アイシテル ドラマ。 アイシテル~海容~(漫画)のネタバレと結末、そして感想もあり!

ドラマ『アイシテル

アイシテル ドラマ

ドラマ海容の被害者の父親役の 佐野史郎の語りから始まります。 そのときに今回のドラマが最終回に生まれた智也の弟が中心の ドラマであることを案内しています。 稲森いずみさんが当時役に没頭していたため 撮影が終わっても切り替えが出来ずに体力を消耗していたなどの エピソードも加わります。 話 直人(岡田将生)の現時点から 直人の回想によって物語は進んでいきます。 さつき(稲森いずみ)の息子・智也(嘉数一星)が 小学2年生の清貴を殺害した事件から、20年以上の歳月が流れていた。 直人が兄のアパート前にいるそのときに加奈(水川あさみ)から電話が あわてて病院に駆けつける直人、加奈は直人の子供が流産しそうになって 病院に運ばれ直人は妊娠の事実をそのときに知る。 そして病院から帰る電車で今までの出来事を回想していく。 かつて智也と直人は仲の良い兄弟で、幼い直人は優しい兄の智也を慕っていた。 しかし、直人が12歳のとき、24歳になっていた智也(向井理)は、 直人に何も言わずに突然家を去り、 何も知らない直人はただ悲しむ。 直人が高校2年生の時、告白した相手から 教えられインターネットで智也の起こした事件を知る。 今まで知らせずにいたことへの怒り。 自分が家族にだまされていたのだと大きなショックを受けた直人は、 なぜ事件について黙っていたのかとさつきを責め、怒りをぶつける。 その会話の途中で智也の父親は病室で息をひきとるシーンがあり、 (前後の話はないが)そのときに智也が なくなった父親のベットで自分が悪かったと謝っていました。 直人はそのときのことを思い出し、なぜ謝るのか真相が今わかったと、 さつきにいいます。 さつきは、いかに家族みんなで直人を愛してきたかを語るが、 直人は受け入れられず、自分が生まれてきたことを後悔する。 そして直人は家を出た。 それ以来、他人と距離を置き孤独な日々を送ってきた直人。 そんなある日、直人は偶然入った工房で、そこに飾られたある絵を見て涙を流す。 その絵を描いたのは、工房の主・須磨(伊東四朗)の孫・加奈(水川あさみ)だった。 須磨は、そんな直人に何かを感じ、工房で働いてほしいと頼む。 工房で働き始めた直人は、須磨や加奈の明るさに救われ、安らぎを覚える。 そして、加奈と少しずつ心を通わせていく。 やがて直人と加奈は結ばれ結婚するが、 直人は子供を持ちたくないと加奈に告げる。 工房を引き継いだ直人は 加奈と一緒にお披露目に立ち会っていた。 加奈はいう、いつも来るとお店の前に花が置いてあるのだと・・ 誰なのか? そして二人が帰り道で子供の話になる。 子供にまで十字架を背負わせたくないという直人の強い思いはかわらず、 気まずい空気から逃げるように携帯を忘れたとうそを言って店にもどる。 すると店の前に男の姿が、 なんと花を置いていたのは智也だったのだ、 家に戻りその活けた花を投げ捨てる直人。 真相を知った二人だったが、 加奈は直人を宥めるのだった。 生みたいと訴える加奈、生まれてこない方がいいと言う直人 加奈は妊娠していることに気づく。 加奈はさつきに会いに行く。 するとさつきの母親の熱い思いに触れ、 やはり母親になろうと決意する。 そして直人も、 このままでは加奈を傷つけ苦しめてしまうと思い、 全てを断ち切るために兄の智也に会う決心をする。 そのときに加奈から呼び出されて病院にいくという 冒頭のシーンになる。 そしてラストのクライマックス。 直人は智也に会いに部屋を訪ねる。 智也は追い返そうとするが、 直人の怒りは収まらずに無理やり部屋に、 すると直人の初めての工房での作品が 智也の部屋にあり、 直人はいままでずーと兄が自分のことを 見守って入れていたことを知るのだった。 そして、直人は父親になることを決心する。 さつきに自分を生んでくれてありがとうと 伝える。 さつきの目からは涙が溢れるのだった。 加害者家族がまるで登場しないことや、父親が なぜ死んだのか説明がないので、やや不消化ではありますが、 二人の和解のシーンはよかったです。

次の

平井堅 アイシテル 歌詞

アイシテル ドラマ

アイシテル〜海容〜 漫画:アイシテル〜海容〜 作者 出版社 掲載誌 発表号 19号 - 4号 巻数 全2巻 漫画:アイシテル〜絆〜 作者 伊藤実 出版社 講談社 掲載誌 BE・LOVE 発表号 10号 - 2010年19号 巻数 全2巻 - プロジェクト ポータル 『 アイシテル〜海容〜』(アイシテル かいよう)は、によるの作品、およびこれを原作とした作品。 漫画版は『』()にて19号から4号まで連載された。 単行本は全2巻。 には主演で系にて連続ドラマ化された。 また、連続ドラマ版終了後の5月より同誌において続編『 アイシテル〜絆〜』(アイシテル きずな)が連載開始され、同年に完結し、単行本化された。 には連続ドラマ版の好評と漫画版続編の完結を受け、同名の作品がとして放送した。 ストーリー [ ] 都内に住む、主人公・小沢聖子は、愛する夫と二人の子供との幸せな生活を送る専業主婦。 しかし、ある時、長男の清貴が何者かに殺害され、その生活は一変することになる。 やがて清貴を殺害した犯人が判明するが、それはなんと違う小学校に通う11歳の男児であった。 登場人物 [ ] 小沢家(被害者家族) [ ] 小沢聖子 37歳。 普通の主婦で、社交的な性格。 何不自由のない生活を送っていたが、友人とのランチにも気軽に付き合う社交性が災いして愛息・清貴が殺され、心を閉ざし自我を崩壊させていく。 息子を守れなかった罪悪感と、息子の命を奪った裕一への激しい憎悪を抱く。 事件後、清貴にかまけて美帆子を孤独に陥れていたことを知り、どこにも「いいお母さん」はいないのだと悟る。 やがて清と美帆子の支えで日常の生活をとりもどすが、裕一の苦しみと事件の背景を知り、加害者家族に会いたいと考えるようになる。 小沢清 45歳。 TVドラマ版では「秀昭」。 市役所の勤務の公務員。 家族思いで、妻や2人の子供たちに献身的な愛を注いできた。 清貴が殺され、野口家に激しい怒りを向けつつも落胆する妻・聖子や愛されていないと反発する娘・美帆子を励まし、家族に笑顔を取り戻すために地道に努力する。 しかし、さつきからの謝罪の手紙に再び野口家に対する怒りが再燃し、息子が暴行されていたことに気づかない親失格だから子供が殺人犯になると蔑む。 しかし、鑑別所から戻って来た裕一と元通りに暮らすなんて許せないと叫ぶも野口家の人々が元通りに暮らせるはずがないと聖子に言われ、徐々に負の感情が鎮静化していく。 TVドラマ版ではその怒りがさらに深く描かれており、「個人情報」を理由に加害者のことを何一つ教えないどころか自分たち被害者を足蹴にする裁判所職員の侮蔑的な態度も重なって「あの家族を許さない」と憤慨するまでになる。 小沢美帆子 中学2年生。 14歳。 母・聖子が弟・清貴ばかりを愛しているのが憎く、また弟の無神経な言動に傷ついており、「あんなやつ消えちゃえばいいのに」と暴言を吐いていたが、その言葉が清貴の死によって現実のものとなったことにショックを受ける。 しかしながら、清貴を失い悲しみに暮れる両親と比べると態度はドライであり、家に押し寄せる報道陣に毅然とした態度を取り、「清貴は加害者少年の気に障ることを言ったのではないか」という考え方もしているが、それは的中していた。 親の自身に対する愛を感じられず、不満と怒りをぶつけていたが、事件から6年後、写真家・植田純也にプロポーズされ、卒業後に結婚した。 2人の仲を知った母に婚約祝いとして自身の育児日記を母にプレゼントされ、やっと両親の愛情を実感できて和解する。 TVドラマ版ではその誕生日の前日、友達らと訪れた喫茶店で偶然、富田との面談に来ていたさつきを目撃してしまうというシーンが追加され、笑顔で振る舞うさつきの姿に激しい敵意と殺意を燃やしていくようになる。 小沢清貴 7歳。 小学1年生(テレビドラマ版では小学2年生)。 両親に愛され、家族からは『キヨタン』と呼ばれ無邪気な笑顔が愛らしい。 しかし、その無邪気さと両親の愛情を独占していたことが姉を傷つけ、また、裕一をも傷つけていた。 聖子が外出していた15分の間に裕一によって殺害され、7年という短い生涯を閉じる。 当初はトイレに困っていたのを裕一に助けられ仲良くキャッチボールをしたりしたが、お互いに子供ゆえに母親の悪口を許せずに口論となり、殺人事件の被害者になってしまい死亡した。 野口家(加害者家族) [ ] 野口さつき 37歳。 夫と私立附属小に通う愛息・裕一との3人暮らしの専業主婦。 結婚を機に仕事を辞め、子育てに専念してきた。 「子育ては常に自分が試されている」と感じており、子育てに楽しさを感じたことはなく、子育てを「してあげている」という意識を裕一に押しつけ、ことあるごとに冷酷に当たっていた。 夫の協力を得られない家庭生活に疲れ、主婦同士で愚痴を言い合えるインターネット上のチャットに依存していたことも災いして裕一が心に負った深い傷に気づくことが出来ず、裕一が殺人事件を起こした時は酷く動揺し取り乱す。 裕一の少年鑑別所の入所当初、自分達親に決して心を開かない裕一に不安を覚えていたが、その裕一が連れ去り犯に暴行されていたことを知ってショックを受け、楽しいチャットの時間の終わりになる裕一の帰宅を煩わしく思って暴行被害を受けて帰った日も冷たく切り捨てたことを深く後悔する。 本当は優しい息子の姿と家裁調査官・富田の支えで裕一と真正面から向き合い、一緒に罪を償うことも改めて決意する。 TVドラマ版では息子の塾費用を稼ぐためにパートで働く兼業主婦。 多少過保護ではあるものの息子を純粋に愛する教育ママとして描かれてはいるもののどこか智也に気味の悪さを感じている部分を見せている。 野口義隆 36歳。 TVドラマ版では「和彦」。 妻には「義隆君」と呼ばれる。 エリート道まっしぐらの商社マン。 ひどく冷めた性格で1人で過ごす自由な時間に固執しており、家事や育児はさつきに任せきりである。 妻子が自身を大切にしてくれないから、せめて自分自身だけでも己を大切にしたいと主張した。 息子の裕一にはほとんど興味がなく、裕一が自分に懐いていた幼い頃には煩わしささえ感じていた。 裕一が殺人を犯したと知っても顔色一つ変えず、その行動の責任を全部妻に押しつけるが、裕一との面会で父親である自分自身が裕一の中に一切存在していないことに気づき、次第に動揺し始める。 自責の念に苦しみマンションのベランダから投身自殺を図った妻を必死に助け、死ぬことは償いにならないと告げる。 続編『アイシテル〜絆〜』では裕二が幼い頃に病死する。 TVドラマ版では原作に比べ人間らしい感情が強調されており、さつきの入院や会社のプロジェクトを外されたことに焦りや苛立ちを露わにしている。 彩乃の助言でさつきに全てを押し付けたことを後悔し、少年鑑別所にいる息子に面会、久しぶりに親子の会話ができた。 SPドラマでは数年後に病でこの世を去っている。 野口裕一 11歳。 小学6年生だが、TVドラマ版では10歳の小学5年生であり名前も「智也」に変更された。 東京都内の附属小に通うが、常に冷淡、無口で無表情で劇中ではかなりの美形の少年に描かれている。 他人はおろか両親にさえ心を開こうとはしない。 そんな頃、あるきっかけで隣学区の小沢清貴を殺害。 清貴の殺害事件前夜、トイレを我慢していた清貴を公園に案内した後自宅に誘い、キャッチボールをしたと富田に話す。 2年前に母さつきの認識ではいつの間にか帰宅したと思われて服を着たままシャワーを浴びてランドセルも教科書もびしょ濡れになっていたことがあったが、母親が事情も聞かず頭ごなしに叱り飛ばされ、それ以来、両親に心を閉ざし始めるようになった。 実は家裁調査官の息子・貫が母親に話していた「連れ去り犯」によりレイプされていた。 TVドラマ版では寡黙かつややクールな雰囲気の少年に描かれており、母親には複雑な感情を抱いており大切に思いつつも半年前に起きた事件が切っ掛けで心を閉ざしていた。 そんな時、学校の帰りに外で親の帰りを待っている清貴に会いトイレに行きたがっていた彼を自身の自宅に案内して彼とキャッチボールをするも彼の放った言葉が自身の母を侮辱したことに怒り石で彼を殴打して殺害する。 その後は逮捕されて服役することになるが、自身の事件が原因で両親を苦しめさらには、被害者の家族も苦しめていることを知り苦悩していく。 自分は死刑囚になると覚悟を決めていたが、少年であるがゆえに1年の刑期で釈放された。 保釈後は祖母や家族を苦しめた罪悪感から刑務所に戻りたがっていたが自宅に戻りようやく母の愛をそこで知ることができた。 後に父と母と共に自身が清貴を殺害した場所に赴き清貴を弔い、その後は、さつきが宿した第2子の兄となり生きているという実感を改めて知る。 SPドラマでは回想シーンに登場しており病でこの世を去った父の遺体に涙ながらに詫びていた。 野口裕二 スペシャルドラマ版では「直人」。 終盤、誕生した次男。 続編『アイシテル〜絆〜』の主人公。 兄・裕一に命の尊さと自身の犯した罪を自覚させる切っ掛けになったことを知らず、突如姿を消した兄を思い悲しんでいた。 しかし、ネットで裕一の殺人を知った周囲にイジメ被害に遭い、高校時代の友人も色眼鏡で見て離れてしまい、家族は自身を騙していたと蔑み慕っていた兄を憎むようになる。 さらには、自身の境遇を理解してくれた友人と信じた相手に殺人犯の弟であることを告げ口されて賞を取り消され、その友人とも破綻した。 母さつきが真摯に接して兄の殺人とその背景を説明しても、綺麗に飾った作り話だと決めつけて母を見下すばかりだった。 富田家 [ ] 富田葉子 裕一の事件を担当する。 自身にも小学4年の息子がいるため、親身になって罪を犯した少年少女の心を開く。 裕一と対話していくうちに、裕一の深い心の傷と事件の背景に気づき、力になろうとする。 息子・貫から小学校低学年の男子ばかりが連れ去り未遂犯に車に連れ込まれかけたことを聞き、もしや裕一もと彼の心の闇に潜む事件を察する。 富田貫 小学4年生。 TVドラマ版では「健太」。 葉子の一人息子。 ゲームに夢中になって家事を手伝わなかったり、勝手に部屋に鍵を付けたりして喧嘩になることもあるが、母親との仲は良好である。 警察・司法関係者 [ ] 佐伯正志。 「小沢清貴ちゃん殺害事件」の容疑で野口家を訪問、事件の概要を聴く。 パートナーは小泉。 小泉刑事 警視庁捜査一課所属。 「小沢清貴ちゃん殺害事件」の容疑で野口家を訪問、事件の概要を聴く。 パートナーは佐伯。 菊池刑事 警視庁捜査一課所属。 「小沢清貴ちゃん殺害事件」の犯人が少年だと知り、驚く。 宮本 富田とともに裕一の事件を担当する家庭裁判所調査官。 初老の男性。 富田との面談中に突然取り乱した裕一を制止しようとするが、過剰に怯えられ突き飛ばされる。 このことが、富田が裕一の心の傷を明らかにするきっかけとなった。 判事 の少年の担当。 その他の人物 [ ] 植田純也(うえだ じゅんや) 写真家。 両親、特に母親の愛を実感できずに苦しむ美帆子の心を癒し、弟・清貴の事件を聞いて我が事のように嘆き涙を流した。 美帆子と結婚した。 TVドラマ版 [ ] 森田彩乃 30歳。 さつきの妹で独身のフリーター。 開放的だが、いい加減かつ享楽的な性格。 姉に金をせびりながらバイトや遊び暮らしの日々を送っていたが、根は姉想いであり、小沢清貴殺害事件後は落胆する姉さつきをサポートする。 彼氏がいることが後に判明、プロポーズを受けている。 森田敏江 さつきの母。 実家で書道教室を開いていたが、事件がきっかけに悪評を囁かれて生徒が減り、閉鎖を余儀なくされる。 娘の子供(孫)が犯罪を犯したとは信じられずにおり、自身も「あの子はそんな大それたことは絶対にしない」と一切信じていない。 それどころか「言いがかりをつけて濡れ衣を着せた」と小沢家に敵意を示す。 正子 ホームレスの初老の女性。 数年前に息子を亡くし、息子に似ていた智也に面影を重ねていた。 麻衣子 14歳。 美帆子の同級生。 妹がいる。 宏美 14歳。 美帆子の同級生。 柏木エリ フラワーショップの店員で、さつきとは信頼できる友人同士。 バツイチ、子持ち。 柏木遥 エリの娘。 将来は家業を継ごうと考えている。 高橋 裕一が通っていた小学校の教師。 さつきに裕一のことを話す。 杉浦理紗 裕一に思いを寄せていた附属小の同級生。 三村可奈子 裕一の幼馴染。 単行本 [ ]• 伊藤実『アイシテル〜海容〜』 講談社〈KCデラックス〉、全2巻• 2007年3月6日発売、• 2007年3月6日発売、• 伊藤実『アイシテル〜絆〜』 講談社〈KCデラックス〉、全2巻• 2010年12月13日発売、• 2010年12月13日発売、 テレビドラマ [ ] アイシテル〜海容〜 ジャンル 原作 脚本 高橋麻紀 演出 吉野洋 久保田充 (SP) 出演者 (SP) (SP) (SP) (SP) 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 アイシテル〜海容〜(連続ドラマ) プロデューサー 千葉行利 エンディング 「」 放送期間 - 放送時間 水曜22:00 - 22:54 放送枠 水曜ドラマ 日本テレビ 放送分 54分 回数 10 アイシテル〜絆〜(単発ドラマ) プロデューサー 次屋尚 千葉行利 宮川晶 エンディング MONKEY MAJIK「アイシテル」 放送期間 放送時間 水曜21:00 - 22:48 放送分 108分 回数 1 特記事項: 連ドラ版の初回・最終回のみ15分拡大(22:00 - 23:09)。 からまで毎週水曜日22:00 - 22:54に、系の「」枠で放送された(初回と最終回は15分拡大)。。 は、「 このドラマを全ての母に捧げる」。 2009の作品賞グランプリと第47回奨励賞を受賞。 その続編として、スペシャルドラマ『 アイシテル〜絆〜』が、の21:00 - 22:48に日本テレビ系で放送された。 この冒頭で、小沢秀昭役を演じた佐野史郎がナビゲーター役として、連ドラを撮影していた当時の自身や主役の稲森の思いを語った。 キャスト [ ] 連続ドラマ版 [ ]• 野口さつき -• 小沢聖子 -• 野口和彦 -• 小沢美帆子 -• 野口智也 - 嘉数一星<現・鹿島陸>• 小沢清貴 - 佐藤詩音• 宏美 -• 麻衣子 -• 富田健太 -• 柏木エリ -• 柏木遥 -• 小泉刑事 -• 佐伯正志 -• 判事 -• 菊池刑事 -• 森田敏江 -• 高橋先生 -• 山田先生 -• 太田教頭 -• 宮本 -• 正子 -• 森田彩乃 -• 小沢秀昭 -• 富田葉子 - スペシャルドラマ版 [ ]• 森田さつき - 稲森いずみ• 森田直人 - (幼少期:林晃平)• 須磨加奈 -• 森田智也 - (幼少期:嘉数一星)• 野口和彦 - 山本太郎• 小沢清貴 - 佐藤詩音(回想)• 須磨哲人 - (特別出演)• 富田葉子 - 田中美佐子• 森田の友人 -• スタッフ [ ]• 原作 - 『アイシテル〜海容〜』 前編・後編(連ドラ版)、『アイシテル〜絆〜』前編・後編(SP)• 脚本 - 高橋麻紀、(連ドラ版のみ)• 音楽 - 『Forgiving アイシテル〜海容〜 オリジナル・サウンドトラック』()• 演出 - 吉野洋、、久保田充(以上、連ドラ版のみ)、(SPのみ)• 主題歌 - 「」()• 挿入歌(連ドラ版のみ) - 「」()• 協力 - 、• 法律監修 - 石井誠一郎• 制作協力 -• シニアチーフクリエイター - (SPのみ)• プロデューサー - 、、宮川晶(SPのみ)• 製作・著作 - 日本テレビ 放送日程 [ ] 連続ドラマ 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2009年4月15日 すべての母親へ捧ぐ家族愛の物語 高橋麻紀 吉野洋 13. 高橋麻紀 久保田充 14. 視聴率は『』に続いて全放送回で2桁を達成した。 初回、最終回は15分拡大で放送された。 スペシャル 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 2011年9月21日 あの衝撃作の続編、加害者家族のその後を描く。 生きていくことの意味、家族の愛と絆とは…命の重さをテーマに涙と感動を再び 高橋麻紀 星田良子 13. 原作では被害者家族をメインに描いていたが、ドラマ版では全編を加害者家族の視点で描く。 原作にはない野口さつきの母・森田敏江と妹・彩乃や智也(裕一)と清貴の姉・美帆子の友人等が設定された。 加害者の少年は、原作では公園に現れて少年を狙う不審者の男性に暴行をされるという過去を持つという設定になっていたが、テレビドラマ版ではホームレスのおばさんに抱きつかれるという過去を持つという設定に変更されている。 加害者少年の判決内容が異なる。 系 前番組 番組名 次番組• 備考 [ ]• タイトルの「海容」は、「他人の過ちや罪を広い海のような心を持って許す」という意味の熟語である。 智也役・嘉数一星、清貴役・佐藤詩音はオーディションの中から、それぞれ選ばれた。 同ドラマでは、以前この枠に出演した人物が多い(「」「」・「」・「」・「」など)。 劇中の音楽を担当したS. の所属レコード会社の関係で、サウンドトラックはBMG JAPANからの発売となった。 日本テレビのドラマのサウンドトラックが以外のレコード会社から発売されたのは、水曜ドラマ枠では『』以来となる。 琉球放送では放送から1年経って、ドラマアゲイン枠で放送された。 関連商品 [ ]• 、シネマトゥデイ、2011年8月8日。 での主演は初めてであり、同局での連続ドラマの出演は「」以来約7年ぶりとなる。 昨年の6月に長男を出産、本作では仕事復帰作であり、同時刻でのドラマ出演は、「」以来2年ぶりとなる。 関連項目 [ ]• - 少年犯罪ではないが、被害者と加害者双方の親が著名人である現実世界の殺人事件。 外部リンク [ ]• 日本テレビ• 日テレオンデマンド• - (2012年5月18日アーカイブ分)• - (2012年5月18日アーカイブ分) この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

アイシテル〜海容〜

アイシテル ドラマ

スポンサーリンク アイシテル~海容~の登場人物 ・ キヨタン・・・まだ7歳という幼い少年ですが、幼い少年であるからこそ引き起こしてしまった事件の被害者です。 ・ 裕一・・・大人っぽい雰囲気はありますが、まだまだ子供の小学6年生であり、ある日の事件を境に、母親と心の距離が離れてしまいます。 7歳の少年キヨタンを、12歳の少年裕一が殺害したのです。 この事件を紐解いてみると、この事件は二人が「大人であったら」起こらない悲しい事件でした。 愛されすぎた少年キヨタンの何気ない一言が愛されていることに気づいていない少年裕一を傷つけ、裕一は暴力でこたえることしかできなかったのです。 この事件は、ニュースで瞬く間に日本中に広がりました。 キヨタンの両親は悲しみに暮れ、また裕一の両親も悲しみに暮れています。 そんな中、保護されている裕一は職員の富田によって、徐々に心を開いていきます。 そうして富田は、裕一の母親、さつきに事件の背景を話していました。 さつきは泣きながら富田の話を聞きます。 そして富田は「この事件は、おたがいがまだ子供だったからこそ…起きてしまった、母親を想う子供らしい心がこの事件を引き起こしてしまったんです。 」と言いました。 そう、裕一はお母さんを想うがあまり、反抗的になり、あげくキヨタンの言葉に切れ、殺害してしまったのでした。 それを聞いたさつきが「こんなお母さんのために…裕一、許して、ごめんね。 」と言うと、富田は「『許して』だなんて…裕一くんはお母さんが大好きなんですよ。 」と言いました。 夜になって、キヨタンの家族である小沢家では、キヨタンの母親の聖子がリビングのテーブルでうたた寝をしていました。 キヨタンの父親、清が「聖子、聖子、こんなところで寝ちゃ風邪ひくぞ。 」と声をかけると、聖子はまだボーッとした顔で「あ…」と言って目覚めました。 そんな聖子に清が「ほうきとちりとり、くれ。 」と言うと、聖子も「あ…ああ、そうだったわね。 」と言って立ち上がりました。 表に出た2人は掃除を始めました。 「マスコミのやつらーったく、調査が始まったらまた集まりやがって、散らかし放題じゃないか。 」と言う清に、聖子は「外にもうほうきとちりとり置いときましょうか。 」と言いました。 清が「はは、ゴミ箱も置いておくか。 」と言うと、聖子も笑いながら「燃えるゴミと燃えないゴミね、あと灰皿!!」と言いました。 明るく振舞おうとする2人でしたが、やはり何も言えなくなってしまい、清は聖子を抱きしめました。 聖子は「私たちいったいなにをしているのかしらね、子供を殺されて、なのになにも知らされなくて、マスコミにもみくちゃにされて、そのゴミをかたづけて…」と、とても悲しい顔で言いました。 「被害者の家族って、いったいなんなの…」と聖子が続けたところに突然、シャッターの音が響きました。 聖子の顔を隠すようにしながら、清は「だれだ!」と声を荒げます。 すると隠れていた2人のマスコミが「いやー待ったかいがあったな。 」「おかげでいい写真撮れました、あ、せっかくだからインタビューいいですか?」と言いながら出てきました。 「あんたたち、こんな時間まで…」と今にも怒鳴りそうな清に、聖子は「あなた…」と言いました。 清は怒りを抑えながら「お願いします、もう遅いですから、どうかお引き取りください。 」と言いますが、マスコミの1人がタバコに火をつけながら「小沢さん、未発表の情報なんですが加害者少年は…」と言いかけました。 清は「いいです、まったく興味ありません、お引き取りください。 」と言いますが、聖子は「なんですか!?」とマスコミに近づきます。 「よさないか。 」と清は止めますが、聖子は「教えてください!なんでもいいんです!知りたいんです!」と言います。 1人のマスコミが「やっぱまずいかな?」ともう1人に確認すると「いいっスよ、言っちゃっても、小沢さんにも『知る権利』がありますよ。 」と言い「だよね。 」と同意しました。 そのマスコミは「暴行されたことがあるそうです、そして、そのことを母親も父親もまったく気がついていなかったと…」と言いました。 家に戻ると清は酒を飲みながら「そんな親がいるか?わが子がそんな目にあったのに気がつかなかっただ?」と言います。 そして「チャット依存症だって?ほらみろ…ろくでもない親だったんだ、そんな親に育てられたらまともな人間になんかなるものか。 」と続けます。 「ちくしょう、ちくしょう、手抜きで子育てした親の子に、なんで一生懸命育てたうちの子を殺されなきゃならないんだ、理不尽だよ。 」という清の言葉を聖子は何か思いつめたような表情で聞いていました。 雨が降る次の日、マスコミをかき分けキヨタンの姉、美帆子が学校から帰ってきました。 「ただいま。 」と言う美帆子に聖子は「美帆子おかえり。 」と応えます。 美帆子はコートを脱ぎながら「マスコミもしつこいねー、雨なのにごくろーさん。 」と言うと、聖子は「調査が始まったから…私たちの言葉がほしいんでしょう。 」と言います。 美帆子は冷蔵庫を開けながら「フーン…」とあまり興味なさげに言うと、聖子は突然「ねえ美帆子、私はいいお母さん?」と聞きました。 「え…」と一瞬戸惑う美帆子に聖子は「私はいい母親?」ともう一度聞きました。 美帆子は「なに?そんなこと聞いてどうすんの?安心したいの?」と言います。 「美帆子…」と言う聖子に、さらに美帆子は「それには子供から『いいお母さん』ってハンコが必要なの?免状でもほしいの?」と言います。 その答えに聖子は「美帆子、あんたってホントに…」と言います。 美帆子は冷蔵庫を閉めながら「私、かわいくないね、自分でもやんなる。 」と言い「ママはキヨタンにとってはサイコーのママだったと思うよ。 」と続けました。 そして「キヨタンのこと心の底からかわいがっていたもの、ほおずりして、抱っこして、見つめて、うなづいて、ママの仕草には愛情があふれていたよ。 」と言います。 「そのこぼれたぶんだけでも私に分けてほしかったよ。 」と言う美帆子に聖子は「美帆子…ママはそんな…」と言いかけますが、美帆子は「ママはそうじゃなくても私はそう感じてた。 」とさえぎります。 美帆子は「ねえ、そういうのってどう取り繕ってもごまかせないのよ、ママ。 」と言います。 「私は一番じゃない、それは理屈じゃないの、この肌で感じるの。 」と美帆子は続けます。 美帆子は冷たい目をしながら「ねえ、わかる?ママ。 いちばん好きな人に振り向いてもらえないこの気持ち。 」と言う美帆子の言葉に聖子は何も言えなくなります。 そして・・・。 果たして、衝撃の結末とは・・・? この後、まさかのクライマックスへと続きます。 そんな時に是非利用して欲しいのが U-NEXT<ユーネクスト> の無料登録を賢く使う裏ワザです。 ちなみに、U-NEXTは10万本以上のコンテンツが登録されている日本最大級の動画サービスサイトで、ドラマ・映画・アニメなどを視聴できるなのですが、実は電子書籍の取り扱いもあるんですね! そして、現在31日間の無料お試しキャンペーンをやっていて、登録をすると 600円分のポイントがもらえるので、それで今すぐ読みたい有料のコミックでも読めてしまうんです。 ただ、登録したまま31日以上経過してしまうと、料金が発生して無料ではなくなってしまうので、サービスを継続して利用しない場合は退会の手続きを忘れずに済ませましょう。 この後、衝撃の結末へと向かっていくのですが、その結末がとても驚きですので、まだ読んでない人には是非読んでほしい作品です。 裕一とキヨタン、最初は仲良く遊んでいた2人でしたが、ふとしたキッカケから口論がはじまり…どちらかが大人だったら起こらなかったはずのこの事件。 実際にあった事件を元にしているということですが、本当に読んでいて胸にくるものがありますね。 そんなアイシテルという作品は、短くまとまった作品が好きな人や、実話を基にした作品が好きな人には文句なしにオススメの作品です。

次の