コンツェルン 意味。 財閥

「カンパニー」とは?意味や使い方を「コーポレーション」との違いも含めご紹介

コンツェルン 意味

出資などの資本的連携を基礎とする,によって形成される企業の体。 ,などの発展を前提として生まれた,より高度の独占であるが,カルテル,トラストが同一産業内の競争制限を目的としているのに対し,コンツェルンは異なった産業にまたがる企業を含む。 が合理化などのためをもつことから形成が始まり,子会社がさらに子会社をもつことによっての結合体に成長する。 生産会社をとして関連産業部門が縦断的に結合する場合と,金融機関あるいはが多数の企業にし,支配関係を確立して成立する場合がある。 歴史的には 19世紀の初めにすでににみられるが,本格的に発達したのは第1次世界大とされる。 コンツェルンの代表的な例は,の,,日本における第2次世界大のなどである。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 それぞれ独立した企業同士が、カルテル、トラスト、コンツェルンの順で、その実質的独立性を失い、を強めてされ、1つのまとまった企業集団へと発展する。 コンツェルンとは、この企業集団のにあたる本社がの形態をとり、支配会社としてそのに子会社である従属会社群を置き、本社による統一的の下、支配・従属関係が貫徹したもの。 ドイツ株式法第15条によるコンツェルンのは、「の指揮及び管理のもとにあるの、法的に独立した企業からなる企業集団、あるいは経済的目的のため単一の経営のもとに総合された、法的に独立した諸企業の集団」。 一方、戦後の日本では、単一の企業であったものを本社の持ち株会社化、事業部のという形で、独立した企業群に細分化し企業グループ化していった。 よって、外見上はドイツのコンツェルンに類似しているが、企業集中という性格は持たない。 高橋宏幸 中央大学教授 / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 企業結合のうち、異なった業種に属する多数の大企業が資本的に結合した総合的な企業グループをいう。 アメリカにおいては利益集団interest groupといわれる結合がこれにあたる。 また、日本の財閥はコンツェルンの日本的形態として有名である。 コンツェルンは資本的な結合体ではあるが、各所属企業は法律上は独立した法人企業の形態を保っており、これを株式所有、融資、人的結合などの方法により統括している。 その統括の形態から大きく次の2種類に分けられる。 1 持株会社方式によるコンツェルン 傘下の企業の株式を所有し、支配するための持株会社holding companyを統合の中心とするコンツェルンで、わが国の財閥はその典型であった。 この場合の持株会社には純粋持株会社と事業持株会社とがある。 前者は他に事業を営んでいない持株会社で、後者は他に有力な事業を営んでいる持株会社である。 持株会社に基づくコンツェルンは、統括の中核である持株会社を中心として、傘下の企業を一元的に支配する形態であるから、その統制、管理が明確で強固であるという利点をもっている。 多くの場合、持株会社である本社は、傘下企業の役職員の任免、重要な投資、新分野への進出などについて統一的な権限をもっている。 しかしその反面、総合的な独占体としての活動が外部に明確に表れるので、世人の批判を受けやすい。 また、コンツェルン内での自己金融的な傾向が生じ、株式の募集や銀行融資の受入れなど社会的資本を動員吸収する機能が不十分になったり、経営者としての人材を広く求める機会も十分でなくなる傾向が生ずる。 したがってこの形態のコンツェルンは、時代の進展とともに、しだいに、よりルーズな次の形態に移る傾向が生ずる。 2 インタレスト・グループ この方式のコンツェルンは現代アメリカに多い形態で、金融グループといわれる場合もある。 支配の中核と所属企業の範囲が明確でなく、株式の相互所有、役員の兼任interlocking directoratesなどの方法によって複雑な結合関係を保った企業グループである。 持株会社に基づくコンツェルンに比べると、統一した経営体としての行動をとりにくくなり、グループに属する企業が独自性を強めたり、他のグループに移動したり、または、他のグループとの共同支配企業が生ずるなど、流動的で複雑な構造をもっている。 反独占政策が強化される一方、技術変革の進展による産業構造の変化によって、剛構造的な構造をもつ持株会社方式によるコンツェルンよりも、弾力的な結合体であるインタレスト・グループのほうが適応しやすく、しだいにこの方向へ移行する傾向が生じている。 日本の企業集団は、戦前における剛構造的な財閥コンツェルンから、戦後、より柔軟なインタレスト・グループ的形態への変化を示した好例である。 本来、コンツェルンという語がドイツ語であることから推察されるように、20世紀初頭からのドイツにおいては、有名なスティンネス・コンツェルンをはじめ、化学工業のイー・ゲー・ファルベン・コンツェルン、鉄鋼・兵器工業のクルップ・コンツェルン、鉄鋼産業のマンネスマン・コンツェルンなど多数の巨大コンツェルンの形成をみた。 これらのコンツェルンは、第二次大戦後、連合国の独占解体政策によって分割されたが、西ドイツ経済の復興に伴い、多くのコンツェルンが復活再編成されるに至っている。 アメリカにおいては、持株会社に基づくコンツェルンなどのような剛構造体よりも、より緩やかな結合体としてのインタレスト・グループの形態をとっている場合が多いが、モルガン・グループ、ロックフェラー・グループ、メロン・グループ、シティバンク・グループなど巨大グループによる経済力集中が際だっている。 その性格からいうと、モルガン・グループのような金融機関を中心とした金融グループと、スタンダード系石油会社を中心とするロックフェラー・グループのように産業コンツェルンの性格を有するものとがある。 このように、コンツェルンは、多数の巨大企業を支配する総合的企業結合体として、現代経済において無視することのできない大きな力をもっている。 もちろん、カルテルやトラストなど同業種に属する企業の水平的結合と異なり、異業種間企業の結合体であるから、それ自体が独占的結合としての性格をもっているわけではない。 しかし、巨大な企業グループとしての経済力は、集合的な威力を有し、他の単独企業にはない経済的実力を発揮する。 したがって、そのグループとしての資本力、技術開発力、市場開拓の力などの優越した経済力は、市場において単独企業を圧迫したり、新分野への進出についてもより有利となるなど、いわゆる参入阻止力としての独占力を有している。 このように、コンツェルンは企業結合の最高の形態とされ、銀行や保険会社など金融機関や、巨大な製造会社を多数擁している場合が多く、金融独占資本の具体的形態とされる。 しかし、その巨大で総合的な経済力が発揮される場合の弊害をいかに防止するかの面においては、独占禁止政策上、有効な規制方法がなく、今後の政策上の課題とされている。

次の

カルテル、トラスト、コンツェルンの違いを解説。独禁法で禁止されているのは?

コンツェルン 意味

「コンチェルト」という言葉はどこかでお聞きになったという方がほとんどでしょう。 クラシック音楽を普段聞かない人でも「ピアノコンチェルト」は思い浮かべることができます。 例えば、ベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝(エンペラー)」などは特に有名です。 そのイメージで言えば、オーケストラがいること、ピアノ奏者が主役に見えることなどの特徴があげられます。 しかし、それ以上、コンチェルトを定義してくださいと言われると大半の方は困ってしまうのではないでしょうか。 今回は、そんなコンチェルトの意味と使い方をご紹介します。 現在の一般的な意味 現在で一般的に使われているコンチェルトの意味は「独奏者と管弦楽が演奏する器楽曲」です。 「協奏曲」と呼ばれることも多いです。 独奏する楽器は、ピアノ、バイオリンが最も有名でしょう。 他にもチェロやハープなどがあります。 最近では布袋寅泰さんがエレキギターで演奏する「ギターコンチェルト」などもあります。 管弦楽とは、弦楽器、管楽器、打楽器のオーケストラを意味します。 コンチェルトでは独奏者とは別に指揮者がいることが多いですが、独奏しながら指揮を兼ねたりする場合もあります。 この場合、モーツァルトのピアノコンチェルトなど、比較的管弦楽の規模が小さい曲であることが多いです。 中世の意味 コンチェルトという言葉が初めて登場したのは17世紀初頭です。 アドリアーノ・バンキエリの「Concerti ecclesiastici」という曲があります。 またルネッサンス音楽とバロック音楽の時代にまたがり活躍したモンテベルディにもコンチェルトという言葉が使われた合奏曲が残っています。 バッハ モンテベルディの次の時代になるバッハは「ブランデンブルク協奏曲(コンチェルト)」を残しています。 この曲は、現在でも大変人気がある曲として演奏され続けています。 しかし、モーツァルトのピアノコンチェルトと異なり、独奏者がそれほど目立たないところに特徴があります。 つまり複数の楽器に均等の価値が与えられているとも言えるでしょう。 語源を知れば「コンチェルト」の意味が分かる コンチェルトはイタリア語の「concerto」のカタカナ語です。 ただし、英語とフランス語も全く同じ表記となっています。 ドイツ語は少し異なり「Konzert」と書きます。 イタリア語の「concerto」は「協調させる」という意味を持っています。 これは「コンチェルト」が「協奏曲」と訳される理由としてとても分かりやすいでしょう。 テレビなどでコンチェルトを演奏する様子を見ても、独奏者とオーケストラが協力して演奏している様子が見てとれます。 語源 イタリア語の「concerto」の語源はラテン語の「concerto」です。 「concerto」をさらに接頭辞に分解すると「con」は「一緒に」という意味、「certo」は「認識」「決定」を意味します。 このため、「concerto」は「論争する」「競争する」という意味があります。 これは「協調させる」という意味と反対などではないかと思われますが、どう考えたらよいのでしょうか。 これには、生産的な議論があるというように意味をとらえると分かりやすいです。 理にかなった結論などを出すために協力して知恵を出し合っているというイメージで論争の意味を捉えましょう。 また、競争もオリンピック選手などが切磋琢磨して競技のレベル自体を高めているようなイメージに置き換えることができるでしょう。 コンサートとコンチェルトの関係とは? コンサートというカタカナ語は英語の「concert」という単語から来ています。 英語での意味は「演奏会」「音楽会」です。 また「調和」「一致」「統一」という意味もあります。 こちらはあまり知られていない意味なので、例を挙げると ・Concert of EU EUの協調) などという言葉で使われます。 音楽会の意味しか知らないと、政治のニュースになぜコンサートが出てくるのか不思議に思ってしまうで、この機会に意味をおさえておきましょう。 また、 ・in concert 一斉に、同時に) というさらにややこしい例があります。 意味を知らないと同時にどころか、どこのコンサートに行ったらよいのか考えているうちにタイミングを逃してしまいます。 「concert」のもとはコンチェルト コンサートの意味を説明しましたが、実は英語の「concert」は先ほどご紹介したラテン語「concert」がもとと言われています。 したがって、コンサートとコンチェルトとは非常に近い仲間のような言葉と言えるでしょう。 語源や由来を知っておくと語彙力アップに効果的なので、他にも似た言葉を見かけたら調べてみるとよいでしょう。 音楽の「コンチェルト」の意味 コンチェルトの意味が分かったところで、音楽における具体的なコンチェルトの例を見ていきましょう。 これによって、音楽におけるコンチェルトの意味するところが腑に落とすことができます。 協奏曲 音楽においては、コンチェルトと協奏曲は同じ意味をもっています。 日本においては「ピアノ協奏曲」などのように協奏曲という言葉が使われることが多いです。 クラシック音楽における協奏曲(コンチェルト)は、基本的に3楽章で構成されます。 そして、その中に「カデンツァ」と呼ばれる独奏者のみで演奏される部分があるのが特徴的です。 ここが独奏者の見せ場となります。 コンチェルトは独奏者目当てに聴きにくることも多いので、カデンツァが始まると、待ってましたという感じで観客は耳を傾けます。 なお、モーツァルトやベートーベンの時代には、ジャズのようにカデンツァをアドリブで演奏したり、自身が作曲したものを用意して演奏したりしましたが、今ではその風習は廃れています。 モーツァルトやベートーベンが作曲したカデンツァが決定版として残っているので、それ以上のものが思い浮かばないということなのでしょう。 ピアノ コンチェルトの代表的な楽器といえば、なんといってもピアノコンチェルトです。 モーツァルトやベートーベンなどの作曲者はほぼ全員が超一流のピアニストでもあるので、ピアノコンチェルトが多くなるのは当然です。 中でも人気があるピアノコンチェルトとしては、 ・ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」 ・チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番 ・モーツァルトのピアノ協奏曲第20番 などです。 また、難易度が高いことで知られるのは ・ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番 です。 これは映画「シャイン」という映画を通じて知った方もいるでしょう。 難曲を究めようとした天才ピアニストが徐々に精神に異常をきたす様子や、そこからの再生を描いています。 実話をもとにした映画なので、興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。 コンチェルトは人と人をつなげてくれる 今回はコンチェルトの意味をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 コンチェルトには「協調する」という意味があることが分かりました。 例えば、ピアノコンチェルトを演奏する様子を見ていると、ピアニストと指揮者とオーケストラが息を合わせて美しい音楽をつくりだしていることが分かります。 このように、コンチェルトとは、人と人の心がつながることによってはじめて成立する形式といえるでしょう。 クラシック音楽を普段聴かないという方も、たまにはコンチェルトの美しい調べに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

次の

財閥

コンツェルン 意味

ホールディングスや持株会社と言った言葉を1度でも聞いたことがある方が大半だと思いますが、普通の企業との違いについて理解していない、またはなんとなくは分かっているがはっきりとその違いが分かっていないと言った方も多いと思います。 ここではホールディングスとはなんなのか?持株会社とはどんなものなのか?と言った紹介に加え、ホールディングスのメリットとデメリットについても紹介していきます。 ホールディングスとは(持株会社とは) ホールディングス(持株会社)とは? ホールディングスとは、英語の「holdings」からきた言葉で日本語の持株会社と同じ意味を持つ言葉になります。 ホールディングスは(持株会社は)基本的に事業を運営せずに、傘下にしている会社の株を保有・支配してる会社の事、またはその形態のことを指します。 例えば「社会人の教科書株式会社」という会社が「酒類事業」と「飲料事業」を1つの会社で展開していたとします。 その場合、社長が中心となりどちらも事業も発展させていく必要がありますが、どちらも同じ飲料に関する事業ではあるもののターゲットや製造方法、さらには販売方法などについても異なる部分がたくさんあります。 そのため事業や会社の規模、社員数が拡大するにつれて意思決定や事業展開がスムーズに行えなくなってしまう場合があります。 また、他にも関連性の低い「不動産事業」や「IT事業」などを展開しているとすると、意思決定や事業展開のスピードはさらに遅くなりやすく、競合他社に遅れをとってしまう可能性が出てきます。 そこで「社会人の教科書株式会社」を持株会社として、「酒類事業」をA株式会社、「飲料事業」をB株式会社、「不動産事業を」C株式会社などと分社化し、各子会社ごとに社長を置くことで、意思決定や事業展開がスムーズに行えるようにすることができます。 純粋持株会社とは 上記で「ホールディングスは基本的には事業を運営せずに、傘下にしている会社の株を保有・支配してる会社の事」と記載しましたが正確には2種類のホールディングスが存在しています。 その1つである純粋持株会社とは、上記で説明した通り、自らは事業を行わず子会社の管理だけを行う持株会社(親会社)の事を言います。 事業持株会社とは そしてもう一つは事業持株会社と呼ばれるホールディングスで、純粋持株会社と同様に傘下の子会社の株を保有し支配する持株会社である親会社ではあるものの、子会社と同様に自らも事業を行う会社のことを言います。 たたし、一般的にホールディングスと言った場合には最初に紹介した純粋持株会社のことを言うことが多くみられます。 ホールディングの収益構造 上記で説明したようにホールディングスと言えば純粋持株会社であることが多く、持株会社(親会社)は直接事業を行わないため「どうやって成り立っているのか?」と疑問に思った方も多いと思います。 実際には様々な方法で収益を上げていますが、子会社からの配当金によって収益を上げるのが一般的です。 親会社は子会社の株を保有することで管理・支配していますので子会社の収益などに応じて配当金を支払わせることで収益を上げることが可能となります。 他にもブランドなどの権利を持株会社(親会社)が持ち、子会社へ使用させる形をとることで使用料などを徴収し収益を上げる方法などがあります。 実際にイオン株式会社は社名にホールディングスとつきませんが、傘下にイオンモールなどを運営するイオンリテール株式会社や自転車店を運営するイオンバイク株式会社を傘下につけるホールディングスとなります。 また、冒頭でも記載したようにホールディングスと持株会社は同じ意味ですが、先程の例で言う所のホールディングス化され親会社となった「社会人の教科書株式会社」自身を指す時にも「持株会社」と言った言い方をします。 ホールディングスメリットとデメリット ホールディングスにすることで様々なメリットがあります。 またメリットがある反面、デメリットも存在しています。 ここからはホールディングスのメリットとデメリットについて紹介していきます。 迅速に意思決定ができる 上記ですでに説明したようにホールディングスにすることで意思決定が迅速に行えるようになるといったメリットがあります。 各傘下の社長に権限を移譲することでその会社(その事業)に対する意思決定を迅速に行うことができ、競合他社との企業競争に勝つことができたり、新しい商品開発などもスムーズに行えるようになります。 また、権限を移譲することで経営責任なども明確化することが可能になります。 リスクを分散することができる 上記で例に上げた酒類事業が多額の損失を出した場合、ホールディングス化されていなければ「社会人の教科書株式会社」全体、つまりその他の飲料事業や不動産事業などにもその影響が及んでしまします。 最悪の場合には1事業の損失によって会社が倒産し全ての事業をたたむ可能性さえあります。 一方、「社会人の教科書株式会社」をホールディングス化としていれば持株会社(親会社)である「社会人の教科書株式会社」と「A株式会社:酒類事業」のみに影響する範囲を抑えることができるため、その他のB株式会社、C株式会社といった子会社が影響を受ける可能性を低くすることができます。 もちろん損失が出たからと言ってすぐに売却できるわけではありませんし、戦略として損失が出ていても売却しないこともありますが、売却することで飲料事業や不動産事業やIT事業などを行うそれぞれの子会社への被害を最小限に収めることができます。 事業にあった人事評価や給与制度と設けやすい 飲料の販売員と不動産の営業、システムの開発者がそれぞれ全く異なる雇用形態であるように様々な事業を展開していくことで事業にあった雇用をしていく必要があります。 実際に会社ごとに人事評価制度が違ったり、給与制度が異なるようにホールディングスにすることで、その事業形態にあった人事評価や給与制度を子会社ごとに設けやすくなります。 1つの組織として戦略が取りやすい 1つの会社として様々な事業を展開していても各部門で働く社員は自分の事業のことに注力してしまいがちです。 しかしホールディングスにすることで持株会社(親会社)が各事業部(子会社)を束ねた戦略を打ち出すことが可能なため1つの組織として総合的な事業を展開することも可能となるメリットがあります。 親会社へ情報を隠蔽する 事業ごとに子会社し、ホールディングス化することで子会社が不利益な情報を隠蔽する可能性があります。 ホールディングス化した場合、冒頭でも記載したように持株会社(親会社)が子会社を支配します。 そのため、損失や問題などが発覚することで売却されたり、子会社ごと(事業ごと)たたむと言った決断をされてしまう可能性があります。 そのため、子会社として損失や問題を把握していてもすぐには報告せず隠蔽するなどのデメリットが発生する可能性があります。 間接部門などの人件費が重複して発生する ホールディングにすることで総務や経理など間接部門の人件費が重複して発生してしまうデメリットがあります。 ホールディングスとして1つの集合体であっても、親会社も子会社も1つの会社となります。 そのため1つの会社であれば総務や人事、経理などを一部門ずつ設置すれば問題ありませんが、ホールディングスにすることでそれぞれの会社ごとに間接部門も設置することになるため間接部門の人件費や作業スペース、デスク、ソフトなどが会社ごとにかかってしまいます。 傘下の会社同士で連携がとりにくい メリットの「1つの組織として戦略が取りやすい」でも説明したように持株会社(親会社)で全体としての戦略を立てることはできますが、子会社は別々の会社となるため子会社の社員が自ら連携を取るとったことが実質不可能に近くなります。 1社が他の会社の足を引っ張ることもある 子会社が大きな損失を出した場合、売却や会社をたたむと言った戦略をとることで被害を最小限に抑えることはできますが、その損失により他の会社の株価などにも影響してしまう可能性はおおいにあります。 また、個人情報漏洩や異物混入など1社の不祥事によりホールディングス全体の社会的信用が下がってしまう可能性もあります。

次の