日本 メジ フィジックス 株式 会社。 株式会社NOBORI、日本メジフィジックス株式会社と業務提携 投稿日時: 2019/04/10 13:00[適時開示]

医薬品部門

日本 メジ フィジックス 株式 会社

会社概要 会社特徴 【専門性の高い特殊な分野でシェアNo. 以来、この専門性の高い放射性診断薬マーケットをリードし、この領域については、医療現場側から相談される存在です。 また、放射性医薬品はガン、脳卒中、心疾患という三大疾患の診断薬として実績を重ねてきました。 近年、罹患者が増加しているアルツハイマー型認知症の診断に用いる新薬の製造販売承認も取得し、高齢化の進む日本において適切な医療を行う一助となるよう、研究開発を行っております。 今後は、Theranostics 治療薬に使用できる分子を診断にも使用する医療)という新しい核医学の概念を基に、新たな事業へのチャレンジが進行中です。 国内で最初に放射性医薬品事業に着手しており、全国に製品を届けることができるインフラ設備が整っております。 そのインフラを活用し、2016年にはイメージング治験薬の受託を開始。 自社以外の製薬メーカーの治験薬の開発にも貢献しております。 ご登録いただいた内容をもとに、業界専任のキャリアアドバイザーが、求人状況についてお調べいたします• 同社にて微生物を用いた物質生産技術開発の補助業務をお任せいたします。 nagase. 研究本部 研究管理部 治験薬品質保証室にて、 治験薬製造センター(CTMC)および細胞プロセシングセンター(CPC)で 治験薬製造を行う際の治験薬GMPに基づいた品質保証業務をお任せします。 【募集背景:増員】:CTMCの増設、CPCの継続稼働等に対応するとともに、これまで以上にグローバル開発が推進される状況となり、グローバルへ治験薬を提供する機会の増加を見込んで海外対応力を強化するための募集です。 【当該ポジションの魅力】 開発段階のQAは、PMDAやFDA、EMAそれぞれの当局や開発フェーズの 違い(early,Late)で微妙な目線の違いを既成観念に捕らわれず、くみ取り柔軟に対処していかなければなりません。 難しいポイントですが、その開発品の品質について一番に切り開いていくミッション性の高い仕事です。 また、コマーシャル品のQAではなく、開発品のQAだからこそタンパク製剤、細胞製剤、将来的にはAAV等多様な品目のQAを経験することが可能です。 決まったことを手順通りに完遂ではなく、課題の本質を探り柔軟に対応しなければならないからこそ、成長機会も多くございます。 取り扱い製品である放射性医薬品の半減期が非常に短く、作り置きが出来ないため 【キャリアパス】 工場管理、他部署への異動、管理職など幅広いキャリアパスを用意しております。 医薬品/医療機器製造工程、製品試験に関しての製品品質保証業務をお任せします。 医薬品原薬の理化学分析試験、品質管理試験をお任せします。 【取扱い品目】医薬品原薬、医薬中間体、一般化成品 【ポジション】スタッフレベルを想定しておりますが、ご経験によってはリーダー的な立場などもお任せする可能性はございます。 【具体的には】 ・QMS省令、ISO13485に基づいたQMSの維持、改善 ・各プロセスの有効性確認 ・CAPAの推進 ・サプライヤーの品質管理 ・内部監査、外部監査の実施 ・業許可の申請、更新、変更管理 関連するカテゴリから求人を探す.

次の

新卒者採用情報|日本メジフィジックス株式会社

日本 メジ フィジックス 株式 会社

新規参入者を市場から排除した疑いで公正取引委員会の立ち入り検査を受けた医薬品製造販売「日本メジフィジックス」(東京・江東)が、問題を自主改善する「確約手続き」に基づく改善計画を公取委に提出していたことが3日、関係者への取材で分かった。 公取委は近く計画を認め、行政処分を見送るもようだ。 同手続きの申請は2例目とみられる。 日本メジフィジックスは「調査が続いておりコメントは差し控えたい」としている。 関係者によると、日本メジフィジックスはがんを発見する陽電子放射断層撮影(PET)検査で使う特殊な薬剤を巡り、新規参入者を市場から排除し、競争を制限した疑いが持たれている。 公取委は2018年6月、独占禁止法違反(私的独占)容疑で関係先を立ち入り検査していた。 確約手続きは調査対象の事業者が自主的な改善計画をまとめ、公取委が十分な取り組みだと認めた場合に排除措置命令などの行政処分を見送る。 環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の協定「TPP11」の発効に伴い18年12月に導入された。 調査期間を短縮し、効率的に事件を処理する狙いがある。 悪質性が高い談合・カルテルは対象外となっている。

次の

会社概要

日本 メジ フィジックス 株式 会社

会社概要 会社特徴 【専門性の高い特殊な分野でシェアNo. 以来、この専門性の高い放射性診断薬マーケットをリードし、この領域については、医療現場側から相談される存在です。 また、放射性医薬品はガン、脳卒中、心疾患という三大疾患の診断薬として実績を重ねてきました。 近年、罹患者が増加しているアルツハイマー型認知症の診断に用いる新薬の製造販売承認も取得し、高齢化の進む日本において適切な医療を行う一助となるよう、研究開発を行っております。 今後は、Theranostics 治療薬に使用できる分子を診断にも使用する医療)という新しい核医学の概念を基に、新たな事業へのチャレンジが進行中です。 国内で最初に放射性医薬品事業に着手しており、全国に製品を届けることができるインフラ設備が整っております。 そのインフラを活用し、2016年にはイメージング治験薬の受託を開始。 自社以外の製薬メーカーの治験薬の開発にも貢献しております。 ご登録いただいた内容をもとに、業界専任のキャリアアドバイザーが、求人状況についてお調べいたします• 同社にて微生物を用いた物質生産技術開発の補助業務をお任せいたします。 nagase. 研究本部 研究管理部 治験薬品質保証室にて、 治験薬製造センター(CTMC)および細胞プロセシングセンター(CPC)で 治験薬製造を行う際の治験薬GMPに基づいた品質保証業務をお任せします。 【募集背景:増員】:CTMCの増設、CPCの継続稼働等に対応するとともに、これまで以上にグローバル開発が推進される状況となり、グローバルへ治験薬を提供する機会の増加を見込んで海外対応力を強化するための募集です。 【当該ポジションの魅力】 開発段階のQAは、PMDAやFDA、EMAそれぞれの当局や開発フェーズの 違い(early,Late)で微妙な目線の違いを既成観念に捕らわれず、くみ取り柔軟に対処していかなければなりません。 難しいポイントですが、その開発品の品質について一番に切り開いていくミッション性の高い仕事です。 また、コマーシャル品のQAではなく、開発品のQAだからこそタンパク製剤、細胞製剤、将来的にはAAV等多様な品目のQAを経験することが可能です。 決まったことを手順通りに完遂ではなく、課題の本質を探り柔軟に対応しなければならないからこそ、成長機会も多くございます。 取り扱い製品である放射性医薬品の半減期が非常に短く、作り置きが出来ないため 【キャリアパス】 工場管理、他部署への異動、管理職など幅広いキャリアパスを用意しております。 医薬品/医療機器製造工程、製品試験に関しての製品品質保証業務をお任せします。 医薬品原薬の理化学分析試験、品質管理試験をお任せします。 【取扱い品目】医薬品原薬、医薬中間体、一般化成品 【ポジション】スタッフレベルを想定しておりますが、ご経験によってはリーダー的な立場などもお任せする可能性はございます。 【具体的には】 ・QMS省令、ISO13485に基づいたQMSの維持、改善 ・各プロセスの有効性確認 ・CAPAの推進 ・サプライヤーの品質管理 ・内部監査、外部監査の実施 ・業許可の申請、更新、変更管理 関連するカテゴリから求人を探す.

次の