弱い 類語。 盤石(ばんじゃく)の意味と言葉の由来 類語と対義語 例文を解説

盤石(ばんじゃく)の意味と言葉の由来 類語と対義語 例文を解説

弱い 類語

「弱い犬ほどよく吠える」とは? 「弱い犬ほどよく吠える」の類語や言い換え• 「弱い犬ほどよく吠える」の反対語や反対のことわざ• 「弱い犬ほどよく吠える」の使い方や例文• 「弱い犬ほどよく吠える」の具体例• 「弱い犬ほどよく吠える」の心理• まとめ 1. 「弱い犬ほどよく吠える」とは? 「弱い犬ほどよく吠える」とは、弱くて小さい、力がない犬ほど周囲や相手に向かってキャンキャンとよく吠えることから、能力や実力がない人ほど威張ったり偉そうにする事や、高圧的な態度を取る事を比喩した言葉になります。 あまりいい意味ではなく、もし誰かに「弱い犬ほどよく吠える」と言われてしまったら、かなり恥ずかしいかもしれません。 実力がある人や本当に能力がある人は偉そうにしたり、力をひけらかす事などはない事からも、自分に自信がない人は本来見せるべき実力とは違う形でしか自己アピールができないといった事を表しています。 またキャンキャンと威嚇をする事で、精神的に負けてしまいそうな自分を保っているのかもしれません。 自信があり、本当に力がある人は無駄なアピールや行動をする事はありません。 自ら動かなくても素晴らしければ、周りが勝手に評価をしてくれますし認めてくれるからです。 また本人は認めて欲しいから、評価して欲しいからしている訳ではないので、逆にそんな事を望んでもいません。 キャンキャン吠える人の事をライバルどころか煩いとは思っても、相手にしない場合が多いようです。 5-1. ヤンキーの具体例 ヤンキーになる人は目立ちたがり屋や寂しがりや、自己表現が分からないなど様々な理由がありますが、権力に憧れ、反発心を抱えているという裏腹な心理を持っている場合もあります。 まず目立ちたい人は、今のままでは誰も見てくれないと思っているからで、だからといってスポーツがズバ抜けている訳でも勉強ができるわけでもありません。 また頑張る意志も発想もないのでグレてヤンキーになり周囲を威嚇しては自分を凄いように見せかけるのです。 時々物凄く賢くて勉強ができるヤンキーがいますが、そのタイプは家庭環境に問題があったり、何らかの闇を抱えていて孤独を感じている場合もあります。 そして一番ヤンキーらしいのが、権力に憧れ、反発心を抱えているという心理ですが、自己表現がヤンキーという手段しかないと思ったのかもしれません。 権力に憧れるがため、今できる精一杯の悪さをしたり威張ったり意気がってみるわけですが、冷静な人から見れば滑稽です。 また権力を敵視している事も現状から自由にならない自分や、親や学校、学則や社会のルールなどに対する精一杯の"吠え"としてヤンキーになるのでしょう。 ヤンキーになる人は、人一倍権力や誰かが作ったルールを嫌うところがあります。 誰かの言いなりになるくらいなら、せめてその小さい世界の中だけでも思いっきり吠えてやると思っているのかもしれません。 5-3. モンスター上司の具体例 現在はパワハラやモラハラ、セクハラが問題視されているので、なかなかパンチの効いた上司が野放しにされる事は少ないかもしれませんが、それでもやはり「弱い犬ほどよく吠える」タイプの上司はどこの会社にもいるのではないでしょうか。 自分より立場の弱い部下や、付き合ってもメリットがないと思う相手に対しては怒鳴り散らしたり、いつまでもねちねちと文句を言ったり、無視をするなどの行為をするくせに、自分より立場が上の人やメリットがある相手にはヘコヘコ・ぺこぺこする典型的な人は、案外頼られたり褒められると嬉しくて機嫌が良くなる場合があります。 ではなぜそうなるかというと、要は自分に自信がなく威張り散らさないと精神が保てないのです。 自分に実力がない事を分かっていて馬鹿にされているんじゃないかなと思っているので、本来の能力ではなく立場や権力で抑えつけようとするのです。 ですから実はこのようなタイプの上司は周りに吠えているようで自分の立場を保つのに必死な自分に吠えているのかもしれません。 ですが限度があるので場合によって対処を考える必要があります。 6-1. 劣等感の塊 「弱い犬ほどよく吠える」という言葉の意味そのものですが、劣等感が強い人ほど、馬鹿にされたくない、負けたくないとよく吠えます。 ある実験でライオンと数種類の犬を柵を隔てて対峙させるものがあり、どんな犬がライオンに対しひるまず吠えたかというと、大型犬であるラブラドールやドーベルマンは後ずさりをしたり、尻尾が完全にお腹に入ってしまったのに、小型犬であるポメラニアンやトイプードルは、物怖じする事なくライオンに近づいて、キャンキャンと吠えて威嚇しました。 これは動物であり命がかかっている分 犬の意識の中で 大変興味深い実験だと思いますし、この小さい犬達が勇敢な事は確かです。 本能として自分よりライオンが強い事を知っているからこそ、精一杯の抵抗をして「自分はただじゃやられない」という意思表示をしたわけです。 自分に力がないことを知っているからこそ、その劣等感を克服したいという向上心が生まれ成長へと繋がることもあるので吠える相手を間違わなければ、むしろ自分の弱さを知り成長できるキッカケになるかもしれません。 6-2. 自信がないから 自分に自信がないと、なるべく目立たないように消極的になる人もいれば、逆にそれを隠そうとして周りに威嚇したり恐怖心を与える人もいます。 よく街中で見るからに柄の悪い人が外股で脇を大きく開けて肩を揺らすように歩くのを見かけますが、あの行為は自分を大きく見せたいという心理からくる行為なので、普通に歩いては自分は負けてしまうと無意識に思っているという事になります。 また自分の悪事をペラペラ話しては威張る行為もそのような心理からきているといえます。 ですから怖がったり、持ち上げるとその気になって喜ぶ事が多いでしょう。 弱い犬は自分でアピールをしたり、武勇伝や自慢を自らするしか周囲に自分の魅力を伝える方法がありません。 誰も伝えてはくれませんし認めてくれていないからです。 そしてそうやって吠える行為は更に周囲に冷ややかな目や感情を持たせる事になるのですが、本人は気付いていない場合が多いでしょう。 6-3. 承認欲求が強い 自分を認めてくれないと感じている人は自己肯定感が低い人が多いのも特徴です。 自分自身で自分のことは認められなくても、他人には認めて欲しいと思っています。 それは幼少期に過ごした環境に関係があるかもしれません。 例えばテストやスポーツなどを一生懸命頑張ったにも関わらず全く親が褒めてくれなかったり、傍にいて欲しい時にいつもいてくれなかったりなどの経験を重ねてしまうと、人は愛情に飢えていつしかそれが当たり前になってしまいます。 本人に何の落ち度もなく責任などないのですが、しっかり自分の存在や価値、アピールの仕方などを教えてもらえなかった為に感情のコントロールが難しい人に成長してしまったのかもしれません。 ですから無駄に吠えては威嚇をし、構ってもらうよう注目を浴びれるように努力をするのです。 方法が分かっていないから吠えるわけですが、無駄吠えをしない人にはただうるさく面倒臭いと思われ、更に距離が広がってしまう可能性もあります。 6-4. 自己顕示欲が強い 誰にでも自己顕示欲はありますし、多少の顕示欲は必ず必要です。 自分の成長に繋がったり、自信に繋がる事もありるからです。 ですがやはりそれもバランス良く出さないと周囲からは嫌われ疎まれてしまうでしょう。 顕示欲を満たすために威張ったり怒鳴り散らす行為は、自己満足なだけなのですが、不思議な事に自己顕示欲の強い人はそこでカイロが止まっています。 通常であれば威張ったり怒鳴り散らす行為が誰からも嫌がられ、引かれる行為とわかるので周りから人が離れていくことがわかりそうなものですが、発想力や想像力が欠如しているのか、そこにまで頭が回りません。 ですから「何のためにしているんだろう」と周りが思う事もよくあります。 自分の存在を社会の中に知らしめたいがために吠えるわけなので、そこに自尊心や羞恥心などはなく、ただただ自分が満足し存在を知らしめるためにわざわざ本来の能力を高めるという方法ではない方法でアピールするのです。 6-5. 自分の思い通りにに物事を動かしたい 吠える人は、自分には能力や実力がない事が分かっているのでそこでは戦えません。 ですが、どうしても注目を浴びたり力が欲しいと思った時にキャンキャン吠えるわけです。 同じような立場の人ならまだしも、立場が弱い人や目下の人にとっては、逆らう事が出来ませんし、一応上下関係を守らなければいけません。 そこを利用して意味かわからない威嚇や幅を利かせて自分の思い通りに人を動かしたり、物事を運ばせようとします。 周りは立場的にもですが、やはり面倒は避けたいですしなるべくさっさとその場を立ち去りたいので従うようになります。 能力がなくても自分は力で人を動かせたり、物事に影響をあたえられる人間なのだと自己満足ができるため、このタイプの人はいつまでも中身が構築する事はなく、むしろ周りから置いてけぼりを食らう事が多いです。 6-6. とにかく舐められたくない 大人になっても舐められたくないという意識が物凄く強い人もいますし、いい歳をして人の一部しか見ず、馬鹿にしたり舐めたりする人も実際に沢山存在します。 だいたい、舐める・舐められないなど行為自体が稚拙で意味のないものなのですが、まだ舐められないように努力することはおかしな事ではありません。 ですがこの、吠えるタイプの人はいちいちムキになったりヒステリックを起こしては相手を萎縮させてしまいます。 また酷く引かれてしまうでしょう。 いい大人にいちいちムキになられると、正直面倒ですし体力を消耗してしまいます。 周りは冷静ですし、本人に能力がない事を知っているので、この人はなぜこんなに一人でいきりたっているのかと逆に馬鹿にしているかもしれません。 常に喧嘩腰、考え方がヤンキーみたいな人と付き合う事はメンタルを強く持たなければいけません。 6-7. 自意識過剰 優秀な人ほど能力をひけらかさないと述べましたが、それは自分に対し自信があり、わざわざ公表することではないと思っているからです。 つまり本人にとっては普通のことで取り止めてすごいことではないと感じているのです。 ですが吠える人は能力を磨こうとはしませんし人間的に大きくなろうと言う発想にはなりません。 だからこそ威張ったり偉そうな態度を取ったりして大きく見せるのです。 つまり本当に優秀な人は自分の評価など気にしていないのに、空っぽな人ほど勝手に自分に使命を感じ、自分の事を大きく見せなければいけないという心理が働いてしまうようです。 それは自分のことを、実はもっと優秀で素晴らしい人間だと思っているからではないでしょうか。 本当の自分は仕事もでき人間的にも魅力的で、誰からも慕われると思いたいと言うことなのでしょう。 またそうならなければいけないという思いが強いのかもしれません。 自分の心を縛り付けてその妄想に囚われているがためにストレスが溜まり、吠えてしまうのかもしれません。 「弱い犬ほどよく吠える」とは? 「弱い犬ほどよく吠える」とは、弱くて小さい、力がない犬ほど周囲や相手に向かってキャンキャンとよく吠えることから、能力や実力がない人ほど威張ったり偉そうにする事や、高圧的な態度を取る事を比喩した言葉になります。 あまりいい意味ではなく、もし誰かに「弱い犬ほどよく吠える」と言われてしまったら、かなり恥ずかしいかもしれません。 実力がある人や本当に能力がある人は偉そうにしたり、力をひけらかす事などはない事からも、自分に自信がない人は本来見せるべき実力とは違う形でしか自己アピールができないといった事を表しています。 またキャンキャンと威嚇をする事で、精神的に負けてしまいそうな自分を保っているのかもしれません。 自信があり、本当に力がある人は無駄なアピールや行動をする事はありません。 自ら動かなくても素晴らしければ、周りが勝手に評価をしてくれますし認めてくれるからです。 また本人は認めて欲しいから、評価して欲しいからしている訳ではないので、逆にそんな事を望んでもいません。 キャンキャン吠える人の事をライバルどころか煩いとは思っても、相手にしない場合が多いようです。

次の

卒・修論に見られる良くない表現

弱い 類語

「ラインナップ」の意味(日本語) 「ラインナップ」は日本語では何というのか解説していきます。 基本的な意味は「一列に並んだもの」 「ラインナップ」の基本義は「一列に並んだもの」です。 「ライン(line)」は、名詞で「線、列」という意味があり、動詞では「線を引く、並べる」という意味があります。 動詞の「並べる」という意味が「ラインナップ」の語源になっています。 「ラインナップ」は様々な意味と使い方がありますが、基本の意味は「一列に並んだもの」であることを覚えておくとよいでしょう。 人の集団を指して「顔ぶれ、人員構成、配役、打順(野球)」 「ラインナップ」は人の集団を指して「顔ぶれ、人員構成、陣容、配役」などの意味があります。 人を横に一列に並べると顔がしっかりと見えて誰がその組織に属しているのか確認できることから、「ラインナップ」で「顔ぶれ」という意味合いになりました。 「今日の試合の日本代表のラインナップが公開された」「この映画の俳優のラインナップは大物揃いだ」などと使います。 スポーツの世界でよく使われます。 野球で「ラインナップ」というと、「打順」という意味になります。 ちなみに、企業における「派閥、系列」のことは「ラインナップ」ではなく「ライン」を使います。 「渡辺部長のラインが優勢だ」などと使います。 反対語は「スタッフ」になります。 また、部・課・係などのピラミッド型の組織に従って日々の業務を遂行している部門のことを「ライン部門」といいます。 その他のスポーツで使う「ライン」 ・ラインアウト:ラグビーでボールを持った選手がタッチラインに振れるか出るかしたときの競技再開方法 ・ラインマン/ラインズマン:線審 ・ラインダンス:ダンスフロアに整列し、全員が一斉に同じステップを踏むダンス テレビ・ラジオでは「予定番組」 テレビ・ラジオ・映画に対して使うと「予定番組、番組構成」という意味です。 もう少し広義には「内容、内訳」という意味合いを持ちます。 新聞などにあるテレビ番組表をイメージすると分かりやすいと思いますが、これから放映が予定されている番組が一列に並んでいますよね。 そこから「ラインナップ」で「予定番組、公開予定映画」という意味になりました 「夏休みの映画ラインナップは観たいものばかりだ」「Aテレビの正月のラインナップはひどい」などと使います。 ビジネスでは「全種類の商品」 ビジネス(特に小売業)における「ラインナップ」とは、「同時期に発売されている全種類の商品」という意味になります。 ・取り扱い商品 ・商品目録 ・品揃え などと言い換えることも可能です。 販売するためにお店の棚に一列に商品を並べることから、「ラインナップ」は「全種類の商品」という意味で使われるようになりました。 「各社の夏の新作ラインナップが揃う」「訪日外国人のためのラインナップを増やすべきだ」などと使います。 製造業では「流れ作業の生産・組み立ての工程」という意味で「ライン」という言葉を使いますが、意味が異なるので混同しないようにしましょう。 「ラインナップ」と「ラインアップ」の違い 発音の違いであり、意味は全く同じ 「ラインナップ」と「ラインアップ」の違いって何かかな?と疑問に思う人も多いかと思います。 「ラインナップ」と「ラインアップ」の違いは英語の発音の違いであり、意味は全く同じです。 「ラインナップ」は英語で「lineup」または「line-up」と書きます。 このときに「line」と「up」をつなげて読むと、nの発音(ン)とuの発音(ア)が組み合わさり、「ナ」という発音になります。 話し言葉では「ラインナップ」、書き言葉では「ラインアップ」 使い分けとしては、口語では「ラインナップ」というのが自然です。 英語のネイティブ話者も「ラインナップ」と発音します。 一方で書き言葉では「ラインアップ」と表記するのが正式になります。 国語辞典にも「ラインアップ」と表記されています。 「ラインナップ」の類語(カタカナ語) 「ラインナップ」のカタカナ語の類語を紹介します。 リスト:一覧表 「リスト(list)」は「目録、名簿、一覧表」という意味で、「ラインナップ」の「一列に並んだもの」という原義に最も近い類語です。 「リスト」は抽象度が高く広い意味で使用されており、下記で紹介する類語も「リスト」は意味的に内包します。 「ブラックリスト」という言葉(Netflixのドラマシリーズが思い浮かんだ... )を知っている人も多いかと思います。 「要注意人物を記載した名簿」という意味で、これも名前が一列に並んでいるイメージがすぐに浮かびますよね。 「リストアップ」は「多くの中から条件を満たすものを選び出す、またそれを一覧表にまとめる」という意味です。 しかし「リストアップ」は和製英語であり、英語では「list up」という言葉はないので注意しましょう。 オーダー:序列 「オーダー(order)」と聞くと「注文、発注」という意味が先に思い浮かぶ人が多いと思います。 もちろん「オーダー」にはこの意味もあるのですが、もう一つ「序列」という意味があります。 この「序列」という意味においては、「オーダー」も「ラインナップ」の類語にあたります。 例えば、野球における「ラインナップ」は「バッティング・オーダー」と言い換えることができます。 「ラインナップ」と「オーダー」にはニュアンスの違いがあります。 「オーダー」の場合は、顔ぶれの順番に重きが置かれています。 なので、野球では誰が出るかよりも打順の順番がとても大切なので(誰が4番なのか?など)、「バッティング・オーダー」という言葉が使われています。 メニュー:項目 「メニュー(menu)」という言葉を聞くと「献立表」をまず先にイメージする人が多いかと思います。 ですが、「メニュー」の基本の意味は「用意されている項目・内容」です。 ここから派生して「献立」という意味で使われるようになりました。 ジムで効率的に運動するために準備された「トレーニングメニュー」やパソコンの「メニュー画面」などもこの意味で使われています。 語源はフランス語「menu」です。 プログラム:目録、予定番組 「ラインナップ」の類語には「プログラム(program)」という言葉もあります。 「プログラム」は「プログラミング」以外にも、「番組」「目録、計画表」という意味があります。 「テレビ番組」は英語で「TV program」といいます。 演劇などの催し物の実行計画という意味合いで使うこともあります。 この場合は「演目」が和訳にあたります。 コンテンツ:内容 「内容・中身」を意味する「コンテンツ」も「ラインナップ(content)」の類語です。 英語「content」は、書籍の目次を指すこともあります。 本の目次という意味では「index」という単語も使われます。 「コンテンツ」は、「テキスト、音楽、映像、などのインターネット上の情報の内容」の意味で使われることが多いです。 キャスト:配役 「配役(cast)」を意味する「キャスト」も、「ラインナップ」の類語です。 「キャスト」はドラマや映画な配役のみを指す言葉なので、「ラインナップ」より使い方は限定的です。 英語「cast」の元々の意味は「割り当てる」です。 そこから転じて「配役」という意味が生まれました。 配役を決めることを「キャスティング」といいます。 チーム:一団の人 スポーツの「組」という意味の「チーム(team)」は「ラインナップ」の類語です。 「チーム」の元々の意味は「共同で仕事する一団の人」です。 なので、本来「チーム」という言葉はスポーツだけに限定して使う言葉ではありません。 彼は全員を一列に並べさえ、射殺した。 よって、英語「lineup」の意味は上記で紹介した日本語の意味と同じです。 「顔ぶれ、構成」「全商品」「予定番組」「打順」などの意味があります。 その他にも「(次々に起こる)事件」「(警察に会うため)容疑者の列」などの意味で使うことがあります。 これらの意味で日本語で使うことはありません。 「get up」と「getup」のように、動詞か名詞かで意味が大きく変わる英単語もあるので、注意しましょう。

次の

「お手柔らかに」の意味と使い方とは?類語や返事の仕方も解説

弱い 類語

[形][文]よわ・し [ク]• 1 力や技が劣っている。 2 心身が丈夫でない。 病弱である。 3 意志が堅固でない。 心がぐらつきやすい。 4 環境や条件に屈しやすい。 物事に耐える力が乏しい。 5 程度や度合いが小さい。 6 ゆるみがある。 固くない。 7 決意が感じられない。 きびしさがない。 8 鮮明でない。 ぼんやりしている。 9 不得手である。

次の