風潮 類語。 「時流」の意味と使い方・例文・「風潮」との違いは?現役ライターがサクッと解説!

「風潮」とは?意味や使い方を解説!

風潮 類語

「円滑」とは、「物事がすらすらと運ぶことやその状態」を指す言葉です。 円滑という言葉はたまに使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 また、何となく使ったことがあるという方も多いかもしれません。 しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 円滑の本来の意味や定義を解説するとともに、ビジネスシーンでの例文や使い方について解説していきます。 また、類語・言い換え、対義語の意味についても触れていきます。 「円滑の意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• 「円滑」とは?|意味と定義を解説! 「円滑」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの環境では使われることが多いはずです。 だからこそ、円滑の意味を検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、円滑の意味・ニュアンスや内容は職場や個人の使い方によって異なります。 もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 円滑の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 円滑とは?|読み方・意味・定義 円滑とは、 「物事がすらすらと運ぶことやその状態」を指して使う言葉です。 また、そのさま。 「会の円滑な運営」 2 かどばらず滑らかなこと。 また、そのさま。 引用: 円滑とは、物事や人間関係、その他様々な事柄が問題なく進むことを表す言葉として多用されます。 丸く滑るように物事が進むのは、なんとも気持ちのよいものです。 しかし、ほとんどの場合物事が何の問題もなく進むことはあり得ません。 計画を緻密に練っても結局予想外のトラブルに見舞われることがありますし、円滑だと思っていても一瞬で進まなくなることがあります。 円滑という言葉は、何かにつけ指示されるときに使われる言葉でもあります。 たとえば、「円滑な運営」「円滑化する」「円滑に(計画を)回す」といった表現です。 ビジネスシーンでは「円滑にするとは具体的にどういうことなのか?」を考えたうえで、行動することが大切になるでしょう。 ビジネスにおける円滑の意味 ビジネスにおいては、特に人間関係やコミュニケーションの観点から「円滑」という言葉が使われることがあります。 たとえば、職場の人間関係を円滑にするための方法として「マグネットスペース」と呼ばれる社内の施設を意図的に作る企業も存在します。 マグネットスペースとは磁石に吸い寄せられるように社内の人々が集まる場所のことで、カフェスペースや給湯室など、自然と人が用事で集まる場所のこと。 社内のコミュニケーション活性化のため、そういった「何気ない会話」ができるスペースを準備しておくことが大切だという発想です。 組織やチームが円滑な人間関係を築くためには様々な要素が必要ですが、こういった人との会話をしやすくなる環境こそ、人間関係の円滑化には重要なことだと言えるでしょう。 円滑の例文・使い方 円滑には様々な表現があり、それぞれで使われるシチュエーションが異なる場合が多いです。 ここでは、「円滑」が使われる例文と使い方について解説していきます。 円滑に行うの意味 円滑におこなうとは、計画や戦略通りに物事を進めることを指します。 円滑にする(円滑化する)/になるの意味 円滑にするという場合には、何か円滑に物事が進まない原因があり、それを解決するために行動することを指します。 たとえば、メンバーのAさんとBさんの意見が対立していることで物事が前に進まない状況になっている場合には、AさんとBさんに議論をしてもらいお互いが納得するまで話し合わせることや、異なる意見を持っていても目の前の仕事をこなせるように準備することなどです。 一方「円滑になる」という場合には、円滑にしようとはしていなくても自然とコミュニケーションが活発になったり、円滑に物事が進まない状況が解消されることを指します。 円滑に回す/回るの意味 円滑に回すという場合には、何度も計画を実行に移し、得られた結果をチェックしたうえで次の計画を改善していく「PDCAサイクル」を指す場合が多いです。 また、円滑に物事を進めるというニュアンスと同じケースもあります。 円滑な運営の意味 円滑な運営とは、組織運営において目標を達成するためにおこなう行動が滞りなく進んでいることを指します。 円滑な運営を実現するためには、各部署の問題点が早めに共有されて、取り返しのつかない問題が発生しないように未然にリスクを防ぐことが求められます。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の

「風潮」とは?意味や使い方をご紹介

風潮 類語

体調の悪い妻の様子を、夫が 察する。 体調の悪い妻の様子に、夫は 無関心だ。 察する夫の行動は「食事を作ってあげる」「部屋の温度を気にかける」などが挙げられます。 一方、無関心な夫は「様子も見に行かずにダラダラしている」「今日のご飯なに?と尋ねるなど、妻の辛さを考えない」などがあるでしょう。 「あなたって、ほんと私の気持ちを察してくれない!」と言われた場合には、「あなたは私に無関心なのね」と言われたのと同じということですね。 5.「察する」の英語表現 「察する」の英語表現は、多数あります。 相手の(見えない)メッセージや感情を受け取るという意味で、使うならば、次の表現を使うと良いでしょう。 相手に興味を持って話を• 相手の言葉を鵜呑みにしない• 「自分ならどうされたい?」と問いかける 「察する」ために最も重要なのは、 相手の気持ちをどれだけ感じ取ることができるかです。 そのため、まず話を聞いていなくては気持ちがわかるはずもありません。 また、話を言葉通りに受け取るだけでは「そういう気持ちで言ったんじゃないのに・・・」と相手に思わせてしまうことも。 それでもなかなか相手の本心を感じ取ったり、相手の気持ち全てを理解したりするのは難しいですよね。 「なんかおかしいな?」と感じたら、自分なら相手にどんな行動をしてほしいかなと考える習慣をつけていくことが、察する力を鍛えるひとつの方法かもしれません。

次の

「察する」の正しい意味と使い方!類語や敬語表現も解説!

風潮 類語

公開日: 2018. 24 更新日: 2018. 24 「ご時世」の意味と使い方、類語、「ご時勢」との違い 「ご時世」という言葉をご存知でしょうか。 「このご時世に」「世知辛いご時世に」といったように使います。 では、「ご時世」とはどのような意味なのでしょうか。 日常会話でよく使われている表現なので、普段から使っているという方が多いかもしれません。 テレビなどでも多く使われていますよね。 ただ、詳しい意味はわからない、どのように使うか知らないという方もいると思います。 正しく使うには、意味についてきちんと知っておくことが必要です。 そこで今回は「ご時世」の意味や使い方、「ご時勢」との違いについて解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「ご時世」の読み方と意味 「ご時世」の読み方は「ごじせい」 「ご時世」は< ごじせい>と読みます。 「時世」は「ときよ」とも読みますが、「ご時世」とした場合は「ごじせい」と読むのが自然です。 「ご時世」の意味は「世の中」「時代」 「時世」の意味とは、「 時が経つにつれて変化する世の中」つまり「 時代」です。 時の流れによって移り変わる世の中、そのときそのときの人々が生活をしていくこの世を表します。 「ご時世」は、 「時代」を意味する「時世」に、丁寧語の接頭語「ご」が付いた表現になります。 名詞の頭につく「お」「ご」は尊敬語の場合と丁寧語の場合があります。 目上の人に対して使う言葉の場合は尊敬語になります。 例えば、「お客様」「ご意見」などの「お」「ご」は尊敬語にあたります。 一方で、「お天気」「お鍋」などの「お」は丁寧語になります。 ちなみに「お」は和語に付き、「ご」は漢語に付きます。 「ご時世」の漢字 「ご時勢」は「 御時世」と書くこともあります。 「時」は音読みで「ジ」、訓読みで「とき」と読みます。 「時」は「月日の変わりよう」を意味します。 「世」は音読みで「セイ・セ」、訓読みで「よ」と読みます。 「世」は「この世」を意味します。 「ご時世」は、ネガティブな意味合いで使うことが多い 「ご時世」単体では「世の中」「時代」という意味ですので、 「 このご時世」「 今のご時世」という形で使うことで、 「当今の時代」「現在の世の中」「現代」という意味になります。 例えば、「このご時世、CDなんて売れるわけがない」などと使います。 他にも「ご時世」は「 世知辛いご時世」「 いやなご時世」「 くらいご時世」などの言い回しで使います。 これらは、「世知辛いご時世」とは「暮らしにくい世の中」「生きづらい社会」という意味で、世界や国全体の景気や政治、あり方そのものを批判するときに使う表現になります。 これらのように「ご時世」は、 暗くて重々しいマイナスなイメージを伴って使うことが多いです。 「ありがたいご時世だ」といったように、ポジティブな意味合いで用いることもありますが、稀です。 「ご時世」と「ご時勢」との違い 「ご時勢」は< ごじせい>と読みます。 「ご時勢」の意味は「 時代が変化する勢い」「 世の中の動き」です。 「ご時世」と同様に「ご時勢」は、変化する世の中を意味する「時勢」+丁寧の意を表す「ご」を付けた表現となります。 「ご時勢に後れる」「ご時勢に逆らう」「ご時勢に応じる」といったように使います。 「ご時世」は 「時代」、「ご時勢」は 「時代の流れ」を意味します。 変化する世の中を表す場合は「ご時世」、変化する世の中の傾向を表す場合は「ご時勢」を使います。 物事が変わっていく様子、勢いがある様子を表したいときは「ご時勢」を使うのが適します。 また、それぞれ「時世」ではなくて「ご時世」、「ご時勢」ではなくて「時勢」と使うことが多いです。 例文 ・このご時勢だから、流行りのものや服装もどんどん変わっていくだろう。 ・ちょっとした暴力でも取り沙汰されるご時勢だから、体罰なんてご法度だよ。 ・このご時勢に、お給料をたくさんもらえるなんて、君は本当に優秀なんだね。 「ご時世」の類語・言い換え 世の中 (意味:人々が関わりあって生活していく世) 「世の中には色々な人がいる」 この世 (意味:今現在の世の中) 「生まれてきたからにはこの世を楽しむ」 この世界 (意味:人々が生活している場所) 「この世界には様々なものがある」 時代 (意味:今現在の世の中) 「時代はどんどん変わっていく」 年代 (意味:時の流れを経ている年月) 「年代を経た建物には趣がある」 社会 (意味:人々が生活を送っている世の中) 「社会に出るということは大変だ」 有り様 (意味:ある物事の状況) 「世の中の有り様はとても複雑である」 風潮(ふうちょう) (意味:時代の移り変わりによって変化する世の中) 「自分より劣っている人を見下す風潮がある」 世情(せじょう) (意味:社会の有り様) 「彼は世情に通じていて色々なことを知っている」 世間(せけん) (意味:人々が生活している世の中) 「世間で上手くやっていくことは難しい」.

次の