渡辺いっけい 結婚。 渡辺いっけいの出身高校の同級生は有名人?元カノ再会で嫁が激怒か?

渡辺いっけい初主演映画『いつくしみふかき』に著名人応援コメント第2弾

渡辺いっけい 結婚

渡辺いっけいは業界一のドラマ掛け持ち俳優!?出過ぎても飽きない演技力とは? 渡辺いっけいは業界一のドラマ掛け持ち俳優!?ドラマで一番目にする顔! 渡辺いっけいという名前は知らなくとも、顔を見ればご存じの方は多いはず。 なぜなら、渡辺いっけいは、業界一のドラマ掛け持ち俳優と言われるくらい、多くのドラマに出演しているからです。 実際、渡辺いっけいについて、「ドラマで一番目にする顔」と言っている視聴者もたくさんいます。 主役をはることはあまりないものの、テレビドラマの脇役として出演している渡辺いっけい。 ちょっと間抜けでとぼけた役から、真面目で実直な役、闇を秘めたシリアスな役まで、どんな役でもこなせる名バイプレイヤーとして、その存在が高く評価されています。 渡辺いっけいの出過ぎても飽きない演技力とは?演じる役になりきる才能! 渡辺いっけいは、1992年に、NHK連続テレビ小説「ひらり」で、嘱託医の安藤竜太郎役を皮切りに、テレビドラマの出演が多くなりました。 これまで数多くのドラマに出演していますが、印象に残るのは、1998年からスタートしたドラマシリーズ「税務調査官・窓際太郎の事件簿」の主人公・窓際太郎(小林稔侍)の上司・島崎春男役でしょう。 窓際太郎の正体に気がつかず、見当外れのことばかり言うコミカルな役柄で、しかも登場するのは、エンディングのシーンくらい。 それなのに、なぜか忘れられない存在です。 渡辺いっけいは、2001年の「救命病棟24時 第2シリーズ」で、救命救急センター医局長・小田切薫の役も演じています。 ドラマ終盤に、小田切薫はくも膜下出血で倒れ、脳死判定を受けます。 そして臓器移植のドナーになりますが、渡辺いっけいの迫真の演技には誰もが心を打たれました。 どのような役でも、その人物になりきる渡辺いっけい。 ドラマに出すぎとも思える出演回数ですが、それでも飽きられないのは、たしかな演技力あってこそでしょう。 渡辺いっけいの高校、大学、プロフィール!結婚した嫁や子供は? 渡辺いっけいの高校、大学、プロフィール!大学時代は学生劇団で活躍 渡辺いっけいは、1962年10月27日生まれ。 愛知県豊川市の出身です。 出身高校は、偏差値が60という愛知県立国府高校。 入学当初はかなりの優等生でしたが、漫画にのめり込むようになったため、次第に落ちこぼれていったとか。 漫画好きが高じて、漫画家になりたいと思っていた時期もあるようです。 高校を卒業した渡辺いっけいは、大阪芸術大学に入学します。 大学卒業後は、上京して「状況劇場」に入団しますが、3年後に退団。 1992年のNHK朝ドラ「ひらり」の出演をきっかけに、テレビドラマや映画、舞台などで活躍するようになりました。 渡辺いっけいが結婚した嫁や子供は?プライベートは明かさない? 渡辺いっけいがいつ結婚したのかは公表されていませんが、嫁はいます。 渡辺いっけいの嫁は、声優の門間葉月で、「機動戦士ガンダムZZ」(1986年)キャラ・スーンの声を担当していました。 舞台女優をしていたこともあるそうですので、渡辺いっけいとは、劇団にいたころに出会ったのでしょうか。 渡辺いっけいの子供に関しては、情報はあまり出ていません。 演じる役柄からは、よきお父さんという印象も強い渡辺いっけいですが、プライベートについては明かさない主義のようです。 所属する「劇団青年座」のプロフィールでも、生年月日や出身地、身長、過去の出演作品といった基本情報以外は、特技が剣道と絵画であることのみが記載されています。 渡辺いっけい「精霊の守り人・最終章」カグロ役で出演決定!みどころは綾瀬はるかと一緒のアクションシーン! 渡辺いっけいが、NHK大河ファンタジー「精霊の守り人・最終章」に出演することが決定しました。 「精霊の守り人」は全部で22話あり、3シーズンに分けて放送されています。 シーズン1は、2016年3月19日からで、第4話まで放送されました。 シーズン2は、2017年1月21日に始まり、9話分が放送されます。 渡辺いっけいが出演するのは、2017年11月から放送予定の最終章で、演じるのは、カンバル王国のムサ氏族長カグロ役です。 「精霊の守り人」のドラマの原作は、国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橘菜穂子の「守り人シリーズ」。 1996年~2007年に発表された全22巻におよぶ壮大なスケールの物語で、女用心棒のバルサと皇太子チャグムが、さまざまな苦難を乗り越えながら、共に旅をし、成長していきます。 主演のバルサ役を演じているのは綾瀬はるかで、チャグム役は板垣瑞生。 他にも、武田鉄矢、米良美一、Dragon Ashの降谷建志など、豪華な顔ぶれが揃い、物語を彩ります。 渡辺いっけいが演じるカンバル王国ムサ氏族長のカグロは、厳格で尊敬される人格者です。 渡辺いっけいのアクションシーンも見どころだという「精霊の守り人・最終章」。 渡辺いっけいと一緒にアクションシーンの撮影を行った綾瀬はるかも、「長い時間をかけての緊張感のあるシーンだった」とコメント。 他の映像作品では、そうそうお目にかかることのない渡辺いっけいのアクションシーンは見ものですね。 今やドラマには欠かせない名バイプレイヤーとなった渡辺いっけいですが、今後も、視聴者がまだ知らない顔を見せてくれそうで楽しみですね。

次の

ひらり (テレビドラマ)

渡辺いっけい 結婚

1992年のNHK連続ドラマ小説「ひらり」で注目をあつめ、以降は映画『LIAR GAME』シリーズなど名バイプレイヤーとして膨大な量の作品に出演している俳優、渡辺いっけい。 そんな彼が50代半ばにして映画初主演を飾ったのが『いつくしみふかき』だ。 妻子を騙して悪事に手を染めるクズ男・広志を憎らしくもどこかチャーミングに演じている。 そんな父の血を引き、村人から忌み嫌われる息子役の遠山雄と、不思議な親子関係を築きあげていく。 今回は、渡辺のルーツである「大阪芸術大学」時代や好きなアイドルにまで話題を広げながら、映画初主演への思いを語ってもらった。 10代、20代の俳優なら全国公開の映画で主演となればよっしゃ!となりますよね。 でも、渡辺さんのように経験豊富な役者さんも同じようになるものですか。 ハハハ(笑)。 僕は子どもの頃から一番前に立つのを避けていた人間なんです。 トランプゲームの大富豪ってありますよね。 一番下の大貧民でいる方が饒舌になり、場を沸かせることができたんです。 でも一番上まで勝ち上がって大富豪になったりすると途端に寡黙になって、ゲーム自体がつまらなく感じていました。 仕事の現場でも、主役をうまく引き立てるために押し引きするなど、割と空気が読めるという自負があって。 30代の頃から空気を読む役者だと思っていました。 でも40代後半の頃、この感じでやっていっても良いのかなという迷いがあらわれました。 空気を読むことばかりにとらわれて、「俺は大事なものを見失っていないか」と立ち止まることが多かった。 そんななかで今作に出合い「出てみよう」と勘が働いたんです。 子どもの頃からドラマをよく観ていましたが、やっぱり脇の人ばかり気になっていましたね。 NHKドラマ『天下御免』(1971年)が好きだったけど、秋野太作さんがやっていた稲葉小僧という4、5番手の役ばかり見ていました。 脇の人って、主役以上に楽しそうに演じているように子ども心に思えたんです。 がお好きだと。 センター争いがよくクローズアップされますが、センターは映画でいえばまさに主役。 モー娘。 でも、そうじゃないメンバーに目がいきがちですか。 あ、そういう話をすると長くそうですが・・・(笑)。 もともと僕は、結成当初のモー娘。 はよく知らなくて、ヒット曲を何となく聴いたことがある程度でした。 モー娘。 が誕生した番組『ASAYAN』(テレビ東京)も観ていなかったし、「LOVEマシーン」(2000年)の頃もほとんど知らない。 何をきっかけに注目しはじめたんですか。 ある日、当時メンバーだった石川梨華さんのことをスポーツ新聞で読んで、そこで興味を持ったんです。 単純に「かわいいメンバーがいるんだな」という感じで。 それで後追いでいろいろ調べていったらハマりました。 コンサートの映像もたくさん観たのですが、そのなかでも自分がよく目で追っていたのは、矢口真里さん。 センターじゃなくても、コンサートではMCで引っ張って、煽りをいれるときのテンションも面白くて、「あ、この子いいな」って。 安倍なつみさんというストーリー性抜群の絶対的センターもすばらしかったですし、そこに矢口さんたちがいたからこそ、グループとして好きになれた。 チームプレーの良さを感じることができたんです。 自分がドラマに出るときも、そういう現場が好きなので。 そんなきっかけになった出来事はありますか。 上京したときに入っていた劇団が解散したときです。 劇団内の人間関係でクタクタになってしまい、半年くらいは芝居に携わるのが嫌になってバイトばかりしていました。 僕にとって暗黒の時期。 役者を続けたい気持ちもあったけど、すべてを断ち切って田舎に帰ろうかとも考えていて、実家で暮らす妹に電話で話したんです。 私はこっちで働くお兄ちゃんは見たくないなと、さらっと言われました。 妹は僕と感覚が似ているからこそ、そう言われたのは忘れられない。 当時の自分にはかなり効きましたね。 実際に血には逆らえないと感じたことはありますか? うちの親父は、堅実で地道に生きてきた人でした。 あえて昇進試験も受けずに一駅員として、同じ駅でずっと切符を切り続けたんです。 それを見ていて、これは決して悪い意味ではなく、そういう生き方は俺にはそれはできないと思ったんです。 気づいたときは、どうしようって困惑しました。 でも、食えずにアルバイトをしていたとき、めちゃくちゃ単純作業が得意で。 夜8時から12時間くらい働いてとっぱらいで日給をもらえて、それで嬉々としてやっていました。 実は、得意だったんです。 たぶん正社員でやっていたら、かなりいけたんじゃないか思いましたね。 劇中には神事、牧師など『信じる』対象が出てきます。 広志がかつて住んだ村のリニア誘致にしても、発展すると信じる人とそうじゃない人がいます。 信じられる相手はどういう人になりますか。 大阪芸術大学の頃のふたつ上の先輩なんです。 僕は高校時代、演劇部でも何でもなく、文化祭で演劇が楽しかったから舞台芸術学科に入っただけなんですけど、大学時は演劇経験者を凌駕していく感じがあった。 そんなとき、いのうえさんと出会って、ついていた自信をグシャッとやられました。 相手役との会話のタイミングも「俺がいったことを完璧にコピーしろ」と言われてやるんですけど、「違う!違う!」って。 それで僕の後ろにまわってきて「このタイミングだ。 体で覚えろ」って頭をはたかれたりして。 あまりの厳しさに周りの劇団員もちょっと引いていましたから。 僕が住んでいた下宿にわざわざスタッフが車で迎えに来てくれていたんですけど、その理由が「いのうえさんが厳しすぎるから、いっけいが逃げるんじゃないかと心配だった。 そうなると公演中止になるから、友情のためでも何でもなく劇団のために送り迎えをしていた」と言っていました。 ただ公演になると、お客さんがドカンドカンと湧いて、最終的にはすすり泣きも聞こえてきて。 お客さんが面白いと感じる演出力が、いのうえさんの舞台には間違いなくある。 いのうえさんに出会っていなければ役者になれていない。 あの人は信じられる人。 そうなんです。 そういえば当時、稽古場でマイケル・ジャクソンがいろんな雑誌に載っていて、みんなで読んでいたら、いのうえさんが急に元気をなくしたことがあって。 「どうしたんですか?」と尋ねたら、「マイケルは俺と同い年だ」ってめちゃくちゃ落ち込みはじめた。 「マイケルは世界を股にかけて活躍しているのに、俺は何をやっているんだ」と話すんです。 僕はそのときちょっと笑っちゃったんですよ、「え? 何を言っているんですか」って。 そういうことが多々あったんです。 『スター・ボーズ』(1983年)という舞台のとき、打ち上げで「今日の公演、ウケましたね」とみんなで盛り上がっていたんですけど、いのうえさんだけまたちょっと落ち込んでいたんです。 「俺はこの公演で奇跡が起きると思っていたんだ。 芝居の途中で観客が立ち上がって、コンサートのようにワーッと熱狂したり、一緒に踊り出したりするような舞台になるんじゃないかなって。 でも奇跡は起きなかった」と言い出して。 すごい!」と感じました。 大阪芸大のふたつ上の先輩に、いのうえひでのりという努力を忘れない天才がいて、いまだに演劇の第一線でやっている。 そして3つ下で大学に入れ替わるよう入ってきたのが、古田新太。 古田は古田で天才。 すごい時代だったんです。 今では、「いっけいさんはすごいですね」と持ち上げてくださる方がたまにいらっしゃいますが、全然持ち上がらないんですよね。 だって、いのうえひでのりや古田新太みたいなすごいやつらが周りにいるんで。 「俺よりも古田の方がおもしろいことをやっているでしょ」って、どこかで思ったりしている。 ただ、それは役者として良いことなんですよ。 彼らがいるから、僕はいつまでも天狗になる暇がない。 恵まれた環境でお仕事をやらせていただいています。 これからも、そういうなかで役者をやっていきたい。 Lmaga.

次の

渡辺いっけい初主演映画『いつくしみふかき』に著名人応援コメント第2弾

渡辺いっけい 結婚

もくじ• プロフィール 経歴 芸名 渡辺 いっけい わたなべ いっけい 本名 渡辺 一惠 わたなべ かずよし 生年月日 1962年10月27日 56歳 出生地 愛知県豊川市 旧・宝飯郡一宮町 身長 171cm 体重 62kg 血液型 B型 趣味 絵画 特技 剣道 所属事務所 イイジマルーム 愛知県立国府高等学校 大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科 実家は兼業農家、出身高校は 愛知県立国府高等学校 偏差値60 渡辺さん中学までは優等生だったので学校の先生に向いていると歴代担任に言われていたそうですが、高校に入って落ちこぼれてしまったので、先生になれと言われなくなったそうです。 なんで落ちこぼれしまったのか気になりますね、漫画にのめり込みすぎてしまったからとかでしょうか、先生になれと言われなくなって清々したのかそれとも寂しく感じたのかも気になります。 渡辺さん新感線に参加していたんですね知りませんでした、私てきにはかなり意外なことです。 映画・ドラマ・舞台の出演本数がハンパありません、特にドラマなんか物凄い数に出演していてます、これだけドラマに出演していると全部の役を覚えているということは無いですよね。 かつら疑惑もあるみたいですが、自称ズラハンターの私が今まで渡辺さんの髪に違和感を感じたことがないので、かつらじゃないと思うのですが・・・ 私が渡辺いっけいさんと言えば思い出すドラマの役は、 「京都地検の女」の太田事務官と「税務調査官・窓際太郎の事件簿」の世田谷南税務署の統括官と「明日の光をつかめ」のおいちゃん役でしょうか。 「京都地検の女」で事務官役が渡辺いっけいさんから替わってしまって、渡辺さんがいない違和感が凄いです。 渡辺さん自分の守備範囲さえこなせば、それでいいという考えで仕事をしていたそうですが、「京都地検の女」で名取裕子さんにチームで作品を作りあげる事の大切さを説かれて考え方を変えたそうです。 窓際太郎の事件簿では主演の小林稔侍さんを、いじる税務署統括官の渡辺さんと小林千春さん(稔侍さんの娘)の掛合いが絶品です。 「明日の光をつかめ」のおいちゃん役もハマリ役だと思います、2010・2011・2013と放送して、2012年と2014年は放送しませんでした、一説には渡辺いっけいさんのスケジュールの都合が合わなかったとかいう話もあります、 2015年は放送するのでしょうか?またおいちゃんに会いたいので是非作ってほしいです、明日の光をつかめ2015を。 2015年も明日の光の最新作は放送されませんでした、プロデューサーの方が言っていましたが、明日の光をつかめの最新作を作ろうと考えていたそうですが、 脚本や演出の方と話をするうちに、60代の青春ドラマ「プラチナエイジ」を作ることになったそうです。 明日の光をつかめを放送していたお昼のドラマ枠がなくなってしまったのですが、もう明日の光をつかめの続編はつくられないのでしょうか? このまま終わらすには勿体無すぎるので、スペシャルドラマでも良いので明日の光をつかめの最新作を是非作っていただきたい。 Sponsored Link 芸名の由来は? 学生時代に漫画家を目指していた時期があり、芸名の「渡辺いっけい」はその時使っていたペンネームで、名前を音読みしたものです。 小学校のころ友達にマンガを読んであげていたのが、役者になるための練習になったと語っています。 マンガ家を目指していただけあって、ドラマの撮影最中にもフレームや構図を考えたりするそうです。 渡辺さん監督とかやらないのでしょうか?そういうのも向いていると思うのですが、絵が上手いと思うのでバラエティなんか出ても受けそうですね。 嫁や子供は? 渡辺いっけいさん結婚しています、お相手は 声優の門間葉月 もんまはずき さんです、機動戦士ガンダムZZでキャラ・スーンの声を演じた方ですといえばわかる方にはわかると思います。 結婚した時期や出会った馴れ初めなどわかりません、子供がいるのかも調べましたがわかりませんでした、意図的に隠しているのかわかりませんが、プライベートの情報全くありません。 子供の頃から小さい子の面倒を見るのが好きだと言っているので、お子さんいたら物凄く子煩悩な父親なのでしょう。 門間葉月さんの情報もほとんどありません、ZZは1986年の作品ですそれ以降目立った活動していないようです。 私てきには、いっけいさんの奥さんがキャラ・スーンの声を演じた門間葉月さんと知ってびっくりしました、どのように出会ったのとか、いっけいさんはガンダム好きなのかやZZ見たのかとか気になることが多々あります。 最後に 2015年はドラマ「明日の光をつかめ」制作されませんでした、代わりに「プラチナエイジ」が作られました、2016年こそは「明日のひかりをつかめ」の新作が見たいものです、いっけいさんのおいちゃんに会いたい・・・ これからも渡辺いっけいさん沢山の映画や舞台やドラマに出演することでしょう、活躍が楽しみです。 よく二時間ドラマやドラマに出演している方々の記事です。

次の