麒麟 が 来る ナレーション。 大河観た。アカン、長谷川博己が下手過ぎる。今から演技指導とか無理やろ...

「麒麟がくる」川口春奈“演技”初公開!いきなり“涙の熱演”予告編に映し出される― スポニチ Sponichi Annex 芸能

麒麟 が 来る ナレーション

麒麟がくるの 原作は存在せず、完全オリジナル作品です。 オリジナル作品ということで、主人公の明智光秀がどんな生き方をしていくのか、どんな結末を迎えるのか、気になるのでワクワクしますね。 麒麟がくるの脚本を手掛けるのは、脚本家の 池端俊策さんです。 池端俊策さんは、これまで数々のドラマや映画の脚本を手掛けてきたので、麒麟がくるの脚本がどのようになっているのか、楽しみですね。 麒麟がくるの麒麟とは、中国神話に出てくる伝説の霊獣という意味で、この伝説の麒麟が誰の元に現れるのか、見どころです。 ドラマ「麒麟がくる」のストーリーは? 1540年代の半ばに、明智十兵衛光秀と呼ばれる若い男性が東西の美濃の地にいます。 応仁の乱が終わり、乱れた世の中には、天下統一を目指して乱世を収めようと考える戦国英雄が現れ始めました。 美濃の周囲には、尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉に囲まれており、攻め込まれる危険を持っていました。 そんな美濃にいる若い人物は、戦争に駆り出されることになり、敵を打ちのめし、戦略的才能を見せつけて土岐家の筆頭家臣である斎藤利政の目に留まることになります。 利政に抜擢ばってきされた、その利政こそ、後に土岐家をのっとることになる斎藤道三だったのでした。 斎藤道三の家臣として重用されることになる明智光秀は、主君として付き従った斎藤道三が討たれ、美濃を追われることになるが、織田信長と出会い、明智光秀の運命が大きく変わっていくことになりました。 スポンサーリンク 麒麟がくるの脚本家が過去手掛けた作品は? 2020年放送のNHK大河『麒麟がくる』の制作発表会が行われました。 長谷川博己が明智光秀役で主演。 出演オファーに「これはやらなければならない」。 脚本は、長谷川が出演したNHK『夏目漱石の妻』 16 などを手掛けてきた池端俊策氏。 取材記事は後ほどアップします。 池端俊策の主な作品• 1991年 太平記(NHK大河ドラマ)• 2001年 聖徳太子(NHK)• 2016年 夏目漱石の妻(NHK総合) 1991年「太平記」は第29作目となる大河ドラマの脚本を手掛けています。 主人公の足利尊氏を元に描いた作品で、鎌倉時代末期から南北朝時代を描いた物語となっていました。 足利尊氏は真田広之さんが演じて、次から次へとやってくる政争に立ち向かう姿が素敵でしたね。 真田広之さんはアクション俳優だったことから、太平記でも様々なアクションに挑戦し、魅了されるシーンが多くあるのが見どころになっています。 さらに、「太平記」は平均視聴率26. 0%と高視聴率でした。 「太平記」後となる池端俊策脚本の「麒麟がくる」の視聴率にも期待できますね。 個人的に予想して見たので、皆さんも参考にしながら、自分の意見と重ねながら見てみて下さい。 歴史上で考えて、忠実に再現するのであれば、秀吉に仇討ちされて最期を迎える可能性もあるのではと感じました。 本能寺の変を起こし、主君を自害させたすぐ後に中国大返しによって戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れたとされる明智光秀。 ドラマでもそのラストになってしまうのか気になります。 中国神話に出てくる伝説の霊獣という意味の「麒麟」がどのように出てくるのか、予想して見ました。 題名が「麒麟がくる」なだけあり、麒麟がいつやってくるのか、誰の元にやってくるのか、気になります。 ラストはやはり、題名の通り 麒麟がきて終わるのではないかと予想できるのではないでしょうか。 麒麟というのは、その当時の「時の王」の元に現れるため、戦国時代で誰の元に麒麟がくるのか、それは明智光秀の元にくるのかが描かれる可能性が高いのではないかと感じています。 麒麟が一体何者で、如何にして何れの英雄の前に現れるのかを問うていくストーリーになっているため、誰の英雄の前に現れるのか、期待ですね。 麒麟がくるには、織田信長、斎藤道三、豊臣秀吉、徳川家康、今川義元など、様々な英雄たちが現れるため、この中の人物の元に現れるのか?気になります。 はたまた、「麒麟はこない」という結末を迎えてしまう可能性もあるのではと予想しています。 麒麟は一体何だろう、麒麟は誰の元に現れるのだろうと期待を膨らませているのですが、実は麒麟は誰の元にも表れないというラストもあり得るのではないでしょうか? 麒麟は「時の王」の元に現れると言われているのですが、仁政を行う王がやってくるとも言えるため、仁政を行う王は、明智光秀自身だということになり、明智光秀自身が麒麟だというラストになるのではないかと感じました。 池端俊策完全オリジナル作品となり、明智光秀が天下統一してしまうラストもあるのではと予想しています。 完全オリジナルの脚本を作り、皆さんが知っている歴史とは全く違うラストになってしまうのではないかと考えました。 明智光秀が天下統一をしてしまう姿も見てみたいような気がしますね。 この結末は結構難しいと思うのですが、少し期待しながら見て行きたいです。 スポンサーリンク 麒麟がくる小説・漫画の原作ネタバレ!脚本から明智のラストを予想!まとめ 「麒麟がくる」は小説・漫画なのか?明智光秀のラストを予想してみました。 「麒麟がくる」は完全オリジナル作品となっているため、脚本を手掛ける池端俊策がどんな結末を作り出すのか、すごく期待しています。 「麒麟」の存在は一体何者なのか、「麒麟」が誰の元に現れるのか、注目しながら見て行きたいです。 東京オリンピックが行われる2020年の大河ドラマとなっている「麒麟がくる」は、2020年をより盛り上げてくれる大河ドラマになっていると感じました。 皆さんも明智光秀のラストを予想して、ハラハラドキドキの展開を楽しみましょう。

次の

「麒麟がくる」まで|21日「国盗り物語」名場面SP!前回、渡辺謙「独眼竜政宗」振り返り紹介

麒麟 が 来る ナレーション

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の最終回(第47話)が15日、拡大版(60分)で放送され、最後に来年の大河「麒麟がくる」(1月19日スタート、日曜後8・00)の予告編が流れた。 俳優の長谷川博己(42)が主演を務める大河ドラマ59作目。 第29作「太平記」(1991年)を手掛けた池端俊策氏(73)のオリジナル脚本で、大河としては智将・明智光秀を初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。 物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。 川口は主人公・明智光秀(長谷川)の主君・斎藤道三(本木雅弘)の娘で、後の織田信長(染谷将太)の正妻となる帰蝶(濃姫)を演じる。 川口の本格的な撮影は12月3日にスタートしたが、予告編に間に合った。 「麒麟がくる」の予告編は、合戦シーンから始まり「室町時代末期」「群雄割拠の戦乱」「2020年 大河新時代」のテロップ。 そして「大河ドラマ 麒麟がくる」の題字の後、「明智光秀 長谷川博己」のテロップと長谷川の1ショット。 松永久秀(吉田鋼太郎)菊丸(岡村隆史)煕子(木村文乃)望月東庵(堺正章)が映り、「明智光秀と英傑たちが天下を争い、駆け巡る」というナレーション。 続いて「斎藤道三 美濃のマムシ」のテロップと本木、「尾張のうつけ 織田信長」のテロップと染谷の後、セリフはなかったものの、うつむいて涙を流す顔を上げる一瞬の仕草だが、川口が映し出された。 13日に発表された衣装とは違うものだった。 その後は「平穏な世に現れる霊獣 麒麟」「戦災孤児 駒」のテロップと門脇麦(27)、伊呂波太夫(尾野真千子)深芳野(南果歩)牧(石川さゆり)足利義輝(向井理)織田信秀(高橋克典)土田御前(檀れい)明智光安(西村まさ彦)斎藤義龍(伊藤英明)今川義元(片岡愛之助)と主要キャラクターが続々と登場。 「乱世を終わらせろ。 麒麟を呼ぶのは誰なのか。 若き光秀の長い旅が今、始まる」というナレーションと長谷川の顔のアップで締めくくられた。

次の

好発進の大河『麒麟がくる』が面白い理由は“オマージュ”にあり

麒麟 が 来る ナレーション

8%を記録した「独眼竜政宗」を放送した。 MCに高橋英樹、麒麟の川島明、ゲストに松村邦洋、サンドウィッチマン・伊達みきおが出演し、名シーンを振り返った。 主演の渡辺謙のインタビューで登場し、当時の貴重なエピソードを披露した。 21日放送の第2弾は「国盗り物語」。 織田信長と明智光秀の戦いを描いたこの作品で光秀を演じた近藤正臣がゲストで登場。 信長を演じたMC・高橋英樹との撮影秘話が語られる。 大河ファンにとって胸アツな回になりそうだ。 3人の役者が幼少期から晩年までの伊達政宗を演じたことでも話題になった。 幼少期、梵天丸を演じた藤間遼太の「梵天丸もかくありたい。 」という言葉は当時流行語となり、国民の2人に1人は見ていたと言われるほど政宗人気は高く、その中でも青年期から晩年期を演じた渡辺謙の大ブレイクするきっかけともなった作品だ。 まずは「独眼竜政宗」のおさらいから番組はスタート。 桶狭間の戦いから7年、東北宮城に生まれた伊達家の長男、梵天丸は5歳の頃はしかにかかり、片目の視力を失ってしまう。 己のみにくさから劣等感に苛まれる梵天丸は乱暴をはたらいていまうが、恩師、虎哉宗乙(大滝秀治)から慈悲深い不動明王の教えを受け、「梵天丸もかくありたい。 」と願うのだが、この梵天丸が放った健気な一言が後々まで語り継がれる名台詞となる。 さて物語は元服した梵天丸は藤次郎政宗(嶋英二)と改名し、結婚する。 正室の愛姫を演じたのは当時12歳だった後藤久美子。 現在、後藤久美子のテレビの露出が少ないので、国民的美少女ブームを巻き起こした当時の姿は貴重な映像。 そして、青年期を演じたのが当時27歳だった渡辺謙。 愛姫は桜田淳子が演じた。 番組では渡辺謙本人が当時を振り返る場面も放送され、若々しい政宗が視聴者うけが悪く、投書がきたというエピソードも披露している。 そして、スタジオではゲストが心に残る思い出のシーンから、名場面をピックアップ。 まずは政宗の悲劇、父が目の前で殺害されるシーン。 深い信頼で繋がっていた父子だったが、敵方に父輝宗(北大路欣也)を目の前で殺されてしまう政宗。 そして、秀吉を恐れた政宗の母、義姫(岩下志麻)に毒を盛られるシーンが続き、最後は勝新太郎演じる秀吉との初対面の場面へとつながっていく。 勝新太郎と渡辺謙が、撮影まで互いに顔を合わさず一発本番で撮影された緊張感漂うシーンを振り返る。 天下人秀吉の謁見を前に、予定より大幅に遅れをとった政宗は秀吉の怒りを買ってしまう。 そこで政宗が知恵をかりに向かったのが徳川家康(津川雅彦)の元だった。 そして家康の助言により、政宗は死に装束で秀吉の謁見に向かう。 今観ても勝新太郎の威圧感がすさまじく、豪快かつ、茶目っ気のある秀吉は、MCの高橋英樹も言うように見ていて飽きないほど魅力的。 さらに忘れてならないのは豪華俳優陣。 真田広之、秋吉久美子、沢口靖子、奥田瑛二やいかりや長介など早々たる俳優が名前を連ねる。 仙台出身のサンドウィッチマン・伊達は、宮城の大スター、さとう宗幸が政宗の家臣、支倉常長役で出演していたことが当時嬉しかったと振り返る場面も。 松村邦洋は思い出の役者としていかりや長介を上げ、いかりや演じる鬼庭佐月の、戦いで命を落とすシーンをプレイバックする。 番組最後は、政宗の最期、最終回「大往生」を振り返る。 梵天丸や藤次郎、母義姫が登場し、年老いた政宗を誘いあの世に旅立つシーンが印象的だ。 渡辺謙は、母の政宗のへ労いがそれまでお互いの間にあった確執を取り除くようで思い出深かったと語った。 主役は斎藤道三から信長に渡るリレー形式となり、平演じる道三、高橋演じる信長が人気を博した。 「麒麟がくる」でもメインとなる武将たちがこぞって登場するので「麒麟ファン」にとっては注目したい大河ドラマだろう。 注目すべきはメインキャストを当時20代中心の俳優たちで構成されたということ。 若い俳優のエネルギーがドラマを盛り上げ、高橋英樹(信長)、近藤正臣(光秀)、火野正平(秀吉)、松坂慶子(濃姫/帰蝶)の人気が急上昇。 特に高橋信長の人気が高く、後に斎藤道三役の平幹二朗は「高橋くんの若さが羨ましかった。 」と語っている。 高橋英樹が28歳で挑んだ「国盗り物語」。 当初信長は藤岡弘が演じることになっていたがスケジュールが合わなかった為、当時若手俳優だった高橋が抜擢された。 1972年放送「隼人が来る」(フジテレビ)で主演を張り、その後すぐの「国盗り物語」撮影に加え、舞台にも出演するというハードスケジュールをこなしていた。 高橋英樹は後のインタビューで、当時、近藤正臣や火野正平ら同世代の俳優たちと切磋琢磨し撮影に臨んだことは楽しい思い出と当時を振り返っている。 そしてもう1人の主役、斎藤道三を演じた平幹二朗にも触れておきたい。 「麒麟がくる」では「道三ロス」などの言葉が生まれるほど歴代に類を見ないかっこよくてユニークな道三像を打ち出した本木雅弘だが、道三の一般知名度を上げたの「国盗り物語」で道三を演じた平幹二朗だ。 油売りから、浪人、そして美濃を手中にした大名までのし上がった斎藤道三。 身分が変わる度に名前が変わり、それに合わせて扮装も変える必要があった為、9枚以上のかつらが用意されたという。 もちろん演技もそれに合わせた変化が求められたので、平も「悩ましい役どころだった」と述懐している。 しかしその結果、狡猾で茶目っ気のある道三が誕生し、今も多くの支持を得ている。 21日放送の戦国大河ドラマ名場面スペシャルでは、高橋英樹、近藤正臣、道三の側室・深芳野を演じた三田佳子が当時の撮影秘話が語られるので、どんなエピソードが飛び出すのか期待したい。 NHK 『「麒麟がくる」までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル』 MC:高橋英樹/川島明(麒麟) ゲスト:伊達みきお(サンドウィッチマン)/松村邦洋 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」番組公式Twitterアカウントは「@nhk_kirin」。 NHKオンデマンドにて見逃し配信中。

次の