と言われたんだけれども、今時の若い人の歌なんだけれども、ほんとに、どこにでもある、全員が書けるようなのだったんだよ。 ひねりも何にもない。 これを何かに例えるんでしょ?コピーにしたってそうじゃない。 「これは超美味しいから食べてね」って言ったんじゃCMとして全然違う。 それをなんか表現するわけじゃん。 でも、全部そうなんだよ。 「君が好き」「誰よりも大切」「毎日君のことで頭がいっぱいだよ」って詩なわけ。 まだアイドルならわかる。 言ってみれば幼稚な。 (中略)今の若い子はって思っちゃう」 太田「中にはいいのもあるわけでしょ」 田中「いますよ、もちろん、優秀な人はいるんだけど」 太田「それ、ちゃんとウケてるわけでしょ」 田中「そうだろうね、今いっぱいいい詩を書く人もいるだろうね。 で、意外に昨日俺はYoutubeでずっと小沢健二を・・・」 太田「いまさら?」 田中「いいんだよ。 小沢健二はいいってことに最近気づいたの。 知的っていうのは、知識や教養があるのはもちろんだけど、それも自由に使いこなせるのが大事なんだ。 (中略)知識や教養がありながら、それを自由に駆使し、遊んで回ってる、精神的に子供っぽい人。 見ててもなんであんな年齢の人が、あんなに可愛いんだろうと思える人が最高に知的 出典 タモリ学 タモリさん自身が、テレビで前へ前へ行くよりも後ろで俯瞰している方が好きだということにも繋がっている気がします。 教養のある人はこんな視点でものを見ているんだな、と気づかされました。

次の

小沢健二『愛し愛されて生きるのさ』――青山学院から「渋谷系」につながる若者音楽の系譜 渋谷区【ベストヒット23区】(アーバン ライフ メトロ)

小沢 健二

小沢健二の結婚相手や子供は?渡辺満里奈と熱愛関係だった? 小沢健二が消えたと思ったらアメリカ人妻と結婚していた!現在は2人の子供のパパに! 小沢健二は、「ラブリー」や「今夜はブギーバック」などのヒット曲で知られる、1990年代に人気を博したシンガーライターです。 そんな小沢健二の結婚を報じたのは、2010年の写真週刊誌フライデーです。 記事によると、結婚相手は、小沢健二より7歳下のアメリカ人写真家、エリザベス・コール。 名門ブラウン大学を卒業した才媛です。 結婚の時期は不明ですが、小沢健二は、アメリカ在留中に、知人を介して大学院生だった嫁と知り合い、芸術や文学の好みだけではなく、政治や社会に対する考え方が似ていたため、すぐに意気投合したといいます。 また、子供については2人誕生しており、2013年6月生まれの長男は凜音(りおん)、2016年10月生まれの次男は天縫(あまぬ)と、小沢健二自身のHPで名前を明かしました。 小沢健二は渡辺満里奈との熱愛が原因でフリッパーズギターを解散? 小沢健二は、アイドル的人気を誇った全盛期の1995年頃に、女優・深津絵里との熱愛が報じられています。 代表曲「ラブリー」は、深津絵里を想って書いた曲だとも言われ、巷では、小沢健二が深津絵里を「子猫ちゃん」と呼んでいたという噂もありました。 それは周知されている話ですが、当時、ファンの間では、現在はネプチューン名倉潤の妻となっている元おニャン子クラブのアイドル渡辺満里奈との熱愛関係も語り草だったようです。 小沢健二は1989年、中学時代からの友人だった小山田圭吾と、2人組のバンド・フリッパーズギターでデビューしましたが、わずか2年後の1991年に解散しています。 その解散理由が、小沢健二と小山田圭吾が、渡辺満里奈を取り合って不仲になったからだといいます。 渡辺満里奈からのアプローチで、小沢健二との交際に発展した期間があったとされていますが、真相は定かではありません。 おニャン子クラブの解散後、渋谷系の音楽を好んで聴いていたという渡辺満里奈は、1992年に元祖渋谷系である小沢健二の楽曲提供も受けています。 そのため、あくまで仕事上の付き合いだった可能性も考えられなくはありません。 小沢健二の華麗なる家系図!学歴やプロフィールは? 小沢健二はマエストロ小澤征爾の甥!父母ともにエリート家系だった! 小沢健二といえば、家系が壮麗すぎることでもたびたび話題になりました。 特に、ドイツ文学者で筑波大学の名誉教授だったという父・小澤俊夫の血筋には、知る人ぞ知る著名人の名前がズラリ。 小沢健二の叔父にあたる小澤征爾は、日本が誇るクラシック音楽の世界的指揮者であり、その息子で俳優の小澤征悦の他、作家に彫刻家といった文化人ばかりです。 また、多くの著書を出版している臨床心理学者であった小沢健二の母・小沢牧子の生家・下河辺家も、経済界の重鎮を輩出してきた名家でした。 曾祖父はENEOSで知られる日本最大手の石油元売会社JXエネルギー(旧・日本鉱業)の社長で、祖父は競走馬を生産する下河辺牧場の創業者。 その他、医師から音楽プロデューサーまで、きらびやかな肩書を持つ者ばかりが家系に名を連ねています。 小沢健二の知的で余裕のある言動には、確かに育ちの良さがにじみ出ていました。 しかし、これほど優秀な血の成せる業だったとなれば、いくら憧れようと真似できそうにありません。 小沢健二自身も東大卒の超エリート!出身中学や高校は? 小沢健二は、エリート家系に生まれたただのカリスマミュージシャンではなく、東大卒という肩書も当時としてはかなりのインパクトを与えました。 小沢健二は、1968年4月14日生まれの神奈川県相模原市出身。 父親の仕事の都合で幼少期をドイツで過ごし、中学は、東京都にある偏差値50程度の私立和光中学へ進学しています。 ここまでは、お坊ちゃまにありがちな道を歩いているようですが、和光の高校部に内部進学せず、偏差値68の神奈川県立多摩高校を受験。 幼い頃からの音楽・文学好きが高じて、高校時代は部活動のバンドに熱中しますが、名門・早稲田大学に現役で合格しています。 小沢健二の家庭では、良い成績を収めた時にしか子供が小遣いを貰えないという厳しいしつけが行われていました。 小沢健二「Mステ」20年ぶりの出演が話題!アラフィフで復活を遂げたワケとは? 19年ぶりとなるシングル「流動体について」を引っ提げ、小沢健二が、2017年2月24日の「ミュージックステーションに出演しました。 全盛期の小沢健二は、当時流行していた渋谷系ムーブメントの中心的存在。 NHK紅白歌合戦にも2年連続で出場するなどしてカリスマ的人気を誇りました。 しかし、突如としてアメリカに活動拠点を移してから、2000年代半ばには、引退状態といっていいほど影を潜めることになります。 2010年以降は結婚の話題もあり、コンサートツアーやトーク番組出演など、国内での活動を再開していたようですが、大きくメディアに取り上げられることはありませんでした。 そんな小沢健二が、約20年ぶりの「Mステ」出演で、全盛期に引け劣らないポップなパフォーマンスを見せてくれたことに、かつてのファンは大喜び。 番組では「フジロックフェスティバル2017」への出演がサプライズ発表され、一部のCDショップでは、新曲が品切れを起こすなど、完全復活とも言うべき好調ぶりです。 しかし、アラフィフとなり、突如として浦島太郎のように現れた小沢健二。 小沢健二も、長年の隠居生活で経済的に困窮してきたのでしょうか。 とはいえ、今回の新曲や、「フジロック」で披露される予定の「今夜はブギーバック」は、現代にも通用するきらめきに満ち溢れていますから、若者にも、その魅力が伝わるはず。 再び、小沢健二ムーブメントが起きれば、世の中年たちに活力を与えることができそうですね。

次の