マジック テープ 縫い 方。 マジックテープの付け方は?手縫い/まつり縫い/ミシンで面を縫い付け

マジックテープの縫い方のコツ

マジック テープ 縫い 方

スポンサーリンク マジックテープのオスメスとは? 取り付け方向を決める前に、先ずは基本の呼び方の説明から・・ ちなみにマジックテープは商品名で一般名称は 「面ファスナー」と呼び、多くのタイプは 「フック」と 「ループ」に分かれています。 画像では密集していて見にくいのですが、拡大すると下記のような感じになっています。 こうして見ると、フックとループの言葉の意味が分かりやすいですね。 ループは柔らかくて細いものが何本も合わさるように付いていて、フックは固いものがいろいろな方向を向いて付いています。 (例外は後程紹介します) フックとループには、それぞれA面・B面、またはオス・メスなどの呼び方もありますよ。 フック(チクチクする硬い方) 別名:A面、オス、凸面• ループ(ふわふわした柔らかい方) 別名:B面、メス、凹面 フックがループに引っかかることにより、互いの面がくっついたり離れたりする仕組みです。 当然ループ同士、フック同士ではくっつくことが出来ません。 また、それぞれの形状や材質を変えることにより、強力なタイプや、少しの力で剥がれるタイプなどがあります。 ところでちょっと身の回りを眺めただけでも、マジックテープはいろいろな所に使われていますね。 シューズの紐の代わり• 帽子のサイズ調整部• バッグのフタの留め口• ゴルフやスキーの手袋• 作業ズボンのポケット口• 着物を着る時に使う和装バンド• 電源コードを止めるバンド• 布財布の留め具 ・・・・・などなど 当店では子供向けの商品を扱っている為、より多くのものがあります。 子供向けにはマジックテープはやさしいですからね。 封筒型お弁当袋のフタ• 座布団カバー出し入れ口• ショルダーバッグのフタ• ピアニカ入れのフタ• スタイの留め口 ・・・・・などなど これらの場合、オスとメスの付ける方向は大体決まっているんですよ。 オス・メスどっちに付けるのが正解なの? マジックテープを付ける際は、 一般的には動かす方(上にかぶさる方)にオスを使用します。 ループ面側が固定され、フック面側を手で動かすイメージです。 その理由は、オスには下記のような特徴があるからです。 オスの方が触ると痛い!• オスの方が他のものに絡まりやすい!• オスの方がゴミが付きやすい! でも、上の特徴からするとケースバイケースで、あえて逆にした方が良い場合もあります。 例えば手袋やキャップなど・・。 手袋の場合は、肌に触れるリスクの高い可動部にあえてメスを使っていますね。 キャップの場合は、オスが髪の毛に絡まったり、うなじに触れないように意識して外側に向けています。 他にも例外はたくさんありますよ。 例えばドール服を作製する場合などもそうですね。 人形は人間のように痛みを感じる訳ではありませんが、他のものに触れてモサモサになってしまうリスクがあります。 ウールや綿などの素材もループと同じような効果がある為、オスが絡んでしまうからです。 具体的にはズボンをはかせるとき、中のパンツにオスが触れるとモサモサになってしまいますね。 その為同じように固定部にオスを付けて触れにくいようにすることが多いです。 こうしてみると案外、例外の付け方の方が多いような気もしてきます。 つまり迷ったときには、• 肌に触れる可能性の少ない面• 脱着時等に他のものに触れにくい面 にオスを使用するイメージで良いでしょう。 ちなみに私も封筒型お弁当袋を作る時などは、 フタ側に柔らかいメスを付けるようにしています。 セオリーとは逆ですね。 入れる時に肌やナフキンなどが当たるリスクを考えての事です。 またキルティングのようなステッチの入ったものには、オスのフックが引っかかる事があります。 その為、片面にキルト、反対面が普通地のショルダーバッグなどの場合には、 キルト側にオスを付けるようにしています。 用途別に選べるマジックテープ ちなみに今は、いろいろな面ファスナーが市販されています。 100均でも一般的な物は売られていますが、割とオス面がザラザラしていて硬いものが多いですね。 大きな手芸店やネット通販では用途別に専門の面ファスナーが販売されています。 これらの中には、オス側の特徴であった、硬さが改善されているものもあります。 ちょっとした違いですが、使い勝手が全然変わってきますよ。 ソフトマジックテープ オス面が柔らかいため、ベビー服やスタイなど赤ちゃん用品をはじめ、介護服などにもおすすめです。

次の

【簡単にできる】子供靴のマジックテープがくっつかないので交換してみた

マジック テープ 縫い 方

はじめる前に準備するもの ・生地 ・型紙 ・ミシン ・ニット用の糸と針 ・伸びどめテープ(ニット用)またはニット用の接着芯を1. やわらかく伸びのよいムースニットや接結ニットは大きく仕上がります。 テンションが低めのムースニットや接結ニットあれば使用可能です。 1.型紙と生地をカットする・印つけをする 型紙をカットして準備する。 生地をカットします。 身頃の「前中心」「後ろ中心」襟リブの「前中心」「後中心」「肩」の部分の印つけを行う。 2.肩に伸びどめテープを貼る 伸びどめテープを用意する。 テープは1. 2センチ幅ぐらいのもので、肩よりはみ出した部分はカット。 糊がついているほうがザラザラした手触り。 後ろ見頃を裏に反して、肩に伸びどめテープを貼る。 ザラザラした面と生地とをあわせる。 アイロンでプレスしてくっつける。 くついた!! 3.身頃の縫い代もアイロンで折り目をつける 袖と裾を縫い代分を折ってアイロンをかける。 袖部分の縫い代はこのようになります。 アイロンがかかりました! 4.肩を縫いあわせる 前後見頃を中表にして合わせて肩を縫う。 縫い代1cmで「直線縫い」したのち端を「ジグザグ縫い」する。 縫いはじめと縫い終わりは返し縫い。 慌てずゆっくりと。 生地は引っ張らないで。 肩が縫えた! 表に返すとこのような状態。 5.袖を縫う 肩の縫い代は後身頃側に倒す。 生地端にジグザグ縫いをする。 両袖ともおこなう。 縫い代分1cmを折り返して、クリップなどでとめる。 (先にアイロンで折り目をつけているのでやりやすいはず) 生地端から0. 7cmのところを直線縫いで縫う。 裏側から縫うと縫いやすい。 縫いはじめと縫い終わりは返し縫い。 縫いにくいところでもあるので頑張って!! 脇の下の縫い代はこのようになる。 両袖が縫えた! 5.脇を縫う 両脇を縫う。 脇下の縫い代部分がちょっと難しい。 縫い代1cmで直線縫い。 少しななめから入るイメージで。 直線縫いが終わったら生地端をジグザグ縫いする。 6.裾を縫う 脇の縫い代は後身頃側へ倒す 裾の生地端をジグザグ縫い。 縫い代を2. 5cmで折って、待ち針やクリップでとめる。 (先にアイロンで織り目をつけているのでやりやすいはず) 生地端から2cmのところを縫う。 慣れない場合は、縫い代側から縫ってもOK。 表から縫うと仕上がりがきれい。 (写真は表から縫った場合) 上の写真で裾が縫い終わったら、その縫い目の約0. 5cm下にもう一本ステッチを入れる。 2本ステッチが入った状態。 裾が縫えた!あともうひと踏ん張り! 7.襟リブをつける リブを用意します。 「前中心」「後中心」「肩」「肩」の四か所にチャコペンで印をつける。 私は前印をこのようにつけています。 「F(Front)」 表が内側にくるように半分におる。 生地の端から1cmのところを直線縫い。 輪のような状態になる。 リブの縫い代は写真のように割る。 生地を表に返して、縦に半分に折る。 (縫い代は内側になる) 印どおしをあわせ身頃に襟リブを待ち針やクリップでとめる。 襟リブの「前中心」身頃の「前中心」を合わせてから、他の場所を合わせてとめていくとやりやすい。 写真のようにミシンにセットするとぬいやすい。 生地端から1cmのところを直線縫いで縫う。 襟リブのほうが身頃の襟ぐりの寸法より短いため、襟リブを気持ち伸ばし気味にぬう。 襟がついた! ここで綺麗に縫えているか確認!!身頃の生地が変に巻まれていないかよくみてね。 直線縫いがきれいに縫えていたら縫い代にジグザグをかける。 襟の縫い代を落ち着かせるために首回りにステッチを入れてもOK!お好みで。 8.仕上げ 袖下を補強する 補強をしなくても着れますが、より丈夫にするために補強します。 細かい作業になるため、家庭用ミシンで縫いにくい場合は、手縫いでもOK! オレンジの部分(1~1. 5cmぐらい)を補強する。 表からミシンをかける。 ミシンをかけた。 1~1. 5cmぐらい返し縫をすれば大丈夫。 この箇所は返し縫いを家庭用ミシンですると生地を巻き込んで縫いにくい場所になるため、慣れない場合は手縫いでとめてね。 9.完成です!! お疲れさまでした!!!完成です!! 思っていたより簡単でしたか?それとも難しかったですか??.

次の

マジックテープの付け方や縫い方は?手縫いやミシン・接着剤・アイロンでも

マジック テープ 縫い 方

ミシンでマジックテープを縫いつけようとしたところ、、、なぜか縫えていません。 針の痕の穴は開いているのですが、糸が上下ともまっすぐのびている状態で縫えてません。 ほかの布で試してみるとちゃんと縫えます。 ミシンはシンガーですが、元々主人が実家から持ってきたものでいつ頃のものかわかりませんが、下糸は水平釜のタイプです。 自分のミシンは壊れてしまい、急遽使っています。 説明書もないためよくわかりません。 よろしくお願いします。 補足早速の回答ありがとうございます。 そういえば「目がとぶ」と言いますね。 うまくいかなかったのでテープスナップ だったと思うのですが を縫い付けました。 これはちゃんと縫えました。 今後も使う予定があるので皆様の回答を参考にしたいと考えています。

次の