かぐや 様 は 告 ら せ たい 2 期 op。 平野紫耀×橋本環奈「かぐや様は告らせたい」主題歌はKing&Prince 新予告完成 : ニュース

TVアニメ『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』SPイベント開催決定!

かぐや 様 は 告 ら せ たい 2 期 op

番組紹介 TVアニメ「かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~」の 最新情報をお届けすると共に番組オリジナルの企画もお届けするラジオ番組! その名も!「告RADIO 2020」! パーソナリティは、告RADIOでお馴染みの 四宮かぐや役の古賀葵さん、藤原千花役の小原好美さんの2人でお届けしていきます! さらに、石上優役の鈴木崚汰さんがパーソナリティを務める 「鈴木崚汰のうるせぇバーカ!ラジオ」も番組内のミニコーナーとして存続! 今まで以上の大ボリュームでお届けしていきます! そして!番組に貢献してくれたとパーソナリティが思ったら番組特製ステッカーをプレゼント! ステッカーは副会長バージョン、書記バージョンの2種類。 どちらかをプレゼントします。 ただし!ステッカーをSNSに掲載するのは禁止です! メールを読まれたら10マイル、はがきが読まれたら20マイル、2人が面白いと思ったら30マイル差し上げます。 50マイル貯まると番組特製レターセットをプレゼント。 応募期間は、2019年3月12日 火 から2019年3月16日 土 23:59までとなります。 【応募方法】 TVアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』公式Twitterアカウントをフォローの上、特設ページ(3月12日18時公開)よりご応募ください。 当選通知は3月19日 火 を予定しております。 「告RADIO 2020」 古賀葵(四宮かぐや 役): 圭... !!私に会いに来てくれるなんて... 鈴木崚汰です。 頑張って考えたものほどウケませんよね。 ぴえん。 いよいよ念願叶ってゲストに呼んでいただけました。 石川Pがおっしゃっていました。 何事もタイミングだと。 その通りですかね。 「アオハルっぽいエピソード」を教えて下さい。 またメール文の最後に「アオハルかよ!」を付けて送って下さい。 例) 高校3年生の夏。 受験勉強で忙しかった僕は大好きな彼女と少し距離を取っていました。 ある日、彼女からLINEが来ました。 「今日の花火、一緒に見たかったね。 」 そう、この日は彼女の誕生日で地区の花火大会のある日。 1年前に一緒に見ようと話をしていたんです。 その事を忘れていた僕はペンを置き、彼女の家まで自転車を走らせました。 既に花火大会は始まっています。 最後の大輪の花火は一緒に見たい。 息切れしながら彼女のマンションに着くとそこには彼女の姿が。 「えへへ。 来てくれると思っていたよ。 応募締切:2020年2月2日 日 23時59分 詳しくは封入されている応募券をご確認ください。

次の

quiz.interreg4c.eu: かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~: 古川慎, 古賀葵, 青山穣, 鈴木崚汰, 小原好美, 花守ゆみり, 畠山守, 中西やすひろ: generic

かぐや 様 は 告 ら せ たい 2 期 op

『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』のOP主題歌は第一期の「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」に続き、鈴木雅之が担当することが決定!前作同様に水野良樹(いきものがかり)が作詞作曲、本間昭光がサウンドプロデュースと強力なチームに加え、さらにソロアーティスト・モデルと活躍を広げる鈴木愛理をゲストヴォーカルに招いたポップでファンキーなナンバー「DADDY! DADDY! feat. 鈴木愛理」が完成。 W鈴木で届けるラヴソングがアニメを彩ります。 更に、来週4月11日 土 23:30からいよいよ放送となる第1話のあらすじ&場面カットも公開いたしました! そして、2020年5月27日(水)発売のキャラクターソング03 伊井野ミコ(富田美憂)のジャケットも公開! 今後とも、集英社「週刊ヤングジャンプ」にて好評連載中、シリーズ累計1000万部突破の、TVアニメに実写…全方位に話題のラブコメ作品「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の展開にぜひご注目いただきますようお願いいたします。 鈴木雅之からのコメントが到着! アニソン界の大型新人・鈴木雅之です。 光栄なことに、第一期の「ラブ・ドラマティック」につづき、第二期のオープニングテーマを担当させていただくことになりました。 今作も、水野良樹(いきものがかり)が作詞作曲、本間昭光がサウンドプロデュースと強力なチームで楽曲制作をしました。 そして本間昭光氏の推薦で鈴木愛理をゲストヴォーカルに迎え、さらにパワーアップしたポップでファンキーなラヴソング「DADDY! DADDY! 」が完成しました。 仲間と一緒に歌って踊ったり、恋の駆け引きを楽しめるナンバーです。 アニメをご覧いただく皆さんの気持ちと、アニメの世界観がより彩るものになれば嬉しいです。 2020年はシャネルズ(ラッツ&スター)からデビュー40周年。 記念すべきニューシングル「DADDY! DADDY! 」のジャケットをかぐや様とコラボ!今年の干支子 ねずみ 年にかけてイラストを描いてくださったアニメスタッフの皆様にも心より感謝いたします。 ミリオンヒットを記録。 1983年 グループ名をラッツ&スターに改め「め組のひと」「Tシャツに口紅」など多くをヒットさせる。 1986年 シングル「ガラス越しに消えた夏」でソロ・ヴォーカリストとしてデビュー。 2011年 日本レコード大賞「優秀アルバム賞」 2016年「最優秀歌唱賞」を受賞。 2017年 「第67回芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)」「大森海苔親善大使」に任命。 2019年 アニメ主題歌「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」が11万ダウンロードを突破。 日本を代表するヴォーカリストとしての地位を確立している、名実ともに「ラヴソングの王様」である。 鈴木愛理からのコメントが到着! 今回、鈴木雅之さんと「DADDY! DADDY! feat. 鈴木愛理」として歌わせていただくと聞いた時は、夢かと思うほどの驚きと喜びでした。 リリースするシングルはすべてオリコンウィークリーチャート10位以内を記録。 圧倒的なパフォーマンス力で、海外公演も精力的に行い、国内外問わず人気を博す。 2018年6月「Do me a favor」にてソロヴォーカリストデビュー! 同年7月9日ソロとして初の武道館公演を行う。 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」等様々なフェスへの出演や、 Ray専属モデルも務め、「東京ガールズコレクション」出演など多岐にわたって活動の幅を広げている。 千葉銀行2020年度イメージキャラクターに就任。 DADDY! feat. DADDY! DADDY! feat. 鈴木愛理 02. DADDY! DADDY! feat. 鈴木愛理 TV Size Version 03. DADDY! DADDY! feat. 鈴木愛理 カラオケ 04. DADDY! DADDY! DADDY! feat. 予めご了承ください。 夏休みを終えた彼は、身も心もチャラ男に成り果てていたのだ。 そこで柏木と二人っきりにして様子を覗き見してみると、恋人同士でムードが高まってきたらしく……。 予めご了承ください。

次の

平野紫耀×橋本環奈「かぐや様は告らせたい」主題歌はKing&Prince 新予告完成 : ニュース

かぐや 様 は 告 ら せ たい 2 期 op

アラサーです。 私は日頃あまりアニメを視聴しませんし、「よくあるラブコメか……」と思っていたものの、サブタイトル『天才たちの恋愛頭脳戦』というのがやや斬新に思え、何となくアニメ1話を視聴しました。 その結果、私はアニメの続きを視聴するにとどまらず、原作コミックスを全て購入し、あげくLINEスタンプまで購入してしまいました。 3話の特殊エンディングは何度見返したかわかりません。 舞台である秀知院学園は偏差値77の進学校という設定です。 私も進学校出身であり学校行事は楽しいものでしたが、共学ではありませんのでラブコメのような日常など当然ありませんでした。 作中に登場する大富豪の令嬢や子息などほぼいません。 生徒会の役割や雰囲気も全く違います。 当たり前ですが、描かれているのは完全なフィクションです。 ですが1つ、真実があるとすればそれは「人を好きになることは恥ずかしいことだけど、恥ずかしいことではない」という点に尽きると思います。 作中の会長とかぐや様はプライドの塊で、さっさと告白すればこの物語は完結します。 ですが、誰かのことを好きと表明するのは恥ずかしい。 そうです。 プライドが高い人ならなおさらのこと。 この作品は、人を好きになることを恥ずかしいと感じている人物を描くことによって、逆に人を好きになれることの大切さに気づかせてくれます。 いつも極めて優秀な二人が、相手のことになると直情的になり(IQ 3になり)、コメディのような面白行動をしてしまう。 非常に下らなく、バカらしく、恥ずかしい。 『天才たちの恋愛頭脳戦』というサブタイトルのなんと逆説的なことでしょうか。 恋愛はこれでいいのだと気付かされます。 打算の撤廃された感情こそが尊い。 そしてそれは恥ずかしいことではない。 高校生ならまだしも、いい年してこういったラブコメから何かを学ぶなどおめでたい人間です。 イノセントであり、お花畑です。 恥ずかしい。 このアニメを観て、おめでたく、イノセントで、お花畑な時間を過ごしましょう。 それは恥ずかしいことではないと思います。 ---追記--- 16巻において、この作品のテーマそのものととれるメッセージがある意外なキャラクターの口から語られました。 現在18巻ですが、登場人物の関係性も大きく変化していきます。 もはや学園ラブコメではなく、男女を問わずオススメできる珠玉の作品になっています。 原作の面白さを最大限に活かした素晴らしい出来栄え。 クオリティが高すぎてぐうの音も出ない。 特に作画のクオリティには目を見張る。 思わず瞬きを忘れてしまうほど見入ってしまった。 とにかくテンポの良い脚本と、視聴者を飽きさせない効果・演出。 あと、なんか聞いたことあるよなBGM(笑) さらに、説明を説明で終わらせずに、面白さを際立たせるナレーションの妙。 やたら壮大なのに「半年が過ぎた!」「その間、特に何もなかった……」の下りは、やっぱり分かってても笑ってしまう。 かなりアクの強い感じですが、これは慣れると癖になると思います。 ストーリーは原作基準で3話ずつ消化する感じ。 1話は生徒会メンバー3人の魅力がギュッと詰まっていて文句の付け所が無い。 とにかく藤原書記がとてもかわいい! もうこれだけでこのアニメは安泰な気がする。 努力一本の庶民代表白銀会長は、自意識過剰でかっこわるい所は絶対見せたくない人。 しかし会長の魅力はまだまだここから。 今後の涙ぐましい彼の努力姿を見守りたい。 彼女の魅力は計り知れない。 白銀に『お弁当を作ってもらって一緒に食べる』という高度な恋愛術を素でやってのける無自覚で最強に天然な藤原書記に対するかぐやの脳内セリフが素でヒドイ(笑) 「人の姿をした家畜……プライドが無く、他人に依存する事にばかり長けた寄生虫……胸ばかりに栄養が行ってる脳カラ…なんでおぞましい生き物……私はあなたを絶対に赦しはしない……」ここ、かぐや役の古賀 葵さんの演技がハマっていて、一際ヤバかった。 他にも「あらあら」のバリエーションや、常に上から目線だったり、時にはムキになったり、四宮家一子相伝奥義《純真無垢(カマトト)》を発動したりするかぐやの変わり身の早さを、絶妙な声のトーンやテンションで声色を使い分けて、きっちりキャラクターを立たせている。 この人の演技からは、これからバリバリ活躍する可能性を感じた。 それにしても特筆すべきは白銀の脳内かぐやが放つ決め台詞「お可愛いこと……」の、あの眼! あの表情! あの声色! なんだろう……もっと言ってほしいような……何回も聞きたいような…… 藤原書記に嫉妬して脳内で罵詈雑言並べてるときの彼女に魅力を感じてしまうのはなぜ? 私には藤原チカという存在がどうしても納得いかない。 彼女は生徒会においていわゆる「天然ちゃん」というポジションを確立しているようですが、私にはどうしても「養殖ちゃん」に見えるのです。 私には彼女がすべてを計算して道化(ピエロ)を演じているように見えるのです。 都合の良いときだけ急に察しが良くなったり、策士になったりしますし、特にNGワードゲームのときなどは「自分が周りから空気が読めないキャラと思われている」ということを逆手にとって勝利をおさめます。 これは自分のキャラクターを自覚し、さらにコントロールできている人間にしかできない芸当です。 さらに言えば朴念仁の石上会計ですらなんとなく察することができる丸見え状態のかぐやの「気持ち」を、同性かつ長い付き合いの彼女が見逃すものでしょうか。 私の読みが正しければ、チカはかぐやの恋心に気付いていない「フリをしている」ということになります。 たびたび発生する告白のチャンスを「アホの子」のフリをして意図的に妨害していることになります。 私が彼女に疑いの目を向けるきっかけとなったのは、第5話にて「ラブ探偵」というキャラクターがぶっこまれたときです。 ギャグもの特有の「賑やかし」と言えばそれまでですが、なんとも言えない違和感を感じたのです。 この作品は一見突拍子もない展開でも前後関係を見ると必然となるように話がしっかり練られていて、だからこそ逆に「ラブ探偵」の登場はなんだか「ねじ込まれた感」があって気持ち悪かったのです。 そこで次のような仮説を立てました。 自ら「恋バナ好きアピール」をしておくことによって、「恋バナ好きの人間は、他人の恋愛に気付けば絶対にそれに飛びつくはず。 つまりまだ気付いていない」という嘘の安心感を周囲に植え付けることに成功しているのだと思います。 じつはもう「ドーンだYO」しているにも関わらず。 さてそうなると問題は動機です。 なぜそんなことをするのか。 告白が成功することによってチカになんの不利益が生じるのか。 私が思うに、彼女は今の生徒会という「場」が崩れることを恐れているのではないでしょうか。 男女混合の友人グループというのは一度でも色恋沙汰が入り込むと二度と元の状態には戻れません。 配役を新人で固めてるのでちょっと不安でしたが、 思いのほか合っていたし、原作をリスペクトして うまく作っていると思います。 そして作画が素晴らしい。 OP、EDなんかぬるぬる動き過ぎてヤバい。 特に書記ちゃんダンスのクオリティはおかしい。 今期のラブコメでは作画崩壊してる『五等分の花嫁』とは対照的で 今のところ完璧な仕事ぶりです。 スタッフ数人分けてやって欲しいくらいです。 アニメ化に際して原作を1巻から読み直してみたら、 今ではもう準主人公のような存在感を放ちまくってる石上会計が、 序盤の方で全く活躍してなくて意外に感じてしまいました。 たぶん、アニメが1クールなら石上会計の見せ場はないんでしょうね……。 個性的なキャラクターも増えて、巻を重ねるたびに右肩上がりに 面白くなっていくラブコメなので、ぜひシーズン2以降のアニメ化もしてもらいたいと期待しています。

次の