熱 だけ ある。 【熱がある】 と 【熱が出る】 はどう違いますか?

熱があるかも…体温計なしでも大丈夫!すぐできる体温測定法

熱 だけ ある

熱がある時の対応 こどもさんが病気になると熱が出ることが多く、親としては心配になります。 心配になる理由を、お聞きすると以下のことをよくお聞きします。 熱が続くと後遺症がでるのでは? 心配される後遺症としては知能障害を心配される方が多いようです。 では、昔よく言われていた「熱が続くと知能障害をきたし易い(頭が悪くなる)」とはどういうことだったのでしょうか。 おそらく脳炎や髄膜炎といった重症の病気のため高熱が続き病気が治ったあとも病気の後遺症として知能障害が残ってしまった方があり、本当は病気の後遺症なのですが周囲の人から見ていると熱が続いたために後遺症がでてしまったように見えたためと考えられます。 熱さまし(解熱剤)を使いすぎると体に悪いのでは? 熱さましも薬なのでまれに体に合わない方がいらっしゃいます。 できるかぎり使用は最少限度にしてください。 しかし、こどもさんに使用する熱さましは大人用に比べると効き目のゆるやかな薬でありほとんどの場合は使用法を守っていただければ安全です。 ただインフルエンザ・水ぼうそうの時には使用しないほうが良い熱さまし(アスピリンなど)があるため、当院ではそれらの熱さましは処方していませんがもし他の病院や薬局で購入した熱さましがある時は注意が必要です。 ただの風邪ではないのでは? 通常の風邪では発熱は3日以内です。 したがって3日以上高熱が続く時は肺炎などを合併していることが多いので必ず病院を受診されてください。 次に実際に熱がある時の対応についてお話します。 熱は体が病気をやっつけようとして出るものです。 そのため熱を下げずに様子を見た方がやや直りが早いようですが、本人の体力の問題もありまったく熱を下げずに様子をみるのは難しい場合があります。 では、どのような時に熱さましを使用すれば良いのでしょうか? 前に熱のみで後遺症がでることはないとお話しました。 ですから熱だけで本人は元気があるときは熱さましを使う必要はありませんし、実は熱があるときで一番きついのは、熱が上がるときです。 熱さましは薬の力で強制的に熱を下げるだけですので病気が良くならない限り薬の効果が切れればまた熱が上がります。 ですから熱は高くてもそこで安定しているより、かえって熱さましを使用して熱を上げ下げした方が本人にとってきついことがあります。 そこで、熱さましを使う際の原則は• ・熱があるだけでは使用しない。 特に微熱では熱が下がりすぎる恐れがあるため使用しない。 元気がない・水分が取れない・ぐずる・ひきつけを起こす可能性があるなど• (量が異なる可能性があるため兄弟などの薬は使用しない) 次に熱があるときの熱さまし以外の対応についてお話します。 環境 できるだけこどもさんを快適にさせるのが大切。 目安としては、こどもさんの手のひらが暖かく、胸元が汗ばばないようにこまめに調節してやると良いでしょう。 頭を冷やす 人間は頭を冷やすだけでは熱は下がりません。 ですから頭に氷まくらなどを当てるのはこどもさんが気持ち良いかどうかだけです。 嫌がるのを無理にしてもなんの利点もありません。 しかし、からだをぬるま湯で軽くしぼったタオルで拭くのは体も清潔になり、またぬるま湯が乾燥する際に体を冷却するので効果的です。 ただこれは熱が上がっている最中や悪寒があるときは避けてください。 入浴 発熱時に入浴すると悪い点は• 疲れる(体力を消耗する)• 湯冷めをするかもしれない• 入浴後に汗をかくため脱水を悪化させるかもしれない の4つがあります。 良い点としては• 体が清潔になり、またさっぱりすると本人も楽になる• 以上のことを踏まえて入浴させるかどうか決める必要があります。 具体的には今以上に熱が上がると悪い状態(高熱である・熱が上がるとケイレンをおこす恐れがある・ぐったりして元気がないなど)の際には入浴は控えてください。 しかし、入浴させる場合も湯冷めしない程度にさっと入るようにしてください。 入浴させない場合も体が不潔になると回復が遅れますので、少なくとも1日1回はお湯でしぼったタオルで全身を拭くようにしてください。 けいれんをおこした時 通常は数分でけいれんは止まるため、もしけいれんを起こしてもあわてずに様子をみてください。 数分以内のけいれんでは、生命の心配や後遺症の心配はありません。 昔から言われているように口にものを突っ込むのは非常に危険なので絶対にしないようにしてください。 しかし、けいれんに伴い嘔吐した場合は吐いたもので窒息する恐れがあるためけいれんしている時でも口をこじ開けて吐いたものを指で掻き出してください。 けいれんが止まったら病院に連絡して指示を受けてください。 もし、5分たっても止まらない場合や何度もけいれんを繰り返す場合はすぐに病院へ連れて行ってください。

次の

熱が上がったり下がったりする病気は大人の場合なにが考えられる?4つ紹介!

熱 だけ ある

プール熱で熱が出るだけのことってあるの? プール熱の症状が熱だけ、ということはありえます。 プール熱の典型的な症状と言えば、 ・高熱 ・喉の痛み ・結膜炎 の3点セットです。 しかし、これらの症状が全て出ることもあれば、どれか一つしか出ないこともよくあることです。 家族や周りでプール熱にかかったばかりの人がいる場合、5~7日ほどの潜伏期間で感染する可能性があります。 発熱の原因に思い当たる節があれば、熱だけでもプール熱の疑いがありますので、早めに受診するようにしましょう。 プール熱で結膜炎なしってこともある? プール熱でも結膜炎の症状が出ないこともあります。 熱や喉の痛みだけというケースもあることは前述した通りです。 プール熱とは、アデノウィルスによって起こる咽頭結膜炎の俗称です。 アデノウィルスは50種類以上あると言われており、種類によって呼吸器系の症状、胃腸症状、目の症状など出やすい症状が異なります。 その中で目の症状が出やすいのが、 ・咽頭結膜炎を起こす 3・4・7型のアデノウィルス=プール熱 ・流行性角結膜炎を起こす 8・19・37型のアデノウィルス=はやり目 です。 簡易検査でアデノウィルスと診断されても、どの型のアデノウィルスなのかまではわかりませんので、結膜炎なしでプール熱と診断された場合は、もしかすると別の型のアデノウィルスに感染していることも考えられます。 ウィルスによる感染症は、患者の体力やかかった時の抵抗力によっても症状の出方が違ってきますので、プール熱なら100%この症状が出るという基準がないのがやっかいなところですね。 プール熱の見分け方は? それではプール熱を見分けるには、どんな症状に気をつければいいのでしょうか。 同時に、咳や鼻水、リンパの腫れ、腹痛、下痢、嘔吐、頭痛、関節の痛みなどが出ることもあります。 突然の高熱に全身症状があり、夏なのにインフルエンザ?!と疑うような場合は、プール熱を始めとするアデノウィルスに感染している可能性があります。 また、アデノウィルスの熱は夜になると上がり、朝になると下がる特徴があり、熱が出なくなるまでに1週間以上かかることもあります。 夏バテや夏風邪にしては症状が重い、熱が長引いているなどの場合、病院で診察を受けるようにしてください。 ウィルスに効く薬はありませんので、プール熱の治療は対処療法が中心となります。 真夏の感染症は脱水を起こしやすい条件がそろっています。 脱水や重症化を防ぐためにも医師の指示に従い、しっかりと治療するようにしましょう。 終わりに プール熱の原因となるアデノウィルスは、感染力が非常に強いウィルスです。 好きなことは、字を読むこととたくさん寝ること。 活字中毒&スマホ中毒を活かして、いろいろな情報を徹底的に調査・発信していきます! 最近の人気記事一覧• カテゴリー• 最近のコメント• に まみこ より• に 零 より• に まみこ より• に すごい漢 より• に まみこ より メタ情報•

次の

発熱したのですが新型コロナかインフルエンザかその他の風邪かわかりま

熱 だけ ある

体が熱いなと思って体温を測ってみると発熱している…。 でも、発熱以外に目立った症状がないことってありませんか。 一体どんな病気にかかっているのだろうか、はたして病院は受診すべきなのかと気になる方も多いのではないでしょうか。 また、目立った症状がないなら、仕事やプライベートの予定もキャンセルする必要はないと考える人もいると思います。 そこで今回は、一般内科、総合診療科医524人に、発熱だけの症状で考えられる病気と病院を受診した方が良いかどうかについて聞いてみました。 発熱だけの症状で多い病気は何? 「発熱のみを主訴とする症状で多い疾患はなんだと思いますか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 インフルエンザ• 扁桃炎・咽頭炎• 腎盂腎炎• 膠原病• 胆嚢炎• 腹膜炎• 乳腺炎• その他 以下のグラフが結果となります。 集計では、 「感冒」との回答が67%と一番高く、次に「インフルエンザ」が50%と続きました。 グラフを見る限り、これら二つの病気が多くの支持を集めている事が分かります。 まずは上位に挙がった疾患をおさえ、その後医師のコメントを見ていきましょう。 感染症状が気管や気管支に広がっていることも多いため、これらを含めることもあります。 また、ウイルスが原因で起こるもののみを風邪と呼ぶこともあります。 引用: インフルエンザとは インフルエンザ(influenza)は、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症であるが、「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」である。 引用: 扁桃炎とは 風邪の症状が続き、風邪薬を服用してもなかなか良くならない場合は扁桃炎の可能性があります。 扁桃炎は初期症状が風邪に似ているため、悪化するまで気づかないことがほとんどです。 38~40度近くの高熱を伴い、のどが痛み、赤く腫れて食べ物や飲み物、さらには唾液まで飲み込めなくほど辛くなる場合もあります。 扁桃腺には白い斑点の膿が付着し、それが広がって全体が白く覆われます。 その他の症状としては、高熱による頭痛や関節痛、悪寒。 さらに首のリンパが腫れ、耳まで痛くなることもあります。 引用: 咽頭炎とは のどの粘膜に風邪のウイルスや細菌が付着することによって感染し、炎症が起きた状態のこと。 のどが痛み、痰が絡むようになります。 扁桃腺は腫れていても、痛みや熱がない場合もあります。 咽頭炎の炎症がひどくなると、のどが化膿して扁桃腺に白い斑点が付着し、扁桃炎を引き起こす場合があるので十分注意が必要です。 引用: 腎盂腎炎とは 腎臓の主な働きは尿をつくって排泄することです。 体内で作られた、たんぱく質の老廃物や有害物質などが血液に含まれて腎臓に運ばれてきます。 その血液は「腎動脈」という太い血管によって腎臓に集まり、腎臓の組織の「糸球体」で濾過されて尿細管を通る間に必要な成分を再吸収したり、不必要な成分を排泄しながら濃縮されていきます。 その尿は腎杯から腎盂に集められ、尿管、膀胱を経て尿道から体外に排泄されます。 「腎盂腎炎」は、腎盂や腎杯、さらに腎臓の髄質が細菌によって炎症を起こしている状態をいいます。 引用: 肺炎とは 肺に炎症が起きている状態の総称。 一般的には肺の急性感染症のことを指す。 細菌やウイルス感染などさまざまな理由で肺に炎症が起こっている状態で、一般的には急性の感染症の場合をいいます。 死亡原因に占める順位は全体で4位ですが、高齢で多くなっています。 喫煙はそれ自体が肺の組織にダメージを与えることはもちろん、あらゆる肺炎の危険因子となります。 特に喫煙との強い関連が明らかになっている肺炎として、急性好酸球性肺炎や剥離性間質性肺炎などがあります。 引用: 熱のみが見られる際は、感冒(風邪)とインフルエンザが多い!• 50代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ 風邪とインフルエンザが多いと思います。 50代男性 一般内科 インフルエンザ 発熱が主となるのはインフルエンザが多いです。 50代男性 一般内科 インフルエンザ インフルエンザが多いのではないかと思います。 60代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ・扁桃炎、咽頭炎 感冒、流行時期にはインフルエンザです。 40代男性 一般内科 感冒 風邪が多いです。 でも精査は必要です。 50代男性 一般内科 感冒 発熱のみを主訴とする症状で多い疾患は感冒です。 50代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ・扁桃炎、咽頭炎 感冒が最も多い印象あります。 60代男性 一般内科 インフルエンザ インフルエンザは後に咳などの症状がでることが多いです。 60代男性 一般内科 インフルエンザ 現在はインフルエンザが多いです。 60代男性 一般内科 感冒 やはり風邪が多いでしょう。 60代男性 一般内科 感冒 感冒の頻度が最も高いと考えます。 60代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ 風邪やインフルエンザが多いと思います。 医師の回答を見るとやはり 「感冒(風邪)」、「インフルエンザ」が多いとする意見が多くみられました。 どちらも馴染みの深い病気かと思いますが、医師の目から見ても熱の症状のみがあるケースでは、「感冒(風邪)」や「インフルエンザ」である事が多いようです。 またコメントのなかには、「インフルエンザは後に咳などの症状がでることが多い」という意見がみられました。 はじめは発熱のみでも、あとで咳などの随伴症状が出てくるケースもあるようです。 肺炎の可能性もある• 50代男性 一般内科 インフルエンザ ・扁桃炎、咽頭炎・肺炎・腎盂腎炎 高齢者では肺炎、腎盂腎炎は症状に乏しいことが多いです。 40代男性 一般内科 インフルエンザ・肺炎・腎盂腎炎・膠原病 高齢者の肺炎でよくあります。 50代男性 一般内科 肺炎・腎盂腎炎 高齢者の肺炎もありますが、発熱だけというよりは、食思不振や全身倦怠だけの方が多いかもしれません。 50代男性 一般内科 インフルエンザ・扁桃炎、咽頭炎・肺炎・肝炎 本当に熱のみなら経験上、肺炎です。 50代男性 一般内科 扁桃炎、咽頭炎・肺炎 年寄りなら肺炎、子供なら溶連菌です。 40代男性 一般内科 インフルエンザ・扁桃炎、咽頭炎・肺炎 上気道感染症や肺炎なども考えられます。 50代男性 一般内科 肺炎 最近は施設入所中の高齢者が増え、誤嚥性肺炎が最も多くなっています。 50代男性 一般内科 感冒・肺炎 圧倒的に感冒が多いです。 高齢者では肺炎も多いです。 50代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ・扁桃炎、咽頭炎・肺炎 感冒、インフルエンザ、扁桃炎、 肺炎などです。 50代男性 一般内科 インフルエンザ・肺炎・肝炎・腎盂腎炎・胆嚢炎・膠原病 頻度の少ない疾患に見逃してはいけないものが多いです。 40代男性 一般内科 感冒・インフルエンザ・扁桃炎、咽頭炎・肺炎 インフルエンザ検査と胸部レントゲンは簡単にできます。 頻度で言えば「感冒(風邪)」や「インフルエンザ」に比べて低いようですが、発熱のみという症状のなかに、「肺炎」にかかっている方がいるようです。 特に 高齢者の場合に多いようで、「最近は施設入所中の高齢者が増え、誤嚥性肺炎が最も多くなっています」といった経験談も見られました。 肺炎はこじらせると危険な病気ですし、注意が必要そうです。 また、「子供なら溶連菌です」というコメントもあり、感冒(風邪)やインフルエンザ以外の病気も念頭におきましょう。 熱だけの症状の場合、病院は受診するべき? 続いて「発熱のみの症状の場合、病院を受診すべきだと思いますか。 」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 すぐ受診するべき• 症状が続くようであれば受診するべき• どちらでもよい• 受診しなくてよい 以下のグラフが結果となります。 集計では、 「症状が続くようであれば受診するべき」と回答している医師が80%と一番多く、次に「すぐ受診するべき」が続きました。 「症状が続くようであれば受診するべき」が際立って多く支持されている事が分かります。 それでは、医師のコメントを見ていきましょう。 症状が続く時は受診の検討を• 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 24時間以上続くときは受診させたほうが良いと思います。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 続くのなら受診すべきと思います。 60代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 流行シーズンであれば、インフルエンザの可能性があるので早い方が良いです。 60代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 発熱のみの症状の場合、症状が続くようであれば受診するべきです。 40代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき すぐに受診してもインフルエンザは検査してもらえないから、症状を見ながらが良いです。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 症状の悪化があれば内科への受診を勧めます。 30代女性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 合併症がない若年者で状態が悪くなければ1~2日程度経過観察も必要です。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 症状がひどくなければすぐに受診する必要性は低いです。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 半日から1日経っても改善しなければ受診しましょう。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 発熱が続くようであれば受診するべきと思います。 50代男性 一般内科 症状が続くようであれば受診するべき 高齢者であれば時間をおかずに受診すべきです。 若年者は少し時間をおいてもいい場合があります。 一番多く見られたコメントは 「症状が続くなら受診するべき」といったものでした。 具体的には、 半日〜2日ほどの幅で様子をみて、続くようなら受診を促す意見が見られました。 ただし、 「高齢者であれば時間をおかずに受診すべき」とのコメントもあり、注意が必要です。 感冒(風邪)やインフルエンザの可能性が高い。 症状が続くなら受診の検討を! 本調査によると、発熱のみの症状が見られる際の病気については、「感冒(風邪)」との回答が一番高く、次に「インフルエンザ」が続きました。 発熱のみの際は、これら二つの病気の可能性が高そうです。 一方で、特に高齢な方の場合は「肺炎」、お子さんの場合は「溶連菌」など別の病気の可能性もあるようです。 また、病院を受診すべきかどうかについては、「症状が続くようであれば受診するべき」と回答している医師が一番多く、次に「すぐ受診するべき」と続きました。 主な症状が熱のみの際には、半日〜2日の期間で経過をみて、それでも熱が下がらない場合や、高熱がみられた場合は病院を受診するのが良さそうです。

次の