蜻蛉日記 現代語訳 嘆きつつ。 土佐日記 現代語訳つき朗読

蜻蛉日記町の小路の女うつろひたる菊品詞分解現代語訳

蜻蛉日記 現代語訳 嘆きつつ

[うたがはしほかに渡せるふみ見れば ここやとだえにならむとすらむ] など思ふほどに、むべなう、十月つごもりがたに、三夜 みよ しきりて見えぬ時あり。 つれなうて、「しばしこころみるほどに」など、気色あり。 これより、夕さりつかた、「内裏 うち の方ふたがりけり。 」とて出づるに、心得で、人をつけて見すれば、「町の小路 こうじ なるそこそこになむ、とまり給ひぬる。 」とて来たり。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二日三日 ふつかみか ばかりありて、暁方 あかつきがた に門をたたく時あり。 さ * なめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 [嘆きつつひとり寝 ぬ る夜のあくる間は いかに久しきものとかは知る] と、例よりはひき繕ひて書きて、うつろひたる菊に挿したり。 返り言、 「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの来あひたりつればなむ。 いと理 ことわり なりつるは。 [げにやげに冬の夜ならぬ真木 まき の戸も おそくあくるはわびしかりけり]」 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、いとどしう心づきなく思ふことぞ、限りなきや。 「うつろひたる菊」の現代語訳 そうして、九月頃になって、 兼家が 出て 帰って しまった時に、文箱があるのを何気なく開けて見ると、他の人 =女 の所に届けようとした手紙がある。 驚きあきれて、 せめて私がその手紙を 見てしまったと いうこと だけでも知られようと思って、 余白に歌を 書きつける。 [疑わしいこと。 他 の女の方 に送ろうとする手紙を見ると、もうこちら の私の所にあなたが来るの は途絶えてしまうのでしょうか。 ] などと思っているうちに、案の定、十月の末頃に、三晩続いて姿を見せない時があった。 あの人は 平然として、「しばらく、 あなたの気持ちを 試しているうちに 三日もたってしまった。 」などと、思わせぶりな言い訳をする。 こちら =私の家 から、夕方頃、「宮中が禁忌の方角にあたっていたのだよ 方違えのために出かけよう。 」と言って出かけるので、納得しないで、召し使いに尾行させて見届けさせたところ、「町の小路にあるどこそこに、 車を お止めになりました。 」と言って 帰って 来た。 思ったとおりだと、たいそう情けないと思うけれど、どう言えばよいか方法もわからずにいるうちに、二、三日ほどたって、夜明け頃に門をたたく 音がする 時があった。 その =あの人の訪れの ようだと思うと、気が進まなくて、開けさせないでいると、例の 町の小路の女の 家と思われる所に行ってしまった。 翌朝、やはりこのままではいられまいと思って、 [嘆きながら独りで寝る夜が明けるまでの間がどんなに長 くつら いものかおわかりですか 、いえ、おわかりになりますまい。 ] と、いつもよりは体裁を整えて書いて、色変わりした菊に挿し て送っ た。 返事は、 「夜が開けるまで待って 様子を みようとしたが、急な 用件を伝える 召し使いが来合わせたので 引き返してしまいました。 あなたが怒るのも 全くもっともですよ。 [全く本当に 冬の夜はなかなか明けないが 、冬の夜でもない真木の戸でも遅く開くのはつらいことですよ。 ]」 それにしても、全く不思議なくらい、そしらぬふりをしている。 しばらくは、人目を避けている様子で、「宮中に。 」などと言いながら通うのが当然であるのに、ますます不愉快に思うこと、この上ないよ。 「うつろひたる菊」の単語・語句解説 [手まさぐりに] 何気なしに。 [遣らむと] 届けようと。 [むべなう] 「むべなく」のウ音便。 [十月つごもりがたに] 十月の末頃に。 [三夜しきりて見えぬ時あり] 三晩続けて来ない時があった。 当時は結婚する際に三晩続けて通う風習があった [夕さりつかた] 夕方頃。 [ものしたり] 行ってしまった。 [うつろひたる菊] 色変わりした菊。 [とみなる召し使ひ] 急な召し使い。 [いと理なりつるは] 全くもっともですよ。 [げにやげに] 全く本当に。 [おそくあくる] 「夜が遅く明ける」のと「戸を遅く開ける」を掛けている。 答え:兼家が訪れてきたこと。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は蜻蛉日記でも有名な、「うつろひたる菊」についてご紹介しました。 (教科書によって「なげきつつひとり寝る夜」や「町の小路の女」という題名のものもあり) その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳

蜻蛉日記 現代語訳 嘆きつつ

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら さて、九月(ながつき)ばかりになりて、出でに たるほどに、箱のあるを、手まさぐりに開けてみれば、 人のもとにやらむとしける文あり。 さて、九月ごろになって、(作者の夫の兼家が)出て行ってしまった時に、文箱があるのを手慰みに開けて見ると、他の女のもとに届けようとした手紙がある。 あさましさに見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。 意外なことだとあきれて(自分が)見てしまったということだけでも(夫の兼家に)知られようと思って、書きつける。 うたがはし ほかに渡せる ふみ見れば ここやとだえに ならむとすらん 疑わしいことです。 他の女性に送る手紙を見ると、ここへ(あなたが訪れること)は、途絶えようとしているのでしょうか。 など思ふほどに、むべなう、十月(かみなづき)つごもり方(がた)に、三夜(みよ)しきりて見えぬときあり。 などと思ううちに、思った通り、十月の末ごろに三晩続けて来ないときがあった。 つれなうて、「しばし試みるほどに。 」など気色(けしき)あり。 (それにもかかわらず、夫の兼家は)素知らぬ顔で、「しばらく(あなたの気持ちを)試しているうちに。 」などというそぶりである。 これより、夕さりつ方(かた)、「内裏(うち)に、逃るまじかりけり。 」とて出づるに、 ここ(私の家)から、夕方ごろ、「内裏(宮中)に断れそうにない用事があるのだ。 」と(夫の兼家が)出かけるので、 心得で、人をつけて見すれば、「町小路(まちのこうじ)なるそこそこになむ、止まりたまひぬる。 」とて来たり。 (私は)納得できず(おかしいと思って)、召し使いの者をつけて見させると、「町の小路にあるどこそこに、お止まりになりました。 」と(召し使いの者は)言って帰って来た。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二、三日(ふつかみか)ばかりありて、暁方(あかつきがた)に、門をたたくときあり。 思った通りだと、たいそう嘆かわしいと思うけれども、言いようも分からないでいるうちに、二、三日ほどして、明け方に門をたたくときがあった。 さなめりと思ふに、憂くて開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 その(夫の兼家が訪れて来た)ようだと思うと、気に食わなくて、(門を)開けさせないでいると、例の家(町の小路の女の家)と思われるところに行ってしまった。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 翌朝、そのままにしてはおくまいと思って、 嘆きつつ ひとり寝(ぬ)る夜の あくる間は いかに久しき ものとかは知る 嘆きながら一人で寝る夜が明けるまでの間は、どんなに長いものか分かりますか。 (いえ、分からないでしょう。 と、例よりはひき繕ひて書きて、移ろひたる菊に挿したり。 と、いつもよりは注意を払って書いて、色あせた菊に挿し(て手紙を送っ)た。 返り言、「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの、来合ひたりつればなむ。 いと理(ことわり)なりつるは。 返事は、「夜が明けるまで待とうと試みたけれど、急用の召使の者が、来合わせたので。 (あなたのお怒りも)まことにもっともなことである。 げにやげに 冬の夜ならぬ まきの戸も おそくあくるは わびしかりけり」 まことにまことに、(冬の夜はなかなか明けないものであるが、)冬の夜ではない真木の戸も遅く開くのを待つのはつらいことですよ。 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 それにしても、たいそう不思議なほど、(兼家は)何気ないふりをしている。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、 しばらくは、(本来、他の女のもとに通うのを)隠している様子で、「宮中に。 」などと言っているべきなのに、 いとどしう心づきなく思ふことぞ限りなきや。 ますます激しく不愉快に思うことはこの上ないことよ。 lscholar.

次の

百人一首の意味と文法解説(53)嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかにひさしきものとかはしる┃右大将道綱母

蜻蛉日記 現代語訳 嘆きつつ

平安中期の歌人藤原道綱母(みちつなのはは)の書いた回想録的な日記。 道綱母の20歳ごろの954年(天暦8)、時の右大臣藤原師輔(もろすけ)の三男兼家(かねいえ)と結婚してから、974年(天延2)に兼家の通うのが絶えるまでの、20年間の記事をもつ。 上中下の3巻からなり、上巻末尾に「あるかなきかの心地(ここち)するかげろふの日記といふべし」の語があり、書名はこれに由来する。 社会的に確固とした存在ではなく、かげろうのようにはかない身の上の日記だという意味である。 現存するこの作品の伝本は、いずれも江戸時代の写本であるが、そのうちで最古の江戸初期書写の宮内庁書陵部蔵本以下、すべて『蜻蛉日記』の書名をもつ。 古くは藤原定家の日記にも『蜻蛉日記』と記されているけれども、また『遊士日記(かげろうのにっき)』(八雲御抄(やくもみしょう))、『蜻蛉記(かげろうのき)』(本朝書籍目録)とも記されている。 内容は、摂関家(せっかんけ)の御曹司(おんぞうし)の兼家から求婚された道綱母が、大きな期待に心をはずませて結婚し、翌年兼家の次男の道綱を生んだが、兼家の以前からの妻や、次々と新しく現れてくる妻たちのなかにあって、夫の足が遠ざかることによる悲哀や、望んでいたような身の上が実現しない嘆きなどを繰り返すうちに、ついに兼家が通わなくなって、夫婦関係が絶えるまでの結婚生活を記している。 夫の兼家が多くの妻をもち、自分を訪れることが絶えたのを強く非難する記事が多く、当時の貴族社会における一夫多婦制の婚姻制度のもとで、弱者としての妻の立場から夫婦関係を描いたものである。 また一面では、社会生活の場をもたない貴族女性が、身分の高い男性と結婚することで、その社会的地位の向上を求めようとしたが、期待どおりには実現しなかった残念さを書いた、という性格をももっている。 この日記は、平安時代の女流文学が重要なテーマとした女性の立場を書いて先駆的な位置にあり、『源氏物語』もそのテーマを発展させたものということができる。 [増田繁夫] 平安朝の日記文学。 作者は右大将藤原道綱母。 上・中・下3巻より成る。 上巻は954年(天暦8)から968年(安和1)までの15年間,中巻は969年から971年(天禄2)までの3年間,下巻は972年から974年(天延2)までの3年間で,作者の20歳から40歳に至る21年間の藤原兼家との結婚生活の経緯を叙述する。 日次記として書かれたのではなく,おそらく971年に起筆,和歌の詠草や断片的な備忘記にもとづいて上・中巻を書き終えたのち下巻が書き継がれ,後に全体的に加筆されたものらしい。 上巻の冒頭に序文があり,うちひしがれた境涯に沈淪(ちんりん)する一人の女=道綱母が世間に流布する古物語に接すると,ありきたりの〈そらごと〉さえも心を慰めるよすがとなりうるのだから,人並みとはいえぬわが人生を日記として書いたら特異な作品となるに違いないと述べ,さらに高貴の家の妻の生活がいかなるものであるかを知る例にしてほしいとも記して,この日記の著述の動機や主題を提示している。 次いで,まず藤原兼家の熱心な求婚から結婚までの経過が述べられ,翌年男子道綱が生まれるが,そのころ兼家は別の愛人のもとへかよっていたことが記される。 道綱母は以後数年間この愛人のために悩まされ兼家との仲も険悪になる。 一方,結婚直後陸奥守となって赴任した父藤原倫寧(ともやす)との別離や山寺にこもった母との死別なども大きくとりあげられ,その悲嘆を慰める兼家の親切な態度にふれたり,兼家と協力しての章明親王との交誼のこと,病後の兼家を見舞ったこと,初瀬詣のことなど,兼家の妻としての喜びや晴れがましさを味わうあれこれの話もさしはさまれている。 しかし全体としては妻の生活の苦しさ・はかなさへの嘆きが基調となっており,上巻巻末には〈なほものはかなきを思へば,あるかなきかの心地する,かげろふの日記といふべし〉とある。 この日記の名称はこれに由来する。 中巻の3年間は兼家との夫婦仲の最も険悪だった時期であり,その間,左大臣源高明が配流された安和(あんな)の変への異常な関心や唐崎での祓,石山詣などが大きく記されるのだが,やがて作者は兼家の新しい愛人の出現に絶望し鳴滝の般若寺にこもる。 このあたりから諦(あきら)めの境地に入ったらしく,鳴滝から連れ戻されたあと再び初瀬詣をしたことを記す中巻末には,沈静した人生観照・自然観照がみられるようになる。 下巻に入ると兼家の動静をも含めて日常身辺の事件に対してじっくりと眼を注ぐ姿勢が著しくなり,わが子道綱への愛情や兼家が他の女に生ませた娘を養女として引き取る経緯やその養女の縁談が不調に終わる話なども語られる。 以上この日記は上・中・下巻それぞれに色調を異にし,そこに作者の人生の変転が描かれている。 《蜻蛉日記》は女流日記文学の道をひらくものであったが,また同時にこの作品によって物語文学における内面的な人物造型の方法が準備された。 [秋山 虔]• 百科 22• 日本大百科全書 9• 世界大百科事典 12• Encyclopedia of Japan 1• 日本語 1823• デジタル大辞泉 4• 日本国語大辞典 1811• 字通 0• 全文全訳古語辞典 7• 数え方の辞典 0• 日本方言大辞典 1• 歴史 60• 国史大辞典 17• 日本歴史地名大系 40• 日本史年表 3• 古事類苑 0• 江戸名所図会 0• 英語 0• ランダムハウス英和 0• プログレッシブ英和 0• プログレッシブ和英 0• コウビルド英英和 0• CAMBRIDGE英英 0• 理化学英和辞典 0• 医学英和辞典 0• プログレビジネス英語 0• SPED理工系英和 0• ヨーロッパ言語 0• 独和大辞典 0• ポケプロ独和 0• ロベール仏和大辞典 0• ポケプロ仏和 0• ポケプロ西和 0• ポケプロ伊和 0• 羅和辞典 0• ポケプロ和独 0• ポケプロ和仏 0• ポケプロ和西 0• ポケプロ和伊 0• 和羅辞典 0• 東アジア言語 0• ポケプロ中日 0• ポケプロ韓日 0• ポケプロ日中 0• ポケプロ日韓 0• 用語・情報 2• イミダス 2017 1• 現代用語の基礎知識 2017 0• 会社四季報 2017夏 0• 法律用語辞典 0• デジタル大辞泉プラス 1• 図書館情報学用語辞典 0• 人名・文化・宗教 5• 日本人名大辞典 0• 世界文学大事典 1• 日本人物文献目録 4• 日本架空伝承人名事典 0• 能・狂言事典 0• 歌舞伎事典 0• 仏教語大辞典 0• 科学 0• デジタル化学辞典 0• 法則の辞典 0• 記事・コラム 0• 週刊エコノミスト 2016-17 0• 生活便利帳 0• 叢書 198• 東洋文庫 37• 日本古典文学全集 161• 文庫クセジュ 0.

次の