涼宮 ハルヒ の 驚愕。 涼宮ハルヒシリーズ

【悲報】 涼宮ハルヒさん、新刊が出ないまま9年が経過する………

涼宮 ハルヒ の 驚愕

公式サイトには「 Q. 本当に発売されるのですか? A. 2011年5月25日に全国一斉発売します。 」と、また発売が延びるのではないかと感じるファンの心理を読んだかのようなQ&Aも掲載されており、今度こそは本当に出ると信じても大丈夫そうな雰囲気になっています。 これまでの経緯なども含め、詳細は以下から。 「涼宮ハルヒの憂鬱」は谷川流によるライトノベルで、第6回 を受賞した作品です。 2003年6月に1巻「涼宮ハルヒの憂鬱」が刊行されたのち、年2~3冊ペースで続刊が刊行され、2006年4月からはテレビアニメ 石原立也監督、京都アニメーション制作 も放送されました。 このアニメ 第1期 の放送終了からそれほど間のない2006年7月に新聞広告で第2期製作決定の告知が行われました。 2007年4月に第9巻「涼宮ハルヒの分裂」が刊行され、これに続く「涼宮ハルヒの驚愕」は7月ごろに刊行予定だったので、2007年7月に「驚愕」の刊行とともにアニメ第2期も放送開始かと思われましたが、肩透かしを食らうような形で小説刊行もアニメ放送もなく、それどころかこの後、どちらも確定情報が一切出てこない時期が1年続くことになります。 2009年になって、ようやくアニメの放送が行われることが明らかになりましたが、「 」と表記されたことから、第2期なのか再放送なのかはわからないままで、 第1期のテレビ放送時は作中の時系列と放送順が一致しないシャッフル方式で、DVD収録時に時系列収録になった かとも思えるようなスタートを切りました。 アニメは2009年5月に第1期放送時には存在しなかった ことから新作エピソードを挟み込んでの放送であると判明し、ファンを喜ばせましたが、その一方で のようなある種の事件もありました。 一方の原作小説「驚愕」はアニメよりも情報が少なく、新作エピソード放送中にも動きが一切なく、2010年2月になってようやく ことが判明、ザ・スニーカーに されました。 このとき 2010年内発売予定との文言がありましたが、2010年内の発売情報に「驚愕」が出てくることはなく、いよいよ年を越してしまうという直前になって、今回の「 2011年5月25日世界同時発売」が明らかになった……というわけです。 さすがに、もともと2007年7月発売予定だったものが延期して延期してここまで来ただけあって角川書店には問い合わせが数多く寄せられたのか、「 」というQ&Aが公式サイトに掲載されています。 このQ&Aによると、2010年内に発売できなかったのは編集制作作業の状況によるものだったそうです。 また、世界同時発売というのがどの国を指すのかについては確定次第の案内となるようで、商品詳細については2011年1月29日に公開されるとのこと。 2003年に初めて情報が出た実写版「エヴァンゲリオン」が だったりするように、周りから見るともうダメになったかと思われたものでも、実はじわじわと状況が進んでいることもあるのかもしれません。

次の

「涼宮ハルヒの憤慨」の謎・ネタバレ

涼宮 ハルヒ の 驚愕

警告:以下の文章には、いわゆるスポイラーが含まれています。 これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。 が原因で第10巻の発売日が来ないとされているが真相は不明。 この現象はである ですら 驚愕するような事態であり、日本はおろか世界中で人々が不安を感じている。 この超常現象をおこしているのは日本の作家「」であるという説が有力だが、の一同が結託して起こしているとも言われ、意見は分断している。 原因として考えられることは次のことをはじめ様々である。 が書こうとしていたネタをで書かれてしまった怒りにより、時空が歪曲して切り取られた。 谷川流が自己設定についてを起こし、のようなエラーを起こした。 もしくは第9巻最後の長門の病が移ってエラーを起こした。 がハルヒファンを煽るために発売日の前日までのループを作った。 第9巻の発表が引き金となり、第10巻が予定通り出版された世界、延期して出版する世界、永久に出版されない世界にしてしまった。 これまでの度重なる情報操作により時間をつかさどるがこんらん状態になり、時間の流れも変化してしまった。 が拡大し、の力でも抑えきれず、現実世界と入れ替わってしまった。 がいっせいにエラーを起こし、のように世界が再構築されてしまった。 その他……。 現実世界における影響 [ ] 前代未聞の珍事。 時間軸が切り取られた空間がこの世界の広義の部分空間であるためハルヒファン以外への影響は日常レベルではほとんど見られないとされている。 しかし、過度のハルヒファンの中には記憶障害やその他のを訴えたりする者もおり、早急な対策が求められている。 それにもかかわらずこの現象はついに2年もの間放置されることになった。 これによりやに反感を覚える者も増えてきたが、相変わらずハルヒファンの勢いは世界中で広まる一方であり、専門家はこの現象による脳の異常が原因であるとしている。 実際、現象の開始時から100万部以上原作小説が売れている。 また、この事件に関して 涼宮ハルヒがをするという前代未聞の珍事が発生している。 更にはに発生したも驚愕発売延期と何らかの関係があると一部の専門家が唱えているが現在責任者であるは事件に関する一切のコメント及び謝罪も無いため反感はを巻き込んでひたすら肥大化している。 物語世界における影響 [ ] 物語世界での最大の問題点は、 『が倒れたまま2年間も苦しみ続けている』という点である。 これはををはじめとする全国数百万の長門の婿にとっては許せないものである。 しかし、が発生し、ほぼ同じ映像が8週間流された際に氏は、「ループが始めに戻ると記憶や身体的変化がリセットされる」などの内容をコメントしており、個人への身体的影響はないものと思われる。 それでも、長門の苦しみは続いてんだから許せねぇよなあ!! また、現象も収まらず事態は悪化の一途をたどっていた。 解除方法 [ ] この現象を終わらせた原因としては、涼宮ハルヒシリーズの10巻が発売された事が大きい。 また、この現象を利用してシリーズのさらなる知名度の増大を図っていたと言われている。 一言 [ ] 早く驚愕出版して下さい。 お願い しかしついに4月30日発売のザ・スニーカーに先行掲載されるらしい。 2010年上半期の展開 [ ] 全国のハルヒファンのみなさん、大変お待たせいたしました!! ついに4月30日発売のザ・スニーカー6月号にて先行掲載され、同時に 2010年度内の単行本化が発表された。 単行本化されると、この現象は終了するものと思われる。 仮に終了した場合、• 長門が病気状態から完全復活する• 現象が終了する• といったことが発生すると思われる。 その後の展開 [ ] ……しかしながら、その後半年の間音沙汰なし。 更に10月に入って明らかになったスニーカー文庫12月刊行予定には驚愕の存在は無し。 これに関しては「2010年という言葉の解釈を変えることで2011年3月までの期間を2010年へと吸収した」という説もあるが、依然として繰り返されるループに終わりは見えない。 これは驚愕である。 ・・・あれ年内は? その後の展開2 [ ] 2010年12月発売のザ・スニーカー2011年2月号にて発売日が発表された。 2011年5月25日とのこと。 こんどはちゃんとしてくれよ……? この時点で、新たに無限ループが発生することなど知る由もなった。 ついに発売 [ ] 5月25日ついに発売!まあ面白いけど4年も待つ内容出ないよねーと自称ラノベ評論家は言うけど 朝倉復活してたり、九曜とが付き合ってたり、古泉が機関のリーダーだったり、橘が空気だったり、藤原の姉ちゃんがみくるだったり キョンとハルヒは大学生でも一緒にいたり、キョンがハルヒにかけたり、国木田が北高にいる理由は鶴屋さんがいるからだったり、ヤスミが可愛いぐらいだからね! 面白くないかもよ! 関連項目 [ ]•

次の

涼宮ハルヒの驚愕(後) BOOK☆WALKER special edition

涼宮 ハルヒ の 驚愕

涼宮ハルヒの驚愕とは、のの最新刊の総称である。 概要 内容としては前作のに続くである。 前後編で構成されており、分裂も含めると「前中後」の「中」「後」の部分にあたる。 当初は発売予定であったが、となる。 (後述) 後に、発売日が発表され、がに、通常版が同年に発売された。 なお、に付属する特製小冊子「涼宮ハルヒの秘話」には書き下ろしである「Rainy Day」が収録されている。 による版は号(発売号)から編の連載を開始し、号からは、(後)に突入し、号まで連載され、全16話となった。 単行本収録は巻から20巻までとなる。 なお、号と20巻においてに追いついたためか、は第一部となった。 ただし、号にRainy Dayのが掲載され、20巻に収録されている。 内容 涼宮ハルヒの驚愕(前) が休んでいることに気づいたはが住んでいるマンションへ向かい世話をする。 はに心配するなというをのに送る中に休止状態に落入る。 は怒りに任せてマンションをとび出すとそこには…。 とても気になるが、やは、「ミ」は者でもでもでも人でもいと言う。 その後その「ミ」は入団初日に退してしまう…。 Rainy Day が3年だったころの話。 塾に向かうために、の自宅からをに乗せて走るが、が降ってきて…。 版においては第20巻に収録され、においてはとして号に掲載された。 により化されていない、もツガノとして描かれている。 新キャラクター• (わたはし やすみ) 発売延期 当初に発売予定だったが数回のの後に発売となる。 この際、全の書店にての自らが「ごめんネ!」と・謝罪を行っているが配布された。 その後、の謝罪がザ・スニーにて、『がとさん以外のができず、に動きだしてしまう』などというと合わせて掲載され、その後もう一度謝罪が掲載されるものの、、はの発売やなどのが何もく延期が続き、ついにをもって発売予定から丸2年が経過してしまった。 なお、1巻のあとがきやのに際してのにて、『色々待たせて』とのを出している。 延期の理由に付いては• ・・失踪などなんらかの書けない理由が生じた。 又はやの枯渇など、自身の問題• との間でが起きた• による陰謀(延期にしておいたほうがになるのでわざと出さないなど) など色々な説があるが、相は定かではない。 但しはの期間中に( )を書いているためも説である可性はない。 等も、からすると可性は低い。 なお、だけではなく、方面でも、やの見たセも刊行が止まっているため、の可性が高いと思われる。 時は、による版がで、第8巻『』収録の『』を消化し第7巻の『』まで進んでいる為、最悪の場合がに追いついてしまう可性もありえる。 (ただし最近ののでかつをはさまなくても、に入るのは最速でごろになると思われていた) また、新作の放送をなかなかやらなかったのは、が延期になっているからではないか?と言われることもある。 ・・・と色々あったのだが ついに発売の「ザ・スニー 号」において本作品の一部が先行掲載されると発表された。 実に約3年近くの沈黙を破っての朗報に喜ぶも多い一方、「また延期になるじゃないのか?」「掲載されたとしても、肝心の文庫版はいつ発売になるのか?」「先行掲載分だけで、また3年待たされるんじゃないだろうか?」、など、今までの経緯が経緯だけに、冷静な反応も少なくない。 事先行掲載は掲載されると同時に単行本は 内発売と発表された。 末発売のザ・スニーでは率とのこと。 しかし季節は変わりの、新しいは一切し 最終的には、号の発売予定には掲載されていなかった。 また、どさくさに紛れてが 度内発売予定に修正している。 本当になのか?さん そして、ようやく『ザ・スニー(号)』に発売日が発表された。 『涼宮ハルヒの驚愕 (前)(後)』が2冊同時で発売予定と発表された。 え、前後編?聞いてないぞ? ちなみに発表された詳細は以下の通り• 総数は前後編合わせて0近く• はと編集作業段階• 掲載されたのは前編の (、のはどうすんだよ)• 詳細はにや書店店頭などで発表される予定• 13ヶでされ同時発売 また、その後判明した詳細は以下の通り• に発売されるのは、2冊で特製小冊子「涼宮ハルヒの秘話」が付いた• 1冊ずつの発売となる通常版はに発売予定 後に特製小冊子「涼宮ハルヒの秘話」の内容が判明された。 全、である。 による書き下ろし「Rainy Day」• の描きおろし• 、の描きおろし• 初代担当の秘話 また、のにより、後編の表がであることが確定した。 () の約01では、「、本当に出るわよ!」と書かれており、( の約は信用できな) また、製本まで了しているようで、後は発売を待つのみである。 そして、の期待と不安を背に、ついに発売したのであった・・・ なお、後編あとがきにおいては「特に理由はありません。 本当にないので困りものです。 なんだか、意味もなく何もできなくなってしまったとしか言いようがなく、正直一般生活にも支障が出るくらいでした」と 言い訳理由を述べている。 関連商品 初回限定版 発売 通常版 発売 外国語版 発売 コミック版 関連コミュニティ 関連項目・リンク•

次の