大 三国志 ほう とく。 趙雲の型

龐徳とは (ホウトクとは) [単語記事]

大 三国志 ほう とく

龐統(ホウトウ)とは、三時代の・に仕えた軍師である。 概要 南襄陽県の人。 字は士元。 謚は靖侯。 に、にが居る。 またの名付け親であるはで、そのである山民とは同士。 因みに山民の妻はのである為、とは血は繋がらないながら、親戚同士である。 身なりが冴えなかった為、過少評価を受けて育つ。 人物評で有名な・徽に才を認められ、ようやく評判が上がった。 また、のに『(=の)』というを与えられ、『』のと並び称された。 のが亡くなった際は、遺骸を送り届ける役を務めた。 に仕官した際、やはりで判断され、ドに飛ばされる。 グレて碌にをしなかった為、キレたは彼をしてしまう。 それを聞いたがへ「彼ほどの人物は、それに見合う役職を与えてこそ」とを送った。 更に学友のがとりなした為、は彼を呼び出して一晩り合い、ようやく彼のを認めた。 その後、と同役職の軍師中朗将に抜された。 同族のを攻める事を渋ったを諌め、入を決心させる。 この際、軍師として同行し、を始めてからもなを助け、大いに活躍する。 しかし・が守る雒を包囲した際、流れ矢に当たって。 36歳。 逝した為、逸話や実績はどないものの、軍師としての才は以上だったとも評される。 も「龐統は常に人物批評を好み、経学と策謀にすぐれ、当時、荊・楚の地域の人士から才に 秀でた人物と謳われていた」「臣にあてはめるとの」と、彼の才を認めている。 とべられる事も多い。 高祖の・・のように、と龐統、がしっかり分業をしていれば、のも夢ではなかったのではないか、というもある。 演義での活躍 色・・鷲鼻の醜男として描かれている。 で営側に就き、に『連環の計』を授ける。 その後、自らの営に軍師として赴き、の船酔い対策として、に船と船を鎖で繋げるべきと進言。 の火攻めを成功に導いた。 この時に再登場したに策を授け、から彼を事に逃がしている。 の葬儀に参列した際、とに軍師となるよう誘われる。 まずと会うも、顔が不細工の上に暴言を吐い為、気持ち悪がられる。 次にの所に向かうも、やはりキモがられる。 何とか仕官を認められるも、県に飛ばされる。 グレた龐統は浸りで、碌にをしなかった。 しかしの命でされたが脅した所、溜まったを一日で片付けてしまう。 の報告で、はようやく龐統の才に気付き、自らの近くに置くようにした。 入の際、は彼を気遣い、的らしきを貸し与えた。 中、部下にその土地の名前が落坡という場所である事を聞いた龐統は「自分の号は。 が落ちるとは縁起が悪い」と考える。 嫌なは的中。 と間違えられて配下の伏兵に射殺された。 落坡はの地名だが、龐統が亡くなった後、演義のに因んで付けられた名前と考えられる。 その他のフィクションにおける龐統• のでは、特に不細工には描かれていない。 へのが遠因となり、する。 のでは、肌のに対し、頭として描かれる。 彼の死は、の敗死の原因となる。 見賢一の『泣き弱』では、の策略により『』のを付けられた事にされる。 、に負けず劣らずのクセモノ。 『』では隻腕の頼。 彼としてはしく、かなりに描かれた。 のは・らしい。 『子ちゃん』ではの部下。 いにい三を被った、のような格好の。 『』では当然のように。 潜入・活動を得意とする。 『くん』では、に傷のあるエキゾ。 矢でこそ死ななかったが、死ぬ運命は変わらなかった。 『』では『統』という名前で名は(り)。 のような出で立ちをしている。 の()の「」に対抗してか、「」が口癖。 『』に登場するは、龐統の生れ変わりという設定。 自分のを自在に操るを持つ。 『』では額にがある。 が得意。 は印が薄過ぎて、彼の顔をせなかった。 の一つ『』では、に仕える『』として登場。 機駕(軍)と敵対する(軍)に仕えるを視している。 の『』では、文官として、のを誇る。 『』では2からの登場。 は『あっし』。 醜い顔を隠す為、隠者のように顔を隠し、のような格好をしている。 身軽な上、術でをしたり、を飛ばしたり、軍師を放ったりする。 の元とされる『話』ではの元で冷遇された際、グレてをしなかったどころか荊州四を扇動して叛乱を起こすというとんでもない事をやってのけた。 ちなみに話の中ではに通じていたり変わり身の術でをたぶらかすなど的な要素が含まれており、での龐統像に近い。 関連動画 ではを扱ったの・で登場することがある。 関連商品 関連項目•

次の

【大三国志】XP龐徳 星5の評価とステータス|ゲームエイト

大 三国志 ほう とく

龐徳とは、に登場する人物である。 の都合上、「ホウ徳」と表記される事が多い。 概要 字は明(れいめい)。 生年不明、没年年。 に、親子とに仕えた知勇兼備の名将。 西の勇士として名を馳せ、演義ではのをり、を退け、ととは互に渡り合った。 最期はとの戦いで捕縛され処断された。 西涼の勇士 の・が一置いた猛将で、軍の援軍として袁尚軍と戦った際には、の揮の下で敵のを討ち取る功績を挙げる。 死後はに仕えと戦う。 後はに付き従ってへと身を寄せる。 との離別については史料により様々(についていけなくなった等)だが 『病のための遠征には参加せず、が降伏したための臣となる』が一般的である。 演義では、軍侵攻に対しの恩に報いるために奮闘。 しかしーロ好きのによって孤立し、軍に捕縛され降伏。 忠義の将として関羽に臨む の将として、らと侯音による宛の反乱を鎮圧し、樊に駐留した。 演義ではとの戦いの前で、との 柔がすでににいる事から、や同僚に内通を疑われてしまう。 しかし、人と誓ったの恩に報いるために「必殺」の旗頭を立てて自らのを用意し、龐徳は決死の覚悟で挑む。 との一騎討ちでは、矢でを負傷させるのに成功。 攻めを受けて的な状況になっても抗戦し、捕縛されてもも降伏もせず、 によって首を討たれた。 白馬将軍 軍と戦った際、ホウ徳がに乗り軍を苦しめ、 と恐れられたことに由来する。 「義従」と呼ばれるのみで構成された精鋭部隊のとは由来が違う。 各メディアでの龐徳 横山光輝三国志 はの武将として描かれている。 を若と呼び、後にに仕え、樊でとのに臨む。 運命の悪戯か両者の突はかった。 無双シリーズにおける龐徳 2では「の中では進めても、矢のではどうかな?」 3「おのれ!この先一歩も進ませんぞ!」と時代から樊では固有があり、3psではながら基本は優秀であった。 4でて武将に昇格する。 は双戟で典的なのであった。 しかし・・・ 5での憂きにあう。 事典に名前がある程度であった ですらない。 でにが追加されても彼の姿はかった。 6ではかつてされたが多数復活した。 ・・・しこにも彼の姿はですらかった と事典に名前がある程度。 さらに言うと樊での彼は強化されていることが多いのだが、の計で を全く与える必要がないまま撃破できたことは以上のである。 …そんな長きに渡る不遇の時代を乗り越え、6猛将伝でようやく武将復帰が決定した。 そしてでも登場。 どうやら今までくつろぎ方を知らなかったらしく、と鼻歌でくつろぐことを覚えた。 「ふふん」 関連商品 関連項目•

次の

龐統(ほうとう)ってどんな人?孔明とは頭脳以外全て正反対

大 三国志 ほう とく

スポンサーリンク• 対象は恐慌状態になる(ダメージ率57. さらに対象が追撃戦法の発動判定時に呪詛状態になる(ダメージ率66. 2ターン持続。 デバフを巻いて戦うことが出来る。 速度が上がり知略の上昇値も2以上。 ちなみに防御振りすれば硬くもなる。 追撃戦法を積んでいる編成には強いので追撃を満載した物理騎馬隊にも一泡吹かせることが出来る。 中衛に配置すると兵損が気になる。 攻撃的な戦法を付けて攻撃に回る・本来の補助的な役割なので様々な回復や阻害技を付ける…色々考えることが出来る武将だ。 また蜀之智が全部隊対応できる部隊という事も相まって彼の評価は現在非常に高い。 S2のみの加入なので手に入れたら是非S3諸葛亮や徐庶と一緒に起用しよう。 本国環境ではかなりの強編成として猛威を振るっている。 劉備と組ませても効果的。 S3より蜀之智へ編成が可能となる。

次の