栗原はるみ ごぼうハンバーグ プロフェッショナル。 「プロフェッショナル」ゴボウハンバーグを万能ソースで!栗原はるみのレシピ!

【プロフェッショナル】栗原はるみさん「万能ソースを使った、ゴボウハンバーグ」のレシピ・プロのおうちごはん第4弾(2020.5.26)

栗原はるみ ごぼうハンバーグ プロフェッショナル

プロのおうちごはん:第4弾ご出演のプロフェッショナルは誰?紹介されたレシピは? ご出演は フランス・パリで日本人初の快挙を成し遂げたフレンチシェフ・小林圭さんをはじめ、山本征治さん、米田肇さんの三つ星料理人が登場。 さらに伝説のパティシエ・杉野英実さん、カリスマ料理研究家・栗原はるみさんも。 「プロフェッショナル仕事の流儀」ならではの超一流料理人たちによる『夢の競演』を召し上がれ。 料理研究家・栗原はるみさん(ゆとりの空間)• 日本料理人・山本征治さん(日本料理 龍吟)• フレンチシェフ・米田肇さん(HAJIME)• フレンチシェフ・小林圭さん(レストランケイ)• パティシエ・杉野英実さん(HIDEMI SUGINO(イデミ・スギノ)) いずれも名だたるカリスマの方々。 さすがNHKです。 さらに、美尻トレーナーの岡部友さん。 ナレーションはおなじみ橋本さとしさん。 橋本さんは美尻エクササイズに挑戦してましたね。 みなさんお料理している姿が楽しそう!おうちのキッチンもきれいでしたね!わかりやすく伝えてくださろううという気持ちがうれしくて、じんわり心が温かくなりますね。 レシピはNHK番組公式ページから「レシピを知りたい」をクリックして見られます。 nhk. yutori. 私もレシピ本を何冊かもっていて、ソースの使いまわしには本当にお世話になっております。 栗原さんのゴボウのハンバーグも良く作りますが、本家本元の調理風景が見られて感激です。 \栗原はるみ 出演情報/ 『プロフェッショナル 仕事の流儀』 5月26日(火)22時30分~放送のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)の緊急企画「おうちごはん」第4弾に、栗原はるみが出演いたします。 ぜひご覧ください。 ポイント タマネギは粗く切ることで、歯触りが良くなる。 2 ゴボウを薄くスライスして、5分間水に浸す。 ポイント ゴボウは長く水につけると、香りがなくなる。 3 (2)のゴボウの水分を丁寧に拭きとる。 4 ボウルに卵・合いびき肉・塩コショウを入れて、粘り気が出るまでこねる。 5 (4)に少し粘り気が出てきたら、タマネギを入れてなじませる。 6 (5)にゴボウを入れてなじませ、ハンバーグの形に整える。 7 フライパンに油を入れ、(6)を焼く。 ハンバーグはあまりひっくり返さず、焼き上がるのを待つ。 8 万能タレをハンバーグにかければ完成。 お好みでワサビを添え、スダチをかける。 <万能タレ作り> 1 しょうゆ50cc・みりん50cc・砂糖大さじ2杯を鍋に入れる。 ポイント 必ず1回の分量で作ること。 分量を変えてしまうと、タレの味が変わってしまう。 2 (1)を沸騰させる。 沸騰させたら弱火に切りかえて、4~5分待つ。 3 泡が細かく出てきたら火を止めて完成。 ポイント 万能タレはスペアリブやチャーシューなど、タレを必要とする料理で使うことができます。 nhk. nihonryori-ryugin. 昨日、東京ミッドタウン日比谷にオープンしました!それに先がけ19日にはレセプションパーティーが開催されました。 ル・マンジュ・トゥー谷シェフをはじめ、錚々たる料理人たちが大集合だった模様。 撮影は小澤さん。 玉ねぎは薄くスライス、キャベツやレタスは薄く千切りする。 ポイント 残り物の野菜大歓迎。 2、ホットプレート用の鍋に、野菜ジュース、水、自家製だし醤油(分量)を加え、過熱する。 ポイント水は、煮詰まったとき味が薄くならない程度、だし醤油は少量加える。 3、沸騰してきたら、たまねぎやネギを入れる。 4、たまねぎ・ネギがしんなりしてきたら、ホットプレート(またホットプレート?)に移して保温する。 5、野菜や肉を入れ、煮立ったら完成。 nhk. かつお節・昆布・干ししいたけ・干し貝柱など、総量150gを容器の中に入れる。 2、(1)に、1対1の割合でしょうゆとみりんを加えていく。 3、ひとばん寝かせる。 ポイント時間がたてばたつほど、うまみが増す。 しょうゆやみりんを継ぎ足せば、再びだしじょうゆを作ることもできる。 nhk. 2、 フタやボウルを被せて風味が逃げないようにする ポイントあまり蒸しすぎない。 シャキシャキ感を残す。 <厚揚げのだし醤油炒め> 1、ホットプレートで、厚揚げにニンニクだし醤油をかけて焼く。 nhk. hajime-artistes. 赤いエプロンがお似合いです。 撮影は奥様の陽子さん。 仲良しさんですね。 こちらのキッチンもすっきり使いやすそう。 こうした活動でもお忙しい中、合間に動画を送ってくれたそうです。 ポイント 水の量が少ないと野菜や肉を入れたときに温度が下がるので、多めに入れる。 2 野菜を一口サイズに切っていく。 3 鶏肉の筋を取り除き、なるべく均一のサイズに薄切りにしていく。 ポイント あまり厚く切ると火が通る時間が長くなり、パサパサになる。 4 ビニール袋に(3)とかたくり粉を入れてもむ。 鶏肉にまんべんなく、かたくり粉がつくようにもみほぐす。 5 パスタの塩加減と同じくらい(4)に塩を入れる野菜をゆでる。 アクが出る野菜は最後に回す。 ポイント ゆで加減の目安は、「野菜に透明感が出ること」と、「手で触ったときに指が野菜に少し入るくらい」。 6 焼き野菜はグリルで調理。 少し早めに火を止め、余熱で温めるようにする。 7 (5)で使った鍋を再沸騰させたら、鶏肉を入れる。 しゃぶしゃぶの要領で鶏肉をほぐしていく。 8再度沸き始めたら、火を止める。 ポイント 鶏肉は赤い部分がなくなったら、一気に水を切っていく。 なるべく余熱で温めるように心がける。 9 野菜を美しく盛り付けて完成。 お好みで、ポン酢・バルサミコ酢・オリーブオイルを混ぜ合わせる。 nhk. お尻を突き出すエクササイズを教えてくれました。 じんわりしてるけどすごく効きそう。 岡部さんは、さすがにナイスボディです。 restaurant-kei. html フランスで日本人初のシェフとしてミシュラン三つ星を獲得した小林圭さんが本格的なフレンチを教えてくれました。 この春からプロフェッショナルで密着予定だったそうですが、感染拡大防止のためにロケが中止になっていたそうです。 今回は、「赤ワインのリゾット、ピストゥを添えて」。 ピストゥって初めて聞く名前です。 鍋に赤ワインとハチミツを入れ、20分の1くらいになるまで10分~15分煮つめ、完成。 2 ブイヨンを沸かしておく(市販の固形ブイヨンを使用してもOK)。 3 タマネギをみじん切り。 鍋にオリーブオイルを入れ、タマネギがしんなりするまで炒める。 ポイント タマネギを入れてすぐ塩を入れると、甘みが増す。 オリーブオイルは多めで。 4 (3)にお米を入れ、すぐ塩をふる。 中火で、お米を揚げるイメージで炒める。 5 (4)に赤ワインを入れ、軽くかき混ぜながら煮つめる。 ポイント 赤ワインは新しいもので、重厚なフルボディが良い。 6 (5)に適宜、沸かしたブイヨンを加えながら12分~14分を目安に炊く。 ブイヨンを加える作業は、何度もくりかえす。 ポイント 水分が少なくなると「パチパチ…」という音が鳴ってくる。 ブイヨンを加える合図。 7 (6)に(1)の赤ワインのソースとオリーブオイルを入れる。 パルメザンチーズと塩・コショウも。 8 フライパンの温度を上げ、よく混ぜ合わせる。 9 レモンをふりかけ、火を止める。 ふたをして、30秒蒸らす。 10 (9)にパルメザンチーズと(1)の赤ワインのソースをかけ、最後に生ハムをのせれば完成。 ポイント 次に紹介する「ピストゥ」と合わせて食べると、2つの味を楽しめる。 nhk. 5g オリーブオイル 30g(エクストラバージン) レモン汁 1g カレー粉 少々 塩、コショウ 適量 【作り方】 1 マッシュルーム・バジル・松の実をみじん切りにする 2 ニンニクを潰してみじん切りにして(1)に加える。 ポイント ニンニクは匂いがつくので、最後に。 3 (2)にパルメザンチーズ・塩・カレー粉・オリーブオイル・黒コショウを加える。 最後にレモン。 nhk. facebook. フランス語はHを発音しないのでヒデミではなくイデミなんですね。 調理場での姿勢は厳しい方ですがニコニコ笑顔がチャーミングな方です。 撮影は妻の直子さん。 カメラに向かうとやさしい笑顔がさらにお茶目になりました。 5個分(30g 苺 350g オレンジの果肉 約1. 5個分(60g) 【作り方】 1 オレンジの皮をピーラーでむく。 2 手鍋に分量外の水と少量の塩を加えて、お湯を沸す。 (1)の皮を入れて、混ぜながら火を通していく。 ポイント 皮の表面についたワックスなどを取り除く作業なので、手を抜かず丁寧に。 3 流水で(2)を洗い、キッチンペーパーで水分を拭きとる。 4 (3)を薄くスライスする。 ジャムに皮を入れることで深みが出る。 5 オレンジの果肉(房どりしたもの)とイチゴを薄くスライス。 6 水あめ・砂糖・水を鍋に入れ、沸かす。 (4)を入れて火にかける。 オレンジの皮が透明になるまで加熱。 7 (6)が透明になったら、イチゴを半分入れる。 8 (7)が煮立ったら、残りのイチゴを入れる。 9 追加したイチゴに火が通ったら、オレンジの果肉を入れてかき混ぜ、沸騰したら火から下ろす。 ポイント 火を入れすぎないこと。 煮すぎると素材のフレッシュ感がなくなる。 10(9)をボウルに移し、レモン汁を加えて混ぜる。 味を見て、調整。 ポイント 味見はボウルの下に氷が入ったボウルを敷くなど「しっかりと冷やして」から行うこと。 11(10)を瓶に入れたら完成。 nhk. 2 (1)に生クリームをのせる。 3 (2)にジャムをかけ、アイスクリームをのせる。 4 (3)にイチゴをトッピング。 5 (4)に生クリームをのせて、粉砂糖をかけたら完成。 nhk. 2 カットパイン200gをフードプロセッサーなどでピュレ状にする。 3 水あめ・砂糖・水を火にかけ、沸かす。 (2)を半分入れて、かき混ぜる。 4 (3)が煮立ったら(2)の残りを入れる。 5 (4)に火が通ったら(1)を加える。 沸いてから2~3分火にかける。 (パイナップルが透明になってくる。 ) 6 (5)をボウルに移し、レモン汁を加えて混ぜる。 味を見て、調整。 nhk. フタは内側のパッキンがいたむので約5秒。 瓶は約5分煮沸し、よく乾燥させる。 脱気されない場合は、冷蔵庫での保存がおすすめ。 開封後はどちらも冷蔵庫で保存し、1週間ほどでお召し上がりください。 nhk. 本当に楽しかったです! お店が営業停止を余儀なくされている料理人の方々。 ご自身が大変な中、わかりやすくおいしそうなレシピと動画をありがとうございました。 「日常がもどってもおうちごはんは続く。 」 いつもかんたんな料理ばかりのワタクシらら子もたまには「おいしくなーれ」と思いながら、丁寧なおうちごはん時間を楽しみたいと思います。 らら子 昭和生まれの女@関東住み。 文楽エバンジェリスト。 「文楽を気楽に楽しみたい」ので「楽楽子(ららこ)」です。 「世界文楽ファン化計画」推進中w 数年前の初観劇以来、じわじわ人形浄瑠璃文楽にハマってます。 世界に誇る人形劇をもっと知りたい。 もっと広めたい。 お着物で観劇も楽しんでます。 宝塚も好き。 ズボラ着物ライフもマジメに探究。 美の壺もツボ。 最近のコメント• に らら子 より• に らら子 より• に たいし より• に たいし より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

「プロフェッショナル」ゴボウハンバーグを万能ソースで!栗原はるみのレシピ!

栗原はるみ ごぼうハンバーグ プロフェッショナル

プロのおうちごはん:第4弾ご出演のプロフェッショナルは誰?紹介されたレシピは? ご出演は フランス・パリで日本人初の快挙を成し遂げたフレンチシェフ・小林圭さんをはじめ、山本征治さん、米田肇さんの三つ星料理人が登場。 さらに伝説のパティシエ・杉野英実さん、カリスマ料理研究家・栗原はるみさんも。 「プロフェッショナル仕事の流儀」ならではの超一流料理人たちによる『夢の競演』を召し上がれ。 料理研究家・栗原はるみさん(ゆとりの空間)• 日本料理人・山本征治さん(日本料理 龍吟)• フレンチシェフ・米田肇さん(HAJIME)• フレンチシェフ・小林圭さん(レストランケイ)• パティシエ・杉野英実さん(HIDEMI SUGINO(イデミ・スギノ)) いずれも名だたるカリスマの方々。 さすがNHKです。 さらに、美尻トレーナーの岡部友さん。 ナレーションはおなじみ橋本さとしさん。 橋本さんは美尻エクササイズに挑戦してましたね。 みなさんお料理している姿が楽しそう!おうちのキッチンもきれいでしたね!わかりやすく伝えてくださろううという気持ちがうれしくて、じんわり心が温かくなりますね。 レシピはNHK番組公式ページから「レシピを知りたい」をクリックして見られます。 nhk. yutori. 私もレシピ本を何冊かもっていて、ソースの使いまわしには本当にお世話になっております。 栗原さんのゴボウのハンバーグも良く作りますが、本家本元の調理風景が見られて感激です。 \栗原はるみ 出演情報/ 『プロフェッショナル 仕事の流儀』 5月26日(火)22時30分~放送のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)の緊急企画「おうちごはん」第4弾に、栗原はるみが出演いたします。 ぜひご覧ください。 ポイント タマネギは粗く切ることで、歯触りが良くなる。 2 ゴボウを薄くスライスして、5分間水に浸す。 ポイント ゴボウは長く水につけると、香りがなくなる。 3 (2)のゴボウの水分を丁寧に拭きとる。 4 ボウルに卵・合いびき肉・塩コショウを入れて、粘り気が出るまでこねる。 5 (4)に少し粘り気が出てきたら、タマネギを入れてなじませる。 6 (5)にゴボウを入れてなじませ、ハンバーグの形に整える。 7 フライパンに油を入れ、(6)を焼く。 ハンバーグはあまりひっくり返さず、焼き上がるのを待つ。 8 万能タレをハンバーグにかければ完成。 お好みでワサビを添え、スダチをかける。 <万能タレ作り> 1 しょうゆ50cc・みりん50cc・砂糖大さじ2杯を鍋に入れる。 ポイント 必ず1回の分量で作ること。 分量を変えてしまうと、タレの味が変わってしまう。 2 (1)を沸騰させる。 沸騰させたら弱火に切りかえて、4~5分待つ。 3 泡が細かく出てきたら火を止めて完成。 ポイント 万能タレはスペアリブやチャーシューなど、タレを必要とする料理で使うことができます。 nhk. nihonryori-ryugin. 昨日、東京ミッドタウン日比谷にオープンしました!それに先がけ19日にはレセプションパーティーが開催されました。 ル・マンジュ・トゥー谷シェフをはじめ、錚々たる料理人たちが大集合だった模様。 撮影は小澤さん。 玉ねぎは薄くスライス、キャベツやレタスは薄く千切りする。 ポイント 残り物の野菜大歓迎。 2、ホットプレート用の鍋に、野菜ジュース、水、自家製だし醤油(分量)を加え、過熱する。 ポイント水は、煮詰まったとき味が薄くならない程度、だし醤油は少量加える。 3、沸騰してきたら、たまねぎやネギを入れる。 4、たまねぎ・ネギがしんなりしてきたら、ホットプレート(またホットプレート?)に移して保温する。 5、野菜や肉を入れ、煮立ったら完成。 nhk. かつお節・昆布・干ししいたけ・干し貝柱など、総量150gを容器の中に入れる。 2、(1)に、1対1の割合でしょうゆとみりんを加えていく。 3、ひとばん寝かせる。 ポイント時間がたてばたつほど、うまみが増す。 しょうゆやみりんを継ぎ足せば、再びだしじょうゆを作ることもできる。 nhk. 2、 フタやボウルを被せて風味が逃げないようにする ポイントあまり蒸しすぎない。 シャキシャキ感を残す。 <厚揚げのだし醤油炒め> 1、ホットプレートで、厚揚げにニンニクだし醤油をかけて焼く。 nhk. hajime-artistes. 赤いエプロンがお似合いです。 撮影は奥様の陽子さん。 仲良しさんですね。 こちらのキッチンもすっきり使いやすそう。 こうした活動でもお忙しい中、合間に動画を送ってくれたそうです。 ポイント 水の量が少ないと野菜や肉を入れたときに温度が下がるので、多めに入れる。 2 野菜を一口サイズに切っていく。 3 鶏肉の筋を取り除き、なるべく均一のサイズに薄切りにしていく。 ポイント あまり厚く切ると火が通る時間が長くなり、パサパサになる。 4 ビニール袋に(3)とかたくり粉を入れてもむ。 鶏肉にまんべんなく、かたくり粉がつくようにもみほぐす。 5 パスタの塩加減と同じくらい(4)に塩を入れる野菜をゆでる。 アクが出る野菜は最後に回す。 ポイント ゆで加減の目安は、「野菜に透明感が出ること」と、「手で触ったときに指が野菜に少し入るくらい」。 6 焼き野菜はグリルで調理。 少し早めに火を止め、余熱で温めるようにする。 7 (5)で使った鍋を再沸騰させたら、鶏肉を入れる。 しゃぶしゃぶの要領で鶏肉をほぐしていく。 8再度沸き始めたら、火を止める。 ポイント 鶏肉は赤い部分がなくなったら、一気に水を切っていく。 なるべく余熱で温めるように心がける。 9 野菜を美しく盛り付けて完成。 お好みで、ポン酢・バルサミコ酢・オリーブオイルを混ぜ合わせる。 nhk. お尻を突き出すエクササイズを教えてくれました。 じんわりしてるけどすごく効きそう。 岡部さんは、さすがにナイスボディです。 restaurant-kei. html フランスで日本人初のシェフとしてミシュラン三つ星を獲得した小林圭さんが本格的なフレンチを教えてくれました。 この春からプロフェッショナルで密着予定だったそうですが、感染拡大防止のためにロケが中止になっていたそうです。 今回は、「赤ワインのリゾット、ピストゥを添えて」。 ピストゥって初めて聞く名前です。 鍋に赤ワインとハチミツを入れ、20分の1くらいになるまで10分~15分煮つめ、完成。 2 ブイヨンを沸かしておく(市販の固形ブイヨンを使用してもOK)。 3 タマネギをみじん切り。 鍋にオリーブオイルを入れ、タマネギがしんなりするまで炒める。 ポイント タマネギを入れてすぐ塩を入れると、甘みが増す。 オリーブオイルは多めで。 4 (3)にお米を入れ、すぐ塩をふる。 中火で、お米を揚げるイメージで炒める。 5 (4)に赤ワインを入れ、軽くかき混ぜながら煮つめる。 ポイント 赤ワインは新しいもので、重厚なフルボディが良い。 6 (5)に適宜、沸かしたブイヨンを加えながら12分~14分を目安に炊く。 ブイヨンを加える作業は、何度もくりかえす。 ポイント 水分が少なくなると「パチパチ…」という音が鳴ってくる。 ブイヨンを加える合図。 7 (6)に(1)の赤ワインのソースとオリーブオイルを入れる。 パルメザンチーズと塩・コショウも。 8 フライパンの温度を上げ、よく混ぜ合わせる。 9 レモンをふりかけ、火を止める。 ふたをして、30秒蒸らす。 10 (9)にパルメザンチーズと(1)の赤ワインのソースをかけ、最後に生ハムをのせれば完成。 ポイント 次に紹介する「ピストゥ」と合わせて食べると、2つの味を楽しめる。 nhk. 5g オリーブオイル 30g(エクストラバージン) レモン汁 1g カレー粉 少々 塩、コショウ 適量 【作り方】 1 マッシュルーム・バジル・松の実をみじん切りにする 2 ニンニクを潰してみじん切りにして(1)に加える。 ポイント ニンニクは匂いがつくので、最後に。 3 (2)にパルメザンチーズ・塩・カレー粉・オリーブオイル・黒コショウを加える。 最後にレモン。 nhk. facebook. フランス語はHを発音しないのでヒデミではなくイデミなんですね。 調理場での姿勢は厳しい方ですがニコニコ笑顔がチャーミングな方です。 撮影は妻の直子さん。 カメラに向かうとやさしい笑顔がさらにお茶目になりました。 5個分(30g 苺 350g オレンジの果肉 約1. 5個分(60g) 【作り方】 1 オレンジの皮をピーラーでむく。 2 手鍋に分量外の水と少量の塩を加えて、お湯を沸す。 (1)の皮を入れて、混ぜながら火を通していく。 ポイント 皮の表面についたワックスなどを取り除く作業なので、手を抜かず丁寧に。 3 流水で(2)を洗い、キッチンペーパーで水分を拭きとる。 4 (3)を薄くスライスする。 ジャムに皮を入れることで深みが出る。 5 オレンジの果肉(房どりしたもの)とイチゴを薄くスライス。 6 水あめ・砂糖・水を鍋に入れ、沸かす。 (4)を入れて火にかける。 オレンジの皮が透明になるまで加熱。 7 (6)が透明になったら、イチゴを半分入れる。 8 (7)が煮立ったら、残りのイチゴを入れる。 9 追加したイチゴに火が通ったら、オレンジの果肉を入れてかき混ぜ、沸騰したら火から下ろす。 ポイント 火を入れすぎないこと。 煮すぎると素材のフレッシュ感がなくなる。 10(9)をボウルに移し、レモン汁を加えて混ぜる。 味を見て、調整。 ポイント 味見はボウルの下に氷が入ったボウルを敷くなど「しっかりと冷やして」から行うこと。 11(10)を瓶に入れたら完成。 nhk. 2 (1)に生クリームをのせる。 3 (2)にジャムをかけ、アイスクリームをのせる。 4 (3)にイチゴをトッピング。 5 (4)に生クリームをのせて、粉砂糖をかけたら完成。 nhk. 2 カットパイン200gをフードプロセッサーなどでピュレ状にする。 3 水あめ・砂糖・水を火にかけ、沸かす。 (2)を半分入れて、かき混ぜる。 4 (3)が煮立ったら(2)の残りを入れる。 5 (4)に火が通ったら(1)を加える。 沸いてから2~3分火にかける。 (パイナップルが透明になってくる。 ) 6 (5)をボウルに移し、レモン汁を加えて混ぜる。 味を見て、調整。 nhk. フタは内側のパッキンがいたむので約5秒。 瓶は約5分煮沸し、よく乾燥させる。 脱気されない場合は、冷蔵庫での保存がおすすめ。 開封後はどちらも冷蔵庫で保存し、1週間ほどでお召し上がりください。 nhk. 本当に楽しかったです! お店が営業停止を余儀なくされている料理人の方々。 ご自身が大変な中、わかりやすくおいしそうなレシピと動画をありがとうございました。 「日常がもどってもおうちごはんは続く。 」 いつもかんたんな料理ばかりのワタクシらら子もたまには「おいしくなーれ」と思いながら、丁寧なおうちごはん時間を楽しみたいと思います。 らら子 昭和生まれの女@関東住み。 文楽エバンジェリスト。 「文楽を気楽に楽しみたい」ので「楽楽子(ららこ)」です。 「世界文楽ファン化計画」推進中w 数年前の初観劇以来、じわじわ人形浄瑠璃文楽にハマってます。 世界に誇る人形劇をもっと知りたい。 もっと広めたい。 お着物で観劇も楽しんでます。 宝塚も好き。 ズボラ着物ライフもマジメに探究。 美の壺もツボ。 最近のコメント• に らら子 より• に らら子 より• に たいし より• に たいし より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀 〜 特別企画!プロのおうちごはん」出演者、登場料理まとめ

栗原はるみ ごぼうハンバーグ プロフェッショナル

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で2020年4月21日以降に放送されているシリーズ「特別企画!プロのおうちごはん」の出演者と内容、登場した料理人が紹介した料理をまとめます。 プロの料理人たちが自宅レシピを公開 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い自粛生活が続く中で、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」が緊急企画として「プロのおうちごはん」シリーズを放送しています。 「語り(ナレーション)」を務めている橋本さとし、貫地谷しほりが自宅からの「リモートワーク」により番組を進行。 これまで「プロフェッショナル」に出演してきた食や美のプロたちが、家で簡単にできるスゴ技料理(+エクササイズ)を自宅撮影により紹介していきます。 の無料トライアル申し込み特典(=1000円分のポイント)を投入すれば、 NHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間楽しめちゃいます。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 ・ 以下、各回の出演者、内容などを簡単にまとめます。 牛もも肉のかたまりを使い、フライパン(焼き)と鍋(湯煎)で簡単にローストビーフを作っていく方法を紹介しています。 また、育ち盛りの子どもが美味しく栄養を取れるお手軽野菜スープ、家族で楽しく作れるチョコレートムースも紹介。 旦那さんや息子さんも登場し、微笑ましいです。 ・「洋食料理人」島田良彦 紹介料理…「家で作れる、本格ひとくちカツ」 川端康成らに愛されてきた名洋食屋の四代目・島田良彦さん(本編は近日放送予定)。 家で簡単に作れるひとくちカツの調理のコツを伝授してくれています。 肉の下処理、揚げる時のコツなど、鍛え抜かれたプロの技を見せてくれます。 ・「頑固親父の青果店主」杉本晃章 紹介料理…「絶品 新キャベツのもみ漬け」 2015年7月に放送された「野菜に日本一うるさい頑固親父」青果店主の杉本晃章さん。 野菜を知り尽くした杉本さんによる、豪快で簡単な新キャベツの浅漬を紹介。 塩だけを使うので、手軽にトライできます。 ・「美尻トレーナー」岡部友 紹介運動…「テレビを見ながら、簡単エクササイズ」 美しいヒップの形成をサポートする「美尻トレーナー」の岡部友さん。 自粛中の運動不足解消と気分転換のために、テレビを見ながら身体を動かせるエクササイズの方法を紹介しています。 岡部さんは第4弾にも登場しています。 ・「中華料理の鬼才」古田等 紹介料理…「家族をつなぐ、パラパラチャーハン」 大胆な発想と緻密な調理法で「中華料理の鬼才」と呼ばれる古田等さん。 家族で囲むホットプレートで簡単に作れるパラパラチャーハンを紹介しています。 残り物を使い、お店で食べる物と遜色のない艷やかなチャーハンがあっという間に完成。 ・「広島お好み焼きの達人」市居馨 紹介料理…「ホットプレートでも失敗しないお好み焼き」 広島名物・お好み焼きの名店を支える自称「お好みバカ」の料理人・市居馨さん(本編は近日放送予定)。 生地の作成、崩れない焼き方のコツなど、広島スタイルのお好み焼きの職人ワザを伝授してくれています。 開店予定だった新規カレー店がストップし困り果てている植竹さんが、落ち込んだ心を元気にさせる味わい深いスパイスカレーを紹介。 ・「パンを知り尽くした男」竹内久典 紹介料理…「看板メニューの、ホットサンド」 予約殺到、行列が絶えないパン職人・竹内久典さんが、「三種チーズのホットサンド」、「アボカドとクリームチーズのオープンサンド」を紹介。 レンジとホットプレートでお店の味が再現されていきます。 ・「当代随一の天ぷら職人」早乙女哲哉 紹介料理…「自宅で簡単、まかない天丼」「まかないの定番 玉子丼」 2012年6月に放送された、当代屈指の天ぷら職人・早乙女哲哉さん。 ホタテを使った絶品まかない天丼を紹介。 凄腕のプロならではの衣作りのテクニック、抜群の味わいの丼つゆ作りは必見。 また、丼つゆを転用して作る玉子丼も紹介しています。 今この時間に料理の腕を身につけることが「自分の一生の財産になる」という巨匠の言葉が胸に響きます。 ・「洋菓子の巨匠」横溝春雄 紹介料理…「春を味わう、フルーツゼリー」 洋菓子の世界で「別格」とされる凄腕の菓子職人・横溝春雄さんが、日向夏を使った簡単フルーツゼリーを紹介。 日向夏の皮をそのまま器とし、柑橘のさわやかな酸味が香るゼリーは、家にいながら春を楽しめるメニューとなっています。 ・「日本人初の三ツ星フレンチシェフ」岸田周三 紹介料理…「おうちでフレンチ、じゃがいもグラタン」 2008年に放送された、日本人初の三ツ星フレンチシェフ・岸田周三さん。 フランス料理の古典である「じゃがいものグラタン」を自宅で簡単に作れるようにアレンジ。 説明が詳細、具体的で、さすがに一流のシェフだと感じます。 ホットケーキミックスと檸檬を使ったお手軽ケーキ、夫のロマンさんも愛するフランスの超定番料理「じゃがいものグラタン」を紹介。 前週で登場したフレンチシェフ・岸田周三さんの「じゃがいものグラタン」との違いも面白いです。 ・「焼き鳥店主」池川義輝 紹介料理…「焼き鳥屋さんの 鶏スープ&親子丼」 鶏を知り尽くした焼き鳥店主・池川義輝さんが、自宅で簡単にできるお店の味「鶏スープ&親子丼」を紹介。 ふわふわの親子丼、鶏の旨味が染み出したスープがあっという間に完成。 ・「ショコラティエ」三枝俊介 紹介料理…「チョコがしみる、フレンチトースト」 食べると幸せな気持ちになれると大人気のショコラティエ・三枝俊介さん。 簡単に出来るフレンチトーストを、ショコラティエらしくチョコレートバージョンにして紹介しています。 珍しいチョコのフレンチトーストが本当に美味しそう。 愛猫・プリンちゃんも登場。 ・「鮮魚店主」松本秀樹 紹介料理…「子どもも喜ぶ アジのハンバーグ」 極上の魚を目利きし仕入れて売る、凄腕の鮮魚店主・松本秀樹さんが、魚が苦手な子どもも喜ぶであろうアジのハンバーグのレシピを紹介。 魚の選び方、三枚おろしのコツなどを含め「考えすぎず」に楽しく料理する方法を伝授しています。 カメラマンを務める奥様とのやり取りも楽しいです。 ・「茶師」前田文男 紹介料理…「美味しいお茶の入れ方」 お茶のすべてを知る「お茶の達人」前田文男さんが、自宅の急須で美味しいお茶を入れる方法を伝授。 ベストなお湯の温度、温度調整のテクニック、茶葉の蒸らし方など、日常では意識しないテクニックを次々に見せてくれています。 ・「ジェラート職人」柴野大造 紹介料理…「愛のアイスケーキ」 石川県で人気のジェラート職人・柴野大造さんが、自宅で簡単に出来るアイスケーキを紹介。 ジェラートとムースの中間のような、ふわっとした食感の一品。 完成品を厳しく批評する息子さんも可愛らしいです。 自粛疲れを考慮して、簡単シンプルに作れるハンバーグ料理、様々な料理にあう万能ソースの作り方を紹介しています。 この万能ソースを使った「チキンのスペアリブ」「チャーシュー」も登場。 ・「日本料理の革命児」山本征治 紹介料理…「自家製だししょうゆで、らくらく野菜鍋」「自家製だししょうゆで、鉄板焼き」 2012年4月に登場した、三ツ星の日本料理人・山本征治さん。 「楽にやると料理も楽しくなる」をモットーに、野菜ジュースとだししょうゆを使った野菜鍋、ペットボトルで簡単に作れるだししょうゆの作り方などを紹介。 ・「史上最速の三ツ星料理人」米田肇 紹介料理…「簡単ヘルシー、しっとり!サラダ」 開店から一年五ヶ月という史上最速で三ツ星を獲得した、料理人・米田肇さん。 色鮮やかに茹でられた野菜と鶏胸肉で作る、美しいサラダを紹介。 ・「パリの天才シェフ」小林圭 紹介料理…「赤ワインのリゾット ピストゥを添えて」 本場フランス・パリで日本人初となる三ツ星獲得という偉業を成し遂げた、天才フレンチシェフの小林圭さん。 赤ワインやチーズを使ったシンプルなリゾットを紹介。 また、マッシュルームやバジルを使った調味料(ピストゥ)の作り方も紹介。 ・「伝説のパティシエ」杉野英実 紹介料理…「イチゴとオレンジの、自家製ジャム」「黒コショウ風味のパイナップルジャム」「自家製ジャムの、お手軽パフェ」 世界の頂点に立ち、フランスで高い評価を得る伝説的なパティシエ・杉野英実さん。 ドレッシングの中に入れたり料理の付け合せにもなる、フレッシュ感あふれる自家製ジャムの作り方を紹介。 さらに、これら美しいジャムを使った美味しそうなパフェも。

次の