和田アキ子目が違う。 和田アキ子の顔と目変わったのは整形でなく眼瞼下垂の失敗!再手術の画像比較!|メモリア

和田アキ子眼瞼下垂の術後の顔がおかしい?目が違う?

和田アキ子目が違う

2019年03月31日 日 テーマ:最近のこだわり 和田アキ子の眼瞼下垂手術は失敗なのか??? この前のブログで、眼瞼下垂の方は実は非常に多いことはお伝えしました。 診察時にも、非常にたくさん、眼瞼下垂の方をおみかけしますので、 『眼瞼下垂が少しありますね。 手術をするとよくなりますよ』 と、お話しすると、 『あー、和田アキ子のやつね。 あれはイヤ』 と言われることが非常に多くなりました 以前から、当院では、手術に抵抗のある方が多かったのですが、 和田アキ子の件以降、より皆さんが抵抗感を示すようになってしまいました 私もかつては眼瞼下垂の手術を執刀していましたし、現在でも眼瞼下垂の手術を手伝っていますので、よく内容は理解しているつもりです。 そのような立場から、 和田アキ子の眼瞼下垂の手術について、検討したいと思います。 眼瞼下垂とは、瞼を開ける筋肉がうまく作動しないことが原因で、手術でなければ改善しません。 皮膚が余って瞼にかぶってきて視界がせばまることも、眼瞼下垂に含めて話されることも多いですが、厳密には違うものです。 ほとんどの方は両方の原因が混在していますので、手術時には両方の原因にアプローチすることが必要です。 和田さんの場合も、両方が混在しており、皮膚のかぶりも多いですね。 術前 そして、こちらが 有名な、術後2週目の写真です。 確かに、とても腫れているし、左右差もあります。 通常、 眼瞼下垂の術後の腫れは翌日がピークで、2週間ほどで大部分の腫れは落ち着きます。 といっても、2週間だとまだ少しむくんだ状態で、傷の赤みも目立ちます。 傷跡も含めて完全に落ち着くには、3ヶ月~半年はかかります。 術後2週間だと、通常はメイクをすればそれほど違和感のない状態ですが、和田アキ子さんの場合は、腫れの引き方がずいぶん遅いかなという印象です。 そしてこの、 術後の腫れ、というのは、いろいろな原因によって引き起こされます。 術中の操作が多ければ当然腫れは強くなりますが、下垂の程度が強い方は、周囲の組織との癒着を剥がしたり、糸で留める作業も難航しますので、腫れやすくなるかもしれません。 また、もともと瞼が腫れぼったい方は、腫れやすい傾向があります。 和田さんのような目の方は腫れやすいでしょう。 術中に使用する局所麻酔液の量や、術中の出血量、手術時間なども影響します。 眼瞼下垂手術に限らず、 『腫れない手術』、とよく宣伝されることがありますが、必ずしも腫れないからよいという訳ではありません もちろん、術者の技量によるところもありますが、 術中の操作を少なくすれば、(手抜きをすれば)侵襲も少なくなり、腫れにくくなるでしょう。 しかし、しっかりした手術をしようとすると、ある程度の操作は必要になることもあります。 最近は過度な侵襲をなるべく少なくする傾向にありますが、必要なことと、ある程度は仕方のないこと、やってもやらなくてもあまり効果に大差がないこと、など、経験のある術者は分かっていますから、安易に腫れなければよい手術なのだ、と考えないで頂きたいと思います。 そして、これが3月31日の、アッコにおまかせのひとコマ。 術後4か月弱。 どうですか?だいぶ腫れも落ち着いていますよね。 正常の経過と思います。 そこまで不自然でもないのではないでしょうか。 和田さんのように、もともと目が細く、二重がはっきりしない目の方は、 術後ぱっちり二重になるので、非常に『やった感』がでてしまい、周囲は違和感を感じます 眼瞼下垂の治療の観点から言えば、二重にしたほうが、皮膚が折り返る分、瞼に被りにくくなりますので、開きやすくなるでしょう。 術前のデザインで、二重の幅は多少調節できますし、なるべくぱっちり二重にしたくない方は、奥二重のデザインや、縫合時に二重になりづらいような工夫もできますが、それでも二重になってしまうこともあるので、絶対仕上がりを一重にするというお約束はできません。 和田さんのようにもともと厚ぼったい瞼の方は、二重にしても腫れぼったい二重になりがちです。 最近は、 切らない眼瞼下垂の手術、というものもあります。 余った皮膚の被りが少ない方はこちらでもある程度治療は可能ですが、 余った皮膚を切り取る必要がある方の場合は適応ではありません。 瞼が開きやすくなると、逆に皮膚に被る皮膚が多くなることがあります。 和田さんの勇気を尊重し、 また、眼瞼下垂の手術に対する偏見が少しでもなくなりますように・・・ ご質問がある方はいつでもどうぞ。

次の

和田アキ子現在目が変わったし違う?眼瞼下垂手術失敗の噂を調べてみた!

和田アキ子目が違う

スポンサードリンク 和田アキ子といえば自身の看板番組 「アッコにおまかせ」でお馴染みですが、一時期番組内で和田アキ子の姿に異論を唱える人がいました。 それは 「目がおかしい」「違和感がある」 というもの。 注意してみなければ分かりませんが、よ~く見てみると確かに和田アキ子の目は不自然なんですよね。 アッコさん、目元いじりました?笑 年明け一発目なのに、なんか違和感たっぷり。 それともむくみ? — めーちゃん meeeerchan このことで 「整形をしたのでは?」とささやかれていたのですが、実は 和田アキ子の目が変なのは 整形ではなく眼瞼下垂の手術の影響だったんです。 眼瞼下垂って大変な病気ですよね… 芸能界で怖い者なし!な印象の和田アキ子もきっとつらくて怖かったと思います。 和田アキ子の目が変わってしまった1回目の手術を受けたのはいつ頃? 画像引用元: 和田アキ子の目がおかしいのは整形ではなく眼瞼下垂の手術のせいだということがさきほど分かりましたね。 それでは和田アキ子の目が不自然になった、つまり 手術をしたのはいつ頃なのでしょうか? この手術時期についてリサーチすると、自身がパーソナリティをつとめるラジオ番組 「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」で2018年11月に手術を受けたとコメントしていたことが明らかになりました。 ちょうど一年ちょっと前なんですね。 その後手術をしたものの和田アキ子の目の腫れは引かず、しばらく痛かったようです。 画像引用元: 術後経過が思わしくなかったということですね。 和田アキ子もきっと手術のことをカミングアウトするのは勇気がいったと思います。 普段強気なキャラだからこそ自身の弱みをみせることに抵抗はあったでしょうし… 術後経過があまりよくない中でよく仕事を続けてきたなと思います。 まさにプロの鑑ですよね。 和田アキ子が患ってしまった眼瞼下垂とはどんな病気?手術方法は? 画像引用元: それでは 眼瞼下垂は一体どのような病気なのか? ここでは眼瞼下垂の症状や手術に関する情報をお届けします。 眼瞼下垂がどんな病気か、ですが… 目を開いたときに上まぶたが下がって黒目に当たる部分が隠されてしまう状態のことをいうそうです。 目が見えにくくなるということで、おそらく日常生活に支障をきたしますよね。 目が開きにくくなるため、それを意識して仕事を続けると 頭痛が止まらなくなる場合もあるといいます。 和田アキ子も頭痛が止まらないといった症状をうったえていました。 そういえば和田アキ子は 「アッコにおまかせ」をボードの文字を読み上げるスタイルで進行させていますよね。 目が見えにくい状態で更に頭痛が止まらない、そんな中番組を進行するのはとてもつらかったのではないでしょうか。 眼瞼下垂の原因の多くは加齢によるもの? 画像引用元: さきほど眼瞼下垂がどのような病気なのかお伝えしたので、ここでは 眼瞼下垂の原因をご紹介します。 どうやら 発症原因は8割以上が加齢による皮膚や筋肉の変性、慢性刺激による腱(けん)の損傷だといわれているようです。 和田アキ子もきっと加齢によるものですよね。 そして残りの2割程度は 先天的な筋力不足や後天的な神経疾患によるものだといいます。 目って自分で見えない場所ですから、どのように病気が進行しているか気付きにくそうですよね。 加齢となると避けられない問題ですが、気付いたら目が開きにくくなっていた…というのはとてもつらいことだとおもいます。 眼瞼下垂の手術方法や費用はどれくらいかかる? 画像引用元: 和田アキ子の場合、眼瞼下垂の改善は手術しかないといわれて手術を選択したそうですが、そもそも 手術にはどれくらいの費用がかかるのか気になります。 眼瞼下垂手術について調べていくと、 保険適用手術のため高額でなく受けることができるという情報を得ました。 1割負担のかたは 7,200円 3割負担のかたは 21,600円 程度になるといわれています。 もちろん目安ですので受診病院によって変わることもあるとおもいますが 保険適用というのはありがたいですよね。 更に手術方法ですが加齢による眼瞼下垂の場合 はまぶたのなかの板(瞼板)に付着しているゴム状の眼瞼挙筋腱膜を探し出して短く縫い付けるというものだそうです。 このことで再び張力を回復することができるというのですが、和田アキ子の場合この手術があまりうまくいかなかったようですね。 この手術方法をみただけですごく大変そうだな…と個人的には思いました。 和田アキ子の目の手術は失敗だった?思い悩んで再手術を受けた? 画像引用元: スポンサードリンク 今回和田アキ子は眼瞼下垂の手術をしたことで目が不自然になってしまいましたが、その後 再手術をしたことでも話題を呼びました。 きっと最初の手術で術後経過がよくなかった時期は相当思い詰めていたでしょうね… ここでは 和田アキ子の眼瞼下垂再手術に関するエピソードをお届けします。 和田アキ子は目の手術後に整形を考えるほど思い悩んでいた? 画像引用元: 和田アキ子は2018年11月に眼瞼下垂の手術を受けましたが、その後自身の番組で 術後の悩みがあることを明かし、再手術を検討している旨のコメントをしていました。 それによると 2018年の手術後、自身の目がずっと嫌だったとのこと。 精神的に追い込まれて相当つらかったみたいですね… 和田アキ子といえば過去に「ビューティーコロシアム」で整形を考える女性たちに辛口コメントをしていましたが、自身の立場になって更に病気という理不尽な状態でもしかしたら整形についても考えていたのかもしれません。 そしてカミングアウトを機に、修正手術を前回とは違う病院で受けると言いました。 ラジオ視聴者のみなさんも和田アキ子の元気な姿をはやくまた見たい!と思ったのではないでしょうか。 和田アキ子が眼瞼下垂の再手術を受けたのはいつ? 画像引用元: 自身の番組で眼瞼下垂再手術を示唆した和田アキ子ですが、それでは実際に 再手術をしたのはいつ頃だったのでしょうね。 色々と探っていくと 2019年10月27日放送の「アッコにおまかせ」で番組の初めに 「おかげさまで、 手術して2週間たつんですけど」 と語っていたことが明らかになりました。 このことから修正手術をしたのは 2019年10月13日前後ではないかと推測できます。 10月27日の番組でも目は少し腫れていたようですが番組進行に支障はなかったようです。 修正手術は無事終了したようで安心しました。 前回手術から1年弱という期間でしたが、和田アキ子にとってはつらく長い闘いだったと思います。 和田アキ子の目を1回目の手術後の画像と再手術後の画像を比較 画像引用元: 無事 眼瞼下垂再手術を終えた和田アキ子。 ここで知りたいのが 1回目の手術と再手術後の違いですよね。 というわけで、二回の手術後の画像を比較しましょう。 まずは1回目の手術の後の画像から。 こうしてみると確かに、 不自然ですよね。 目が無理やりつりあげられているような… 今までの和田アキ子の強い目力がなくなってしまったかんじです。 これは視聴者のみなさんも気になるだろうなという印象ですね。 続いて再手術後の画像です。 画像引用元: 藤井フミヤさんとのツーショット、 再手術後です。 サングラスをかけていますね。 画像が小さくて笑顔なので目の詳細が分かりにくいですが、 1度目の手術後と比べて表情が自然な印象じゃないですか? きっと目が痛いときは笑うのもつらかったでしょう。 今後和田アキ子の目の調子が安定してくるといいなと思います。 和田アキ子が目の手術を受けた病院はどこ?再手術を受けた病院は違う病院? 画像引用元: 続いて、 和田アキ子が手術を受けたのがどこの病院か?といった話題です。 大御所・和田アキ子がお世話になった病院となると誰もが気になる話題ですが…残念ながら現段階で 和田アキ子が手術・再手術をした病院は公表されていないようです。 ただ、さきほどもちょっとお話ししたように 最初の手術と修正手術は違う病院で行ったそうです。 眼瞼下垂でお悩みの方にとっては少しでも信頼できる病院で施術してほしいというのは率直な意見だと思います。 そのため修正手術をうまくやってくれた病院がどこかは知りたいところですよね。 同じ病気で悩む人たちのためにも今後何かの機会に病院名が明かされたらいいなと思います。 和田アキ子の他にも宮根誠司や高畑淳子なども眼瞼下垂の手術を受けている? 画像引用元: 和田アキ子を悩ませた眼瞼下垂ですが、実は 他にもこの病気で手術を受けている芸能人は結構いるんです。 「ミヤネ屋」でお馴染みのあの 宮根誠司も以前番組内で「まぶたをプチ整形しました」と明かしています。 このプチ整形がいわゆる 「眼瞼下垂の手術」だったようですね。 宮根誠司も番組を進行する立場ですから、手術をするまではつらかったでしょうね。 画像引用元: 他にもベテラン女優の 高畑淳子も眼瞼下垂を患っていたといいます。 和田アキ子同様術後の顔が違うと噂になっていたみたいですよ。 人前に出る芸能人にとって目に支障が出るというのはとても大きな痛手だと思います。 また一般人でも自分の力で目が開けられないなんてストレスの原因になるでしょう。 密かに多くの人を苦しめている眼瞼下垂、リスクが少なく改善できる方法が見つかるといいですね。 まとめ 画像引用元: 今回は 和田アキ子の眼瞼下垂手術に関する話題でした。 いかがだったでしょうか? あの 和田アキ子が手術ということで多くの人が驚いたでしょうが 眼瞼下垂って本当に大変な病気ですよね。 修正手術がうまくいったようでよかったです。 これからも元気な和田アキ子の姿を見ることができるということですので、変わらず応援しましょう! 長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

和田アキ子の目が変わった原因は眼瞼下垂?再手術後の現在の画像は?

和田アキ子目が違う

さん ako50th がシェアした投稿 — 2019年 4月月30日午後5時01分PDT まずは和田アキ子さんのプロフィールや経歴について紹介します。 和田アキ子(わだあきこ)さんは、• 出生名:金福子• 生年月日:1950年4月10日• 年齢:69歳(2019年7月現在0• 出身地:大阪府大阪市天王寺区舟橋町• 学歴:城星学園高等学校中途退学• 所属事務所:ホリプロ 愛称アッコさんで知られている和田アキ子さんは、1968年10月に「星空の孤独」で歌手デビューします。 翌年の1969年の2ndシングル「どしゃぶりの雨の中で」がヒット、これが出世作となりました。 1970年映画「女番長・野良猫ロック」で初主演、また同年の年末には「笑って許して」でNHK紅白歌合戦に初出場します。 その後も「あの鐘を鳴らすのはあなた」など数々のヒット曲をリリースし、「歌のトップテン」や「アッコにおまかせ」というお茶の間を楽しませてくれる番組に多数出演されています。 スポンサーリンク 和田アキ子の目が違うのは眼瞼下垂手術が失敗? 芸能界のアネゴ的存在で長年活躍されている和田アキ子さんですが、顔に異変が起きていて特に目が劣化?顔面崩壊?と囁かれています。 なぜこんなに目が違うのか調べてみますと、「ドライアイ」の症状など目の状態がかなり悪く、このことが原因で顔に異変が起こっていることがわかりました。 実際画像にて確認しましても、目の周りにまるでテーピングしたように瞼が垂れていて、失敗したアイプチみたいなんです。 あまりの変わり方に「整形したの?」と噂も出ていたのですが、これについては本人の口からきちんとした説明があったようで、 「実はですね、わたくし眼瞼下垂の手術をしまして、長く言えば2年くらい前からちょっと視野が狭くなったなと思っていたんです。. 視力には関係ないこと。 この瞼が下がってきて、下垂してきて黒目をかさぶるんで、視野が狭くなると。. 」 と2018年12月2日放送の「アッコにおまかせ」で明かされました。 見た目はかなり変わりましたが、手術は無事成功し心身ともにに元気だと本人も言われていました。 スポンサーリンク 和田アキ子の来年整形宣言の真相は! 和田アキ子さんが6月18日深夜放送のテレビ東京系「巷の噺」に出演された際、眼瞼下垂の手術について触れられ、手術後の見た目について不満の声をのぞかせました。 3年前より視野が狭くなり眼瞼下垂と診断され、仕事で目を開くことも多い和田アキ子さんは、頭痛にも悩まされていました。 2018年11月に眼瞼下垂手術をし手術事態は成功となりましたが、結果変な目になったと和田アキ子さんに不満がでてきたようです。 今年いっぱいこの状態が続くのであれば、来年にでも整形も考えているというのです。 加えてこれは「整形」ではなく「形成」つまり美容整形ではなく純粋な医療であることも語られていました。 スポンサーリンク.

次の