千 と 千尋 の 神隠し 裏 設定。 千と千尋の神隠しの都市伝説裏設定!ハクとその後や湯屋の舞台考察まとめ

千と千尋の神隠しの都市伝説!4つの裏設定が隠されていた

千 と 千尋 の 神隠し 裏 設定

「 千と千尋の神隠し」は2001年に公開されたジブリの長編アニメですが、 ジブリアニメの中での人気も去ることながら、日本国内の歴代興行収入ナンバーワンをキープしている 映画だということをご存知でしょうか。 その興行収入は 300億円、そんな大人気の千と千尋には都市伝説もたくさん噂されています。 千と千尋の物語は、引越し先の町に車で向かった少女・千尋の一家が、奇妙なトンネルをくぐったことから異世界に迷い込んでしまうという展開で進みます。 ハクは最後にどうなってしまったの? 千尋が異世界で出会う少年・ ハクは、日没前にこの世界から出ないと二度と帰れなくなってしまうとアドバイスします。 しかし、千尋が元の世界に両親と共に戻ることは助けてくれるのに、自分はある運命を受け入れているのではないかといわれています。 ハクが千尋と別れてからどうなるのかは、千と千尋の 都市伝説として話題になっています。 スポンサーリンク この世界では、「すべてのことはルールに従わなければならない」。 宮崎駿監督も、千尋とハクが別れるシーンを 永遠の別れを表現したと述べています。 映画の中ではハクが八つ裂きにされるシーンは出てきませんが、都市伝説では千尋がトンネルを抜けて元の世界で振り返るところで髪を結んだ ゴムがキラリと光るのが、ハクの 涙が光っているのだといわれています。 この表現をするために、千尋が神の世界で結んでいたゴムをそのまま髪に結んでいる必要があったのでしょう。 千尋が元の世界に帰れたのはなぜ? 油屋で 契約書に名前を書くシーンで、千尋は苗字の「 萩野」の漢字を間違えてしまいます。 本当の漢字を書いていれば、千尋は 契約違反となって帰れないはずでした。 下に続く。。 スポンサーリンク 湯婆婆に本当の名前を教えなかったからこそ、神の世界から逃げることが出来たのです。 本当は生きていた「火垂るの墓」の節子が登場する!? 千と千尋では、後半に 千尋が電車に乗るシーンがあります。 この電車は輪廻転生を意味しているそうで、 死者を乗せているのです。 そんなことから、途中の「 水上の駅」でホームからじっと電車を見つめていた1人の少女が気になるという都市伝説が生まれました。 その少女は、「火垂るの墓」の 節子ではないかというのです。 死んでからもあの駅で 兄を待っているので、成長したということなのかもしれません。 すでに死んでいるという都市伝説がある「 となりのトトロ」のサツキとメイがあの電車に乗っている説もあり、そんな電車に乗ってしまう千尋が心配です。 黒い半透明の人物達の謎 千尋と一緒に電車に乗っていた黒い半透明の人達も、何者なのかと騒がれています。 都市伝説では、あの電車は一方通行の あの世行きなので、 自殺する人を意味しているのではないかとささやかれています。 生きる希望や先の人生がないから、 黒い姿をしているというのです。 ただし、自殺を思いとどまれば、途中駅で降りることが出来るようになっています。 とはいえ、 一方通行なのでやり直すことはできないというシュールな世界です。 スポンサーリンク.

次の

【その後】ハクは八つ裂き、それとも…?「千と千尋の神隠し」の裏話

千 と 千尋 の 神隠し 裏 設定

放映後は毎回、ストーリーについて熱い意見が交わされることで有名なジブリ作品。 「 千と千尋の神隠し」もそんな作品の1つですが… 特にヒロイン・千尋を助ける美少年ハクの「 その後」については視聴者の間で頻繁に舌戦が繰り広げられる程。 千尋がもとの世界に戻った後ですが、確かに彼の行方が気になりますよね。 なので、今回は「千と千尋の神隠し」におけるハクの「その後」について筆者なりに詳しく検証してみました! Sponsored Link 「千と千尋の神隠し」で一番の謎と言えば…ハクの「その後」 まずは余談ですが、「千と千尋の神隠し」で千尋を助けるハクの年齢は 12歳と設定されています。 千尋とあまり差がないにも関わらずだいぶ大人びて見えますね。 中性的で謎めいた雰囲気を放つ彼には女性ファンも多いのではないでしょうか? また千尋に対する振る舞いも優しく、時に献身的で同じ男性目線から見てもカッコ良く写るハク。 そんな彼の声優を務めたのは 入野自由さん。 入野さんは劇団ひまわりに所属する俳優でありながら声優としても知られています。 「千と千尋の神隠し」でのハク役は彼にとって大きな転機になったでしょうね。 声とキャラクターが上手くマッチしていたように思います。 その要因として、入野さんは当時13歳。 ハクと近い年齢だったわけです。 彼の思春期独特の声色がハクの存在を引き立てたのだと感じています。 で、話を元に戻すと… 銭婆による傷から回復したハクは湯婆婆に対して、彼女が愛する1人息子・坊を連れ戻す代わりに「 千と両親をもとの世界に戻して欲しい」と迫ります。 その願いに対し、湯婆婆は「 お前は八つ裂きになるけどいいのか?」とハクに問うのです。 彼らのやりとりはハクの「その後」がうかがえる重要な場面ですよね。 その後、銭婆から魔法の力が込められた髪留めを受け取った千尋。 彼女は湯婆婆のもとへ戻る途中、迎えにきた白竜の上で彼の正体を知ることに。 ハクの正体とは昔、千尋が溺れかけた「 川」だったのです。 湯婆婆から出された試練に見事答えた千尋は皆に見送られながらもとの世界へと帰っていき、2人は離れ離れになってそれぞれの道を歩んでいきます。 千尋は両親と共に人間世界へ、元の暮らしへと戻っていきますが…残されたハクの「その後」は一体どうなったのか? 彼の「その後」については本編で詳しく描かれていないので気になるところ。 ここで気がかりなのが、湯婆婆との契約について。 湯婆婆が言い放った「 八つ裂き」というワードから自ずと悲しい「その後」が予想されます。 ファンにとっては悲しい結末ですが、順当に考えればやっぱり八つ裂きにされた可能性が高そうです。 Sponsored Link ハクの「その後」については、色々想像できる… では肝心な、千尋と別れたハクの「その後」について。 先述の通り、八つ裂きの姿になってしまったことも考えられますが… 「千と千尋の神隠し」における「その後」。 それはズバリ、見る人によって様々だということ。 これは多様なメッセージ性を持つ宮崎作品ならではだと言えます。 なので考えようによっては、自分の名前を取り戻した2人が互いの世界で幸せに暮らす結末もあり得るでしょう。 しかし気になるのが映画のラストシーン。 最後にそれぞれの道を歩む場面や、「 自分はこの先へは行けない」「 絶対に振り向くな」といったハクのセリフは見逃せないところ。 筆者の視点から見たハクの「その後」ですが… この場面を考慮すると、やっぱり2人が再会する未来は考えられないと推測します。 まとめ 「千と千尋の神隠し」で注目を浴びた紳士な美少年・ハク。 彼はその後、あのお婆さんから八つ裂きの刑に処されたのか?気になるところですよね。 2人の「その後」については筆者もファンとして 2人の再会をただただ祈るばかりです。 もし彼らの再会が叶わなかった場合にも、せめて一緒に過ごした日々がふとした瞬間に蘇るような「その後」を期待してしまいます。 忙しい日常に疲れ果てている。 そんな時はこの淡い作品に癒されてみてはどうでしょうか?.

次の

謎が多すぎる『千と千尋の神隠し』の都市伝説!裏設定や幻のエンディング│ジブリ都市伝説【裏設定から制作秘話まで】

千 と 千尋 の 神隠し 裏 設定

宮崎駿監督最大のヒット作品『千と千尋の神隠し』。 奇妙奇天烈な八百万の神々を、日本の銭湯で接待するという、それこそ奇妙な物語。 世界的にも大人気となっている本作ですが、キャバクラや風俗といった水商売が、本作のモチーフとなっています。 主人公の千尋が油屋で働くことになるのは、コミュニケーションが苦手な少女がキャバクラ嬢や風俗嬢となり、人と接することで成長していくことに着想を得て作られました。 国民的な人気作品が、そんなことでいいのか、と偉い人に怒られそうですが、宮崎駿監督が語っている事実なのだからしかたがありません。 油屋で働くことになった千尋が本名を奪われ、「千」として生きることになったのは、風俗店でいう源氏名にあたるのでしょう。 また、湯屋に大浴場がないことについて、宮崎監督は「そりゃあ、色々いかがわしいことをするからでしょうね(笑)」と、風俗店であること匂わせた発言をしています。 油屋は宮さんの中のソープランド 「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」のなかで、鈴木敏夫プロデューサーはこのように語っています。 鈴木: ぼくの知り合いでキャバクラが大好きな、某角川書店の偉い人なんですけど、こいつがもう、ほんとうに大好きでね。 「なんで、そんなとこばっか行くの?」って言ったら、キャバクラの女の子ってもともと、コミュニケーションが本来上手じゃないんだと。 そういう子に限って、そういうとこで働きたがる。 ところが、要求される仕事内容は、コミュニケーションを取ること。 そうすると、やっていくうちに元気になっちゃうんですよ、って話をそのまま宮さんに話したんです。 そしたら、そこから『千と千尋』ですよ。 だから、油屋って風俗のつもりなんですよ、宮さんにとっては。 宮さんの中のソープランドですよね。 なかなか恥ずかしくて、そういうとこに行けない人だから。 神様を接待するっていうのは、言い方は良いですけど、何をやっているかっていったら、そういうことですよね。 日本はすべて風俗産業みたいな社会になっている また、宮崎駿監督自身も、「PREMIERE 日本版 2001年9月号」のインタビューで、以下のように語っています。 宮崎: もともと日本は、性に対してあっけらかんとしたものでしたから。 ヨーロッパ人から、なんて貞操観念がないんだと呆れられて性道徳を押し付けられるまではね。 何もそれを復活しようと言ってるわけじゃないんですが、いまの世界として描くには何がいちばんふさわしいかと言えば、それは風俗営業だと思うんですよ。 日本はすべて風俗産業みたいな社会になっているじゃないですか。 いま女性たちは、売春窟に似合いそうな人がものすごく増えてる国なんじゃないかと思いますね。 男はといえば、僕は徳間社長の葬儀の委員長をやったんですが、目の前を通る偉い人もそうでない人も、似合いもしない背広着て歩いていると、みんなカエルに見えたんですね。 立派に見える人なんて一人もいない。 もはやカエル男とナメクジ女の国ですよ。 映画の中では結局それなりに描いていますけど 笑。

次の