オレカバトルロキ。 オレカバトル:時の章 ロキとドラウプニル オレカ界におけるトリックスター

オレカバトル:時の章 ロキとドラウプニル オレカ界におけるトリックスター

オレカバトルロキ

『時の章』より ロキ、ボス島へ 時空を捻じ曲げることでおなじみ月に1回のボス島イベント。 今回はバグとして先行体験可能となっていた「フェイクスター」を覚えたロキが登場となった。 作成難易度の高さで入手が難しかったロキだが、同時にや数々のボスへの対抗手段になりうる程ある種の狂気的な強さを持っていた。 なので個人的には今月のボス島「ロキ」1発ゲットはこれまでの中でもかなりアツめになっていると感じている。 通常入手に沢山の100円玉が必要なロキが1発でゲットできるのでまだ持ってないなら速攻でゲットするのがオススメだよ。 ロキ らがロキのイラストチェンジ版。 LV10レアアイテム「ドラウ」と合体することでイラストチェンジが可能だ。 今回のイラストチェンジは二面性を持つロキの 「狂気の側面」を前面にプッシュするようなイラストに。 また、新技フェイクスターだが効果は• 自軍に空き枠がある場合に発動可能• 分身登場は発動直後 ターン待ちなし• 増えたロキのコマンドは自身のカード同様のリールで1リール目からスタート• 分身可能ターンは未確認・1ターン経過後も消えることはなかった• 発動したフェイクスターは反射壁と違いミスにならなかった といった内容。 バグ登場の際から変更は無いように見える。 相当に強い技だ。 ドラウ、やに対する雑な説明 今回登場となったアイテム「ドラウ」。 ロキがこのドラウをゲットした際に、実はやというのオレカモンスター・やルの武器もゲットしていたんですって! この一件を雑に説明させていただくならば ロキ、ルの奥さん 美人 の髪の毛を勝手に なんとなく切る。 しかも軽いイメチェン程度のショートカットに~とかではなく 全部刈り取る。 しかも闇討ち。 ロックな奴だぜ。 理由は特にない。 たぶんその瞬間は そうしたら面白いと思ったからであり、その後のことなどは特に考えていないのだろう。 これがロキがたる所以だと思う。 ル、マジギレ。 ロキを本気で殺そうとする。 その際のルの発言が 「体中の骨、全部へし折られてぇのか!? 」 です、どうぞお納めください。 *一部語弊がございます。 ロキはさすがにちょっとやりすぎちゃったとマジでビビリ、この切ってしまった髪を「生やす!生やすから!」となんでも作れるの元へ。 ロキはの元に行き結果として「毛髪として再生するカツラ」みたいな物を手に入れることができた。 さらにそのオマケとして幾つかのアイテムも手に入れる。 *を読んでいるとロキはやたらと=小人と仲が良い。 ロキの出自=が、神ではない種族との交友関係の広さに関係するのかも。 ここで作られたのが• 前述ののメインの武器となる狙ったものへと飛んでいき必ず当たる槍。 しかも勝手に帰ってくるオートリバース仕様。 金のカツラ ルの奥さんの為の生えるカツラ• その他 他にもハンカチサイズに折りたためる魔法の船をゲットしている。 しかし、髪の毛を再生させるという高難易度の無理ゲーが簡単に解決し、数々の宝物が想像以上に簡単に手に入ったことに 「つまらないなぁ」と感じてしまうロキ。 *ロキのイタズラが原因で作られた物のまとめ ここで作られたのが• ルの武器となる、持ち手が長い戦槌 = 状ではなく持ち手が短い ただのハンマーの形 のはロキが作っている途中にイタズラをしたからという話もあるみたい。 ドラウの腕輪 *指輪となっていることもあるようです。 ロキ新技「フェイクスター」を覚える為のアイテム。 この腕輪は金で出来ていて「9夜毎に8個に増える」という無限増殖アイテム。 その後に献上されている。 その他 金で出来たイノシシも手に入っていて、魔法の船と共にこれらはフレイ よくゲーム等に登場するのお兄さん に渡っている。 この頃の乗り物の最大の魅力が「速さ」のようで、乗り物をプレゼンするときに昨今重要視されている安全性等は皆無であり、とにかく速さに重点を置いているてらいがある。 当然ながら両方共めちゃくちゃ早いらしい。 また、のアイテムの数々の素材にやたら金がプッシュされており、ルの奥さんのカツラも金で出来ていたりする。 「楽しそうなのでルの奥さんの髪の毛を切ってみる、全部」 というあまりにも無軌道でなロキのイタズラは、 紆余曲折を経てやルがその後武勇を上げていく上で必要不可欠であろうやを生むという大きな結果・副産物を生む。 このロキのたるイタズラは、今回のように結末が創造へ向くこともあれば、あるいはとんでもなく破滅的な方向へと転ぶこともある。 結果として達神々の住むは同じようなロキのイタズラによって終焉=へと向かった。 日本人受けの良い? その破天荒さが比較的内向的な日本人の暴走願望を満たすようで、日本において各逸話のは人気を得る傾向にあるらしい。 (もちろん世界的に見ても人気なのだけど エジプト神話には「セト」という破天荒な神様がいてオレカにも登場する太陽神「ラー」を脅したりとかなりのぶりだがやたらと人気だったりする。 このを調べてた所、歴史的にへと分類されるキャラクターがオレカにも割りといたりした。 ソンゴクウ や、とエンターテイメント性の高い中国の奇書のなかでも最もの高い。 数ある動物モチーフのキャラクターの中でも日本において群を抜いて人気なキャラクター「ソンゴクウ」もまたに分類されるのだそうで。 狡猾で暴れん坊だが、どこか間抜けでそれでいて憎めない存在。 ただの猿であったソンゴクウが紆余曲折を経て仙界 神様の世界と人間界の間的な場所 へと招かれるもそこで無軌道に悪行を重ね結果として人間界へ落とされ、封印される。 ここから、・との旅が始まるのだ。 ソンゴクウが人間界へと落とされるまでの悪行をまとめたブログはら• スサノヲ ゴセンゾサマー!ことスサノヲ=は日本神話を代表する。 姉アマテラスの家でうんこを投げ散らかす等あまりにも無軌道、ゴリラかよと心配になるほどの破天荒具合、というかもはやゴリラ。 アマテラス= のお姉ちゃん を連れ戻す為にオレカにも登場するアメノウズメが「EX技・岩戸開き」を踊ったのも、元はと言えば姉アマテラスが弟の素行の悪さにブチ切れて洞窟の中に閉じこもったため。 *以前こうして並んで書いた2人だが遠からずな因果がある。 その後地上へと堕とされたはしかしながら、その後の行いなども含め古くから信仰の対象となり日本においてかなり人気のある神様の一人でもある。 のその後の活躍のブログはら。 そうじて神話・逸話の人物は頭のネジが200本くらい緩んでいて30本ぐらいは何処かに飛んでいってしまっているレベルのファンキーな人々なのでやっぱり面白い。 これらのバックボーンを参考程度にオレカをしているとわりと面白い発見がある気がします。 おわり。 今回のブログのソースがら。 とても読みやすくてオススメ。

次の

オレカバトル

オレカバトルロキ

お金をあまりかけたく無いのなら「死の剣士キドリ」は良いと思いますよ、初期コマンドは移動が1~3に2つずつあるし、最終コマンドに必殺の一撃4つもあるし、「こうげき」が無いので無駄に相手のゲージもためることもないし・・・・・・、初期コマンドは強いのでお金をあまりかけたく無いのならおすすめです。 でも体力とキャパシティは少ないので、本気でコマンドを育成しようとするのはおすすめできません・・・・・・。 育成したいのなら「アーサー」がおすすめです!覚える技数が少ないので移動が簡単に入ります! 最終形態の「黄金の騎士アーサー」は攻撃力もかなり高いので強いです! ただ作成難易度はかなり高いです・・・・・・。 説明下手ですんません 私としては、「ユーグ」君がおすすめですね。 入手方法も簡単ですしクラスチェンジなので簡単に進化可能なうえ、回復&蘇生&こうげき&EXでは石化解除もできます。 HPもそれなりに高いですし、攻撃力は最大で確か52のはず何でアレですが闇のコロシアムで聖堂騎士長と戦うと入手できる「聖堂騎士長の書」を持たせると覚えられる技「ヘブンズソード」では通常140~150のダメージでアンデッドには190程度のダメージを与えられます。 また、「かいふくのいのり」は50しか回復しませんがまぁ、戦士では珍しいですねぇ。 さらに、「蘇生」はHP1の状態で蘇生何で要注意。 特に全体攻撃。 まぁ、こんな感じですかね。 もう一体、おすすめなのが「聖帝エーリュシオン」{様}です。 作り方も簡単で光王エーリュシオン{様}LV10+ラダマンティスです。 光王{様}をLV10にするのがネックですが、スライムもあるし光王{様}も強いですしラダマンティスも強いですね。 そして、肝心の聖帝様ですが覚える技の殆どが全体攻撃ですし、ネックもありますが育成がとても簡単です。 2リールにも「なげいている」が入っているのでミスいれもしなくてよいのがとてもいいですね。 {コマセンではなくても埋まる気が・・・}最後に、EXが最強的に強いです。 多分、4回攻撃なのはオレカ界を表しているのでしょう。 と、こんな感じでお二人様とも非常に強いです。 是非是非。 僕としては、ダイダラボッチ、『加護』持ちモンスター、ダイヤのチームがいいですね。 ダイダラボッチの『タタカウ』は、自身がダメージを喰らう程強くなる技で、最初は180程度でも加護で耐えれば、最終的には400を超える凄い技です。 ダイダラボッチは2500gの「こまくさの押し花」でかんたんに手に入ります。 体力もものすごく高く、コラボレーションが素敵です。 加護役は、天界竜バハムートの『天の福音』や、ルートドラゴンの『パワー・オブ・フォレスト』等の高めの方が良いです。 ダイヤは、『光剣クラウソラス』 EX後 の高い回復力でダイダラボッチのサポートをしたり、『エイトアローのネイル』で敵のEXを誘発させるといいです。 このチームのコンボは非常に強力で、僕としてはお気に入りです。

次の

ロキとは (ロキとは) [単語記事]

オレカバトルロキ

「ヘイムダル、そのキラキラしたものは何だ?」 トールの声はよく響く。 さすがは雷の神……と言いたいところだが、ヘイムダルにとってそれは、迷惑以外の何者でもなかった。 案の定、オーディンがこちらを振り向く。 「……ただのお守りだ」 トールはヘイムダルの手に乗ったものをしげしげと眺め、手に取り、まるで新しい玩具を貰った子供のようにいじくりまわしていたが、やがてぽいと飽きたように放り投げた。 宙を舞ったそれは、あやまたずヘイムダルの手の中に戻る。 「んー、俺には美術品の善し悪しはよく分からんが……。 綺麗だな」 それは、一つのメダルだった。 表面には精緻な模様が彫りこまれており、それは文字のようでもあり、また何かの絵のようでもある。 ヘイムダルは自分の手の中を見つめ、小さく息を吐いた。 だが、あれの本性は人ですらない。 もっと醜いもの、汚らわしいものだ」 吐き捨てるように、オーディンは「ロキ」と口に出した。 ヘイムダルにとって、オーディンは最も尊敬すべき、命の恩人であった。 オーディンのために盾となり、剣となることを、心の底から望んでいた。 それは、今も変わらない。 だが、その剣で貫くものが、よもや「あの」ロキであろうとは、ヘイムダルも思っていなかった。 [newpage] ロキは悪ふざけが好きで、辟易させられることも多かったが、その瞳の奥に宿るひんやりとした、どこか達観したような諦めの表情を、ヘイムダルはたびたび垣間見ていた。 けれど他の誰も、ロキのそんな姿を見たことがないという。 みなは決まって、「あいつはイカレてる。 軽くていつもへらへらしていて、意味のない嘘ばかりつく。 そんなまともな感情、持ちえるわけがない」と言うのだ。 ヘイムダルは思う。 それは本当に「意味のない」嘘なのか、と。 オーディンがそんなヘイムダルの心のうちを見透かしたような目でこちらを見ているのに気づき、ヘイムダルは慌てていいずまいを正した。 「ヘイムダルよ。 早かれ遅かれ、必ず我らを滅ぼそうとする。 我らの敵、ひいては世界の敵よ」 「世界の敵……ですか」 何に反応したのか、体にまとわりついているギャラルホルンが、わずかに振動し始めた。 「しかも、あやつを殺せるのはお前だけなのだ。 『終末を告げる者』ヘイムダル。 お前とロキとは、見えない死の糸でつながっているのだから」 ぞくり、と背中が粟立った。 それは、自分に課せられた使命の重さへのプレッシャーであり、信頼されているという喜びであり、そして、自分の中で何かが繋がった、感覚。 そうなのだ。 「神命、謹んでお受けいたします。 必ずやこのヘイムダル、オーディン様の剣となりて、オーディン様に仇なすものを討ってみせましょう」 [newpage] オーディンは黙っていた。 目が爛々と輝いている。 振り返ったヘイムダルは、驚いて息が止まりそうになった。 ロキが、いたのだ。 手に持ったメダルをもてあそんでいる。 こちらに気づいているのかいないのか、楽しげな足取りでふらふらと歩いている。 「トール!」 北欧神話最高神の声が朗々と響きわたるや否や、まばゆく光る雷がロキを直撃した。 「……っ!」 だが、ロキは無傷だった。 目を閉じたままその場から一歩も動いていないのに、服の端すら焦げていない。 続けざまに二度、三度と雷が轟くが、ロキは動く気配も見せなかった。 「ふん、この程度で倒せるとはハナから思ってはおらぬわ!雷槌ミョルニル!」 いつの間にやら現れたトールが、雷の槌を構えてロキに突っ込んでいく。 見ているヘイムダルにさえ、その威力がすさまじいことが分かる。 [newpage] ロキが、閉じていた左の目をぱちりと開いた。 その瞬間、トールの体がはるか後方に吹き飛ばされた。 まるで、見えない巨人に殴られたように。 ロキはそれを悲しそうに見て、口を開いた。 「どうだい、キミ自身の馬鹿力で吹っ飛ばされた気分は。 キミが小さい頃から、僕は君を見てたんだ。 その槌をまともに喰らうほど愚かじゃない」 オーディンが、ヘイムダルを守るように一歩前に出る。 「『神々と人間の恥辱』よ。 それ以上我らに近づくな。 ヘイムダルを殺させはせんぞ」 思わず、ヘイムダルは体を強ばらせる。 「僕が?ヘム君を?」 ロキの声には、驚きと、戸惑いと、不安が混在していた。 不安?ロキが、不安を感じている? 「騙されるな、ヘイムダル。 あれも演技だ。 口元が笑っているのがわかるか?目を覚ませ。 お前は優しすぎる。 その優しさは、いつか命取りになるぞ」 [newpage] しばらくの間、異様なほどの沈黙が落ちた。 突然、ロキが声を上げて笑い出す。 「あははっ、オーディン!何も知らないヘム君に、おかしなことを吹き込むのはやめてくれるかな。 キミは変な勘繰りが過ぎる」 とん、とロキは地を蹴る。 その瞬間、ロキはオーディンの目の前に肉迫していた。 吐息が重なり合うほどに近くまで。 「『僕を殺せる最強の切り札』?あんまり僕をなめないでくれるかな」 「去ね!この汚らわしい獣めが!」 ロキは喉を鳴らした。 それが笑っているのだと気づいたのは、少し経ってから。 「とりあえずは、獣に失礼だから謝ったほうがいいと思うね。 やれやれ、僕は生まれた地に帰ることすら許されないのか。 じゃあね、ヘム君、オーディン。 トール、吹っ飛ばしたりしてごめんね。 [newpage] もうそこにロキはいないはずなのに、ひんやりとした風がオーディンとヘイムダルの頬を撫でた。 きらりと光る何かを見つけ、ヘイムダルはそっとそれに近づく。 落ちていたのは鈍く光るメダルと、 一粒の、涙だった。

次の