みんなの優待。 みんなが持っているのは?株主優待人気ランキング :2019年12月権利確定

株主優待

みんなの優待

株主優待の種類 株主優待には実に様々な種類があります。 自社ブランドを持つ企業では、自社商品のプレゼントや割引券が多く、飲食店などでは店舗で利用できる優待券になっているケースがあります。 また、自社商品がない企業に関しては、QUOカードやお米券、カタログギフトなどを送る場合があります。 例えば日清食品HD(2897)ですと、自社の食品の詰め合わせ。 ANA(9202)は搭乗割引券。 ビックカメラ(3048)は店舗での買い物優待券といった具合です。 株数や保有年数によっても優待内容が変わる企業が多く、 保有数や保有年数が多いほど優待内容が豪華になります。 なお、日本の国内企業から海外投資家、海外への日本人投資家への優待の発送は行われていません。 株主名簿に登録されるためには、権利確定日の3営業日前に株主になっていなくてはなりません。 この日を 『権利付き最終日』といいます。 権利付き最終日に株式を保有していると、配当金を出す企業であれば株主優待と同時に配当金ももらうことができます。 極端な話、この権利付き最終日に株を買い、翌日の権利落ち日に売却したとしても、株主優待をもらうことができるのです。 翌日を 『権利落ち日』といいます。 権利落ち日には多くの場合、株価が下落する傾向にありますので注意が必要です。 その為、権利付き最終と権利落ち日には優待銘柄の売買高が増加する傾向にあります。 権利確定日は通常、決算期末か中間決算期末、あるいはその両方であるため、株主優待は3月、9月が多くなります。 2017年8月を例にすると、以下のようになります。 【権利付き最終日】 8月28日 【権利落ち日】 8月29日 【権利確定日】 8月31日 注意しておきたいのは、 株主優待は現物で保有している時のみであり、信用取引で買い付けいしている場合はもらうことができません。 株主優待銘柄へ投資を行う人は、長期投資の方も多いようです。 そこで便利なのが 『貸株』というサービスです。 貸株とは、自身が保有している株を証券会社に貸し出す代わりに金利を受け取るというものです。 個人投資家から株式を借り受けた証券会社は、その株を必要としている投資家に貸し出して金利を得るという仕組みになっています。 金利は0. 1%~のものが多いですが、空売りを多くされる銘柄の金利は高くなっており、1%以上の金利をもらえる銘柄は全体の3%ほどあります。 株を貸し出すというとなんだか難しそうですが、実際はネット上で「貸株」を申し込むだけの簡単な作業で完了します。 ちなみに、 株を貸している状態では株主優待も配当金も得られません。 そんな時に便利なのが 『優待自動取得サービス』です。 これを利用すれば、普段は貸株で金利をもらいながら、権利確定日には株主名簿に掲載されるようにしてくれる非常に便利なサービスです。 株主優待自体はどこの証券会社で保有しても変わりありませんが、『貸株』と『優待自動取得サービス』を利用し、より賢い優待投資をしてみてはいかがでしょうか。 この2つのサービスを利用できる、 なおかつ手数料も安い便利なネット証券は以下になります。 場合によっては逆日歩のコストだけで数千円から数万円も発生する場合があり、2016年3月には伊藤ハム(2284)の株主優待目当てで多くの投資家がつなぎ売りをした為に逆日歩が発生。 その結果、5千円相当のハムをもらうのに3万6千円を支払うという事態が発生しました。 信用取引には、 取引所が決める『制度信用』と 各証券会社が決める『一般信用』がありますが、この取引には 逆日歩が発生しない『一般信用』を利用します。 しかし、制度信用では売りができる銘柄が約1700ほどありますが、一般信用では証券会社により異なっています。 この一般信用売建銘柄が一番多いのは『』です。 同社は親会社であるMUFGとの協業・商品連携と自製システムによりサービス体制の構築で多くの銘柄を一般信用で売ることができるそうです。 優待のタダ取りをしようとしたのに空売りができない!とならない為にも、つなぎ売りをする場合には『』がおすすめです。 ちなみに、同社は手数料も安く、50万円以下(現物取引)であればネット証券最大手の『』よりも安いので、少額の取引であれば手数料面でも有利です。 最後につなぎ売買の手順を解説いたします。 優待銘柄を決めたら一般信用の在庫チェック 『』の一般信用(長期・売短)は在庫があり、人気の優待銘柄は在庫がなくなってしまい、売れない事態が発生する場合があります。 優待銘柄を決めたら、1日1度は在庫状況を確認しましょう。 取引開始前に現物買いと信用売りを成行で発注 在庫が十分ある場合は、 手数料を最小に抑えるために「権利確定付最終日」に発注します。 この時、約定価格を同じにするために 取引開始前に現物買いと一般信用売りを成行で発注します。 権利落ち日以降に現物を品渡し 現渡し し、現物買い・信用売り玉の決済 品渡しとは信用の売建玉を、保有している現物の株式を充当することにより、信用売建玉と現物株式を決済すること。 「現渡」で返済すれば、現物売却手数料と信用決済手数料が掛かりません。 これでつなぎ売買の終了です。 この取引にかかる手数料が優待価格を上回ってしまうと損をしてしまいますので、優待利回りの低い銘柄を取引される場合には手数料を計算しておいた方が良いでしょう。 株主優待の銘柄探しの基準としては、 割安で好業績でなおかつ優待利回りが高いことがオススメです。 飲食店にこういう銘柄は多いのですが、すかいらーくは全国にあります。 優待商品が全国で使えるというのは重要で、地方の個人投資家も買っているということになります。 オリックス 8591 や大和証券 8601 のように 東証一部に上場している大型銘柄は機関投資家が売買しますので、板も厚く配当落ちがあまりなくて強い傾向があります。 実際に保有していた時には、配当分は落ちましたが優待分はまるまる得したかたちになりました。 また、吉野家HD 9861 は全国にあって便利なのですが、実はグループ企業に、はなまるうどんや京樽があって、そこでも吉野家優待のサービス券が利用できます。 銘柄探しに雑誌などの特集記事として掲載されている優待銘柄に注目が集まるケースが多いこともあるかと思います。 しかし、そういった銘柄の中には 既にPERが高過ぎるものが多いので、結果的に値幅で負けてしまうことがあります。 4月以降ジュニアNISAでも買われているアトム 7412 やヴィア・ホールディングス 7918 などは既に割高ですので、 人気の優待銘柄は割安かどうかチェックすることが大事ですね。 本サイトに掲載されている情報は、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、本サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本サイトにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 当サイトに表示されている広告の一部はヤフー株式会社に配信を委託しています。 ヤフー株式会社から配信される広告が表示されるページを訪問した際には、ヤフー株式会社も同社のcookies情報を取得いたします。 そこで収集されるcookies情報については当社に提供・開示されることはなく、ヤフー株式会社が定めるプライバシーの考え方にしたがって管理されます。 くわしく はをご覧ください。 また、ヤフー株式会社から配信される行動ターゲティング広告についてはをご覧下さい。

次の

株主優待

みんなの優待

株主優待の種類 株主優待には実に様々な種類があります。 自社ブランドを持つ企業では、自社商品のプレゼントや割引券が多く、飲食店などでは店舗で利用できる優待券になっているケースがあります。 また、自社商品がない企業に関しては、QUOカードやお米券、カタログギフトなどを送る場合があります。 例えば日清食品HD(2897)ですと、自社の食品の詰め合わせ。 ANA(9202)は搭乗割引券。 ビックカメラ(3048)は店舗での買い物優待券といった具合です。 株数や保有年数によっても優待内容が変わる企業が多く、 保有数や保有年数が多いほど優待内容が豪華になります。 なお、日本の国内企業から海外投資家、海外への日本人投資家への優待の発送は行われていません。 株主名簿に登録されるためには、権利確定日の3営業日前に株主になっていなくてはなりません。 この日を 『権利付き最終日』といいます。 権利付き最終日に株式を保有していると、配当金を出す企業であれば株主優待と同時に配当金ももらうことができます。 極端な話、この権利付き最終日に株を買い、翌日の権利落ち日に売却したとしても、株主優待をもらうことができるのです。 翌日を 『権利落ち日』といいます。 権利落ち日には多くの場合、株価が下落する傾向にありますので注意が必要です。 その為、権利付き最終と権利落ち日には優待銘柄の売買高が増加する傾向にあります。 権利確定日は通常、決算期末か中間決算期末、あるいはその両方であるため、株主優待は3月、9月が多くなります。 2017年8月を例にすると、以下のようになります。 【権利付き最終日】 8月28日 【権利落ち日】 8月29日 【権利確定日】 8月31日 注意しておきたいのは、 株主優待は現物で保有している時のみであり、信用取引で買い付けいしている場合はもらうことができません。 株主優待銘柄へ投資を行う人は、長期投資の方も多いようです。 そこで便利なのが 『貸株』というサービスです。 貸株とは、自身が保有している株を証券会社に貸し出す代わりに金利を受け取るというものです。 個人投資家から株式を借り受けた証券会社は、その株を必要としている投資家に貸し出して金利を得るという仕組みになっています。 金利は0. 1%~のものが多いですが、空売りを多くされる銘柄の金利は高くなっており、1%以上の金利をもらえる銘柄は全体の3%ほどあります。 株を貸し出すというとなんだか難しそうですが、実際はネット上で「貸株」を申し込むだけの簡単な作業で完了します。 ちなみに、 株を貸している状態では株主優待も配当金も得られません。 そんな時に便利なのが 『優待自動取得サービス』です。 これを利用すれば、普段は貸株で金利をもらいながら、権利確定日には株主名簿に掲載されるようにしてくれる非常に便利なサービスです。 株主優待自体はどこの証券会社で保有しても変わりありませんが、『貸株』と『優待自動取得サービス』を利用し、より賢い優待投資をしてみてはいかがでしょうか。 この2つのサービスを利用できる、 なおかつ手数料も安い便利なネット証券は以下になります。 場合によっては逆日歩のコストだけで数千円から数万円も発生する場合があり、2016年3月には伊藤ハム(2284)の株主優待目当てで多くの投資家がつなぎ売りをした為に逆日歩が発生。 その結果、5千円相当のハムをもらうのに3万6千円を支払うという事態が発生しました。 信用取引には、 取引所が決める『制度信用』と 各証券会社が決める『一般信用』がありますが、この取引には 逆日歩が発生しない『一般信用』を利用します。 しかし、制度信用では売りができる銘柄が約1700ほどありますが、一般信用では証券会社により異なっています。 この一般信用売建銘柄が一番多いのは『』です。 同社は親会社であるMUFGとの協業・商品連携と自製システムによりサービス体制の構築で多くの銘柄を一般信用で売ることができるそうです。 優待のタダ取りをしようとしたのに空売りができない!とならない為にも、つなぎ売りをする場合には『』がおすすめです。 ちなみに、同社は手数料も安く、50万円以下(現物取引)であればネット証券最大手の『』よりも安いので、少額の取引であれば手数料面でも有利です。 最後につなぎ売買の手順を解説いたします。 優待銘柄を決めたら一般信用の在庫チェック 『』の一般信用(長期・売短)は在庫があり、人気の優待銘柄は在庫がなくなってしまい、売れない事態が発生する場合があります。 優待銘柄を決めたら、1日1度は在庫状況を確認しましょう。 取引開始前に現物買いと信用売りを成行で発注 在庫が十分ある場合は、 手数料を最小に抑えるために「権利確定付最終日」に発注します。 この時、約定価格を同じにするために 取引開始前に現物買いと一般信用売りを成行で発注します。 権利落ち日以降に現物を品渡し 現渡し し、現物買い・信用売り玉の決済 品渡しとは信用の売建玉を、保有している現物の株式を充当することにより、信用売建玉と現物株式を決済すること。 「現渡」で返済すれば、現物売却手数料と信用決済手数料が掛かりません。 これでつなぎ売買の終了です。 この取引にかかる手数料が優待価格を上回ってしまうと損をしてしまいますので、優待利回りの低い銘柄を取引される場合には手数料を計算しておいた方が良いでしょう。 株主優待の銘柄探しの基準としては、 割安で好業績でなおかつ優待利回りが高いことがオススメです。 飲食店にこういう銘柄は多いのですが、すかいらーくは全国にあります。 優待商品が全国で使えるというのは重要で、地方の個人投資家も買っているということになります。 オリックス 8591 や大和証券 8601 のように 東証一部に上場している大型銘柄は機関投資家が売買しますので、板も厚く配当落ちがあまりなくて強い傾向があります。 実際に保有していた時には、配当分は落ちましたが優待分はまるまる得したかたちになりました。 また、吉野家HD 9861 は全国にあって便利なのですが、実はグループ企業に、はなまるうどんや京樽があって、そこでも吉野家優待のサービス券が利用できます。 銘柄探しに雑誌などの特集記事として掲載されている優待銘柄に注目が集まるケースが多いこともあるかと思います。 しかし、そういった銘柄の中には 既にPERが高過ぎるものが多いので、結果的に値幅で負けてしまうことがあります。 4月以降ジュニアNISAでも買われているアトム 7412 やヴィア・ホールディングス 7918 などは既に割高ですので、 人気の優待銘柄は割安かどうかチェックすることが大事ですね。 本サイトに掲載されている情報は、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、本サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本サイトにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 当サイトに表示されている広告の一部はヤフー株式会社に配信を委託しています。 ヤフー株式会社から配信される広告が表示されるページを訪問した際には、ヤフー株式会社も同社のcookies情報を取得いたします。 そこで収集されるcookies情報については当社に提供・開示されることはなく、ヤフー株式会社が定めるプライバシーの考え方にしたがって管理されます。 くわしく はをご覧ください。 また、ヤフー株式会社から配信される行動ターゲティング広告についてはをご覧下さい。

次の

【2ヶ月無料】「みんなの優待」で簡単節約!使ってわかったメリット・デメリットを紹介します!|RYOTABI

みんなの優待

みんなの優待が今なら3ヶ月無料で利用することができます。 上記のリンクから申し込みが可能で、クレジットカードの登録は必要となりますが、仮に3ヶ月以内に解約をすれば料金は一切掛かりません。 クーポンや優待は登録したそのときから即時で利用したり取得することができます。 特にお得だなと思ったものをいくつかピックアップしてみました。 本当に優待やクーポンは沢山ありますので、自分のよくいく施設やサービスでないかを確認してみましょう。 クレジットカード払い みんなの優待はVISA、マスターカード、JCB、AMEX、ダイナースのクレジットカードで支払うことができ、月額料金は490円(税込)となります。 上記から解約ができます。 またみんなの優待のほうが無料期間も3ヶ月と長いです。 毎月契約するものとなりますので、それであればみんなの優待のほうがお得です。 3ヶ月の無料期間もあるので、この機会にどうぞ!!

次の