錆 兎 義勇。 鬼滅の刃 富岡義勇の過去とは?姉・蔦子や親友・錆兎に起きた悲劇

【鬼滅の刃】冨岡義勇と錆兎の関係は?羽織の柄が同じ理由を考察

錆 兎 義勇

鬼滅の刃|錆兎とは 【放送まであと1時間!! その正体は幽霊でしたが。 そう、錆兎はすでに死んでおり、幽霊として炭治郎の前に現れたのです。 その時の姿は 13歳だったようです。 炭治郎も修行を始めた当初は13歳だったので、ちょうど同い年でした。 1年半も修行を続けたので最終的には炭治郎は15歳になって、炭治郎のほうが年上になるのですが。 錆兎は炭治郎の目の前に現れた時には狐のお面をかぶっていて、短い茶髪としか分かりませんでした。 このお面は厄除けのためにつけています。 また、木刀で炭治郎の修行に付き合っていたことから、かなり腕が立つことがうかがえます。 なぜ、炭治郎の前に現れたかと言いますと、最終選別で生き残れなかった無念さから、同じ水の呼吸で修行をしている炭治郎には最終選別で生き残ってほしいという願いがあったため。 錆兎も鱗滝左近次の元で修行をしていた身だったので、炭治郎に強くなってほしかったんでしょうね。 だいぶスパルタな修行をつけているので、どれくらい厳しい修行だったのか、実際にアニメや漫画を見て確認してみてください。 ふたりとも13歳の頃に鱗滝左近次の元へやってきて修行を受けていました。 二人は同い年で家族を鬼に殺されたという共通点もあり、すぐに仲良くなります。 冨岡義勇の羽織を見ると、右側が赤紫で左側が亀の甲羅のような柄ですよね。 右側の羽織は姉の形見で、左側の羽織は錆兎の形見なんです。 それほど、錆兎に対する思いは大きかったことがうかがえますよね。 最終選別では錆兎だけが死んでしまい、冨岡義勇が生き残ったのですが、冨岡義勇いわく 「自分は水柱に相応しくない」 と言っています。 というのも、冨岡義勇は錆兎がたくさん鬼を殺したから生き残れたと思っていて、自分は何もしていないと思っているからです。 冨岡義勇が認めるほどの強さを持つ錆兎。 なぜそこまで強いのにも関わらず、最終選別で死んでしまったのでしょうか。 鬼滅の刃|錆兎はなぜ死んだ? WJ21号、本日発売です!! 『鬼滅の刃』最新第155話が掲載中! ぜひご一読を! 今週は、修行する炭治郎を見守る? TVアニメ第3話にて登場の 錆兎と真菰のアイコンをプレゼント!! その殺され方はあまりにもむごく、刀で首を切りそこなってしまい、頭を握りつぶされてしまうというもの。 これだけ聞くと、錆兎の実力不足のように思えますが、一言で実力が無かったとは言い切れない事情がありました。 最終選別では、錆兎は藤襲山にいる鬼のほとんどを倒していました。 たくさんの鬼を刀で切っていたので、刀が消耗してしまい、手鬼との対戦の時には刀が折れてしまったのです。 刀の状態を把握していなかったといえばそこまでですが、刀が正常だったら手鬼にも勝てていたかもしれませんね。 このような事情があるので、錆兎も冨岡義勇も悔しい無念さが残ってしまったのでしょうね。 炭治郎が手鬼を倒して報われた気持ちになったのではないでしょうか。 鬼滅の刃|錆兎のかっこいい名セリフ 「 」 第三話の最速オンエアで、12時間。 PVショットより、錆兎をご紹介。 続きは今晩、23時30分より。 お楽しみに、です。 どんな苦しみにも黙って耐えろ 炭治郎に修行をつけている時のセリフですね。 男なら苦しみに堪えるべきというストイックですが、真髄をついた言葉です。 男に生まれたなら進む以外の道などない!! これも炭治郎と修行をしている時の言葉。 壁にぶち当たっている人なら鼓舞されるような名セリフです! この言葉を聞いたら進むしかないですね。 お前は絶対死ぬんじゃない 義勇に対して放った言葉です。 錆兎の生前、鬼と戦う時に与えたセリフ。 義勇が錆兎に命を助けられた時の言葉なので、義勇にとって大切な言葉となっています。 自分が死ねば良かったなんて二度と言うなよ 錆兎が冨岡義勇に放ったセリフ。 冨岡義勇は姉ではなく自分が死ねばよかったとネガティブな発言をしたのですが、その時に錆兎がそんな風に言ったら友達を辞めるとまで言いました。 今の義勇の様子からは想像できないほど、昔の義勇は後ろ向きだったんですね。

次の

【鬼滅の刃】冨岡義勇は水柱じゃない!?錆兎にまつわる知られざる過去とは?【鬼滅の刃】

錆 兎 義勇

「半々羽織」の名付け親は伊之助 義勇さんの羽織の柄は、賛否両論別れるところではあります…。 SNS上では、かっこいいと言う人とダサいと言う人が入り乱れています。 私はかっこいい派です。 (義勇さんが着ているからカッコよく見えるのかもしれませんが…。 ) あの特徴的な柄がひらりと現れると、義勇さん来た〜!とテンションがあがります。 この羽織を「半々羽織」と名付けたのは伊之助。 5巻の那田蜘蛛山の戦いで描かれています。 「半々羽織」というのは伊之助の造語です。 背縫いを境に柄行の異なる反物で1つの着物を仕立てているものを「 片身替わり」と言います。 何故、義勇さんは片身替わりの羽織を纏っているのでしょうか? 柄の関係は何巻でわかる? その理由は 15巻と ファンブックp49 (電子書籍版はp51)で確認できます。 15巻には義勇の過去が描かれており、ファンブックには 義勇の羽織の半分は錆兎の、もう半分は姉の形見の着物だということが記載されています。

次の

【鬼滅の刃】錆兎(さびと)の過去とは?真菰や義勇との関係は?声優も紹介

錆 兎 義勇

スポンサーリンク まとめ 冨岡義勇と同期で、たぶんその時に 一番強かったと思われる錆兎。 山に放たれていた鬼を全部ひとりで斬ってしまったのが、いけなかったのでしょう。 仲間もどうしていいかわかりません。 今もしもいてくれたら、どんなに心強かったかと思うと、また後悔してしまいます。 冨岡義勇が 半分ずつにしてきている羽織は、錆兎を忘れないためと自分を戒めるためなのでしょうね。 竃門炭治郎がくじけそうになった時に助けに来てくれた優しい兄弟子です。 しかも、ずばりと炭治郎に向かって、鱗滝さんに習ったことを身につけていない。 知識として習得しただけだと指摘します。 自分の知識として知っているものがあっても、それを使いこなさなければ宝の持ち腐れだと鍛錬で身をもって教えてもらいました。 特に 呼吸法は大切なようで、指摘を受けていました。 厳しい口調で指導もされますが、竃門炭治郎が錆兎に勝利するまで半年間木刀のみで炭治郎に教えてくれました。 竃門炭治郎の指導をしながら、錆兎はどう思っていたのでしょう。 もう少しで最終選別に残れそうだったのに。 竃門炭治郎より自分の方がずっと強い。 冨岡義勇が羨ましい。 鱗滝左近次にもう一度会いたい・・・。 でもそんなことは思わず、ただただ炭治郎を強くしたい。 最終選別に合格してほしいときっと錆兎なら思っていたのではないでしょうか。 竃門炭治郎との真剣を使った最後の訓練で、錆兎の面が切られました。 その時初めて見た錆兎の表情は とても優しい表情でしたね。 お面との対比でとても印象的でした。 そのあと錆兎は忽然と姿を消していました。 そして岩は切れていました。 なんだかキツネにつままれたような感じがしましたが、やはり この世の人ではなかったからでしょうか。 竃門炭治郎が岩を斬った途端、自分の仕事は終わったと思ったからなのでしょうか。 できれば幸せに鱗滝左近次の故郷に帰っていて欲しいです。

次の