ヒゲダン pretender 歌詞。 Pretender 歌詞『Official髭男dism』

052519の意味が切ない!曲が10秒の理由やCDジャケの意味も【ヒゲダン】

ヒゲダン pretender 歌詞

」、ロングヒットの兆しがみえてきた Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)の躍進が止まらない。 定額制音楽ストリーミングサービスApple Musicにおけるワールドワイドな『TOP 100 GLOBAL』チャートで「I LOVE…」が42位にランクイン。 43位がリル・ウージー・ヴァート「Trap This Way(This Way)」、44位がビリー・アイリッシュ「bad guy」という並びのなか大健闘といえるだろう。 しかも、ランキング上昇傾向にある。 さらに、国内では3月23日付Billboard JAPAN Hot 100チャート、TOP20内に1位「I LOVE…」、2位「Pretender」、7位「宿命」、8位「イエスタデイ」、11位「115万キロのフィルム」、17位「ノーダウト」と、人気ナンバー6曲がランクイン。 驚異的な人気がうかがえる。 これらチャートから読み取れるのは、Official髭男dism が2020年2月12日にリリースした最新曲「I LOVE... 」のロングヒットの兆しがみえてきたことだ。 本作が、昨年リリースし、国民的ヒット曲となった「Pretender」を超える楽曲ヒットになりつつある。 すでに「I LOVE... 」はYouTubeで34,502,992回再生を超え、猛スピードで拡散を続けているのだ。 Billboard JAPANのストリーミング・ソング・チャートでは、8,859,135回再生を突破し5度目の1位を獲得。 週間再生回数の歴代最高記録を更新した状況であり、総再生回数は 4,700 万回を越え、ダウンロード・ソング・チャートでは4週連続1位、動画再生チャートでも1位を記録しており、ヒゲダンは Billboard JAPANにて3冠を獲得している。 心地よいミディアムな曲調ながらハイハットを隠し味的に刻むダンサブルなグルーヴで楽しませてくれる。 ヒゲダンらしさである、耳をつかむメロディとボーカリゼーションを織り成しつつも、絶妙に進みそうで進みすぎない焦らしの展開。 そして思わず踊りたくなる高揚感という美しきカタルシスを与えてくれる。 米津玄師「Lemon」、King Gnu「白日」、秋山黄色「モノローグ」など、エモーショナルに感情表現過多なナンバーがヒットを手にしているのだ。 さらに共通するのは、TVドラマ主題歌であることだ。 「I LOVE... 」が主題歌となった、佐藤健・上白石萌音主演のTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の視聴率は毎週のように右肩上がりで更新され、最終回は15. ヒットドラマとヒット楽曲という相乗効果もあり、ヒゲダンによる主題歌「I LOVE... 」は、各音楽配信チャートで「Pretender」を超え23冠を獲得している。 もしかしたらまだ「I LOVE... 」を聴いたことないリスナーはたくさんいるかもしれない。 しかし、「I LOVE... 」は2020年を代表するヒット曲へと駆け上がる切符を手にしたように思う。 音楽ストリーミングサービスによる再生数がヒットの指標となった現在。 現在進行形でJ-POPシーンを革新するトップランナーとして、怒涛の躍進を続けるヒゲダンの活躍が今年も年末へ向けてどこまで伸びていくか楽しみだ。 「I LOVE... 」 Photo by ポニーキャニオン Official髭男dism オフィシャルサイト.

次の

【Official髭男dism(ヒゲダン)/Pretender】の歌詞の意味を解釈

ヒゲダン pretender 歌詞

「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

Official髭男dism の曲の特徴 &quiz.interreg4c.euderの歌い方解説 【前半編】

ヒゲダン pretender 歌詞

こんばんは。 あんにんです。 先日、大ヒット映画 『コンフィデンスマンJP』観にいったのですが、 その主題歌がやけに耳に残っていたので、気になって調べました。 それは聴けば聴くほど心を揺さぶられる切ないラブソング。 でも、人生で一度は、 これほどまでに誰かのことを想えたら幸せだよなと感じるような、 等身大のまっすぐな感情が詰め込まれています。 髭男dismの新曲は恋の終わりを告げる切ないラブストーリー「Pretender」 2019年5月17に力公開されている映画 『コンフィデンスマンJP』 は、 大ヒットドラマ待望の映画化ということで、今期注目されている作品です。 その主題歌として抜擢されたのは、 いま大注目のOfficail髭男dismが書き下ろした 『Pretender』です。 髭男dismとは? 出典: まず気になるのが、 髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)という なかなかキャッチーなバンド名ですよね。 (お笑いのかと思った。 笑) 髭の似合う年齢になっても、誰もがワクワクする音楽を続けたいという思いが バンド名に込められており、通称 「ヒゲダン」と親しまれています。 男性4人組みのバンドで、2018年4月にメジャーデビューしたばかりです。 2012年の島根で結成されてから、地元を中心にライブ活動を続けてきました。 メジャーデビュー曲となった主題歌「」がドラマ版でも起用され、 一躍話題をよんだため、今回の映画版での起用もかなり期待が寄せられています! 耳に残る曲調と、ボーカルの切ない声色にハマっていく人も多いようです。 かくいう私自身も、映画館で一度聞いてばらく耳から離れませんでした。 これからますます活躍の幅を広げていく、注目の若手バンドのようです!! 『Pretender』の歌詞にグッとくる! 映画「コンフィデンスマンJP」のエンドロールで流れる 『Pretender』。 耳心地のいいミディアムナンバーにのせられた歌詞は、 ラブストーリーの終わりを綴ったものですが、 痛いくらいに切なくてリアルな描写なのです。 想像するほどに苦しくなるほどまっすぐな思いが込められているように感じます。 の公式ミュージックビデオは台湾で撮影されたそうで、 映画コンフィデンスマンの舞台が香港ということもあり、 映画の世界観とリンクしているようにも感じます。 ノスタルジックな背景のネオンが、余計に哀愁をかもしだしているようですね。 「Pretender」歌詞 「君は綺麗だ」 ここまでの心境の変化を受けて、4:09からのラストのサビのフレーズでは、 「それじゃ僕にとって君は何?」と自問自答します。 この一曲でヒゲダンの世界観に一気に引き込まれてしまいました! これからの活躍を追っていきたいと思います。 ms-diamonds-sea.

次の