パチンコ 屋 の 倒産 を 応援 する ブログ。 目立たないとビジネスモデルが行き詰まる山本太郎

債務整理のプロ・東京ミネルヴァ法律事務所、51億円の負債を抱えて倒産 : 市況かぶ全力2階建

パチンコ 屋 の 倒産 を 応援 する ブログ

良いニュースなんだけど、やっぱりパチンカスって救いが無いなぁ という記事から。 新型コロナウイルスの感染拡大で長期に渡り営業休止を余儀なくされたパチンコ店がピンチに陥っている。 6月から全国のパチンコ店で営業は再開されたが、倒産、閉店に追い込まれる店が急増しているのだ。 民間信用調査会社の調べでは、今年1月から5月まで倒産したパチンコ業者は12件、前年比の2倍という。 また、パチンコ業界団体によれば全国で100近いパチンコ業者が閉店、倒産に追い込まれているという。 大阪のあるパチンコ業者が渋い顔でこう証言する。 「緊急事態宣言、外出自粛時、短期間はこっそり営業していた。 だが、店名公表など行政からのペナルティのような発表で、店を閉めた。 休業中、三蜜対策を講じて、満を持して6月の営業再開となったが、自粛ムードは依然として続いている」 ~中略~ 「10万円が早く入る、それがパチンコに一定程度、流れてくると大半のパチンコ業者は信じていた。 忙しくなると、できる限り従業員やアルバイトもやめさせず、耐えてきた。 営業自粛中も『10万円もらったら、打ちにいくから』と言っていたお客さんもけっこういました。 パチンコは元々違法ギャンブルであり、 法律で寺銭の割合が決まっているわけではありません。 ですのでパチンコに限ってはそもそも計算が成り立たないというオチだったりするわけです。 マスゴミの記者達が霞ヶ関や都庁などの役人達と癒着するためのツールである かれらマスゴミの記者の得意の麻雀は 場代を抜けば参加者同士の取り合いですのである意味数字が見えます。 パチンコの場合はこの数字がブラックボックス化して見えません。 また、パチンコ業界はこの20年ほどずっとユーザー数が減ってきました。 パチンコのユーザー数は1998年のピーク時の2800万に比べ、 今や900万人を割り込むところまで来ています。 パチンコ業界は長期的にユーザーが離れていく傾向の中で 売り上げについてはユーザーが離れるよりも遅れて減少するという傾向でした。 ユーザーが減ったなら 一人あたりからより大きく取ればいいじゃない! といことをやっていたと考えるべきでしょう。 しかしながらそういうことをやれば少しでも考える人は パチンコから去って行く事になるわけです。 そうしてユーザー数が減り続けるという中で パチンコ屋も潰れたくない、利益を上げなければとなる 負のスパイラルに陥ってきたと考えた方がよいでしょう。 パチンコはパチンコ屋側がどれだけユーザーから取るのか そういう数字がはっきりしない以上、 パチンコをやるという行為そのものが 負けを約束されているようなものです。 そんなものにお金を使う方がどうかしています。 ですが、パチンカスは思考停止していますし、 中には依存症になっている人もいるようです。 「取り分の数字が見えない業態に金なんて出すのは無駄」 と考えているブログ主には理解に苦しむ話なのですが、 実際に中毒状態の人もいるのですから大問題です。 大阪市は特に生活保護が多い自治体の一つだと言えますが、 大阪維新の人件費カットしか考えない無能政治のせいで 特別定額給付の支給の異常な遅延があって パチンカスの手元に届く前に潰れる店が続出しそうなのは 皮肉にも維新の政治の成果と言えるかもしれません。 雨合羽の寄付を呼びかけたものの 結局ソフトバンクと組んでソフトバンク経由で購入することで 集めた雨合羽は使われず、 マスクを提供したいと申し出た大阪府内の業者に対して ソフトバンクと癒着して利益にしたい大阪維新は 吉村、松井ともにこの申し出をガン無視しました。 結局は自民の長尾たかし議員が大阪の担当者に直接話を繋ぐ ということになりました。 ソフトバンクとの癒着を最優先した大阪維新は 防護服の件でも大阪内の業者からの同様の提案を数日無視するなど 今回の武漢肺炎を私利につなげようとしただけでしょう。 なんでもかんでもコストカット、住民サービスよりもコストカット。 そんなことをひたすらやってきた大阪維新の成果が 「大阪市だけ突出して遅い特別定額給付の支給」 というものだと思います。 今後は吉村も松井も誤魔化すために 「大阪都構想が実現していたら遅延もここまでひどくならなかった」 なんて嘘をついて都構想の材料にしようとするのだろうと思います。 むしろ大阪市の財源が召し上げられ、 現状より雑な区割りになって役所が統合されるのですから 「都構想が実現していたらもっとひどかった」 となっていただろうと思います。 週刊朝日の記事を取り上げたんで、 週刊朝日が持ち上げている山本太郎の記事なんてのも取り上げておきます。 礼儀正しい気配りの人だったら 極左の老害どもと一緒になって「安倍を逮捕しろ!」 なんてデモやりませんよ。 礼儀正しい気配りの人なんていうのだったら 国会で議事進行表を奪って審議をできないようにする なんてことを繰り返したりしませんよ。 以下はその一例。 なお、山本太郎はこういう「議事進行表を盗んで逃走する」 ということを複数回やっているのですが、 これは民主党や共産党などの反日野党の仲間としてやっているので 彼だけの問題ではありません。 あらかじめ今日は誰が議事進行表を奪って妨害するか というのを持ち回りでやっていた中で 特にその行為をよくやっていたのが山本太郎というだけです。 ちなみに山本太郎が盗んで走り去るのが繰り返されたので 自民党側が「コピーを手に持って読んでわざと盗ませる」 ということをやって机の下に隠していた本物を出して審議を続ける。 という対応がなされていました。 逃走途中でこれに気づいて山本太郎が走って戻ってきたことがありましたが、 審議進行を止めることができなかったなんてこともあります。 国会活動がくだらないパフォーマンスと泥棒行為。 というのが山本太郎の国会活動だったと言って良いでしょう。 さて、れいわ新撰組は党規約で (構成員) 第4条 本党は、国会議員及び国会議員予定候補者で構成する。 と書いていたりします。 都知事選に出るとなるとこの規約に反することになりますが、 山本太郎としては衆議院議員候補予定者山本太郎でもあるので違反ではない という説明のようです。 国会議員を送り出すために寄付を集めた山本太郎一派でしたが、 都知事選に転用されることに信者がどの程度納得するのか見物です。 また、山本太郎がどれだけ票を集められるのか? 宇都宮健児よりも票を集めてしまった場合、 実質的に反日野党をまとめた体制となっているのに大敗したことになり 野党共闘の責任はどうなるんだという話になるでしょう。 逆に山本太郎の票がぜんぜん伸びなかった場合。 むしろれいわ新撰組の賞味期限が過ぎたと思われる事でしょう。 その場合、れいわ新撰組が候補を立てるぞと 反日野党の中で主導権を握ろうとして動いてきた行為そのものが 反日野党連合から切り捨てられる流れになるでしょう。 しかしながら寄付金を集めるため、 また、れいわ新撰組の現役議員が目立つことができないため 山本太郎を積極的に露出させていく以外の方法が れいわ新撰組にはありません。 山本太郎の個人的知名度で寄付金集めで商売していたのですから ここで引っ込んでいるわけにはいかないところでしょう。 目立たないと金が増えない。 目立っても負け方が悪いと自爆になる。 山本太郎としては今回の都知事選の結果次第で 今後は「一時期目立ったパフォーマー」で終わる可能性があります。 せいぜいがんばって宇都宮陣営とパヨク票を奪い合ってください。 そうそう、れいわ新撰組は 元民主党の大島九州男が事務局長みたいな状態です。 昨年の参議院選挙で国民民主党から出て落選した立正佼成会員の大島ですが、 立正佼成会が立憲民主党の方に力を入れていたため 自分の所の信者として当選させてきた大島を切り捨てた形です。 ですが、長年信者としてやってきた事から 個人的に支持する信者達も少なからずいるわけで、 立正佼成会票が股割き状態になっていることもまた事実です。 大島九州男は昨年の落選以降、れいわ新撰組に協力し 今年のれいわ新撰組の候補予定者発表がありましたが、 この候補者面接、選定を行っていたようです。 しかしながら大島九州男は国民民主党に籍を置いたままです。 状況を見てれいわから出れば国政復帰できるかもと 二股をかけているのかもしれません。 れいわ新撰組という政党は 国会議員になりたいという人達が 民主党に代わるあらたな選挙互助会の選択肢として 期待をしてすり寄っている人達によって運営がされはじめている という状況であろうと思います。 トップが政策についてよくわかってない山本太郎という事も 元民主党系の有象無象がすり寄り始める理由になっているのかもしれません。 政策無能なんですから自分達の方が主導権を取れると 当選さえしちまえば勝ちだと考えてのことでしょう。 2017年の総選挙の時に 希望の党を内側から乗っ取ってしまえと 全員で希望の党に入党することを決めた民主党の連中の 「政策なんてどうでもいい、選挙のときに有権者をだませればいいんだよ」 という哲学だけは不変のようであきれてしまいます。 今日の締めはフェイクニュース配信社としての地位を確かな物にした 共同通信のニュースから。 トランプ米大統領が5月に表明した先進7カ国首脳会議(G7サミット)拡大構想を巡り、日本政府高官が米政府に対し、韓国の参加に反対する考えを伝えていたことが27日、分かった。 中国や北朝鮮への外交姿勢がG7と異なると懸念を示し、枠組みの維持を求めた。 米側は「トランプ氏が最終判断する」と応じた。 複数の日米外交筋が明らかにした。 韓国政府はG7参加を歓迎しており、反発は必至だ。 日本側の対応にはアジアから唯一G7に参加する外交的優位を守る思惑もある。 安倍晋三首相の意向を踏まえたとみられる。 歴史問題などで対立する日韓関係の冷却化を進める可能性がある。 「~~ということが、わかった。 」 「XXX筋が明らかにした」 とある場合の共同通信の記事は100%フェイク。 そういう目で見ておいてまずはずれません。 共同通信用語では 「関係者」「~~筋」 という場合は記事を書いている記者本人を含みます。 というか高確率で記事を書いている記者本人が思いついた事を書く場合に このキーワードを使うと言っていいくらいです。 そして「わかった」というキーワード。 これもそうですね。 この共同通信の記事の狙いは 「韓国にアジア唯一のG7参加国という地位を譲りたくない狭量な日本、そして狭量な安倍」 という悪いイメージをでっち上げつつ、 韓国から日本への抗議を行わせたいというところでしょう。 「反発は必至だ」 と書いて韓国の反発を呼びかけてる時点で 共同通信の記者の 「韓国さん、狭量な安倍を叱ってください!それをニュースにしてまた安倍叩きできますから!」 という思惑でもって書いていると見ていいでしょう。 共同通信の記事って最近ほんとこんなのばっかりです。 また、この自分達がでっちあげた記事を基にして 官房長官の会見で記者達が質問するわけです。 それで官房長官が余計な事を言ったら こんどはそれを材料に揚げ足取りをして叩く。 これが本邦マスゴミのやり方です。 ですが菅官房長官は余計な事は言わないし 余計な事を言わせようという引っかけ質問にも引っかからない そんな状態が何年も続いてきました。 それでもなんとか引っかけようと毎度同じ手を使ってくるし、 テレビではこの共同の配信情報などを「事実」ということにして 報じるのでテレビや新聞を鵜呑みにする人達だけが どんどんマスゴミが作り上げる意味不明な世界にはまり 現実の情報とのギャップを広げていくのでしょう。 共同通信が誰が言ったと明確に書かない記事はほぼ100%フェイク そう思って必ず眉につばを付けて受け取るようにしましょう。 毎回拝見させていただいてますが、今回も面白い記事でした。 ありがとうございます。 今回の記事とは関係がないのですが、主さんはどうしてブログの毎日更新を続けられるのかが疑問であり、尊敬するところです。 他のブログ(政治とは関係ないブログです)で「本当に心の底から好きなものでないと、ブログなどのアウトプットは続けられない」という情報を得たことがあります。 ブログ主さんにとって政治や時事が好きなものだというのはわかりましたが、どうやってブログ記事執筆の時間を作っているのでしょうか?私は以前ブログを二度立ち上げたことがありますが、時間がないのと本当に好きなものでなかったということが原因でブログを自ら潰したことがあります。 ブログ主さんはどうやって現在の好きなものを見つけ、時間配分をうまく立ち回っているのでしょうか?長文で申し訳ありませんし、答えたくなければ答えなくても構わないです。 できればの形でお願いします。 ご自愛ください。 . 誰でも出来る コストカット をやってたら お仲間にブーメラン直撃。 最近よくある風景になりました。 . この体面ばかりを気にする感覚は記者のメンタルでしょうね。 日本の精神を学ばないと永遠に上っ面な紙面になるだろう と思われ。 . 土星なら、一年が1. 1万日もあるので 存分に同んなじコトの繰り返しを楽しめるのにね。 無意味さの咀嚼時間が地球では足らない模様。 最後に、横からで申し訳ありませんが、茶請け様に質問なさっている方へ。 「自分の時間」アーノルド・ベネット著 という本があります。 自分を変えるには無理せず、根気強く しかない様です。 毎日の時勢の深掘りに感謝しております。 パチンコそのものが、既に老害やネット関係に疎いDQN中心になってますね。 昔ならパチンコに走った若年層は、今ならゲームに嵌ってるのでは? 山本テロ〜 以前は「イロモノ扱い」で、マスゴミは殆ど取り上げない部類だった筈ですが 今は都知事選報道で必ずトップに出て来ますね。 自分は投票権が無いので、キムチ悪くてすぐチャンネル変えるか、消しますが。 山本テロ〜がどうこうより、やはり『背後関係』の問題でしょうね。 「担がれた神輿」ですから、状況でポイ捨てされるか、悲惨な未来しかありません。 しかし… いずれにせよ、こんなのが公共電波で、流す側も平然と垂れ流して何食わぬ顔… 嫌な感じです。 狂同痛辛 見出しは、相変わらず「〇〇か」みたいなタカトシギャグでしょう。 マスゴミなんて、全て「主観に憶測と妄想に捏造を付録」に 記事にしてるだけです。 正確性が命の報道が、もはやゲェ脳人やスポーツ選手のスキャンダルレベルです。 今、犬HK7時のニュース 何故か加藤登紀子がコンサート開いた、とか垂れ流してます。 なんなんですかね、ワザワザ彼女の報道って。 何かの前振りでしょうか。 まあ…やる気なくすよね! それに頑張って何かあったら逆に潰されてとんでもない目に合うかもしれないしね。 お維新も共産党等と同じくらい危険な政党です。 潰さないとだめだと思います。 尖閣諸島で取れた魚の写真が出回っていますが… 魚好きなら「マジか!食いてぇ~!」と思うようないい感じの魚です。 確かにこのところ酷さが爆発してますね。 私はあの悪夢(地獄)の民主党政権の頃に覚醒を始めたのですが… その頃から本質は変わっていないような気がします… ぱよぱよち~ん! 山本タローの国会パフォーマンスは、通俗的でよく言えば「庶民的」です。 国会で念仏合掌パフォーマンスとか。 園遊会で天皇陛下にお手紙を無理やり渡そうとしたり。 政治の本質や手続きがわかっていないから、頑張れば頑張るほどにそうなるのでしょう。 記事の分析どおりです。 以前、彼は議員会館に部外者 それも反社会性の強い人物 を入れた写真を見たことがあります。 政治家としては、国益を守姿勢がゼロに近いことは言うまでもなく、交渉ごとでもかなり脇が甘い可能性があります。 反日勢力にとっては、日本の政治家は、お花畑でアマちゃんで、カネと女にだらしなく、外国人にはもっと甘い、そのくせ目立ちたがりのええカッコしい、自由に操つれる人形が良いのでしょう。 そんなのがいいと思う有権者が率先して支持するわけですね。 定番の反日フェイクメディア情報ありがとうございます。 自分でチェックしきれないから。 >日本側の対応にはアジアから唯一G7に参加する外交的優位を守る思惑もある。 安倍晋三首相の意向を踏まえたとみられる。 歴史問題などで対立する日韓関係の冷却化を進める可能性がある。 分析されているとおりですね。 付け足すと、 「可能性がある」なども、記者か編集長の思惑そのまんまで、脅しのニュアンスが滲む点も嫌悪感をそそります。 ぱよぱよち〜ん。 私は元スロット、麻雀、競輪、あげくにはゲーム機(エイトラインというスロットみたいなゲーム機)まで打つ典型的なギャンブル中毒でした。 でも結婚してから、ほとんどどれも打ってないので、単なるギャンブル好きかもしれません。 この中で勝てるのは、スロットだけですので、スロットで稼いだお金を他で遊んで溶かす訳です。 そんな経験があり、個人的には世話になった面があるので、パチンコ店を擁護するつもりはないですが(今の状況は健全な遊びとは言えない気がします)、全くなくなってしまうのも少し寂しいな、と感じています。 きっと遠くない将来にそうなるでしょうが。 しかし、メーカーがもたないだろうな、とは思いますね。 毎日の更新、ありがとうございます。 パチンコに依存する、ハマる人達、寂しい人生から抜け出せないのでしょうね。。。 ぜひ、別の趣味(人生)を見つける機会があることを願います。 厚労省は更生プログラムを広義の解釈で作ればいいのに、善意の汗をかくような天下り先は却下でしょうか?(Fラン大学撲滅して~、若者を食いものにしてるだけ。 ) レイワもイシンも分かりやすいというか、見え見えで。 この人達がドヤ顔で発信していると、「またか…」って感じで、時間の無駄に思えます。 やるやる詐欺にも届かない「やるかも詐欺」で。 w >なんでもかんでもコストカット これ、先を見ないグローバル化や財務省の路線と同じ。 その場で自分さえよければ、他は知りませんって。 w 扇動者は、かすめ取って逃亡の繰り返し、おこばれはもらえないのに支持してる人達。 w レイワのことで余談ですが、 国会議員になられたお二人のこと、彼らと同じ立ち位置の人達も反感を持っていますし、普通に穏健に過ごすボランティアの人達も寒~い目で見ています。 「口にはしません」けど。 マスゴミの都知事選報道は酷いを通り超して、低能・下品化が顕著、いつもながら犯罪的。 (訴える人が出たりしてw) 偶々、目にしたら「レイワか共産」を中心に街宣を垂れ流してコメント付き。 wアホらしい。 もうTV見てると日本人じゃなくなるってレベルでしょうか。 w 武漢肺炎コロナ禍で密な集会が厳しい時に、どうやって動いているか観察する機会です。 隣国の危険は日本にも飛び火しますから、日本国内の治安も気をつけたいですね。

次の

目立たないとビジネスモデルが行き詰まる山本太郎

パチンコ 屋 の 倒産 を 応援 する ブログ

焦る気持ちを悪用する事には賛同しません コメント欄でもちょっと賛否両論出ているようですし、 マスゴミもうまく利用して、 こちら側のカードを潰していこうという動きがありますので 余命ブログがやらかしている件について書いておきます。 「やらかしている」 という言葉をあえて選んでいる事でお気付きになるかと思いますが、 ブログ主は今回の件で余命ブログとやらを評価していません。 まず、法律というのは弱者のためにあるのではなく 「知っている者のためにある」ものです。 また、ケンカを仕掛けるときは 「仕掛ける時点で勝ちが確定している状況を作ってからケンカを仕掛ける」 のです。 確実な状況を作っているわけでもない、 博打を打つような一手であるから自分がリスクを背負って動く。 というのならわかります。 そうではなくて読者をけしかけて突撃させるというやり方は賛同できません。 それでも 「日本人と在日朝鮮人の戦いが始まった」 なんてまだ煽ってるようで正直呆れています。 日本はそもそも特亜に何十年と侵略戦争を仕掛けられ続けていますし、 孫子に基づけば、特亜に限らず日本のような経済力があり、 地理的に重要な場所に位置し、海洋面積も広く、 スパイ防止法が無いようなところに対して 武器を使わない形での戦争・・・ いわゆる工作を仕掛けない理由がありません。 リスク評価をきちんとせずに煽って突撃させるなんて 若い人達に間違ったエネルギーの使い方をさせてどうするのでしょうか? 今の日本の状況に危機感を抱いている人はいっぱいいます。 少しだけ先に生まれた私達がやるべきは 多くの人がかかえるそうした危機感に対する焦りを暴走しないように、 暴走させられないようにすることだと思います。 焦る気持ちを我慢しながら、 どのように敵に対して詰めていけばよいのか? 冷静に考えて考えて静かに一手一手打っていくしかありません。 日弁連なんて確かに反日極左の巣窟です。 というよりも反日極左の私物化されています。 しかしながら弁護士活動をするためには、 弁護士会に登録できないといけないわけです。 今の日本のシステム上では制度的な過剰な強固な聖域が作られていて 簡単に手を出すというのはかなり難しいのです。 一方で日弁連がなんでサヨクの巣窟になるかと言えば、 真面目に活動している弁護士は日弁連の活動をやってる暇がないからです。 反日極左連中は戦後何十年と自分達の利権を構築してきて、 パチンコにしてもそうですが在日産業の資金によるバックアップは強力です。 そしてお仲間の弁護士と反日勢力はその資金力があるからこそ、 暇な時間を多く作れて日弁連で活動できるのでしょう。 犯罪組織を潰すのなら昔から方法は二つしかないのです。 1人残らず殲滅すること。 資金を潰す事。 しかし前者をやるのには相手がいろんなところに根を張りすぎていて 一筋縄ではいきません。 だからこそブログ主は資金を潰していくべきだと考えて このブログタイトルなわけです。 (以上、引用) 1. はじめに お願い)へます 投稿者: antiyomeiblog 巨大掲示板2ちゃんねるハングル板の「余命三年時事日記って真に受けていいの?」スレのコテハンでした。 レスする度に「日記に書いてろ」と言われるので、日記を作りました。 余命三年時事日記とは?「悪魔の提唱」者の立場から考察しています。 通称「悪魔ブログ」 2016. 余命ブログ1136記事にて「悪魔の提唱者等を含んだグループの外患罪告発を準備している。 」とのことです。 今後はこれまでの傍観者の立場とは異なり、当事者として余命の矛盾、外患誘致罪告発の穴を検証していきます。 2019年ごろから、三宅雪子「元」衆議院議員による「幻の」刑事告訴事件も、余命プロジェクト同様の「刑事訴訟」を恫喝の道具とした言論弾圧として検証することにしました。 投稿ナビゲーション 検索: 最近の投稿• カテゴリー• 486• 241• 5,559• 126• 1,013• 462 アーカイブ•

次の

自己破産・個人再生 人気ブログランキング

パチンコ 屋 の 倒産 を 応援 する ブログ

人気ブログランキングに参加しています。 人気ブログランキングへ ---------- 全日遊連が行っている各都府県方面遊協における組合員数調査によると、6月末現在の全国の営業店舗数は前月と比べて9店舗減って1万1,339店舗となった。 月内の新規店数が12店と振るわず、廃業店舗数も今年になって最も多い40店を数えるなど、厳しい状況を窺わせた。 4月期の新規店数が過去1年間における最高値の35店舗にのぼった一方で、翌5月期は平成19年の調査開始以来の最低値となる4店舗になるなど、傾向が読みとれない不安定な状態が続いている。 震災の影響で3月期から急増していた当月発生分の休業店舗数は、6月は震災前のレベルにまで抑えられたものの、震災発生後に急増した休業店数そのものは依然として高い水準にあり、全国で173店存在している。 遊技機台数は、パチンコ機が1,929台減って288万4,888台、回胴式遊技機が4,455台増えて129万5,324台となり、その他遊技機を含めた総台数は4万2,526台増の418万368台。 回胴式の伸びは堅調さを示す一方で、パチンコ機は増減を繰り返しながら傾向としては右肩下がりで推移しており、この1年で約6万台ほど減らしている。 しかし、パチンコユーザー数が減り続けた間も パチンコ業界は2006年まで売上を維持してきました。 (安倍内閣時代の規制で2007年に売上がはっきり減少しました) ユーザー数が思い切り減ったのに売上を維持してきたのは 一人当たりからふんだくる金額が増えたということです。 逆にそれによって気が付くことができた人は足を洗い、 残された人達がパチンコを通して貢いでいるに過ぎません。 新たな客層を開拓しようとアニメ一色になってきていますが、 一円パチンコなどで射幸性の高さを狙ったユーザーは減って行き さらにユーザー数減少が不景気の加速で押さえようがなくなってきています。 国税庁の発表した業種別不正発見率は 2009年もパチンコは48. 7%と非常に高い数字で毎年ワーストを争っています。 パチンコユーザーがパチンコというドブに捨てたお金の中で かなりの額が摘発を免れてアングラマネーと化していることは想像に難くありません。 そのお金から民主党議員などの売国議員を飼育する金に流れたり、 その他の反日工作に流れるということを考えれば、 パチンコにお金を使うということは 即ち民主党を中心として与野党に大量に居るパチンコ議員に お金を出して応援を行っている事に繋がります。 そもそも、寺銭をいくら取っているか不明、いくら脱税で闇に消えているかも不明。 だからいくらリターンがあるかの計算も成立しません。 そんなものにお金をつぎ込む事自体ギャンブルの才能が無いと思います。 人気ブログランキングへ ---------- 倒産情報 1月14日、東京商工リサーチによると (株)高木商事(荒川区東日暮里5-51-7、設立昭和42年3月、資本金1000万円、李裕司清算人) 他2社。 合計負債総額71億1700万円。 でも調べてみると これらが運営していたパチンコホールは経営が変わっただけで存続中の模様。 実店舗の運営からはもう数年も前に離れていて収入源が無かったようです。 負債をかき集めて清算というところでしょうか。

次の