マッコウ クジラ 英語。 英英辞典で英単語あてQ 初級 No. 34 【鯨(くじら)】

マッコウクジラの英語の発音や読み方について!

マッコウ クジラ 英語

Contents• マッコウクジラってどんなクジラ? マッコウクジラは、 クジラ目- ハクジラ亜目- マッコウクジラ科に属する 海生哺乳類でハクジラ類の中で最も大きく、 歯のある動物では世界最大の生物です。 標準的なオスの体長は約16- 18mで、 メスの約12- 14mくらい。 体重はオス50t に対しメス25t と、 オスの方が大きいのも特徴です。 生まれたばかりでも 体長約4m、体重 1t ほどあり、 成長したオスは体長が20mを越えるものもいます。 マッコウクジラの特徴の一つに 肥大化した大きな頭部があります。 カイコウラ沖やイオニア海など 地中海にも完全なあるいは季節的定住群が 存在すると言われていて、 通常 マッコウクジラは回遊することが多いので、 これは特異な事例なんだそうです。 潜水能力については? 生涯の3分の2を深海で過ごすと言われていて 軽く2,000mは潜ることができますが、 潜水をするためには 肺の中を空にする必要があります。 肺に空気が入っていると 浮き袋の代わりになってしまいますし、 深海に潜ったときの水圧によって 深海の高い水圧で空気が血液に急激に溶け出し、 中毒になる可能性があるからです。 なのにも関わらず なぜ マッコウクジラが1時間以上の 長時間の潜水ができるのかと言うと、 マッコウクジラは、 全身の筋肉に大量のミオグロビン という細胞を保有していています。 ミオグロビンというのは 酸素を蓄えることができて、 筋肉が酸素を使う際にすぐに 酸素を使えるようにしている細胞です。 マッコウクジラの筋肉には このミオグロビンの量が多く 一般的な哺乳類の10倍はあるそうです。 このため、 1時間もの間を呼吸することなく 潜っていられることが可能で、 深海にて捕食などの活動を行っていることが 分かっています。 また、3,000mを潜ったとする記録もあり、 深海層での原子力潜水艦との衝突事故や、 海底ケーブルに引っかかって溺死したと見られる 死骸の発見などの実例があるそうです。 およそ8千万トン~2億トンのイカが マッコウクジラに食べられていて、 世界中の年間漁獲量の30倍~66倍になるそうです。 マッコウクジラが1番捕食しているイカは、 中深層に生息するクラゲイカなどの 大型のイカと考えられ、 世界最大のイカである ダイオウイカも マッコウクジラは好んで食べています。

次の

マッコウクジラ可哀想過ぎる・・・

マッコウ クジラ 英語

whale 正解英単語は whale(ウェイル,ホウェイル) 【 クジラ 】 でした。 blue whale 【シロナガスクジラ】, sperm whale 【マッコウクジラ】 humpback whale 【ザトウクジラ】, minke whale 【ミンククジラ】 etc... 色々といます。 The blue whale is known as the largest mammal in the world. 「シロナガスクジラは世界一大きな哺乳類として知られています。 We had a whale of a time. 「私たちはとても楽しい時間を過ごした。 」 : have a whale of a time (とても楽しむ) There is a whale of a difference between the two. 「二つの間にはすごく大きな違いがある。 」 また、動詞として使うと 【 捕鯨に従事する,鯨を取る 】という意味にもなるようです。 (同じく whale で 【 《米》ひどく打つ、攻撃する 】という動詞もあり。 その大きさからでしょうね。

次の

マッコウクジラ

マッコウ クジラ 英語

大量のプラスチックごみが発見されたことで、環境保護主義者からは大きな驚きの声が上がっている。 世界自然保護基金(WWF)インドネシアで海洋生物保護を担当するドウィ・スプラティ氏はAP通信に、「このクジラの死因を推定することはできないが、目の前の現実は本当にひどい」と語った。 死体の腐敗が進行していることから、プラスチックごみがこのクジラの死因だったかは特定できないという。。 <関連記事>• WWFインドネシアはツイッターで、「硬いプラスチック片(19個、140グラム)、ペットボトル(4個、150グラム)、レジ袋(25枚、260グラム)、ビーチサンダル(2足、270グラム)、プラスチックひも(3. 26キロ)、プラスチックカップ(115個、750グラム)」と、クジラの体内にあったものの内訳を発表した。 インドネシアを含む東南アジア諸国では、使い捨てプラスチックが特に問題となっている。 環境保護活動団体「オーシャン・コンサーヴァンシー」と米コンサルティング大手マッキンゼー・アンド・カンパニー傘下の「マッキンゼー・ビジネス環境センター」がまとめた2015年発表の共同報告書によると、海に漂着するプラスチックごみの最大60%が中国とインドネシア、フィリピン、ベトナム、タイの5カ国から出ているという。 特にレジ袋は、毎年何百匹もの海洋生物を殺しているとされている。 6月には、タイ南部で80枚のレジ袋を飲み込んだゴンドウクジラの死体が見つかった。 今年初めには、ごみの量が削減されない場合、今後10年で海に流れ込むプラスチックの量は現在の3倍に膨らむとの報告も出ている。 国連は昨年末、海には毎年約1000万トンに上るプラスチックごみが流れ込んでおり、海洋生物は「取り返しの付かないダメージ」に直面していると警告した。 (英語記事.

次の