怖い話 短編。 夏本番!怖い話 短編集

【実話】怖い話(短編)『オレオレ詐欺』

怖い話 短編

これは私が20歳を越えたばかりの、今から20年ほど前の話です。 その頃私は、とある地元の警備会社のガードマンのアルバイトをしていました。 その頃は体質的なものか、とても霊感が強くなっていて3日に1回は金縛りにあうなど、とても霊的な体験が多い時期でした。 地元の浄水センターのガードマンをしていたのですが、巡回地域は広いものの人が入り込むような所ではなく、本当は夕方から朝まで4回程巡回するところを、面倒くさいので2回程度回ってあとは仮眠時間で朝まで寝る、という怠惰な勤務をしていました。 警備員室は門の脇に専用のプレハブ小屋があり、クーラーは無いものの雨露もしのげて寒さも酷くなく、割と快適な環境だった事を覚えています。 そこで好きな深夜ラジオを聞いたり、趣味の書き物をしたりして、今考えればとても楽な仕事でした。 そんなある日の事です。 それとほぼ同時に、耳に子供達がボール遊びをしている声が入ってきました。 時刻は午前3時です。 子供達どころか静まり返った浄水場には猫一匹すらいない状況です。 背中がゾワゾワしてきましたが、金縛りが解けないので私はただひたすらに眠っているフリをしていました。 ボール遊びをしていた子供達の騒ぎ声が次第に近づいてきました。 複数人いる様子ですが、恐らく生きてはいない子供達なのでしょう。 その子供達は、ついに私のいるプレハブのすぐそこまで来て、ボール遊びを止めました。 真っ暗闇で姿は見えませんが、私には感じました。 大きな窓に顔をひっつけて、何名もの子供達が私の姿をのぞき込んでいるのです。 窓の下から上、隅々まで張りつくような子供の視線を感じました。 私は恐ろしくなって、目を閉じて見えないようなフリをしながらひたすら念仏を唱え続けました。 それからどのくらい時間が経過したでしょうか。 いつしか子供達の視線や声は聞こえなくなり、なんとかどこかへ行ったんだろうなと思って安心して眠ろうとすると、今度はとても息苦しくなってきました。 息をしようにも、まるで鼻と口を抑えこまれたように呼吸が出来ないのです。 私の場合、このような状況は霊的な存在が近くにいるという証なのです。 「このままでは窒息してしまう…。 神様、仏様、どうか助けて下さい…。 」 そう念じながら、私は慢心の力を込めて跳ね起きました。 その時、目を開いた私の眼前の窓に紅葉の葉のような沢山の小さな手が見えました。 それはほんの一瞬で消えましたが、間違いなく無数の子供の手でした。 もうすでに夜は明けていて、小鳥のさえずりが聞こえてきました。 あまり考えたくはないのですが、私は金縛りが解けた瞬間に見た小さな手の大群を、一体なんだったのかと考えました。 一つ考えられるのは、彼等が私が本当に寝てしまっているのかを確かめる為にわざと顔の上に手を置いて、息苦しくなって起きてくるようにイタズラしたのか。 もう一つは、彼等を無視して寝たふりをした私に怒り、息の根を止めようとしたのか。 調べてみるとわかったのですが、水場というのは浮遊霊が集まってきやすいのだそうです。 私の勤務していた場所は浄水場。 まさしく水の集積する場所です。 しかもこの体験は8月でお盆の前だったと記憶しています。 あの子供達は、私に遊んで欲しかったのでしょうか。 それとも…。 私は霊感も全くなく、霊の存在も信じていませんが、奇妙なものを見てしまいました。 その日は子供が転んだ拍子に、テレビ台へ頭を打ってしまいました。 かなり派手に転んだので、心配になり病院へ連れて行くことにしました。 とはいっても、その日は休日。 開いている病院があるはずもなく、仕方なく緊急病院へ行くこととなりました。 昼間だったのですが、病院は予想以上に混んでいました。 待ち時間は長かったのですが、幸いなことに子供は大した怪我ではなく、冷やしていれば大丈夫だということですぐ帰宅はできました。 その緊急病院は、入るには大通りを利用した方が便利なのですが、出るには裏の細い道を通った方が私たちの自宅へ帰りやすいため、狭い一方通行の路地を通ることになるのです。 狭い道を注意しながら車を走らせていたのですが、電信柱の地上から4mくらいのところに、マネキンのような顔が出ていることに気付いたのです。 それはおかっぱのような髪型で、顔はのっぺらぼうでした。 「なぜこんなところにマネキンが?」と思いながらも車を走らせると、そのマネキンはゆらゆらと揺れて電信柱の影に隠れていきました。 どういうこと?と不思議に思った私は、その電信柱のところで車を止めて上を見上げたのですが…人の気配はおろかそのマネキンすらも見当たりませんでした。 嫁は子供の相手で忙しく見ていなかったようですが、しきりに電信柱を見上げている私に「どうしたの?」と声をかけてきました。 嫁は怖いものが大っ嫌いなもので、今でもこのことは言わないようにしています。 私は幽霊など一切信じていません。 ですがここまでハッキリと得体の知れないものを見ることになるとは思いませんでした。 あれは一体何だったのでしょうか…。 到着するなり今日の仕事の指示を受け、一斉に取り掛かります。 ピッキングの仕事で、たくさんの商品の中からリストアップされたものを選び箱に入れるだけです。 あっという間にお昼の休憩時間となり、60人くらい居た人は皆一斉に倉庫からいなくなりました。 「ここ、初めて?」 ドアから出て行く時、近くにいた方が振り向いて声をかけてくれました。 私は初めて来た場所でしたが、どうやら何人かは複数回日雇いに来ている様子です。 「ここは1人になると出るって噂があって、皆1人にならないようにしているの。 だから外でお弁当を食べるんだ。 」 唐突にそんな事を言われてあっけにとられましたが、まぁ今日だけだしと気軽に考えてご飯を食べます。 ベルが鳴ると、皆一斉に移動して午後の仕事へと取り掛かります。 作業中は黙々と働き、終業のベルが鳴ると日当が手渡しされます。 受け取った方は次々と建物を出て行きます。 私も外へ出ようと思ったのですが、その前にトイレと思って1人で向かいました。 トイレには先客が1人いました。 私がトイレを使い出てくると、まだその方は手を洗っています。 特に気にもず、私は警備員のいる出口へと向かいます。 「あれ、まだいたの?閉めるから早くして。 」 警備員は言い切らないうち、シャッターのスイッチを押していました。 私は 「あの、まだ1人います。 トイレにいました。 」 と伝えると、警備員は言いました。 「…あれはいいんだ。 あれはここで2年前、フォークリフトに跳ねられて亡くなった子だ。 さぁ早く。 」 急かされて外へ出ると、マイクロバスが待っていました。 幽霊を見たのに、妙にリアル過ぎたので怖くはありませんでした。 バスに乗り中を進むと、空席にトイレで見た、その幽霊が座っていました。 タータンチェックのシャツが強烈な印象に残っていたので、間違いないです。 うわっ!と思いましたが、気付かぬ振りをしてやり過ごしました。 駅に着いて皆がバスを降り、各々帰ろうとする中。 その子も改札にいました。 つい気になって目線を送っていたら、振り返った時に目が合ってしまいました。 私が蛇に睨まれた蛙のように固まっていると、ニヤリと笑って3人組の男性の後ろにぴったりくっつき、改札を抜けていきました。 その男性達がその後どうなったか、私には知る術もありません。 せめて何事も起こらないよう、祈るばかりです。 「ねぇ、私の泣きボクロ、左右どっちにある?」 同僚のMが、仕事中に話しかけてきた。 「向かって右。 」 「向かって右ってことは…左。 鏡の中のあたしは、右にホクロがある…でしょ?」 「まぁ、そうなるわね。 」 営業が出払ってしまうと、事務所はMと2人きりになる。 ふんふん頷きながら、私は書類をめくる。 「ねぇ、聞いてるの? 鏡に映る顔、本当に自分の顔だってわかる?」 Mの声が、しだいに上ずる。 なんか、危ない気配…。 私は黙ったまま、Mを見つめた。 「ずっと自分の顔だと思ってたのは、5歳の時、事故で死んだ双子の妹の顔だったの。 ホクロが反対!」 何を言っているのだろう。 Mは私を手招きしている。 「ほら、見て。 」 立ち上がり、ロッカーを開けた。 ロッカーへ取り付けられた鏡に、彼女が正面から向き合う。 背後から覗く私に、知らない女が微笑んだ。 某テレビ局系列のポスプロに勤めていたときの話です。 その編集所には、『絶対に消えないテープ』というものがありました。 それは、以前に心霊番組の特集を編集した際、 やりくりとして、素材のテープの内容を別のテープにダビングしたもので、 その番組の放送が終われば、イレーサーという特殊な機械にかけられ消させるはずでした。 ところが番組放送終了後、そのテープをイレーサーにかけてみても、 ダビングをした日本人形の映像だけは消えませんでした。 ポスプロのスタッフは最初は半信半疑で、 何度も何度も繰り返しイレーサーの機械をかけたり、他の映像をダビングしてみたりしたそうなんですが、 それでも日本人形の映像だけは消えませんでした。 結局、今もそのテープは、日本人形の映像が入った状態のまま編集所で保管されています。 その他にも、電源を落としたビデオデッキが勝手に動きだしたり、 突然、編集室にお経を唱える声が聞こえてきたりすることがあり、 それ以来、その編集所ではオカルト番組の仕事を受けるのはやめたそうです。 ちなみに、オカルト番組で取り上げる心霊スポットって、お祓い済みのところが多いです。 お祓いされていない場所で撮影をすると、本当にスタッフの身が危ないので、 必ずお祓いを済ませてから撮影をするとか。 個人的には、消えないテープよりも、 飛び降り自殺の遺体を撮影した映像の方が怖かった……orz 大分昔の話。 友達のかあちゃんが運転中に前の車にぶつけてしまった。 保険屋を通しての賠償は勿論、直接相手の元へ出向いたりと誠心誠意謝罪をした。 だが、このぶつけてしまった相手ってのがねちっこいやつで、 更に金を要求して来たり、自宅まで来て大声で怒鳴りたてたりを毎日のように繰り返して来た。 友達のカーチャンは参ってしまってノイローゼ状態。 飯も喉を通らないし、チャイムの音に逐一脅える程にまでなってしまった。 いよいよ困り果てた友達のカーチャンは、昔から何かと世話になっていたお寺の住職にこの事を相談した。 カーチャンの話を聞いた住職は、しばらく黙り込んだ後にこう言った。 「相手がどうなっても良いですか?」 追い詰められていたカーチャンは、藁にでもすがりつく思いで返答し、帰宅した。 それから数日、毎日のようにいちゃもんを付けに来ていた男はぱったりと来なくなった。 カーチャンは相談をしていた住職の所へ現状報告に出向いた。 住職はにっこりと笑って「良かったですね」と言った。 それから、どれだけたっても男が家に来る事は全くなかった。 カーチャンの体調もすっかり良くなって本来の生活に戻っていた。 やがて、男の事なんてすっかり忘れていた頃に、親戚でもあり事故の時に世話になった保険屋から、こんな電話がきた。 「あの男、死んだらしいよ」 死んだ時期を計算したら、カーチャンが住職に相談をしにいった直後だったという。 この寺は未だにある。 ガキの頃の体験談をひとつ書いてみる。 幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えてる。 祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通ってたんだけど、 祖父の家は関東で、田舎でもなければ都会でもない中途半端な所だったから、 特に娯楽がなく、退屈だからいつも外に遊びに出てた。 その日も退屈して外に行こうと思って、玄関のドアを開けたら何故か夜。 びっくりして、玄関の前にある鉄柵(祖父の家はマンション)から乗り出してみたら、ぜんっぜん風景が違う。 配管がたくさん通ってて、工場みたいな場所。 いろいろと機械の凄い音がしてたから、稼動してたのかな? 怖くなって、祖父の家に戻ろうと思って振り向いたら、 玄関のドアが何百年も使ってないみたいに錆びてて、ノブも回らない。 焦って半泣きでドアを蹴る殴るしてもビクともしなくて、座り込んでわんわん泣いてたら、 突然ノブが回ってドアが開いた。 したら中からばあちゃんが出てきて、ばあちゃんも泣きながら俺を抱きしめてきた。 玄関先でわんわんやってたら、両親と祖父と親戚の叔父と叔母と警察が戻ってきた。 どうやら昼過ぎに出てったっきり戻ってこなかったらしく、警察に連絡して親戚一同で探し回ってたという話。 ちなみに、俺が戻ってきたのは夜中の1時。 全力で説明するも勿論誰も信じてくれず、カーチャンに死ぬほど怒られてまた泣いた。 未だに謎の事件。 正月に親戚集まって昔話すると必ずこの話をされるが、俺にもわかんない。 友人の話。 山奥の渓流に、鮎釣りに出掛けた時のこと。 その河原に鮎師の姿は無かったが、その代わりに色々な道具が置いてあった。 無造作に投げ出された、高価そうな鮎竿。 天然木で作られた綺麗なタモと、水に半分浸けられた囮缶。 使い込まれた風なクーラーボックスとザック、仕掛けを作るための道具箱等。 鮎竿は組まれた状態で、仕掛けもちゃんと付けてある。 ただ、仕掛けの囮鮎が死んでいた。 誰かが釣りの途中で場を外したのだろうかと思ったが、どうも様子がおかしい。 近くに寄るとタモの上に、これまた死んだ鮎が載っていることに気がついた。 まるで、釣り上げた鮎を針から外した直後に、当の釣り人がパッと宙に消えた。 ……そんな情景を想像してしまった。 「誰かいませんか?」 そう呼ばわりながら、囮缶を開けてみた。 白い腹を上にした囮鮎が何匹か、その中に浮いている。 やはりすべての鮎が死んでいた。 どうにも不気味だったので、別のポイントで釣ることにしてそこを離れた。 帰り際にも覗いてみたが、道具は彼が見た状態のままで捨て置かれていた。 釣り人が帰ってくる気配はない。 一応漁協に報せておいたが、今に至るも詳細は不明のままである。 「事故じゃなかったのならいいんだけど、ちょっと気持ち悪いよね」 そんな事を言いながら、彼は相も変わらずそこの沢に通っているそうだ。 俺の爺さんには従兄がいたらしいんだが、10代前半で亡くなっている。 それがどうも不自然な死に方だったというので、 死んだ当時は親戚や近所の連中にいろいろ騒がれたんだそうだ。 戦後すぐの物がない時代のある日、 その従兄は友達と何か売ったり食べ物と交換したりできるものはないかと、実家の蔵の中をあさっていた。 その従兄はうちの本家の人間だったので、 蔵にはガラクタとも骨董品ともつかないものがごちゃごちゃとあったらしく、その中から何か見つけてやろうと思ったらしい。 探しているうちに、ひょっとこのお面を見つけたそうだ。 そのお面が気に入ったのか、従兄はそれをかぶって通りに飛び出し、でたらめに踊りだした。 もちろん一緒にいた友達連中にもバカ受けで、ひとしきり大騒ぎして、 そのまま夕方までひょっとこの面をかぶって遊んでいたらしいんだが、 そのうちに従兄が何かにつまづいたか、突然転んで道に倒れて動かなくなった。 最初はふざけてるのかと思ったが、呼んでもゆすっても返事がないので様子がおかしいと思い、 すぐに抱え上げて、本家の座敷に連れて帰った。 倒れたままの状態で身体はほとんど動かないが、かすかな声で「面を・・・面を取ってくれ・・・」とうめくのが聞こえる。 あわててひょっとこの面を取ると、顔色は土色、唇は紫、すっかり生気がなくなっていて、まさに死人の顔だったという。 もうほとんど呼吸もはっきりしない状態の従兄をみて、家族も半ば覚悟して医者を呼んだ。 従兄が倒れてから医者が来るまで、実に30分と経っていないはずだった。 しかし、駆けつけた医者は従兄をすこし見てすぐに、厳しい調子で家族に言った。 「どうして放っておいたんですか!?亡くなってから半日は経ってます」.

次の

短編の怖い話一覧

怖い話 短編

人気の怖い話• 愛してはいけない 私の尊敬する住職は、すでに結婚していてもおかしくない歳なのだが、まだ結婚していない。 その住... 夜中の死神 家系なのか血筋なのかわかりませんが、私の家族は代々霊感が少なからずあります。 それを踏まえてこの記... 張り紙アパート 私が大学生だった頃の話です。 私が通う大学のある街には「張り紙アパート」と呼ばれる奇妙なア... 裏S区 今から何年か前に男の子(仮にA)が一人行方不明になった。 (結局自殺してたのが見つかったけど) 俺は... 潰された足 これは私が大学2年生の時の話です。 大学の講義が終わった後、友達の家で焼肉会をすることになりました... 昔田舎で起こった怖い話 俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利... 田舎の大根さん 去年の秋頃だったかな 俺は時々変なものを見るようになった 明らかに人間じゃないんだけど、... ちなみに俺は今27歳。 昔のことは、ややうろ覚えの部分もある。 細かな描写はある程度、想像の部分もある... 姦姦蛇螺 かんかんだら 小中学の頃は田舎もんで世間知らずで、特に仲の良かったA、Bと三人で毎日バカやって... Y君は関西の某大手製薬企業に勤めている。 しかし仕事柄、中々女性と出会えず、彼女がいないのが悩みであった。...

次の

【短編版】意味がわかると怖い話 解説付き【ショート・ショート】

怖い話 短編

B子 とある小学校に、A子とB子というとても仲の良い女の子がいました。 2人は、学校ではもちろんのこと、放課後も毎日一緒に遊んでいました。 その日も2人は遊ぶ約束をしていたので、 お互いにいったん荷物をおきに家に帰りました。 A子の両親は共働きで兄弟もいないので、いつも家に帰っても一人。 そんな時いつも一緒にいてくれるB子はとてもありがたい存在でした。 家に帰ってすぐに部屋に荷物をおき、家を出ようとすると家の電話が鳴りました。 電話に出ると、相手はB子でした。 「もしもし」 「・・・・」 「もしもし?」 「・・・わたし、B子。 今日は用事が出来て遊べなくなったの。 ごめんね、また遊んでね。 」 B子との約束がなくなり、がっかりするA子。 すると、いつもよりも仕事がはやく終わったという母親が帰ってきました。 なんだか、いつもと様子が違う母親が気になってA子が訪ねると どうやら母親は、帰り道に近くの通りで交通事故の現場を見てしまったそうです。 その交通事故は、酷いもので被害者は大型トラックに引きずられて亡くなったそう。 次の日学校で、その事故の被害者がB子だったということをA子は知ります。 1ヶ月経っても、A子は立ち直れませんでした。 あんなに元気だったA子は、ほとんど喋らなくなり学校も休むようになりました。 その日もA子は、学校を休んでひとりで家で寝ていました。 お昼の13時頃、インターホンが鳴りA子は起きました。 親もいないので家にはA子1人、誰とも話したくないので無視していましたが、 しつこくインターホンは鳴り続けます。 仕方なくリビングにあるモニターを見てみると、 映っていたのは赤いフードをかぶった子供のようで、しかも異常に痩せ細っていました。 A子は「だれ?」と尋ねましたが返事はありません。 マイクから聞こえてくるのは、まるで喉に痰が絡んだような息の音だけ。 さすがに気味が悪かったので、警察に連絡しようと思ったその時、 気付いてしまったのです。 その子供には両腕がありませんでした。 そしてフードだと思っていたものは、顎から上がひしゃげた頭だったのです。 モニターを見るとソレは、家の中に入ろうとしています。 どうしていいか分からずパニックになったA子はその場にうずくまり そのまま気がついた時には床に倒れていました。 意識を失っていたのでしょうか。 部屋の中やモニターを見回しましたが、もうソレはいませんでした。 その時になって、A子は気づきました。 あの子供が着ていた服が、事故当日のB子とまったく同じだったことを。 おめでた 半年くらい前に、同じ職場のAさんという女性が退職していきました。 Aさんは30代後半で、とても綺麗な人。 彼女は、一度離婚をしていて現在の旦那さんは再婚。 すごく親しかった訳ではないですが、彼女が退職する日の昼休みたまたま話す機会があったんです。 「Aさん、どうして退職することになったの?旦那さん転勤とか?」と私が聞くと 「ううん、違うの。 旦那は転勤ないの。 」とAさん。 「え、もしかしておめでた?」 つい聞いてしまったが、彼女の顔が曇ったのでやばいと思いました。 彼女が前の旦那さんと赤ちゃんがなかなかできなかったという噂を思い出して後悔していると 「ううん、違うの。 でも聞いてくれる?」と彼女は言いました。 「え、うん。 」 「今から言うことは黙っててね。 誰にも相談できなかったの。 」 彼女は俯いたまま、私の顔も見ずに淡々と話し始めました。 「前の旦那さんとね結婚してた時ね、実は2回妊娠していたの。 でもね、2回とも産めなかった。 流産とかそういうのじゃなくて産めなかったの。 妊娠している時に夢を見てしまって、その夢がどうしても怖くて。 」 「夢・・・?」 「妊婦の女性が夢に出てきて、その人のお腹めがけて殴ったり、酷い時にはお腹の中に手を入れたりとか。 それがだんだんとエスカレートして、今度は自分自身を客観的に見ている夢になるの。 そしたら、その自分に対しても同じようにしていた。 これは1度だけじゃなくて毎晩。 夢らしい夢ならまだいいけど、あまりにもリアルで、感触とか血の匂いまで覚えてる。 だから怖くなって、旦那に黙っておろしたの。 」 「・・・もしかして、2回目も?」 「そう2回目も同じ。 もっと酷かったよ。 」 私は、思わぬ話を聞かされ言葉が出ませんでした。 「だからね、他の男性ならって思って今の旦那と一緒になったのよ。 」 そこで、昼休みが終わってその日は彼女ともう話さず終わり 彼女は退職していきました。 そんな彼女とつい最近、偶然街中で会ったんです。 たわいもない話でもしようかと思ったのですが、 「ねぇ、また同じだったよ。 今度はもっともっと酷かったの。 もうだめかもね・・・」 私の目も見ずに、それだけ言って彼女は去っていきました。 その彼女の言葉と声がなぜかとてつもなく怖く感じて、しばらく立ち尽くしていた気がします。 洗濯物 母校の中学校の近くに、結構築年数の経ってそうなボロアパートがあったんだけど、 俺が実家を出て、上京している間になにがあったのか廃墟になっていた。 どうやら誰も住んでいないらしいんだけど、 帰省中にふと廃墟アパートのベランダに洗濯物が干してあるのに気づいた。 家に帰って、そのことを家族に話したんだけど、反応はあんまなかったから 自分で、誰か住んでるんじゃないかとアパートの所有者に連絡したんだ、おせっかいだけど。 そしたら今から見に行くってことになって、同行した。 所有者のおじさんと、俺と地元の友人3人でその部屋に入った。 幸い鍵は閉まってなく、部屋の中には誰もいなかった。 誰かが住んでいたような感じもしない。 ベランダには黄色いバスタオルと白い靴下が干されていて 「なんだよイタズラか?」と笑いながらバスタオルを取り込むと 友人が「うわぁあああ」と大声を出した。 タオルを見ると、裏側にびっしりと焦げ茶色の何かがついていた。 それはよく見れば赤黒く、血だった。 ずいぶん時間が経っているような。 3人とも何も言わず黙り込んだ。 本当に全身鳥肌が止まらなかった。 侵入者 M子という友人の話。 彼女はひとり暮らしをしていたのですが、バイトから帰って部屋に入ると部屋が荒らされていて 何者かに侵入された形跡があったそう。 当然、怖いのでM子はすぐに警察へ連絡。 駆けつけた警察の調査がすぐに始まりました。 取られたものはなかったものの、奇妙なことがあったそう。 それは、何ひとつ「指紋」が見つからなかったこと。 いやいや犯人が手袋してただけでしょと思ったそうですが、そうではないそう。 犯人だけではなく、M子自身の指紋も見つからないそうだ。 帰ってきてから通報するまでに触った部分以外、指紋がないらしい。 今もその理由は分からず、犯人も見つかっていない。 M子はその部屋をすぐに出て実家に帰ったようだが、引っ越す時に荷物の整理をしていると 見たこともない、マグカップが1つ紛れていたそう。 その理由ももちろん、分からない。

次の