豪 ドル 掲示板。 【2020年】豪ドル円(オーストラリアドル)の長期見通し・予想がヤバい!今後は価格が上がるって本当!?|今すぐ始めるFX投資

為替取引日記(ドル円)掲示板

豪 ドル 掲示板

2005年末 2010年末 2015年末 直近 豪ドルへの 影響度 方向性 政策金利 5. 049 May. 15% 0-0. 10% 0-0. 10% 0. 1% May. 28 May. 10% 0. 00% 0. 20% 0. 40% 4. 90% 3. 30% 2. 当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。 当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。 当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。 当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。 当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。 当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、にご同意いただいたものとします。

次の

豪ドル(オーストラリアドル)のスワップポイント比較・ランキング!推移や生活できるかについても解説|今すぐ始めるFX投資

豪 ドル 掲示板

2005年末 2010年末 2015年末 直近 豪ドルへの 影響度 方向性 政策金利 5. 049 May. 15% 0-0. 10% 0-0. 10% 0. 1% May. 28 May. 10% 0. 00% 0. 20% 0. 40% 4. 90% 3. 30% 2. 当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 FXに関する取引口座開設、取引の実行並びに取引条件の詳細についてのお問合せ及びご確認は、利用者ご自身が各FX取扱事業者に対し直接行っていただくものとします。 また、投資の最終判断は、利用者ご自身が行っていただくものとします。 当社はFX取引に関し何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各FX取扱事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各FX取扱事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとし、FX取引に伴うトラブル等の利用者・各FX取扱事業者間の紛争については両当事者間で解決するものとします。 当社は、当サイトにおいて提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 当サイトにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく、変更、中断、または停止される場合があります。 当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しています。 当社は、当社の事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。 当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、にご同意いただいたものとします。

次の

豪ドル(オーストラリアドル)のスワップポイント比較・ランキング!推移や生活できるかについても解説|今すぐ始めるFX投資

豪 ドル 掲示板

こんばんわ。 相変わらず過疎っていますね。 掲示板なのですから、皆さん好きなように自分の考えなり願望なりを書けばいいではないですか。 それはそうと、少し時間があったので過去のデータを見ていたのですが、 リーマンショックでは発生数か月のうちはドル高が進行し、豪ドルとランドは対ドルで下落しています。 ですが、そこからは長期にわたって逆のフローが続いている。 より過去に遡るとITバブル崩壊後の9. 11テロ後でも同様のフローが発生しています。 これはリスクオフによるドル高と、その後のFRBの緩和策によるドル安 緩和マネーの流出による豪ドル高、ランド高 と理由づけできるでしょう。 そして今回のコロナショックでも同様に初めはドル高のフローが続いていましたがFRBの緩和策の影響でドル安のフローに転換したと考えられる。 緩和マネーは株式市場にも流れるのですから、ダウと豪ドルドルの異常な相関係数の高さの説明にもなりますね。 執拗な上げ相場であったダウと豪ドルドルが前回のFOMC後に下落してきたことも緩和マネーが変動要因の主役である示唆となっているでしょう。 「FRBには逆らうな」という格言もあることですしね。 またIMF発表のデータによれば、歳出拡大を伴う財政政策の対GDP比が主要20カ国中最も多いのがオーストラリアで、最も少ないのが南アフリカだそうです。 歴史と違って今回ではコロナ対応要因によって豪ドルとランドが連動していないのでしょう 対ドルでの両者の相関係数0. 緩和策に対するサプライズが見込めなさそうな次回FOMC 7月末 が大きな転換点なのか否や。 もちろんコロナの不確実性を取り除いた場合の話ですが。 短期的な相場の話はよくわかりません。 私には微妙な展開に見えましたね。 それでは、Good Night.

次の