インスタ ストーリー観覧履歴。 インスタ|ストーリーの閲覧履歴を残さない裏技

Instagram(インスタ)で足跡が残る場合を解説、ストーリーの場合や確認方法も紹介

インスタ ストーリー観覧履歴

こんにちは。 白石ふくです。 最近のインスタグラムでは通常の投稿よりもストーリーの方が人気の傾向にありますよね。 みなさんの中にも通常投稿よりストーリーの方を更新している、という方も多いのでは。 ストーリーは24時間でアーカイブに移動する、1日に何度更新してもタイムラインにしつこく表示されないなど、気軽に投稿できる仕組みが整っている便利な機能です。 自分が投稿したストーリーを見てみると、誰が見たのかも分かりますよね。 でもちょっとまって!! 基本的にはこれで問題ないですが、なんらかの理由で自分がストーリーを見たことを相手に知らせたくない、という方もいるのでは? そこで今回は、閲覧履歴を残さずにストーリーを閲覧する裏技をご紹介します。 この方法はiPhoneユーザーのみ使用可能で、サードパーティアプリを使用した方法です。 そのため突然使用できなくなる場合もありますので、注意してくださいね。 「Instagramでリポスト」とは 「Instagramでリポスト」とは、インスタグラムの投稿をリポストしたり保存したり、閲覧履歴を残さずにストーリーを閲覧することができる無料アプリです。 閲覧したストーリーは、保存することも可能です。 ストーリーを閲覧すると、基本的に投稿者に誰がみたのかが分かる仕組みになっています。 自分が相手をブロックしている、非公開アカウントにして相手が自分の投稿を見れないようになっている、などの場合でも「誰がみたのか」という履歴は残ります。 基本的には履歴が残ったからなにかがある、というわけではありませんが、さまざまな理由で「履歴をのこしたくないけれどストーリーを見たい」ということもありますよね。 そこで「Instagramでリポスト」の出番です。 こちらのアプリを使用すれば、履歴を残さずにストーリーを閲覧・保存することができますよ。 なお記事の冒頭でも書きましたが、こちらはサードパーティアプリですので突然利用停止になったり、仕様変更でストーリーを見た際に履歴が残るようになってしまったりなどの可能性もあることには注意してくださいね。 入手方法 「Instagramでリポスト」でストーリーを見てみよう まずアプリをインストールして起動します。 最初に「Log in with Instagram」というボタンが表示されますので、タップしてください。 ユーザー名・パスワードを入力して、インスタグラムのアカウントでログインします。 公式のインスタグラムアプリとほぼ同じような画面が表示されます。 「フィード」は自分がフォローしているアカウントのタイムラインが、「ポピュラ」にはインスタグラムの公式アプリの「検索 虫眼鏡アイコン 」と同じ画面が、「いいね」には自分がいいね!をした投稿の一覧が、「投稿」は自分の投稿の一覧が、「お気に入り」には「Instagramでリポスト」内でお気に入り登録した投稿の一覧が表示されます。 そして画面の1番上を見ると、ストーリーの一覧が表示されていることが分かります。 ストーリーの一覧から見たいストーリーをタップする、または「検索」でストーリーを見たいユーザーのアカウントを検索してください。 すると対象のアカウントのプロフィール画面のような画面に切り替わり「Stories」という画面が表示されます。 ここでは、現在見ることができるストーリーすべてが表示されています。 なお「投稿」では、通常のタイムラインに投稿されている写真や動画が表示されます。 「Stories」で見たいストーリーをタップしてください。 するとストーリーが再生されます。 この画面上で、画面の右上に表示されている「・・・」をタップするとメニューが表示されますので「保存する」をタップするとストーリーを保存することもできます。 この方法でストーリーを見ると、相手がストーリーの閲覧履歴を見ても履歴として残っていません!! まとめ 「Instagramでリポスト」を使えば、例えば企業のインスタグラムアカウントを運用している担当者の方が、競合他社のアカウントをチェックしたい時に履歴を残さず見ることができて、さらに保存もできるのでちょっと便利ですよね。 ただし、悪用は厳禁です。 履歴を残さずストーリーを見て保存までできたからと言って、自分のアカウントであたかも自分が投稿したかのようにアップロードする、などの行為は絶対にやめてくださいね。 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2018. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の

【インスタ】ストーリーを見た人の足跡確認と非表示設定について解説

インスタ ストーリー観覧履歴

こんにちは。 白石ふくです。 最近のインスタグラムでは通常の投稿よりもストーリーの方が人気の傾向にありますよね。 みなさんの中にも通常投稿よりストーリーの方を更新している、という方も多いのでは。 ストーリーは24時間でアーカイブに移動する、1日に何度更新してもタイムラインにしつこく表示されないなど、気軽に投稿できる仕組みが整っている便利な機能です。 自分が投稿したストーリーを見てみると、誰が見たのかも分かりますよね。 でもちょっとまって!! 基本的にはこれで問題ないですが、なんらかの理由で自分がストーリーを見たことを相手に知らせたくない、という方もいるのでは? そこで今回は、閲覧履歴を残さずにストーリーを閲覧する裏技をご紹介します。 この方法はiPhoneユーザーのみ使用可能で、サードパーティアプリを使用した方法です。 そのため突然使用できなくなる場合もありますので、注意してくださいね。 「Instagramでリポスト」とは 「Instagramでリポスト」とは、インスタグラムの投稿をリポストしたり保存したり、閲覧履歴を残さずにストーリーを閲覧することができる無料アプリです。 閲覧したストーリーは、保存することも可能です。 ストーリーを閲覧すると、基本的に投稿者に誰がみたのかが分かる仕組みになっています。 自分が相手をブロックしている、非公開アカウントにして相手が自分の投稿を見れないようになっている、などの場合でも「誰がみたのか」という履歴は残ります。 基本的には履歴が残ったからなにかがある、というわけではありませんが、さまざまな理由で「履歴をのこしたくないけれどストーリーを見たい」ということもありますよね。 そこで「Instagramでリポスト」の出番です。 こちらのアプリを使用すれば、履歴を残さずにストーリーを閲覧・保存することができますよ。 なお記事の冒頭でも書きましたが、こちらはサードパーティアプリですので突然利用停止になったり、仕様変更でストーリーを見た際に履歴が残るようになってしまったりなどの可能性もあることには注意してくださいね。 入手方法 「Instagramでリポスト」でストーリーを見てみよう まずアプリをインストールして起動します。 最初に「Log in with Instagram」というボタンが表示されますので、タップしてください。 ユーザー名・パスワードを入力して、インスタグラムのアカウントでログインします。 公式のインスタグラムアプリとほぼ同じような画面が表示されます。 「フィード」は自分がフォローしているアカウントのタイムラインが、「ポピュラ」にはインスタグラムの公式アプリの「検索 虫眼鏡アイコン 」と同じ画面が、「いいね」には自分がいいね!をした投稿の一覧が、「投稿」は自分の投稿の一覧が、「お気に入り」には「Instagramでリポスト」内でお気に入り登録した投稿の一覧が表示されます。 そして画面の1番上を見ると、ストーリーの一覧が表示されていることが分かります。 ストーリーの一覧から見たいストーリーをタップする、または「検索」でストーリーを見たいユーザーのアカウントを検索してください。 すると対象のアカウントのプロフィール画面のような画面に切り替わり「Stories」という画面が表示されます。 ここでは、現在見ることができるストーリーすべてが表示されています。 なお「投稿」では、通常のタイムラインに投稿されている写真や動画が表示されます。 「Stories」で見たいストーリーをタップしてください。 するとストーリーが再生されます。 この画面上で、画面の右上に表示されている「・・・」をタップするとメニューが表示されますので「保存する」をタップするとストーリーを保存することもできます。 この方法でストーリーを見ると、相手がストーリーの閲覧履歴を見ても履歴として残っていません!! まとめ 「Instagramでリポスト」を使えば、例えば企業のインスタグラムアカウントを運用している担当者の方が、競合他社のアカウントをチェックしたい時に履歴を残さず見ることができて、さらに保存もできるのでちょっと便利ですよね。 ただし、悪用は厳禁です。 履歴を残さずストーリーを見て保存までできたからと言って、自分のアカウントであたかも自分が投稿したかのようにアップロードする、などの行為は絶対にやめてくださいね。 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2018. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の

【インスタ】この投稿は足跡が残る?残らない?インスタ足跡機能まとめ

インスタ ストーリー観覧履歴

こんにちは。 白石ふくです。 最近のインスタグラムでは通常の投稿よりもストーリーの方が人気の傾向にありますよね。 みなさんの中にも通常投稿よりストーリーの方を更新している、という方も多いのでは。 ストーリーは24時間でアーカイブに移動する、1日に何度更新してもタイムラインにしつこく表示されないなど、気軽に投稿できる仕組みが整っている便利な機能です。 自分が投稿したストーリーを見てみると、誰が見たのかも分かりますよね。 でもちょっとまって!! 基本的にはこれで問題ないですが、なんらかの理由で自分がストーリーを見たことを相手に知らせたくない、という方もいるのでは? そこで今回は、閲覧履歴を残さずにストーリーを閲覧する裏技をご紹介します。 この方法はiPhoneユーザーのみ使用可能で、サードパーティアプリを使用した方法です。 そのため突然使用できなくなる場合もありますので、注意してくださいね。 「Instagramでリポスト」とは 「Instagramでリポスト」とは、インスタグラムの投稿をリポストしたり保存したり、閲覧履歴を残さずにストーリーを閲覧することができる無料アプリです。 閲覧したストーリーは、保存することも可能です。 ストーリーを閲覧すると、基本的に投稿者に誰がみたのかが分かる仕組みになっています。 自分が相手をブロックしている、非公開アカウントにして相手が自分の投稿を見れないようになっている、などの場合でも「誰がみたのか」という履歴は残ります。 基本的には履歴が残ったからなにかがある、というわけではありませんが、さまざまな理由で「履歴をのこしたくないけれどストーリーを見たい」ということもありますよね。 そこで「Instagramでリポスト」の出番です。 こちらのアプリを使用すれば、履歴を残さずにストーリーを閲覧・保存することができますよ。 なお記事の冒頭でも書きましたが、こちらはサードパーティアプリですので突然利用停止になったり、仕様変更でストーリーを見た際に履歴が残るようになってしまったりなどの可能性もあることには注意してくださいね。 入手方法 「Instagramでリポスト」でストーリーを見てみよう まずアプリをインストールして起動します。 最初に「Log in with Instagram」というボタンが表示されますので、タップしてください。 ユーザー名・パスワードを入力して、インスタグラムのアカウントでログインします。 公式のインスタグラムアプリとほぼ同じような画面が表示されます。 「フィード」は自分がフォローしているアカウントのタイムラインが、「ポピュラ」にはインスタグラムの公式アプリの「検索 虫眼鏡アイコン 」と同じ画面が、「いいね」には自分がいいね!をした投稿の一覧が、「投稿」は自分の投稿の一覧が、「お気に入り」には「Instagramでリポスト」内でお気に入り登録した投稿の一覧が表示されます。 そして画面の1番上を見ると、ストーリーの一覧が表示されていることが分かります。 ストーリーの一覧から見たいストーリーをタップする、または「検索」でストーリーを見たいユーザーのアカウントを検索してください。 すると対象のアカウントのプロフィール画面のような画面に切り替わり「Stories」という画面が表示されます。 ここでは、現在見ることができるストーリーすべてが表示されています。 なお「投稿」では、通常のタイムラインに投稿されている写真や動画が表示されます。 「Stories」で見たいストーリーをタップしてください。 するとストーリーが再生されます。 この画面上で、画面の右上に表示されている「・・・」をタップするとメニューが表示されますので「保存する」をタップするとストーリーを保存することもできます。 この方法でストーリーを見ると、相手がストーリーの閲覧履歴を見ても履歴として残っていません!! まとめ 「Instagramでリポスト」を使えば、例えば企業のインスタグラムアカウントを運用している担当者の方が、競合他社のアカウントをチェックしたい時に履歴を残さず見ることができて、さらに保存もできるのでちょっと便利ですよね。 ただし、悪用は厳禁です。 履歴を残さずストーリーを見て保存までできたからと言って、自分のアカウントであたかも自分が投稿したかのようにアップロードする、などの行為は絶対にやめてくださいね。 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2018. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の