こむら返り 対処法。 こむら返りの原因と対処法|予防も覚えてふくらはぎに睡眠を|きになるきにする

足がつる・こむら返りの原因と対処法、予防法について

こむら返り 対処法

スポンサードリンク 高齢者がこむら返りになる原因について 他の記事でも触れていますが、こむら返りになる原因は多岐にわたりますので、原因と特定することはなかなか困難です。 ただ、高齢者が陥りやすい状況を考えると、いくつか当てはまる要因を見つけ出すことが出来ました。 ・運動不足による筋力低下 高齢者で考えられる一番の要因は、 運動不足による筋力の低下ではないかと思います。 筋力の低下は、筋肉の緊張状態を作り出すと同時に血流量の減少も招いてしまいます。 筋肉が緊張状態になると、ちょっとした刺激でこむら返りを起こしてしまうようになります。 また、血流が悪くなるということは、本来届けられるはずだったエネルギーや酸素、栄養素が筋肉に届かず、疲労物質なども溜まってしまうことになります。 このような状態がまた筋肉の緊張を高め、さらに状態が悪くなるという 悪循環に陥ってしまうわけですね。 ・筋肉の緊張状態による誤作動 筋肉を動かすには、筋肉が上手に収縮・弛緩を繰り返す必要があります。 もちろんこれは脳から命令が出ているわけですが、筋肉が運動不足などにより極度の緊張状態にあると、命令を受け取る 身体のセンサーが誤作動を起こすことがあります。 その結果、収縮したまま固まってしまうこむら返りにつながるのです。 スポンサードリンク ・栄養素不足 こむら返りの原因として有力なのが、ミネラルやビタミンなどの 栄養素不足。 高齢者になるとどうしても食べる量も減ってきますので、しっかり食べているつもりでも栄養素が不足しているケースがあります。 特に ミネラルは筋肉の動きに深く関係しているので、サプリメントなども利用しながら補給することをおすすめいたします。 体内の水分が不足すると血液が流れにくくなり、 血流量の低下を招きます。 高齢者の場合、体内の水分が減っていることに加え、薬(高圧薬など)の服用による利尿作用で、思っている以上に水分を体外に排出している場合があります。 ですので、 喉が乾いたと感じる前から水分をしっかり補給することが大切です。 睡眠中や明け方にこむら返りが起きやすいという場合は、寝る前にコップいっぱいの水を飲むと良いでしょう。 ・病気が隠れている場合も 運動もしている、栄養も水分も摂っている。 それでもこむら返りが頻繁に起こるという場合は、 何かの病気がこむら返りの原因となっているかも知れません。 さらに、 ふくらはぎ以外の部分でも筋肉の痙攣が確認できる場合は、素人判断せずに医療機関で診療してもらいましょう。 ひとこと 高齢者のこむら返りについて調べてみて初めて知ったのですが、実は 60歳以上の6%~8%程度の人がこむら返りを毎晩のように起こしているとのことです。 毎晩となるとこれはかなりの負担です。 特に睡眠中に起こるこむら返りは寝ぼけているところに激痛ですからたまったものではありません。

次の

足がつる・こむら返りの原因と対処法、予防法について

こむら返り 対処法

の大きな要素と言えます「生活習慣病」があります。 これは読んで字の通り、生活習慣の乱れということで、以前は成人病と呼ばれていました。 この生活習慣病を代表する疾患が糖尿病です。 ここでは、と糖尿病の関係について考察して行きます。 糖尿病って、どんな病気? 糖尿病は、糖の代謝が悪くなって血糖値が高くなる病気です。 つまり尿の中に糖が沢山出る病気です。 腎臓が悪くなる病気と思っている人が多いと思いますが、実は 糖尿病には、様々な特徴があるのです。 私たちは食べものを食べることによって、生きるためのエネルギーを得ています。 そのエネルギーとなる栄養素が糖質です。 糖質は、砂糖や、果物、コメやジャガイモなどの炭水化物に含まれています。 糖代謝が悪くなるとおこる病気 糖代謝が効率よく行われるためには、インスリンというホルモンが必要です。 糖尿病は、その インスリンの働きが悪くなり、インスリンの量が減ることで、糖代謝のシステムがうまく働かないために起る病気なのです。 新陳代謝が上手くいかないと、行き場を失くしたブドウ糖が、血液中に増えます。 この血液中のブドウ糖を「血糖」その濃度の事を「血糖値」と言います。 そして血液中にあふれたブドウ糖が、血管や細胞を痛め、様々な合併症を引き起こします。 糖尿病合併の一つ知覚・運動神経の障害 特に 知覚神経と運動神経の障害は、糖尿病の早い時期から起こって来るのが特徴となっています。 主な症状としましては、手足のしびれや痛み、熱さ冷たさの感覚が鈍くなる手足に時折、指すような痛みが起こります。 はこの時期に繰り返し襲ってきます。 筋力の低下につながる病気です。 この知覚神経の障害が進むと、痛いとか、熱いといった感覚が鈍くなり、やけどや、怪我に気付かず細胞の炎症や、体の組織が腐る状態がおこり易くなります。 糖尿病と足のつりの関係 糖尿病を患うと、さまざまな病気を併発する要因となります。 もその一つですが、進行すると、他の病気の症状と重なって、さらに重症化する可能性を秘めている恐ろしい病気と言えましょう。 糖尿病の初期の段階では、単に足がつりやすくなると思われがちですが、これは、「糖尿病性神経障害」症状の中にある「筋肉の委縮」という怖い病気なのです。 放置しておくとさらに悪化し、足のつりにも影響してくる病気なのです。 糖尿病の血糖値を下げることで足のつり対策を 糖尿病の運動療法で大切なのは、運動を習慣化することです。 そのためには、自分に合った運動を見つけることが大切です。 脂肪燃焼と糖代謝を活発にするため、 有酸素運動、筋肉トレーニング、ストレッチングを組み合わせて行いますと、血糖値を下げることにつながります。 有酸素運動脂肪を効率よく燃焼させ、体脂肪を減らす全身運動です。 筋肉トレーニング筋肉に負荷をかけ質の良い筋肉を増やす運動です、 ストレッチング筋肉にたまった疲れを取り、運動効果を上げる運動です。 この3つを組み合わせて行うと効果的です。 足のつりの主な要因は、運動不足や栄養素の不足 とは、ふくらはぎの筋肉 主に腓腹筋 に起るケイレンのことを指します。 いわゆる足がつると言う状態になります。 あわてて無理に動かすと、周辺の筋肉を傷めたり、ひどいときには、肉離れを起こしてしまうこともあります。 これは、運動不足や、ビタミンEやマグネシウム、カルシウムの欠乏、低体温による筋肉の収縮、そして糖尿病など、様々な要因が複雑的に重なって起きる症状と言えましょう。 また昼間過度な運動をしたり、長時間歩いたりした夜に起ることもあります。 足がつるのは病気 糖尿病 や体調不良が原因の場合も多い 症状は、一般的に、何もない日常に起ることはまれにある程度です。 そこには何かの原因があるはずです。 しかし繰り返し足がつる症状が起きる場合は、糖尿病などの他の病気が要因となっていることが、多いと言うデータも示されています。 はやめに医師の診断を受けることをオススメします。 また足がつるのは 心筋梗塞の前兆ということもあるようです。 としては、糖尿病のほか、静脈瘤、甲状腺機能低下症、肝炎肝硬変、低ナトリウム血症,尿毒症、動脈硬化症,神経系の病気などあります。 また 薬の副作用が、原因となっている場合もありますので、医師の診察を受けることをオススメします。 足のつり改善策 は、体調などによって 「クセ」になることもあります。 これにはマッサージで、一時的に治すのも結構ですが、やはり、一番必要なのは、その原因となる、生活習慣の改善から取り組む必要がありそうです。 これは、生活習慣病と言われています、糖尿病と共通する面が数多くあります。 欧米化している現在の、日本人食生活の改善、運動不足の改善、偏った食事による栄養不足など、 日常生活から見直していく必要がありそうです。

次の

こむら返りの原因と対処法|予防も覚えてふくらはぎに睡眠を|きになるきにする

こむら返り 対処法

こむら返りとはどんな症状なのか? こむら返りが起きている時は 筋肉の異常収縮が起きている状態です。 筋肉が収縮し続けている状態なんです。 通常であれば筋肉は収縮すれば弛緩するようにできています。 しかし、こむら返りは 運動不足、ミネラル不足、肝臓の疾患、腎臓の疾患、水分不足、持病、などの様々な原因のせいで筋肉が誤差動を起こし収縮し続けてしまうんです。 また、その際に筋肉が収縮し続つづけ神経を刺激することが原因で痛みを感じると言われています。 痛みの感じるレベルは様々です。 激痛に感じる方もいれば、ちょっと痛いぐらいに感じるかたもいます。 言い方は違えど、要はこむら返りは 「足がつっている」ということです。 医学用語では 「腓腹筋痙攣」と呼ばれています。 なぜ、こむら返りと呼ばれるようになったかというと、昔は「ふくらはぎ」のことを「こむら」と呼んでいたからだそうです。 なので、ふくらはぎがつることを「こむら返り」と呼ぶようになったそうです。 こむら返りの正しい治療法と対処法 こむら返りは長時間続くものではなく、 比較的短時間で治ります。 しかし、正しい治療、対処をしないと痛みは続きます。 少しでもすぐに痛みを和らげるためにしっかりと対処しましょう。 こむら返りは筋肉が収縮し続けている状態だと最初に説明しました。 なので、こむら返りに対しての正しい治療と対処法は 「ストレッチをして伸ばしてあげる」ことです。 筋肉を伸ばしてあげればこむら返りを治めることができ、痛みは無くなります。 こむら返りを治療するストレッチ こむら返りを治めるためには ふくらはぎとアキレス腱を伸ばしてあげるようにストレッチすれば大丈夫です。 しかし、こむら返りはいつ起きるかわからないもの。 外出中に起きる場合もありますし、座っている時や、寝ている時なんかにもこむら返りは起きます。 なので、様々なシュチュエーションで使えるこむら返りを治めるストレッチを紹介しますのでぜひ参考にしてください! 歩いている時にこむら返りが起きた時の治療法 外を歩いている時にこむら返りが起きた時の治療法です。 周りに椅子などがなく、座ることができない時にこの方法を実践してください! 1,こむら返りが起きた方の足を後ろに引きます。 2,後ろに引いた足のかかとを地面につけてください。 この時、重心を下に下げて前足の膝を曲げるようにしましょう。 そして、重心を下げながら後足のかかとを地面に押し付けるようにします。 3,ここまで出来たら、ふくらはぎ、アキレス腱にストレッチを感じるはずです。 4,そのまま、10秒〜30秒キープしましょう。 どうでしょうか?とても簡単ですよね。 また、この方法は壁を使うとストレッチの効果が高まります。 近くによりかかれる壁がある時は利用しましょう。 座った状態でできるこむら返りを治療するストレッチ 床に座った状態でできるこむら返りの治療法です。 家にいる時などにこの方法をお試しください! 1,まずは、こむら返りが起きた方の足の膝を立てて、反対の足は正座をします。 2,膝を立てている方の足のかかとを地面につけます。 3,かかとを地面につけたまま、体重を前の方にのせてください。 4,ふくらはぎ、アキレス腱のストレッチを感じたらそのまま10秒〜30秒キープしましょう! こむら返りは正しく治療しないと悪化する恐れも こむら返りに正しく素早く対処しないと、筋肉にかかる負担が大きくなり肉離れなどに悪化してしまう危険があります。 こむら返りが起きた時は速やかにストレッチをして痛みを治めましょう。 肉離れを起こすと、最悪の場合手術が必要になってくるケースもあります。 また、こむら返りが起きた後は無理に動かずに しばらくストレッチなどをして安静にしておいた方がいいでしょう。 こむら返りが起きた後の筋肉は硬くなって再発しやすい状態です。 無理に動かすことはしないようにしておきましょう。 こむら返りを予防するために必要なこと こむら返りを予防するために、 ストレッチや マッサージ、 ウォーキングなどを普段からやっておくことをお勧めいたします。 なぜなら、こむら返りが起こる原因の1つに 運動不足があるからです。 運動不足になると、筋肉が弱ったり、筋肉の収縮を司る筋紡錘や腱紡錘のセンサーが鈍って、こむら返りを起こしやすくなります。 また、ミネラル不足や水分不足もこむら返りの原因です。 栄養バランスを考えた食事をとる、汗をかいたらしっかりと水分補給をするようにしましょう。 睡眠中にこむら返りが起きやすい人は 寝る前にコップ一杯の水でいいので水分補給をすればこむら返りの予防になります。 頻繁にこむら返りが起きる場合は病気の可能性も 週に一度など、頻繁にこむら返りが起きる場合、また、予防策をとってもこむら返りが改善されない場合は 病気の可能性があります。 こむら返りを起こしやすい病気としてよく言われるのは 糖尿病や 肝臓の疾患、 腎臓の疾患などです。 これらの生活習慣病や内臓の病気のせいでこむら返りが起きている可能性があります。 その場合、いくらこむら返りの予防策をとってもこむら返りが改善されることはありません。 一度病院に行って、検査を受けましょう。 その際は内科や 整形外科、神経外科、内分泌代謝内科などがある病院を受診されると良いでしょう。

次の