フラン 立ち絵。 東方関係のフリー素材サイトリンク

AviUtlで使う東方やボイスロイドの立ち絵をDLしてみよう!

フラン 立ち絵

インスト• 透過・合成用• 打ち込み• ゲームミュージック• ゲーム• キャラクター• ポップ• 3D・CG• テクスチャ• VOCALOID• MIDI• ロック• 乗り物• カラオケ• 手描き• エレクトロニカ• オーケストラ• 生演奏• テクノ• オリジナルキャラクター• モノクロ• アンビエント• ジングル• クラシック• ボーカル• テキスト• バラード• 食べ物• ジャズ• アニメ調• アニソン• J-POP• ドット絵• アイキャッチ• トランス• メタル• ヒップポップ• オルゴール• フォーク• カントリー• アイドル• 吹奏楽• 水彩画• AOR• ぬりえ•

次の

フランちゃんウフフ (ふらんちゃんうふふ)とは【ピクシブ百科事典】

フラン 立ち絵

製作日誌(フランと罪人の島) 0829 環境によってラスボス戦が重くなるということで ラスボスのサイズをちょっと縮小した ver1. 03を申請しました 0824 さらにいくつかあった不具合を修正して ver1. 02を申請しました 0820 拍手コメントやツイッターなどでいただきました いくつか進行不能になる不具合や 誤字などを修正した ver1. 01を申請しました 本当にありがとうございます 0818 バグ注意2 貴族地区ルートでの調教終了後のダンジョンで 屋敷二階に上がってからもう一度玄関に戻ってしまうと進行不能になってしまいます セーブしてしまった場合、そこで詰まってしまいますので 早急に直します。 申し訳ございません バグ注意 おまけダンジョンクリア後に回想ルームの「IFルート ゴス」での選択肢で 「見ない」を選択すると動けなくなってしまう不具合がありますので、ご注意ください 週末にも誤字や分かってるミスを直したものを申請するつもりです 0817 販売開始しました で、販売中です 0815 DLsiteとDMMに申請しました ちゃんとできているといいのだけど、不安 0811 ほぼ、完成 あとは通しの確認を何度かして、問題なければいけそうです 0730 おまけダンジョン以外はほぼ通しでも出来上がる わかりやすく体験版から仕様変更した部分は 敵のシンボルの移動がゆっくりになりました 1マップに1,2体くらいは元のスピードもいますけど・・・ 元のスピード前提で道をやや広げていたのが、ちょっと無駄になったか 0720 作るのも終盤、のはず いくつかの届かなかったところとか 出来なかった部分は次回予定のネタのところにそっと押し込んでおこう 0709 完成形にするべく、エロシーン作りと平行して、ゲーム部分も製作中 体験版の部分をやり直したらver1. 02に上げたさいに、マップ変更の弊害で ちょっとミスがあったなどを変更して差し替え申請をしておいたので 近いうちにver1. 03になってると思います マップのガワを変えただけだからと、一通りのチェックを怠っていたのが原因なので、反省しよう 0701 作りたてのエロシーン 仮の回想ルームを作ってエロシーンを作ってます 少なくとも中ごろ、20日ぐらいまでには全部出来てないと、という感じです 0625 エロシーン作成中・・・ これがある程度終わるまでは、らくがきの余裕もない 0621 拍手レスを別ページにしました 随時とは言いませんが、一日ぐらいで返答できると思います 0619 ベースのCGも終了し、佳境に入った、と思うので DLサイトに登録しました。 体験版もそちらに移動しました。 0617 エロCGのベース塗り中ですが、思ったよりは順調 ベースが終われば佳境なはずということでDLサイトに登録しようと思ってます。 それにあわせて体験版もちょっとだけ更新するかも知れません 0605 全体のエロシーンの配分も決まったので、あとは描くだけといった状況 今月やれば、だいぶ完成は見えるかも 0601 本編のエロCG作成中 全部で20枚ぐらいになるかな 0528 ただいまマップ改造中 0525 しばらくは出来上がったイベントを細かく確認しないと・・・ 0524 本編部分のイベントは完了 確認しつつ、エロCGを描いていく状態に マップも一通り作り終わったので今度は少しだけ見栄えをもう少し向上させようかと思う 0516 一番手間のかかる場面が終了 もうお話は締めの部分のみでもうちょっとだ 0508 もう片方のルートのイベント製作中 回想的なシーンを追加でつけたのだけど、 ちゃんと想定した流れ通りに動いてくれるだろうか 0506 製品版はルートが二つに分岐するのですが、そのうち片方がイベントのみでエンディングまで通しで完成 もう一つのほうもつけたし部分でいけそう 土台が完全に出来上がるのも、もうすぐかも 0503 大まかな仕様は固まったので、マップやらイベントの追加中 続きのエロシーンにも手をつけ始めようか 0502 製品版は体験版から変更して 雑魚戦では敗北するとゲームオーバーにならず、入り口に戻るようにしよう わりとストーリーの流れでダンジョンに強制に入ることもあるので、詰まり防止にしたいと その代わり、ペナルティとして所持金がちょっと減るという伝統的な手法でいこう 0501 拍手コメントなどでの感想・ご意見など、どうもありがとうございます とても参考になります 100パーセントの逃走できる上に敵をシンボルごと消す逃走玉を入れたり 序盤のバランスをもう少しゆるやかにするなどの参考になりました あと道具屋ノエルのおすすめ商品は本当におすすめなんですが、もしや買われていない・・・? 0430 どうも体験版が落しにくいということでもう一つアップローダーをお借りしました 0429 体験版を1. 01に更新しました。 右のメニューからダウンロードできます。 特に問題はなかったようですので、軽量版に一本化しました。 ついでに、メイドさんのゲームも軽量化したものに更新しました。 楽しみです。 気長にお待ちしております。 さすがに試しに作ったものと同じくらいではないです。 メイドさんに比べれば、それなりに増えてます。 ただ、難易度はゆるめにしようと思ってますし、そこまで長くかかるものは想定してないです。 最近はこれを見る機会も本当少なくなってしまいました。 どうしようかなと思ったのですが、質問なんかを手軽に受け付けるにはいいかなと思ったので、また入れました。 html. xdomain.

次の

nicotalk&キャラ素材配布所

フラン 立ち絵

フランドール・スカーレットとは、の「」のである。 -1,2。 ・6であるのである。 や等、の他の住人からは「」と呼ばれている。 5年以上生きているが、少々気が触れている(な)為か、通常は屋敷から出して貰えず、また自分から出ようともしないので世間知らずのまま育った。 普段はしく可らしいが、の襲い方を知らないため、手加減できずに跡形もく吹き飛ばしてしまう。 そもそもで達に会うまで、調理された形でしかを見た事がかったようである。 手には何とも形容しがたい形の物を持っている。 的にはの針がめられたような棒状の物体。 これはフランドール・スカーレットを表すの一つになっている。 また、「枯れ木にがぶら下がった」とでも言うような非常に特徴的な羽をしている。 然としたのとは対照的に、さとかしさを併せ持つ異様であり、これもまたの徴となっている。 く「あんなんでは飛べないでしょうに」との事であるが、この発言について「そもそも羽自体いのに飛んでる者が沢山いるで何を仰るのか」とは述べている。 なお、で登場してからの最中まで終始あの羽をと振っている。 であり当でもあるのことをではとして慕っている様子であるが、後に(書籍版)で登場した際には陰で「あいつ」呼ばわりしていた。 おかげで「に素でめられる」と言う描写はのにおける遠因の一つとなってしまう羽に。 以外の住人との関係は現時点においてほぼ描写されていないので詳細は不明だが、 【の中でも仲の良いは少なく常に孤立している。 ですら一緒にいる姿はあまり確認されていない】 と記述されている書籍もあるので、他の住人との関係はあまり良好ではいと思われる。 (書籍:) 一方で、においては非常に重なのツーが8年ぶりに実現し、何と二人でを眺めているという微笑ましい姿が見られた。 「気が触れている」という設定があるが、いずれの媒体に登場した際も所謂「発狂」した事例はなく較的冷静で、内ではに対しなかなか高等な会話をしている。 また書籍版ではややまどろっこしい話し方をしていた(ただしこの時、も同じような会話法を取っており、を煙に巻こうとしていた可性もある)。 内の会話(自機選択時)での印的な、 「」 が有名。 然とした言葉遣いから突如として繰り出されたこの言葉は、の気性と苛さを如実に表したものとして多くのに刻まれることとなった。 このように3つが3つとも異なるりであり一定していない。 最も新しいとしてはの正誤訂正における" ane"であるが、どれが正しいとも言いがたい。 「ne 」で・・・約1,4,000件 「an 」で・・・約,件 「ane 」で・・・約4,0,000件 : ne 余談だが"ne"()とはの地名。 「」の 能力 ありとあらゆるものを破壊する程度の能力 全ての物質には「」という最も緊している部分があり、そこを攻撃することで対を破壊する事ができるというもの。 経絡秘孔とか辺りがに近いか、正に一撃必殺のである。 更にはその「」を自分の手の中に移動させることができ、手を握り締めて「」を壊せば条件で対を破壊できる。 上では出しにくいであるが、数少ない実例として、書籍にてを破壊したという描写が存在する。 論、「」は物質だけでなくにもにも存在する。 本人く「」 身体能力 当然ながら、のとの素さを併せ持つとも言われるの身体・再生も持っている。 一説ではのをも上回るとか。 テーマ曲 U. オーエンは彼女なのか? 曲の「」とは、著ののの登場人物である。 厳密には、事件の発端となった招待状の差出人の夫妻の名前をイャルにするととなる。 =、つまり「正体の分からない者」であり、登場人物がとも分からぬに殺されていくとかかっている。 自身がや他のを殺す事の意味を分かっていない残酷な性格である事、地下で閉され続けてその存在が外にど知られていない事などから関連付けられたものだと思われる。 スペルカード 東方紅魔郷 も、曲と同じく「」にちなんでいる。 ちょうど10枚なのも登場人物が10人だからである。 禁忌「」 とはの事。 がの収穫方法にちなんでいる事に加え、 の最初の一人が「喉に詰まらせて死ぬ」事にも関連しているのだろうか?• 禁忌「」 に登場する炎の(魔)。 を焼き払うとも言われている。 もいでなぎ払うような内容となっている。 の持っている、スペードがくっついただかだか分からないの事だろうか?• 禁忌「」 の「」の別名。 ちなみにブはブ・・。 通り4人に分身して攻撃を仕掛けてくる。 禁忌「カカ」 有名なの遊び、及びその時に歌う歌「」から。 禁忌と言うのは「」には色々ながあったり、にが歌うのに適さない様々な意味が込められているという説があることからだろう。 禁忌「の」 ぐる回される状のを放つ。 このを避けきる方法は正面でに避ける(押しの一手)か、を抜けるように自分が回る(相手に合わせる)かの2通り。 禁弾「ボ」 「ボウ」とは「」とも書き、を亜で航行するとにする事が出来るであろうと言われている現。 高速で移動すると効果による偏移での色が「ズレて」見える。 この時眼にとっては不可視であるやX線などの線も可視の範囲に入り、に煌びやかな状ののようなものが出現する(亜でを航行する技術はまだいので、上の話であるが)。 のこのにおけるも色の弾が出現する。 そして、それらが「」される。 禁弾「カタプ」 【カタプ】とは、『カトプ(反射学の)』と『プ(学の)』と言う2つの言葉を合わせた、用の造。 これで1つの単である。 反射にを組み込んだ方式のの事。 なおカタ プ()。 カタディ・オ ブ(bu)・と読むのではない。 のも画面端で反射してする。 禁弾「を刻む」 十字のが反に回る=つまりを刻んでいる。 秘弾「」 「」の直接のもじり。 との会話もこれをとしている。 秘弾とは被弾ともかけられていて、自機が被弾すればも消えてる状態なので通りもいなくなった状態。 「5年の」 =Qd t dum(かく示された)。 などでよく使われる、「明終了」の事。 5年を閉されて過ごした結末がどのようなものであるかの明、と言った意味であろうか? 5年を経てとかのを身につけたのではない、はず。 東方文花帖 の上の最終に登場し2つのを披露する。 ここに辿り着くまでが大変。 禁忌「ビドゥン」 ビドゥン=禁断の果実とはすなわちに登場する「知恵の実」のことである。 は画面四隅と中央にいるから隙間のない全弾が放たれるというにおけるまさに禁忌。 禁忌「」 「」はにで開されたで、たちがの墓をあばいてを盗んでの墓を作る遊びからが取られている。 を模したを全に放ってくる。 このは消してもするので注意。 幽閉設定について 5年間館の外に出たことがかったと言う点はほぼ確定であり、多くのにおいて「は5年間地下室に閉されていた」との設定が使われているが、の遇についてはに明言された事はい為、これは正確ではない。 しかしの登場作品における設定や会話にそうしたことを示唆する物が多い事が、この設定が広まった理由と思われる。 これについては以下を参照。 『通常は表に出してもらえません。 出ようともしません。 『で外に出ようとした際、がそれを(状況)』• 『「私は5年間一回も、お外に出てないのよ」()』• 『「ずっと地下で休んでいたわ、5年くらいね」()』• 『OPにおいてであるに存在を忘れられていた()』 ただ、これらは閉を明言しているものではいので、どう受け取るかは人によって大きく変化する。 また、これらに対する設定や意見として、• 『少なくとも以降は屋敷をしている(、)』• 『においては以降での性格が(一部のにあるように)変した様子はなく、 上記1、2の描写を「達が閉を解いた」と判断する根拠がない』• 『屋敷を出ない事について「閉じ込められている、もしくは引き篭もりという噂」と言及されている()』• 『ずっと地下室に居たと言う根拠としては弱い(上記5、6について)』 等が挙げられている。 受け取るによって解釈の変わるこれらの設定によって閉の有に関するに発展する事もある。 しかし上記の通り、この件についてで直接触れられた事はく、確定したがい為にどちらの意見も臆測の域を出ておらず、の設定とは言えないのが現状である。 での新が来ない内は、あまり気にしないで好みの解釈をするのが良いかもしれない。 ニコニコ動画において その曲である「」も有名であり、作品に多用されている。 一時内でのとなっていた(ではなく曲のほうでだが)。 また、の「」をと間違える人もいたらしい。 詳しくは「 」を参照していただきたい。 その一時の露出によって自身も注されるようになり、単純にとしての魅や特徴的な容姿、掘り下げのある設定や狂気を是とするとの相性もあり、でものあるの一人となっている。 二次創作では の有で多様な姿をとる同様、「狂気」をどう捉えるかによって性質が変化するである。 のやり取りから言えば狂気といっても「発狂」するではなく較的冷静で知的なだと考えられ、これに準拠したどこか冷たい、いは何かがおかしいの描写もされるが、「狂気」のからを中心に血と狂気をんだ物凄く狂った姿で描かれる事がある。 逆に、見たや閉設定の関係で本来の狂気がに変質して本来の知性が中和され、見たどおりの邪気になっている場合もある。 これらの描写はなところで折衷されることが多く、邪気攻めやになったりするほか、他色々な意味で『危うい』描かれ方をされる事も多く。 などでは、自身の狂気との付き合い方に思い悩む姿や加減ができず危なっかしい姿、強な頭とを持っているのに性格が幼いなど、現代的な精障者のに近い描かれ方をする時も多い。 に関しては、での取材記録などから遠くの対を握り潰して爆砕する技と解釈される。 上記のからの連想、であること、を振り回すことなどから的にも凄まじいであると解釈されることが多く、を使わない的破壊も良く見られる。 どちらかというと重視のとべ、こちらは純なとされる場合が多い。 また、これらの事情やをうまく襲えない点からであるとされることが多く、特に冷静だったり知的だったりと言った部分が反映されていない場合その傾向が強くなる。 ただし、でもあるという点やよりもややこしいを多く使うことから知的な性格を反映する場合はこの限りではない。 また、後に閉が終了しその後どうなったかの描写がに任せられているため、(全に狂っているを除き)どのようなの狂気のであってもの中で最も行動がで多様という逆転現が発生している。 さらにでがちのためかむしろ外出機会も多くなり、活動範囲が非常に広い。 他のキャラとの関連 どういう理由であれ基本的に地下で生活しているせいかで絡みがあるが極端に少なく、像や他人との関係性はの積み重ねによるところが大きい。 初めはで接点があった及び組が体であったが、内での的なとの接点ができ、その後から6~7年程の時を経てようやくおができるようになり、はそれを拠点に新勢と絡む機会を増やしている。 レミリア・スカーレット のであり、の。 閉設定をどうとるかという問題があり、共に相手を気に掛ける描写とぞんざいに扱う描写が同時にあるため関係性は様々。 書籍で異変以降館内で見かけるようになったと言う記述がされ、それがで描写されて確定したため以前ほどいがみ合っている描写はされなくなった。 基本的にのおちゃんが強調される形になるが、などでが役 に意地と見栄のり過ぎ起因する の場合、冷静な性格を反映したがと言うも多々ある。 紅美鈴 の。 直接の接点はないが、としてを使用するという共通点がある。 基本的に年の離れたのように、時にが苦労しながらも仲よく一緒に遊ぶような形となる。 そのため、狂気の程度に関わらずは幼く描写されやすい。 パチュリー・ノーレッジ の。 「外に出せさないためにを降らせている」という設定があるために、が外に飛び出す類の話では何かと行動にさせられてしまう苦労人的なに回される事がしばしば。 一方で館の内で進行する様な話では、の楽しみを教えるであったり共に難解な書誌を嗜み合う同士であったりと、数少ないアとして意気投合する描写もよく見られる。 他とべるとカプ的な絡みとして取り上げられる事は稀であるが、で登場した場合は名として共に立ち回る役柄が多い。 古明地こいし での接点はであるが、・・狂人と共通点が多々見受けられる事から、で接触の機会が設けられる事が多い。 特に説明もなく友人関係となっているもしょっちゅうである。 は上どこにでも登場でき、感情がいため恐怖せず、お互いに狂気を引けに感じたりする必要もないなどの条件がっているため、対等な「はじめてのお」として描写される場合が多い。 に近い描写の場合必然的に二人のになってしまい、極端に綺麗に描かれることもあれば、重苦しかったり壊れ気味なこともある。 一方で、を加えてになると悪としての描写が多くなる。 お絵カキコ 枚数が多くなったので、 にしました。 関連静画 関連動画 「」関連はでお願いします。 関連立体 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の