サックス おすすめ。 サックス用ストラップのおすすめ人気ランキング10選【ネック・ショルダー・ハーネスタイプも!】

サックスのおすすめ8選!初心者向けのアルトサックスも

サックス おすすめ

ティップオープニングとは、「マウスピースの開き」とも呼ばれ、リードの先からマウスピースの先端までの隙間の幅のことを指します。 ティップオープニングが広いマウスピースは、「息を吹き込みすぎてリードミスしてしまうことがある…」という方におすすめ。 鳴らすのには多くの息が必要ですが、吹き込んでもリードミスしづらくなります。 また、音色はやわらかく・音量は増すため、合奏の中で大きな音を奏でたいといった場合にも重宝するでしょう。 反対に、 ティップオープニングが狭めのマウスピースは、「演奏しているとすぐに疲れてしまう」という方におすすめです。 息の量が少なくても鳴らすことができ、音程も合わせやすいため、演奏中にバテてしまうことが減るでしょう。 ただし、音量はティップオープニングが広いものよりも小さめになります。 元々はアルトサックス向けに作られたシリーズですが、ソプラノ用も仲間入りしたセルマーのコンセプト。 豊かで丸みのある音色、そしてレスポンスの良さを特徴としています。 あまり肺活量がないという方でも、表情をつけやすいでしょう。 従来のソプラノ用よりくわえる部分が広くなっているため、アルトサックスを吹き慣れている方にもおすすめ。 反対に、ECサイトでは、このマウスピースを使ってみてアルト用も購入したという口コミも見られますよ。 開きは小さめで、フェイシングは標準的。 息が足りずにソプラノの高くて響きのある音が出しづらいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。 材質 エボナイト ティップオープニング 1. 06 mm フェイシング 21. 00mm 日本のマウスピース専門メーカーが作っているこだわりの逸品です。 錫合金で作られたこのモデルは、特にフュージョンやポップスにおすすめ。 フュージョン黄金期のデザインをベースに、メーカーが独自に仕上げた製品です。 メタル特有の明るさを持ちながらも、倍音豊かな太い音色が特徴。 ゴッツのマウスピースの中でも錫合金を使用しているのはこのモデルだけなので、ユニークなサウンドが楽しめますよ。 存在感と表現豊かな音で、ソロにも向いています。 コントロールが難しいため初心者向けとはいえません。 使いこなすうちに表情豊かな魅力が醸されていくところが、プロのサックス奏者からも愛用されている理由です。 材質 錫合金 ティップオープニング 1. 40~1. 60mm フェイシング - 輪郭がはっきりしていながらも深みがあり、よく響く音が特徴。 クラシックの古典的な楽曲からジャズまで、幅広いジャンルにマッチする音色を出せるため、さまざまなジャンルを演奏する吹奏楽にはぴったりです。 音程のコントロールがしやすく、どの音域も均一に鳴ってくれるのも嬉しいポイント。 プロ奏者の中にも愛用者が多いのもうなずける、完成度が高いマウスピースです。 プロはもちろん、初心者でも十分使いこなせるでしょう。 ソプラノサックスならではのハイトーンもきれいに出せるこのモデル。 ティップオープニングは4段階展開しているので、求める音色によって選ぶことができますよ。 オールマイティーな製品の特長を生かしたいなら中間サイズがおすすめです。 材質 エボナイト ティップオープニング 1. 07~1. 22mm フェイシング 18. 00mm 上部はエボナイト製、接続部はゴールドプレートという独特な構造のマウスピースです。 見た目がユニークなだけでなく、ラバーとメタルそれぞれの素材の持ち味を生かしています。 エボナイトによって吹きやすさを持たせ、そこに金メッキを加えることで抵抗感をプラス。 息をしっかり入れたい方におすすめです。 金属部分は内部のバッフル付近まであり、ずっしりとした重厚感があります。 ダークな音色がベースですが、 コントロール次第では明るい音を出すこともでき、幅広く豊かなサウンドが魅力。 どんなサックス奏者でもイントネーションをつけやすいタイプで、特にジャズやフュージョンを演奏する方におすすめですよ。 材質 エボナイト・金メッキ ティップオープニング 1. 83mm フェイシング - マウスピースメーカーとして有名なセルマー・パリの製品ながら、非常にリーズナブルな価格の製品です。 サーモプラスティックポリマーという新素材を用いて、従来のセルマーの製法で作り上げられています。 音質はハードラバーとそっくり。 息が入れやすいため、曲の頭から音を出しやすいのが特徴です。 初心者にも扱いやすい上に、ホール全体に響き渡るサウンドを出すことができますよ。 まさに、 きれいに音を出したり響かせたりが難しいと感じているビギナーにちょうどいいマウスピースと言えるでしょう。 まず入門編として購入するなら、押さえておきたい商品です。 材質 サーモプラスティックポリマー ティップオープニング 1. 55mm フェイシング 24. 00mm ジャズでも吹奏楽でも幅広く活躍するアルトサックスには、やはり幅広いジャンルに合うマウスピースがいいですね。 セルマーのS90は、 あらゆる音楽のスタイルに合った演奏を可能にする汎用性の高い製品です。 初心者からプロまで使えますよ。 ダイレクトかつ柔軟に音を出すことができ、吹きやすいのがシリーズの特徴。 レスポンスも良く、高い音も出しやすいタイプです。 ほかのマウスピースで音が出しにくかった方も、試してみると違いを感じられるかもしれません。 特にポップスからジャズ、クラシックまで様々な演奏をすることが多い吹奏楽では活躍するでしょう。 この定番タイプを備えておけば、多様な楽曲を心地よく演奏できそうですね。 長めのフェイシングで、表情も豊かにつけられますよ。 材質 エボナイト ティップオープニング 1. 35~1. 65mm フェイシング 24. 00mm 各種サックス用のマウスピースとして人気の定番シリーズS90。 テナーサックス用もやはり人気を誇っています。 各サックス用にシリーズ展開しているため、パートを転向した時にも違和感なく安定した演奏ができそうですね。 クラシックからポップスまで、幅広いジャンルに合わせられる柔軟性が魅力。 特に ストレートで均質な響きが持ち味で、温かいながらもシャープな音色は様々な楽曲にマッチします。 学生からプロまで、多くの演奏家に親しまれているモデルです。 これさえあれば、 古典吹奏楽からジャズまで多様な曲調にもオールマイティに対応できるでしょう。 材質 エボナイト ティップオープニング 1. 70~2. 00mm フェイシング 23. 00mm ジャズ用マウスピースの老舗メーカーとして有名なOtto Linkの100周年を記念した豪華なモデルです。 定番のテナーサックス用マウスピースの新版。 フロリダで製造を行っていた50年代の音をイメージし、新しく作り直されています。 24K金メッキで仕上げられた本体に、シリーズのキャップやリガチャーも金色でゴージャスな見た目。 ボディにはブランドロゴはもちろん、U. FLの文字も刻まれています。 シリアルナンバー入り の特別感あふれるアイテムです。 マウスピース内の設計も見直し、当時の音を再現。 プロのサックス奏者と職人が数年間かけて生み出した、古いけれど新しい逸品です。 50年代のジャズのサウンドに憧れがある方、老舗メーカーの音を体感してみたい方はぜひお試しください。 材質 真鍮(金メッキ) ティップオープニング 2. 16~2. 92mm フェイシング - サックスのマウスピースでは定番のセルマーのS90。 最低音のAまで出るバリトンサックスに対応したモデルです。 なんといっても、このシリーズの特徴は あらゆるジャンルの音楽に柔軟に対応できること。 クラシックからジャズまで、いろいろな場面で活躍するでしょう。 ダイレクトに均等な音が出やすいので、初心者にもぴったりです。 吹奏楽ではマーチやポップスなどで同じ動きを繰り返すことも多いバリサク。 そんな場面でも、きっちりと同じ音をキープするのに役に立つことでしょう。 効率よく音が出しやすいので、肺活量が重要な低音楽器でも鳴らしやすくなるのではないでしょうか。 初心者からプロまで、様々なレベルのプレーヤーから愛される定番製品ですので、吹きやすさを求めるなら検討の価値ありです。 材質 エボナイト ティップオープニング 1. 85~2. 15mm フェイシング 27mm ヤマハのサックス用マウスピースは2種類ありますが、ここで紹介するのはスタンダードタイプ。 フェノール樹脂製で、レスポンスがよく吹きやすいのが特徴です。 透明感のあるサウンドが出せるのも魅力。 吹奏楽の軽快なリズムのマーチやポップスなどで活躍しそうですね。 サックス用マウスピースとしては安めの価格帯もポイント。 まだ始めたばかりの方は、扱いやすいこちらの商品から始めてみるのもいいでしょう。 吹きやすさもコスパも、入門用にぴったりですよ。 ティップオープニングやフェイシングも、バリトンサックス用としては標準的。 どこの楽器店でも必ずといっていいほど名前を見る日本の大手メーカーですから、試奏も手軽にできそうですね。 マウスピース選びに迷ったらまず最初に試してみたいアイテムです。 材質 フェノール樹脂 ティップオープニング 2. 10mm フェイシング 28mm.

次の

【サックス】買取相場と地域別買取業者まとめ

サックス おすすめ

サックス演奏の技術向上のため、日頃どのような練習をすればよいのか、、、。 サックス指導で気づいた練習方法を「ロングトーン」「タンギング」「運指」「スケール」「アルペジオ」「エチュード」「移調」「曲」で徹底的に見直す本です。 サックスの弱点、鍛えるべきポイントを絞って書いています。 初心者からさらに上達を目指す人まで全レベルを対象に基礎練習を凝縮させた内容です。 まさにサックスで「一生使える基礎トレ本」を作りました!! 【対象】 レベル:脱初心者〜上級まで全般 基礎度:かなり高め ジャズ度:少なめ• 本書は、楽器の構造から演奏テクニック、そして日常の練習方法や周辺機材についてなど、本格派を目指すなら知っておきたい知識を網羅。 」マークが浮かぶなどという、すべてのサックス奏者に、バークリー音大を卒業した著者が、丁寧に解説しています。 文字通り、サックスに関するあらゆる事柄について細かく触れているので、手元にあれば、どんなときにも対応できる、便利な1冊になっていますよ! 【対象】 レベル:全般 基礎度:演奏はほぼ無し ジャズ度:少なめ• 100個のフレーズを吹くだけで飛躍的にサックスが上達する本 CD2枚付 アンサンブル中、メロディを支えたり、ソロを奏でたりと、さまざまな役割を担うサックス。 しかし苦手な技を回避するあまり、いつものお決まりフレーズに終始してしまうという人も少なくないのではないでしょうか。 本書はそんな方の「弱点克服」をサポートしつつ、「フレーズの引き出し」の幅を広げることが目的。 具体的にはさまざまなスタイルでの合奏で求められる技術を磨くことからスタートし、徐々にソロ用の練習に進むので、サックス奏者が抱える演奏上のお悩みポイントを要領よくトレーニングできます。 また付録CDはアルト用、テナー用と分かれているので、それぞれの楽器に合わせて訓練できるのもポイント。 ぜひ100個のフレーズを順番に練習して、ワンランク上のプレイヤーを目指してください。 【対象】 レベル:初級〜中級 基礎度:普通 ジャズ度:普通• 1日10分の指慣らし! サックス奏者のための自主トレ・メニュー90 練習のためにカラオケやスタジオに入っても、「さて、何から演奏したものか?」となるサックス初心者、中級者がたくさんいます。 1時間なら1時間の時間はあるのに、どう練習を組み立てたら良いかが分からない。 それでいきなりハードな練習や楽曲に取り組んでしまい、実力が身に付かない……。 そんな迷えるサックス奏者のために、その日の練習で最初に行なう自主トレ・メニューを90個用意しました。 音(ロングトーンやタンギング)と運指がセットで、1回10分のウォーミングアップが90個。 【対象】 レベル:初心者〜中級 基礎度:高め ジャズ度:少なめ• 一生使えるアドリブ基礎トレ本 ジャズのアドリブに挑戦してみたいが、どこから手をつけたらよいかわからない、長いフレーズが作れない、フレーズがマンネリ化している……そんな悩める演奏家のための1冊がこちら。 その4つの素材とはスケール、アルペジオ、半音階、リズム。 それらの使い方とつなぎ方を知れば、誰でも簡単にフレーズを作っていくことができます。 もちろん、カッコよく聴かせる応用例も多数紹介しているので、本書を通して学んでいくことにより本格的なフレーズを作り上げることができます。 さらに五線譜には音階名をカナ表記。 五線が苦手な人には演奏のガイドに、経験者には手クセ脱却のヒントになるでしょう。

次の

サックスケースのおすすめ8選|サックスプレイヤー厳選&選び方解説

サックス おすすめ

サックス演奏の技術向上のため、日頃どのような練習をすればよいのか、、、。 サックス指導で気づいた練習方法を「ロングトーン」「タンギング」「運指」「スケール」「アルペジオ」「エチュード」「移調」「曲」で徹底的に見直す本です。 サックスの弱点、鍛えるべきポイントを絞って書いています。 初心者からさらに上達を目指す人まで全レベルを対象に基礎練習を凝縮させた内容です。 まさにサックスで「一生使える基礎トレ本」を作りました!! 【対象】 レベル:脱初心者〜上級まで全般 基礎度:かなり高め ジャズ度:少なめ• 本書は、楽器の構造から演奏テクニック、そして日常の練習方法や周辺機材についてなど、本格派を目指すなら知っておきたい知識を網羅。 」マークが浮かぶなどという、すべてのサックス奏者に、バークリー音大を卒業した著者が、丁寧に解説しています。 文字通り、サックスに関するあらゆる事柄について細かく触れているので、手元にあれば、どんなときにも対応できる、便利な1冊になっていますよ! 【対象】 レベル:全般 基礎度:演奏はほぼ無し ジャズ度:少なめ• 100個のフレーズを吹くだけで飛躍的にサックスが上達する本 CD2枚付 アンサンブル中、メロディを支えたり、ソロを奏でたりと、さまざまな役割を担うサックス。 しかし苦手な技を回避するあまり、いつものお決まりフレーズに終始してしまうという人も少なくないのではないでしょうか。 本書はそんな方の「弱点克服」をサポートしつつ、「フレーズの引き出し」の幅を広げることが目的。 具体的にはさまざまなスタイルでの合奏で求められる技術を磨くことからスタートし、徐々にソロ用の練習に進むので、サックス奏者が抱える演奏上のお悩みポイントを要領よくトレーニングできます。 また付録CDはアルト用、テナー用と分かれているので、それぞれの楽器に合わせて訓練できるのもポイント。 ぜひ100個のフレーズを順番に練習して、ワンランク上のプレイヤーを目指してください。 【対象】 レベル:初級〜中級 基礎度:普通 ジャズ度:普通• 1日10分の指慣らし! サックス奏者のための自主トレ・メニュー90 練習のためにカラオケやスタジオに入っても、「さて、何から演奏したものか?」となるサックス初心者、中級者がたくさんいます。 1時間なら1時間の時間はあるのに、どう練習を組み立てたら良いかが分からない。 それでいきなりハードな練習や楽曲に取り組んでしまい、実力が身に付かない……。 そんな迷えるサックス奏者のために、その日の練習で最初に行なう自主トレ・メニューを90個用意しました。 音(ロングトーンやタンギング)と運指がセットで、1回10分のウォーミングアップが90個。 【対象】 レベル:初心者〜中級 基礎度:高め ジャズ度:少なめ• 一生使えるアドリブ基礎トレ本 ジャズのアドリブに挑戦してみたいが、どこから手をつけたらよいかわからない、長いフレーズが作れない、フレーズがマンネリ化している……そんな悩める演奏家のための1冊がこちら。 その4つの素材とはスケール、アルペジオ、半音階、リズム。 それらの使い方とつなぎ方を知れば、誰でも簡単にフレーズを作っていくことができます。 もちろん、カッコよく聴かせる応用例も多数紹介しているので、本書を通して学んでいくことにより本格的なフレーズを作り上げることができます。 さらに五線譜には音階名をカナ表記。 五線が苦手な人には演奏のガイドに、経験者には手クセ脱却のヒントになるでしょう。

次の