アメブロ 30 代 夫婦。 30代共働き夫婦はいくら貯めてる?みんなの貯金額を調査!

相羽みう@20代起業家夫婦の日常さんのプロフィールページ

アメブロ 30 代 夫婦

30代になって「貯金」という言葉が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか? 結婚や出産などで、多くの人が人生のステージが変わるのが30代です。 これまでのように、自分の生活や趣味だけを考えて稼いだお金を全て使ってしまうというわけにはいきません。 30代共働きの夫婦がどのくらい貯蓄をしているのか、また、貯蓄のコツについて見ていきましょう。 30代夫婦の貯金額は? 30代の夫婦はどのくらい貯金をしているものなのでしょうか?収入状況によって貯蓄額は異なるようです。 の調査から収入別の貯蓄額を調べてみました。 年収300万円未満は「貯蓄なし」が最も多い 金融広報中央委員会の調査では、「貯蓄が0円」という人は、年収300万円未満が最も多い28%となっています。 このような人は、収入の中で貯蓄をしていくことは難しいので、副業などでまずは所得を増やす必要があるかもしれません。 年収750万円〜1,000万円未満は「500万円〜1,000万円」を貯金している人が最も多い 一方、500万円〜1,000万円の貯蓄をしている人の割合で最も多いのが、年収750万円〜1,000万円の人です。 夫婦で750万円以上の収入があるのにも関わらず、貯蓄が500万円に満たない場合には、貯金が収入と比較して少ないということですので、支出を見直す必要がありそうです。 30代・共働き世帯の平均的には、500万円程度の貯蓄がある 金融広報委員会の調査によると、年収500万円〜750万円未満の人の貯蓄金額の中央値は510万円、年収750万円〜1,000万円未満の貯蓄額が中央値が560万円となっています。 参考までに、年収別の「貯蓄額の中央値」は以下のようになっています。 とはいえ、貯蓄のために最初から食費などを切り詰めてしまったら、生活が窮屈になってしまいます。 そこで無理なく簡単に節約することができる、3つの支出削減方法をご紹介していきます。 主に自動車保険と生命保険がネット保険に切り替えることによって、同じ保証内容でも保険料はかなり安くすることができ、これだけで月に1万円程度節約することができる場合があります。 格安SIMは「音声通話が途切れる」や「電波が悪い」などのネガティブイメージが広がっていますが、これは真っ赤な嘘です。 格安SIMは大手キャリアに電波の利用料を払って通信していますので、大手キャリアの通信網を使用することができるのです。 つまり、音声通話や電波は大手と変わりありません。 SIMを変えるだけで、通信料を大幅に節約することができますので、保険の切り替えと合わせると、これだけで、毎月2万円〜3万円程度貯金に回すことができる場合があります。 住宅ローンには団体信用生命保険がついているので、借主の夫にもしものことがあった場合には、住宅ローンの残高は全て保険金から返済できます。 つまり、生命保険の保険金の中で「住居費用」として考えていた分は不要になりますので、保険金額を低くするなどの保険の見直しをすることができるのです。 これだけでも毎月数千円の節約になります。 投資や資産運用でお金を増やす検討も重要 毎月コツコツと貯金をしていっても、思ったようにお金は増えていきません。 例えば、毎月5万円、0. しかし利回り5%の資産運用を毎月5万円ずつ10年間行なっていった場合には、元金の変動を考えなければ7,368,279円になり、収益だけで130万円以上になります。 まして、経済は成長するので元本の上昇も期待することもできます。 (もちろんリスクはありますが) 積極的にお金を増やしたいと考えるのであれば、貯蓄だけでなく、資産運用も検討した方がよいでしょう。

次の

#30代ファッション 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

アメブロ 30 代 夫婦

30代夫婦で貯金なしは30代~40代の全体の23. 1%にも上る! 引用元: SMBCコンシューマーファイナンスさんが2019年1月7日~9日に、30歳~49歳の男女を対象に「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」について1000人にアンケートを実施しています。 その結果 23. 1%の人が貯金が0円だとアンケートに答えているんです。 さらに貯金額が1万円から50万円だと答えた人は24. 6%になっていて、貯金額が50万円以下の人は全体の47. 7%ということになります。 つまり 約半分の人が貯金50万円以下ということになりますね。 だから30代の夫婦で貯金がないけどどうしようって悩んでる人は、全然 今から貯金すれば大丈夫!!!って事なんですね!!! ちなみに世代別の貯金額の平均額もアンケート結果がございます。 30代平均貯金額 30代の現在貯蓄できているお金の調整平均額は 194万円となっています。 2018年は198万円だったので4万円ほど下がった結果となっていますね。 40代平均貯金額 40代の現在貯蓄できているお金の調整平均額は196万円です。 30代とほとんど変わらない結果となっていますね。 ということで今、30代で貯金が0円だったとしても今から数年がんばって貯金にコミットできれば夫婦で平均額の貯金をすることは、可能なのではないでしょうか! 30歳で結婚したとき貯金0円だった私達夫婦 この記事を書いているわたしも実は 結婚した30歳のとき貯金が0円の夫婦でした。 2人とも20代はやりたいことを優先させていたため貯金をするという感覚がまったくなかったのでした。 結婚したことをきっかけにお金について考えるようになり、なんとなく貯金がなくて不安という状態がとてもつらかったので、夫婦でなんども話し合いをしました。 必要な貯金額は家族構成や働き方によっても違ってきますし、描く未来によって変わってくるものです。 万が一のために生活費の6ヶ月分貯めておくと安心 必要な貯金額は人によって違いますが、万が一ケガや病気で働けなくなったときのために生活費の6ヶ月分は貯金として口座へ置いておくのが良いといわれています。 いろんなお金のプロが貯金のことを書いてたり語っていますが、これから貯金をしていきたい人には、家計再生のプロで家計管理の本もたくさん書かれている横山光昭さんの本を読むことをわたしはおすすめだなぁと思っています! がわかりやすくて、貯金初心者にとって勉強になるので読んでみてはいかがでしょうか! そんな家計コンサルタントの横山さんは貯金額を生活費の6ヶ月分を良い!とおすすめされています。 万が一働けなくなったときのための貯金のことを生活防衛資金といいますがそれが半年分だと安心できるということなんですね。 たとえば 生活費が30万かかるのであれば、180万は現金として口座へあったほうが安心できるということになりますね。 6ヶ月分が貯金できたら次は投資へ 生活防衛費の6ヶ月分を貯めることができたら、次は投資用のお金を貯めるという方向へシフトしていき、その資金を大きくするということをやっていくと良いです。 積立NISAで毎月決まった金額を投資信託へ回してみる。 など生活防衛資金があれば、投資にまわすのもなんだか怖くなくなるものです。 生活費の6か月分を貯金できたら貯めるということに対して自信もついていると思います! もちろん投資については勉強して自分で納得してから始めることが一番だと思うで、まずは生活防衛資金をため、投資を勉強して、さらにお金を増やしていくというがベストの成長方法じゃないかなと思っています!!.

次の

【ユニクロ】品良く見える「大人モノトーン」コーデ【ユニクロ大人コーデ~アメブロ30代ファッション1位 Hanaさん ~ Vol.42】|ウーマンエキサイト

アメブロ 30 代 夫婦

30代夫婦で貯金なしは30代~40代の全体の23. 1%にも上る! 引用元: SMBCコンシューマーファイナンスさんが2019年1月7日~9日に、30歳~49歳の男女を対象に「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」について1000人にアンケートを実施しています。 その結果 23. 1%の人が貯金が0円だとアンケートに答えているんです。 さらに貯金額が1万円から50万円だと答えた人は24. 6%になっていて、貯金額が50万円以下の人は全体の47. 7%ということになります。 つまり 約半分の人が貯金50万円以下ということになりますね。 だから30代の夫婦で貯金がないけどどうしようって悩んでる人は、全然 今から貯金すれば大丈夫!!!って事なんですね!!! ちなみに世代別の貯金額の平均額もアンケート結果がございます。 30代平均貯金額 30代の現在貯蓄できているお金の調整平均額は 194万円となっています。 2018年は198万円だったので4万円ほど下がった結果となっていますね。 40代平均貯金額 40代の現在貯蓄できているお金の調整平均額は196万円です。 30代とほとんど変わらない結果となっていますね。 ということで今、30代で貯金が0円だったとしても今から数年がんばって貯金にコミットできれば夫婦で平均額の貯金をすることは、可能なのではないでしょうか! 30歳で結婚したとき貯金0円だった私達夫婦 この記事を書いているわたしも実は 結婚した30歳のとき貯金が0円の夫婦でした。 2人とも20代はやりたいことを優先させていたため貯金をするという感覚がまったくなかったのでした。 結婚したことをきっかけにお金について考えるようになり、なんとなく貯金がなくて不安という状態がとてもつらかったので、夫婦でなんども話し合いをしました。 必要な貯金額は家族構成や働き方によっても違ってきますし、描く未来によって変わってくるものです。 万が一のために生活費の6ヶ月分貯めておくと安心 必要な貯金額は人によって違いますが、万が一ケガや病気で働けなくなったときのために生活費の6ヶ月分は貯金として口座へ置いておくのが良いといわれています。 いろんなお金のプロが貯金のことを書いてたり語っていますが、これから貯金をしていきたい人には、家計再生のプロで家計管理の本もたくさん書かれている横山光昭さんの本を読むことをわたしはおすすめだなぁと思っています! がわかりやすくて、貯金初心者にとって勉強になるので読んでみてはいかがでしょうか! そんな家計コンサルタントの横山さんは貯金額を生活費の6ヶ月分を良い!とおすすめされています。 万が一働けなくなったときのための貯金のことを生活防衛資金といいますがそれが半年分だと安心できるということなんですね。 たとえば 生活費が30万かかるのであれば、180万は現金として口座へあったほうが安心できるということになりますね。 6ヶ月分が貯金できたら次は投資へ 生活防衛費の6ヶ月分を貯めることができたら、次は投資用のお金を貯めるという方向へシフトしていき、その資金を大きくするということをやっていくと良いです。 積立NISAで毎月決まった金額を投資信託へ回してみる。 など生活防衛資金があれば、投資にまわすのもなんだか怖くなくなるものです。 生活費の6か月分を貯金できたら貯めるということに対して自信もついていると思います! もちろん投資については勉強して自分で納得してから始めることが一番だと思うで、まずは生活防衛資金をため、投資を勉強して、さらにお金を増やしていくというがベストの成長方法じゃないかなと思っています!!.

次の