北斗 有利 区間 ランプ。 北斗

ルパン三世イタリアの有利区間ランプ引き継ぎは狙えるの?!

北斗 有利 区間 ランプ

sponsored link 稼動内容 14時30分くらいにホール着。 ソソクサ打って行きましょう。 化物語2 320G 天井で疑似ボーナス当選もAT入らずでやめ。 -83枚 北斗天昇 115G 235Gバトル負け後 253Gでバトル当選も負け。 有利区間ランプ消灯でやめ。 -175枚 北斗天昇 109G 432Gバトル負け後 243Gでバトル当選も負け。 有利区間ランプ消灯でやめ。 -7枚 サラ番2 489G 300枚投資でボーナス当選からAT突入。 238枚獲得で終了。 シャッター通常&通常ステージ移行でやめ。 -23枚 化物語2 235G 250枚投資で疑似ボーナス当選もAT入らずでやめ。 -202枚.

次の

6号機の北斗天昇は有利区間ランプ継続の秘密を知らないと損するまさにハイエナ特化仕様!

北斗 有利 区間 ランプ

リゼロの有利区間 リゼロは6号機なので有利区間が存在します。 クレジット払い出しの横の2つあるランプの下のところが有利区間ランプです。 そもそもナビ有利区間とは そもそもナビ有利区間とは「通常時のAT・ART抽選が行われる状態(CZや特定の高確など)や、AT中、ART中、特定のボーナス中など」のことを指します。 ナビ有利区間の終了条件は• 最大1500ゲーム• 純増2400枚 で終了です。 リゼロはCZ終了後もナビ有利区間が継続する リゼロは純増8枚という特性からナビ有利区間2400枚の上限を300ゲームで達成することができます。 そういった理由か6号機ながらにして有利区間を上手に使ったモードの移行の仕組みを実現しています。 現状ではどういった効果があるかはわかりませんが、CZ終了後とAT終了後にナビ有利区間が継続しているという状態が存在しており、 データ的にみるとAT直撃の割合が高かったり、浅目のゲーム数が選ばれていることが多くあるそうです。 参考: リゼロの有利区間継続時即やめ実践 ということでこんな台を見つけたので打ってみました。

次の

北斗の拳天昇はランプを見なくても有利区間継続が解るらしい

北斗 有利 区間 ランプ

こんにちは!北斗の拳-天昇-が人気で、6号機も勢いづいてくれると良いですね。 リゼロよりも低設定でも勝ちやすいと思い、個人的には打ち込んでいます。 どんな立ち回りが有効でしょうか。 主に次の3つがありますよね。 設定狙い• 天井狙い• 有利区間引継狙い 今回は、 北斗の拳-天昇-の有利区間引継狙いから、設定狙いに変えた実践をお届けします。 もはや有利区間引継狙いはできない? まずは、北斗天昇の有利区間引継について理解しておきましょう。 基本は、 激闘ボーナス(以下GB)2回で1セットです。 図で書くと、次のようになります。 有利区間ランプが消えません。 GBに当選し、ATに繋がらなかった場合で、次のGB当選でもATに繋がらなかった場合は、有利区間がリセットされます。 GBに当選し、ATに当選した場合、AT終了後に有利区間がリセットされます。 北斗天昇の有利区間引継は、次回の天井ゲーム数が短縮されるシステムのようです。 奇数回数のGBでAT非当選時を狙うのが、有利区間引継狙いの基本となります。 見極めはデータランプから簡単にわかります。 しか~し、すでにこの情報は周知されているので、そんな台が落ちていることは稀です。 なので、有利区間引継狙いは難しそうです。 そこで、次に設定狙いです。 ポイントは次の2つと思っています。 GB突破率が高い(AT突入率が高い)• 有利区間1回目の初当たり確率が高い(推測) まだ、解析は出ていませんが、高設定ではGB突破率が高いようです。 北斗天昇にも、リゼロと同じようにATに強弱があります。 強ATとは期待枚数が多いATで、弱ATはその逆です。 天昇はそもそも期待枚数が800枚(設定6)~1000枚(設定1)と多いですし、引き次第で結構変わってくるので、リゼロほど強弱に差はないように思います。 だとすれば、結構確定演出が出ていない限り、高設定でも捨てられているのではないかと思います。 北斗天昇には、GB当選率に設定差があります。 4(設定6)とそんなに大きくない…。 しかし、これは有利区間引継込みで算出されたものだと推測しています。 今持っている仮説は、有利区間1回目の初当たりに設定差があるような気がしています。 台データのうち、有利区間1回目の初当たりが早い台をチェックすれば良いと思って立ち回っています。 これから実践を積み重ねていきます。 実践スタート! 有利区間引継狙いはもはやできないので、有利区間1回目の初当たりが軽めの台を選びます。 92回当たり、0回転台でスタート。 早い当たりを期待するも、600G代で断末魔ゾーンで、激闘ボーナス当選です。 ここからはレバーオン打法を検証します。 北斗天昇は如何にリプレイの期待度を上げるか、引けるかです。 メニュー指ナビの5回目に合わせ打法で、青文字チャンスアップ、リプレイも引け、一人目を撃破します。 同じく、二人目も撃破します。 あと一人!いける。 隣の人に不審がられながら、レバーオン打法を駆使します。 青文字チャンスアップもでます。 しかし、負けました…。 うぅ…。 有利区間2回目突入です。 七星チャージで、断末魔が「ヘブン!」です。 50G~の前兆で断末魔ゾーンに突入します。 これがまさかの確定対決だったようで、85Gにカウントダウン0(キリン柄)から、北斗百裂拳で激闘ボーナス当選です。 100G以内に当たると、1体撃破(1stバトルレベル10)となります。 またもや、小役レベルは3です。 VSカイゼル。 確定対決でヒョウに勝利です。 もしかすると、確定中にもストック抽選をしていたりするんでしょうか。 二人目も開始時に勝利でした。 初回は、ラウンドパートが2回あるので、修羅モードで楽しんでいます。 チャージが目に見えますし、最後まで期待感を保てるので気に入っています。 チャージの色には、青<黄<緑<赤<レインボーがあります。 80以上の赤になると一気に期待できます。 バトル中にもレバーオン打法を応用中です。 メニュー指ナビ7回でレバーオンにしてみています。 サクサク行った方がいいけど、ちょっと不安。 勿論、中段チェリーを引けば、100チャージしてレインボーになります。 勝利が確定していると、ジャギが良く出ます。 アミバは、ストップボタンフリーズからキャラ変で登場することが多いです。 結果画面で、第二ボタン停止で流れ星から、トキ復活したりもしました。 昇天を意識し始めます。 昇天できず…。 最後はVSシンでした。 シン登場はかなりヤバいですね。 10セットで終了です。 この画面でプッシュすると、キャラ背景が出て設定示唆してくれます。 バットorトキなら設定4以上、カイオウorラオウなら設定5の期待度アップです。 また忘れました…。 わたしが回したところが一番ハマりました…。 最後は差枚数1500枚くらいでした。 初当たりをまとめておきます。 0G〜• でも、その一打で、800枚を得るか数十枚で終わるか、天国と地獄ほどの差があります。 どう思われようと、そのレバーに想いを込めます(笑)。

次の