ダイエット 水 プロテイン。 プロテインは水よりも牛乳で飲むのが良い?水と牛乳を使い分けて摂取する方法

プロテインダイエットで

ダイエット 水 プロテイン

2Lペットボトル水デビュー 引越しをいいきっかけだと思って、 「これからは水道水は飲まん!ペットボトルの水を買う!」 と意気込んだのもいいのですが、実際に買ってみると• 自分で買うのは重くてめんどくさい• 配達だと家にいないといけない• 意外とすぐなくなる• ペットボトルのゴミが大量に出て困る などの問題が出てきたんですよね。 こりゃあ困ったと頭を悩ませていたところ、 ついに発見してしまった 最近ついに発見してしまいました。 浄水ポットです。 浄水された水を飲む手段として、蛇口につける浄水器やウォーターサーバーは知っていたのですが、浄水ポットの存在は知りませんでした。 ポットの中に浄水カートリッジが入っていて、上から水道を入れたら濾過されて水が下に溜まるという仕組みです。 なので、水を入れたポットを常に冷蔵庫で冷やしておいて、プロテインを飲む時に使って、また水道水を補充するって感じです。 浄水ポットを使ってみての感想:まじ便利 なんとなく購入したのですが、実際に使ってみると、 こんなに手軽に美味しい水を飲む手があったのか! って感じで目から鱗。 もっと早く買っておけばよかったなと。。 もともと水の味に敏感な方ではなかったのですが、水道水でプロテインを飲んでいた時は 「まずいし、ぬるいしなんか嫌だなー(夏は特に)」 と思いながら飲んでいました。 浄水ポットを使い始めてからは、プロテインを飲むことに対する抵抗がなくなったというか、安全な水を飲んでるんだ〜という安心感が生まれ、プロテインを飲む頻度が格段に上がりました。 そのおかげか、こころなしか筋肥大の調子も良いような..。 笑 プロテインを飲む頻度は筋肉にとって死活問題です。 日常生活の中で、プロテインを早く飲みたい!と思うか、まずいからやだなーと思うかは 筋肥大の点で歴然の差だと思うんです。 浄水ポットを買ってから、このメンタル的な部分が全く変わりました。 浄水ポットのメリット 他にも 浄水ポットのメリットは色々ありまして、• 手軽に導入できる• ゴミが出ない• わりとすぐに浄水できる• ペットボトルの水より経済的(1Lあたり約7円) などなどがあります。 特に経済的なのは嬉しいですね。 1Lあたり 約7円ってペットボトルの水と比にならないぐらい安いです。 蛇口に直接つける浄水器も手軽でいいんですが、蛇口がかさばるのが嫌だったのと浄水性能がポット式の方が良いとのことでポット式を選びました。 浄水ポットのデメリット まず1つ目は、 浄水カートリッジを定期的に替えなければいけないという面倒臭さです。 カートリッジの交換時期の目安は、使用量もよりますがだいたい2ヶ月です。 定期的にカートリッジ購入も交換作業もしたくない!って人には向いていません。 が、実際のところAmazonなどで何個かストックしておけばすぐに交換できますし、 交換自体の手間もほぼないといっていいほど簡単です。 プロテインを割るという面でのデメリットも1つだけあります。 それは 水が冷たすぎてプロテインが溶けにくい ということです。 プロテインは温度が低すぎると溶けづらくなってしまうので、ぬるいぐらいが丁度いいです。 が、浄水ポットの水を使うとどうしてもキンキンの水を使うことになってしまい、少々溶けづらく、ダマになりやすいのです。 これの解決策は2つあります。 1つ目は、 「 とにかくしっかりシェイクする」 ことです。 そんなのあたりまえだろ…って思うかもしれませんが、 しっかりシェイクすればダマはなくなるので 、実際のところダマはほぼ気になりません。 ダマをなくす2つ目の解決策は、 電動シェイカーです。 これなら機械的にかき混ぜてくれるので、しっかりと混ざります。 値段もそんなに高くないので、私もそろそろ買おうと思っています。 リンク おすすめの浄水ポット 浄水ポットといえば BURITA(ブリタ)。 私も買ってから知りましたが、浄水ポットといえばBRITAで、Amazonの人気ランキングでも軒並み上位なブランドです。 車といえばトヨタ、浄水ポットといえばブリタ、みたいな感じなので、はじめて買う人はとりあえずブリタを買っておけばOKです。 購入時の注意点 冷蔵庫のサイズと相談する必要があります。 私はサイズのことを考えずに買ったのですが、冷蔵庫に入れてみると意外とギリギリでひやっとしました。 失敗しないようにポットのサイズを整理しておきますね。 プロテインにしか使わないなら(小容量・中容量) 1. 1 L(浄水部容量) リクエリ 1. 1 L(幅20. 0 cm).

次の

ダイエットでプロテインを飲むときに絶対に知っておきたい6つの知識

ダイエット 水 プロテイン

2Lペットボトル水デビュー 引越しをいいきっかけだと思って、 「これからは水道水は飲まん!ペットボトルの水を買う!」 と意気込んだのもいいのですが、実際に買ってみると• 自分で買うのは重くてめんどくさい• 配達だと家にいないといけない• 意外とすぐなくなる• ペットボトルのゴミが大量に出て困る などの問題が出てきたんですよね。 こりゃあ困ったと頭を悩ませていたところ、 ついに発見してしまった 最近ついに発見してしまいました。 浄水ポットです。 浄水された水を飲む手段として、蛇口につける浄水器やウォーターサーバーは知っていたのですが、浄水ポットの存在は知りませんでした。 ポットの中に浄水カートリッジが入っていて、上から水道を入れたら濾過されて水が下に溜まるという仕組みです。 なので、水を入れたポットを常に冷蔵庫で冷やしておいて、プロテインを飲む時に使って、また水道水を補充するって感じです。 浄水ポットを使ってみての感想:まじ便利 なんとなく購入したのですが、実際に使ってみると、 こんなに手軽に美味しい水を飲む手があったのか! って感じで目から鱗。 もっと早く買っておけばよかったなと。。 もともと水の味に敏感な方ではなかったのですが、水道水でプロテインを飲んでいた時は 「まずいし、ぬるいしなんか嫌だなー(夏は特に)」 と思いながら飲んでいました。 浄水ポットを使い始めてからは、プロテインを飲むことに対する抵抗がなくなったというか、安全な水を飲んでるんだ〜という安心感が生まれ、プロテインを飲む頻度が格段に上がりました。 そのおかげか、こころなしか筋肥大の調子も良いような..。 笑 プロテインを飲む頻度は筋肉にとって死活問題です。 日常生活の中で、プロテインを早く飲みたい!と思うか、まずいからやだなーと思うかは 筋肥大の点で歴然の差だと思うんです。 浄水ポットを買ってから、このメンタル的な部分が全く変わりました。 浄水ポットのメリット 他にも 浄水ポットのメリットは色々ありまして、• 手軽に導入できる• ゴミが出ない• わりとすぐに浄水できる• ペットボトルの水より経済的(1Lあたり約7円) などなどがあります。 特に経済的なのは嬉しいですね。 1Lあたり 約7円ってペットボトルの水と比にならないぐらい安いです。 蛇口に直接つける浄水器も手軽でいいんですが、蛇口がかさばるのが嫌だったのと浄水性能がポット式の方が良いとのことでポット式を選びました。 浄水ポットのデメリット まず1つ目は、 浄水カートリッジを定期的に替えなければいけないという面倒臭さです。 カートリッジの交換時期の目安は、使用量もよりますがだいたい2ヶ月です。 定期的にカートリッジ購入も交換作業もしたくない!って人には向いていません。 が、実際のところAmazonなどで何個かストックしておけばすぐに交換できますし、 交換自体の手間もほぼないといっていいほど簡単です。 プロテインを割るという面でのデメリットも1つだけあります。 それは 水が冷たすぎてプロテインが溶けにくい ということです。 プロテインは温度が低すぎると溶けづらくなってしまうので、ぬるいぐらいが丁度いいです。 が、浄水ポットの水を使うとどうしてもキンキンの水を使うことになってしまい、少々溶けづらく、ダマになりやすいのです。 これの解決策は2つあります。 1つ目は、 「 とにかくしっかりシェイクする」 ことです。 そんなのあたりまえだろ…って思うかもしれませんが、 しっかりシェイクすればダマはなくなるので 、実際のところダマはほぼ気になりません。 ダマをなくす2つ目の解決策は、 電動シェイカーです。 これなら機械的にかき混ぜてくれるので、しっかりと混ざります。 値段もそんなに高くないので、私もそろそろ買おうと思っています。 リンク おすすめの浄水ポット 浄水ポットといえば BURITA(ブリタ)。 私も買ってから知りましたが、浄水ポットといえばBRITAで、Amazonの人気ランキングでも軒並み上位なブランドです。 車といえばトヨタ、浄水ポットといえばブリタ、みたいな感じなので、はじめて買う人はとりあえずブリタを買っておけばOKです。 購入時の注意点 冷蔵庫のサイズと相談する必要があります。 私はサイズのことを考えずに買ったのですが、冷蔵庫に入れてみると意外とギリギリでひやっとしました。 失敗しないようにポットのサイズを整理しておきますね。 プロテインにしか使わないなら(小容量・中容量) 1. 1 L(浄水部容量) リクエリ 1. 1 L(幅20. 0 cm).

次の

プロテインダイエットで

ダイエット 水 プロテイン

プロテインがダイエットに効果的な理由 そもそも、プロテインとは一体何でしょうか? ダイエットに効果的な理由とあわせて説明します。 プロテインとはタンパク質のこと プロテインとは、 タンパク質を意味する英語です。 タンパク質は、筋肉や血液などを構成する大事な栄養素ですが、ダイエットで食事制限をしていると、1日に必要な量を摂取できないことが多いです。 そんな不足しがちなタンパク質を、水などに溶かして 手軽に摂取できるようにしたものが、いわゆるプロテインです。 ちなみに、プロテインを飲んだだけでは、筋肉質でムキムキな体にはならないので、女性の方も安心してくださいね。 タンパク質をとることがダイエットに効果的な理由 食事制限でタンパク質が不足すると、筋肉量が減少して基礎代謝が下がります。 つまり、寝ているだけで消費されるカロリーが減少して、太りやすい体になるということです。 どんなにダイエットを頑張っても、 体が痩せにくい状態だとなかなか成果が出ません。 さらに、この状態でダイエットをやめると、すぐにリバウンドしてしまいます。 逆に、ダイエット中でもタンパク質を十分にとって、筋肉量と基礎代謝を維持できれば、痩せやすく太りにくい体になります。 タンパク質をとることで、ダイエット効果をアップできるのです。 3種類のプロテインの特徴 プロテインは、大きく3つの種類に分けられます。 それぞれ特徴が異なるので、目的によって使い分けることが大切です。 運動後の栄養補給に最適!ホエイプロテイン ホエイプロテインは 牛乳を原料としています。 体内への吸収が早いのが特徴で、筋トレなどの運動によって不足したタンパク質を 素早く補給できます。 チョコレート味やストロベリー味などのさまざまなフレーバーがあり、どれも美味しいですよ。 リンク ダイエットに効果的なプロテインの飲み方と選び方 プロテインの飲み方や選び方は、ダイエットの方法によって変わってきます。 ただ、どのダイエット方法でも、カロリーを抑えるためにプロテインは 水で溶かしてくださいね。 基礎代謝を上げるための飲み方と選び方 筋肉量を増やして基礎代謝を上げて、痩せやすく太りにくい体づくりを目指すダイエットには、吸収が早い ホエイプロテインが最適です。 筋トレなどの 運動後に飲む習慣をつけましょう。 置き換えダイエットをするための飲み方と選び方 食事の一部をプロテインに置き換えることで、食事制限をしながら筋肉量を維持するためのタンパク質を摂取できます。 この場合は、腹持ちがいいカゼインプロテインか、ソイプロテインがいいでしょう。 置き換えたい食事のタイミングで飲むのはもちろん、空腹時の間食代わりや、 寝る前に飲むのもオススメです。 プロテインを飲んでダイエットしよう!まとめ いかがでしたか? ダイエットに成功するには、余分な脂肪を落としながらも、筋肉量と基礎代謝はキープしなければいけません。 そのためにも、プロテインを積極的に飲んで、タンパク質をしっかり補給しましょう。 十分なタンパク質を摂取することで、肌や髪の毛もきれいになりますよ! ぜひ、自分に合ったプロテインを活用して、ダイエットの効果をアップさせてくださいね! あわせて読みたい:.

次の