雪の華 虹プロ。 【動画】ミイヒ(虹プロ)の歌とダンスがうますぎる!パフォーマンスを時系列でまとめ

HiHi Jets「Snow Man乱入」「虹プロ」で話題、7 MEN 侍・菅田は股間の食い込みに驚愕【ジャニーズJr.チャンネル週報】(2020/07/05 21:00)|サイゾーウーマン

雪の華 虹プロ

2019年よりスタートした「Nizi Project」のオーディション「パート1」では、ミイヒさんの素晴らしすぎる歌唱力が大注目されました。 メンバー選定最終オーディションにて、J. Park氏がプロデュースしたアイドルグループ 「Wonder Girls」の『Nobody』が課題曲にあげられました。 動画を見てみるとかなりすごいですよね! デビュー前で15歳の子が歌っているとは思えません。 この鳥肌レベルの歌唱力は視聴者からの反響もすさまじく、一時期ミイヒさんがツイッターでトレンド入りするほどでした。 Park氏も感動しすぎて唖然としていました。 その前にパフォーマンスをしたアカリさんに対してはかなり厳しいアドバイスをしており、会場の空気も緊張が走っていました。 それからのミイヒさんだったので、そのリアクションはかなりの差がありましたね。 Park氏いわく、 ミイヒさんが最初歌いだした時点で「キューブ」をあげてもいいくらいだったそうです。 その後ミスしても全部チャラになるくらいダンスも歌も完璧で、感情もしっかり伝わったといいます。 「Nizi Project 」オーディション「パート 2」ミッション2 ミイヒさんは パート1でボーカル審査3位、ダンス審査2位、総合2位とかなりの好成績で韓国合宿に向かいました。 しかし本人は決してこの成績に満足しておらず、 常に1位になるべく努力していました。 番組内でも「1位をとりたい」と何度も発言しており、 不動のトップである「マコちゃんに勝ちたい」とライバル心をむき出しにしていました。 その結果、 個人レベルテストでついに1位を獲得しています! 歌詞を深く読み込み、 自分の感情を徹底的に歌に込めるということを意識したそうです。 目標のためにストイックに努力できるのも、ミイヒさんの魅力なんでしょうね。 「Nizi Project 」オーディション「パート 2」ミッション3 ミッション2が終わった後にJ. Park氏は、 「ミイヒさんは曲によって違う人に見えるほどの表現力がある」と評価しています。 15歳という若さですでに抜群の表現力があり、曲を自分のものにする能力が大変優れているそうです。 毎回違った表情をみせるミイヒさんを大絶賛していました。 常に上位に君臨していたミイヒさんですが、 今回その評価を落としてしまいました。 Park氏は 「今までのパフォーマンスで一番残念」と辛らつな意見を伝えています。 歌声が不安定でいつものように感情がこもっておらず、 ダンスも縮こまっているように見えて表情も硬かったそうです。 それを聞いたミイヒさんは最初はステージに立つことがただ楽しくて何も考えず、ひたすら楽しもうとしていたそうです。 しかし最近は指摘されたことを考えすぎてしまい、 心から楽しめなかったそうです。 パフォーマンスすることがいつからかプレッシャーになってしまい、本来の力を出せなかったようです。 今回の結果がどのように影響するか・・・結果が早く知りたいですね。 ミイヒ(虹プロ)がすごい!ネットの反応は? — 2020年 6月月12日午後8時34分PDT このミイヒさんのパフォーマンスをみた ネット上の反応を見てみましょう! ミイヒ凄すぎる。 小学生で「京都ティンカーベルミュージックスクール」に通いはじめ、歌の技術を勉強していました。 そして虹プロジェクトに参加する前から JYPエンターテインメントに所属し、練習生としてボイストレーニングを受けていました。 持って生まれた才能と努力が、今のミイヒさんを作っているのですね! ミイヒ(虹プロ)まとめ 今回は虹プロオーディションで話題の 鈴野未光(ミイヒ)さんについて紹介しました! 圧倒的な歌唱力で群を抜いて目立つ存在のミイヒさん。 虹プロで最終選考に残っているのも納得ですね。 その歌唱力は幼少期から積み重ねてきた努力の賜物だったのですね。 今後の活躍も楽しみです!.

次の

『虹プロジェクト』マコの経歴と成績、JYP練習生時代やK

雪の華 虹プロ

その成果もあり、ダンス審査1位・ボーカル審査1位と素晴らしい成績でした。 虹プロジェクトの中でもとにかく注目を集めています。 審査員のJ. Parkさんも山口真子さんのパフォーマンスを絶賛しています。 「歌手になる準備はできています」とまで言わしめた山口真子さんは、虹プロジェクト放送中から 「合格者決定」だと確信がありましたね。 さらに放送中にも他のメンバーを励ます姿がよく見かけられ、優しい姿が映し出されています。 Niziproject放送中もミイヒ推しが多い印象でした。 韓国合宿では早速驚きの「新しい姿」を見せてくれたミイヒ。 努力家なマヤですが韓国合宿では化粧して変身した姿を見せてくれNiziprojectとはまた違った魅力を見せてくれています。 圧倒的なビジュアルに英語・韓国語堪能とすでに大注目です。 ダンス審査7位、ボーカル審査7位ですがとにかく「目が引き寄せられる」かわいらしさにファンになった人が多くいました。 Parkも「3か月で見違えるほどうまくなった」と言ってくれるほどの努力家です。 2年しか住んでいないのにも関わらず日本語がとにかく上手! 実は日本に来た時に「日本語でコミュニケーションが取れなくて悔しかった」という気持ちから、日本語をとにかく勉強したんだとか。 負けず嫌いで努力家のヒルマンニナさんは最初から注目を集めていました。 そんなヒルマンニナさんの審査結果ですが、ダンス審査24位、ボーカル審査2位というものでした。 ダンスはそこまで得意ではないようですが、歌はJ. Parkさんも絶賛! 合格の理由としても歌唱力の高さに納得です。 Niziproject2ではJ. Parkからも期待されていましたが厳しい評価となってしまいました。 韓国合宿ではどのような姿を見せてくれるのか期待しています。 韓国合宿メンバーに選ばれましたが、やはり課題として挙げられていましたね。 韓国合宿では体重の課題をクリアすることができるのでしょうか。 かなり感動したシーンでした。 約半年間、韓国のJYPへ行ってデビューのための研修を行うようです。

次の

大江梨久(虹プロジェクトリク)の高校や経歴は?性格や身長・誕生日も調査!

雪の華 虹プロ

大人気韓国アイドル「TWICE」の名プロデューサーJ. Park JYP とソニーエンターテイメントミュージック共同のオーディション番組「NiziProject 虹プロ 」が話題ですね! 13名のメンバー 練習生 がオーディションを勝ち進んでおり、誰が正式にデビューするのか気になる方も多いのではないでしょうか。 13名のメンバーはオーディションの最初から今まで日々努力を続けて成長しつづけており、次のステージが楽しなメンバーばかりですが、 その中でも 抜群の輝きを見せ続けているのは山口真子 マコ さんだと思うファンの方も多いと思います。 他のメンバーを驚かせ、J. Parkを涙させたダンスパフォーマンスや、音楽関係者をうならせた歌が上手くて応援したくなった方もいるでしょう。 努力家で愛嬌のあるマコの公式インスタグラムでオーディションでは見せない姿も見たいと思うファンも多いと思いました。 そこで今回まとめた内容はこちら• NiziProject 虹プロ マコの公式インスタグラムは?• マコのダンスと歌は上手い?J. Parkの反応は? この記事を読むことで、NiziProject 虹プロ 山口真子 マコ のオーディションで魅せたダンスや歌について、魅力について知ることができますよ。 — 2020年 5月月21日午後8時00分PDT NiziProject 虹プロ の公式twitterではコロナ禍で在宅している人にも向けて「いつも元気でハッピーに過ごしてほしいと思っている」マコからのメッセージが不定期に公開されています。 ステージだけでなく、マコの姿が観たいというファンの方はNiziProject 虹プロ 公式twitterをチェックしてみてはいかがでしょうか。 以前のオーディションで無表情でレモンを食べて、集中力を高めたところで習字を行うというパフォーマンスで審査員を驚かせた内容にちなんでなのか「ビタミンCはちゃんと取れてますか?」とレモンを紹介する動画なんかもありました。 こういう動画を観ると暗い気持ちもハッピーにさせてくれますよね。 -」を披露して、男性アーティストでも踊るのが難しい緩急のあるダンスを力強く踊り切りました。 マコのダンスを観たJ. Parkは 「オーディションを観ながら涙が出たのは初めてだと思います」 「なんかすごく感動的だな」 「まだ僕はマコさんをよく知らないけど、とても一生懸命生きている人のようです・・・」 と語るほど感動していました! 合宿トレーニング2日目ボーカルレベルテストでマコは中島美嘉の「雪の華」を披露しました。 マコがせつない歌詞にこれまでJYP練習生2年7カ月の間家族から離れて努力を続けてきた、そしてマコを支えてきてくれた家族への思いを込めて歌った「雪の華」はとても感動するパフォーマンスでしたね! 歌を聴き始めたJYPはリズムにのせて顔を小刻みに揺らしながら穏やかな表情で聴き入っており、パフォーマンスが終わった後にJYPは 「教えられないことがありますが、ある人は歌を歌うとき 聞く人の心に触れる」 「そういう力がある人がいますが・・・マコさんはダンスの時も今もそうだし歌を歌うとき歌に心を細かく、上手く込めることができている」 と語っていました。 心地よい表情で聴き入っているJYP 引用:twitter 繊細な感情表現を上手く歌に込めることができた素晴らしいパフォーマンスでしたね。 まとめ 今回はNiziProject 虹プロ マコの公式インスタグラムは見つけることができませんでしたが、NiziProjectの公式インスタグラムやtwitterを紹介しました。 そして、これまでのオーディションテストで披露したマコの歌とダンスは上手くてJYPが感動するパフォーマンスを魅せてくれたことを紹介しました。 マコを含めて13人のメンバーの2020年11月デビュー予定に向けて日本版「TWICE」の今後が気になるところですし、今後も山口真子 マコ さんを要チェックですね! この記事が参考になればうれしいです。

次の