ノルウェージャンフォレストキャット 値段。 ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット:性格や特徴、値段などをシンプルにまとめ!

ノルウェージャンフォレストキャット 値段

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の値段相場 ノルウェージャンフォレストキャットは、日本では特に人気の高い猫種の一つです。 恐らくとても美人な顔つきをしている子が多いのと、優雅な外見が人気の秘訣なのではないでしょうか。 人気が高いため、 取り扱っているペットショップやブリーダーは非常に多いです。 いくつかの店やブリーダーを比較することもできます。 入手自体は容易なため、ノルウェージャンフォレストキャットの 入手難易度は「簡単」です。 そんなノルウェージャンフォレストキャットの子猫の値段相場は以下になります。 購入元 値段 ペットショップ 20万~30万円 ブリーダー 15万~30万円 やはり とても人気が高い猫種ということもあって、値段は少し高めに設定されることが多いです。 ただ探せば比較的安価で譲ってくれるブリーダーさんなども存在しますので、是非探してみてください。 ノルウェージャンフォレストキャットの値段を決める要因 ノルウェージャンフォレストキャットは日本では人気が高い猫種ということもあり、比較的高価な値段設定がされていることが多いです。 そんなノルウェージャンの値段相場はどういった点で変わってくるのでしょうか。 以下のポイントによって値段は変わってきます。 性格の良さ• 容姿 月齢 当然ながら生まれてから 月日がまだあまり経っていない方が、値段は高くなる傾向にあります。 ペットショップなどで価格が安くなっている猫は、生後半年~1年ほどの子が多いようです。 ただ ノルウェージャンは成長期間が3~5年と長いため、生後半年くらいの子を買っても十分成長していくのを見ることは出来ます。 血統 親がキャットショーのチャンピオンなど、今後きれいになることが予想できる場合値段は高くなりやすいです。 性格の良さ 人に慣れることなく暴れる子と、人懐っこく優しい子なら後者のノルウェージャンがより高くなります。 ただ性格の良さというのは口では正直なんとでもいえます。 そのためブリーダーとペットショップどちらから買うにしろ、 しっかりと対面してどんな子か自分の目で見ることが大切です。 容姿 容姿と一口に言っても色んな意味合いがあります。 例えば顔がきれいであったり、被毛の模様がきれいに出ることが期待できるなどです。 こういった 様々な要因を基に判断し、よりきれいになりそうな子ほど高くなりやすいです。 スポンサーリンク ブリーダーとペットショップのメリット・デメリット 基本的には純血種の猫の入手方法はブリーダーかペットショップからの購入のどちらかになります。 当然どちらにもメリット・デメリットはあります。 ブリーダーからの購入のメリット・デメリット ブリーダーからの購入の場合、 「どんな様子をしているのか?」「どんな飼育環境をしているのか?」「親猫はどんな容姿か?」などを確認できるのがメリットになります。 欲しい猫の様子や飼育環境を確認できるのはもちろんのこと、成長した際にどんな容姿になるか親猫を見ることで想像しやすくなります。 一方 デメリットは「簡単に見学することが出来ない」ことなどです。 多くのブリーダーは個人宅で飼育を行っているため、気軽に見学に行くことは出来ません。 ペットショップからの購入のメリット・デメリット ペットショップの メリットは「基本いつでも見学できる」「飼育環境を見ることができる」ことなどになります。 ブリーダー宅へ見学に行くのと違って、一人のお客さんとしていつでも気軽に顔を出すことができます。 一方 デメリットは「感染症にかかりやすい」「社交性がない子が多い」ことなどです。 どうしてもペットショップでは様々な動物を展示している影響で、感染症にかかっている子は多いです。 また早い時期に親猫や兄弟猫から引き離されてしまう子がほとんどのため、社交性を身に着ける前に個別展示されてしまうケースが多いです。 ただブリーダーやペットショップどちらから購入するにしても、 大切なのは信頼できる人・店から購入することです。 良いブリーダー・ペットショップの選び方や、より詳しいメリット・デメリットは以下の記事にて詳しくまとめています。 里親制度の利用 上記のように購入するという以外にも、を利用することでノルウェージャンフォレストキャットを引き取ることもできます。 里親制度を利用する際は、基本的に購入費などはかけず無料で受け取ることができます。 しかしこれまでにかかったワクチン代などはかかります。 ただ里親制度を利用したいという方は、常に里子としてノルウェージャンが出ているわけではないというのを理解する必要があります。 実際に里親制度を利用して、ノルウェージャンを探したい方はを参考にしてみてください。 まとめ ノルウェージャンフォレストキャットはとても人気な猫種です。 そのため値段相場も高めに設定されていることが多いです。 基本的にはペットショップよりブリーダーから購入する方が安く、ブリーダーも数多いです。 値段が気になる方は一度自宅周辺のブリーダーさんに話を聞くようにしましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットについてより詳しく知りたい場合は、下の記事も確認してみてください。

次の

ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の値段相場とブリーダー・ペットショップの違い

ノルウェージャンフォレストキャット 値段

この記事でまとめたこと• ノルウェージャンフォレストキャットの歴史は? 「ノルウェージャン(Norwegian)」の名の通り、ノルウェーの森林地帯が原産の猫です。 起源ははっきりしていませんが、有力な説としては、8〜10世紀頃にバイキングによってトルコの長毛種の猫が北欧に持ち込まれたのが始まりとされています。 北欧神話に登場しており、雷神が猫を連れ去ろうとしたが大きすぎて持ち上げることができなかった話や、女神が2匹の大きな猫に車を引かせて走らせた話などのモチーフが、ノルウェージャンフォレストキャットであるといわれています。 キャットショーに登場したのは1930年代です。 第二次世界大戦中に絶滅の危機に瀕しましたが、ノルウェーのブリーダーたちによって危機を回避し、1970年代にヨーロッパで猫種として公認を受けました。 体長 40cm• 体重 3. 「ロング&サブスタンシャル」とよばれる筋肉質で骨太、前足より後足が長い腰高な体型をしています。 「つりぎみで大きなアーモンド型の目」「飾り毛の付いた大きめの耳」「首回りのワイルドな飾り毛」「先細りのふさふさの尻尾」も特徴のひとつです。 被毛の特徴 被毛は空気を含む長いオーバーコートと密に生えたアンダーコートの2種類の被毛から成り立っているダブルコートです。 雪や雨も弾くフサフサの被毛はノルウェーの寒さから体を守っています。 毛色は「ホワイト」「ブラック」「ブルー」「シルバータビー」「ブラウンタビー」「レッドタビー」などが認められています。 ノルウェージャンフォレストキャットの寿命や値段相場は? 寿命• ノルウェージャンフォレストキャット、多頭飼いは? ノルウェージャンフォレストキャットは多頭飼いに向く猫種です。 先住猫や犬、小さな子供がいても物怖じせず、興味津々で寄って行くほどフレンドリーな性格ですよ。 ストレスにも気をつける ただ、ノルウェージャンフォレストキャットはストレスに弱いので、多頭飼いをする際には環境作りに気を配ってあげてください。 猫にしては珍しいほど温厚で我慢強い性格ですが、縄張り意識が強い猫種でもあります。 多頭飼いにおいては年齢に関わらず先住猫がすべてにおいて優先権を持ちますので、飼い主は新しい猫に対しては二番手として対応するようにすることが、実な多頭飼いのコツでもありますよ。 詳しくは、「」をご確認ください。 モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はです。 アーテミス『オソピュア』 「アーテミス『オソピュア』」は、 良質な動物性タンパク質が摂取でき、ビタミンB1・カルシウム・カリウムなど猫に必要なビタミンやミネラルを多く含む「ガルバンゾー豆(ひよこ豆)」も使用されているためおすすめのキャットフードです。 また猫の身体にやさしいグレインフリー(穀物不使用)かつ無添加です。 「アーテミス『オソピュア』」についてさらに詳しくまとめた記事はです。

次の

【抜け毛・寿命・メインクーンとの違いなど】ノルウェージャンフォレストキャットについてまとめ!

ノルウェージャンフォレストキャット 値段

この記事でまとめたこと• ノルウェージャンフォレストキャットの歴史は? 「ノルウェージャン(Norwegian)」の名の通り、ノルウェーの森林地帯が原産の猫です。 起源ははっきりしていませんが、有力な説としては、8〜10世紀頃にバイキングによってトルコの長毛種の猫が北欧に持ち込まれたのが始まりとされています。 北欧神話に登場しており、雷神が猫を連れ去ろうとしたが大きすぎて持ち上げることができなかった話や、女神が2匹の大きな猫に車を引かせて走らせた話などのモチーフが、ノルウェージャンフォレストキャットであるといわれています。 キャットショーに登場したのは1930年代です。 第二次世界大戦中に絶滅の危機に瀕しましたが、ノルウェーのブリーダーたちによって危機を回避し、1970年代にヨーロッパで猫種として公認を受けました。 体長 40cm• 体重 3. 「ロング&サブスタンシャル」とよばれる筋肉質で骨太、前足より後足が長い腰高な体型をしています。 「つりぎみで大きなアーモンド型の目」「飾り毛の付いた大きめの耳」「首回りのワイルドな飾り毛」「先細りのふさふさの尻尾」も特徴のひとつです。 被毛の特徴 被毛は空気を含む長いオーバーコートと密に生えたアンダーコートの2種類の被毛から成り立っているダブルコートです。 雪や雨も弾くフサフサの被毛はノルウェーの寒さから体を守っています。 毛色は「ホワイト」「ブラック」「ブルー」「シルバータビー」「ブラウンタビー」「レッドタビー」などが認められています。 ノルウェージャンフォレストキャットの寿命や値段相場は? 寿命• ノルウェージャンフォレストキャット、多頭飼いは? ノルウェージャンフォレストキャットは多頭飼いに向く猫種です。 先住猫や犬、小さな子供がいても物怖じせず、興味津々で寄って行くほどフレンドリーな性格ですよ。 ストレスにも気をつける ただ、ノルウェージャンフォレストキャットはストレスに弱いので、多頭飼いをする際には環境作りに気を配ってあげてください。 猫にしては珍しいほど温厚で我慢強い性格ですが、縄張り意識が強い猫種でもあります。 多頭飼いにおいては年齢に関わらず先住猫がすべてにおいて優先権を持ちますので、飼い主は新しい猫に対しては二番手として対応するようにすることが、実な多頭飼いのコツでもありますよ。 詳しくは、「」をご確認ください。 モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はです。 アーテミス『オソピュア』 「アーテミス『オソピュア』」は、 良質な動物性タンパク質が摂取でき、ビタミンB1・カルシウム・カリウムなど猫に必要なビタミンやミネラルを多く含む「ガルバンゾー豆(ひよこ豆)」も使用されているためおすすめのキャットフードです。 また猫の身体にやさしいグレインフリー(穀物不使用)かつ無添加です。 「アーテミス『オソピュア』」についてさらに詳しくまとめた記事はです。

次の