ポケモン go ハイパー リーグ 最強 パーティー。 【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

【ポケモンGO】ハイパーリーグ最強ポケモンランキング【PvP対戦】

ポケモン go ハイパー リーグ 最強 パーティー

パーティを決める流れ 1:メインとなるポケモンを決める トレーナーバトルのパーティを作るためにはまずは軸となるポケモンを決めるのが大切。 対戦のパーティに入れて使いたいポケモンを1匹決定しよう。 今回は例としてチルタリスを選択する。 2:メインが苦手なタイプを補う 軸となるポケモンを決めたら、軸のポケモンが苦手なポケモンを倒せるポケモンを選ぼう。 今回例として選んだチルタリスはドラゴンタイプを持ち、フェアリータイプが苦手。 そのため、フェアリータイプの弱点をどく技でつけるアローラベトベトンを選択。 お互いの弱点タイプを補っているとベスト 2匹目のポケモンが持つ弱点タイプを、軸となるポケモンで補えているのが一番ベスト。 今回はアローラベトベトンが苦手とするじめんタイプ技に対して、チルタリスは強いポケモンとなっているためお互いに弱いところを補っている。 3:弱点を突けないタイプを探す 軸となるポケモンと、軸となるポケモンを補うポケモンで弱点をつけないポケモンを3匹目として選択しよう。 今回の場合は、鋼タイプに対して、有効にダメージを与えられる技を2匹とも覚えられないので、はがねタイプに強いじめんタイプで優秀なナマズンを選択。 4:実際のバトルをして試す パーティが完成したら実際のトレーナーバトルで使ってみよう。 苦手なタイプやポケモンが見つかったらパーティに入れているポケモンを変えるなどの調整を行い自分なりのトレーナーバトル用のパーティを作っていこう。 流行りを知るのも大切 3匹で すべてのパーティに勝てるようにするのは難しい。 対策するポケモンが複数いて迷った場合は、よく使われているポケモンを優先して対策を行っていくのがおすすめ。 みんなが使っているポケモンや技などをよく覚えておこう。

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

ポケモン go ハイパー リーグ 最強 パーティー

AppBank. netに掲載されている『』の記事下部には、疑問点や書いて欲しいネタを読者の皆様からお送りしていただけるよう「」が設置されているのですが、先日こんなご要望が寄せられていました。 シャドウポケモンパーティで、トレーナーバトルをやってみた記事が見たいです。 よし! やりましょう!!!!! (貴重なご意見ありがとうございました!) というわけで、シャドウポケモンを育成してGOバトルリーグに潜入してみました。 まさか、あのポケモンがあんなに凶悪だなんて……。 シャドウポケモンをゲットするところからスタートしてしまうと、筆者の気力が持たない(おいがんばれ)ので、とりあえず手持ちのシャドウポケモンのなかから無理矢理使用ポケモンを選出してみることに。 いざ実戦! あまえる悪魔サーナイト降臨 いよいよ実戦。 実際どのくらいのペースでダメージを与えているのかをわかりやすくするために動画での紹介です。 相性がいい相手だったというのもありますが、 1匹で3匹のポケモンを撃破してしまいました……。 動画での撮影はできていませんが、 シールドさえあればマリルリとも殴り合えてました……。 恐ろしいのが 通常技しか使用していないという点。 サイコキネシスやシャドーボールを覚えさせておけば、相手のシールドを削ったり、場合によっては 一撃必殺級のダメージを与えることも可能なので、 まだまだ伸びしろはありそうです。 シャドウサーナイト使ってみた。 したでなめるとのしかかりという、軽めの技の猛ラッシュで確実に相手ポケモンのHPを削り取っていきます。 シールドがなくてもある程度攻撃を耐えることが可能な点も素晴らしいですね。 実際このパーティでプレイしてみると、サーナイトをみた相手トレーナーが フシギバナやレジスチルやエアームドに交代するという動きが多く、 後出しでリザードンを出して一気に攻めて勝利というパターンが多かったような印象。 シャドウリザードンも強い。 勝率も5〜6割で安定していたので、 ステータス厳選や技の解放を進めていけば更に強力に運用できそう。 シャドウポケモンを使用する上での 最大のデメリットである「やつあたり」を変更できないという点も、今後のイベントで一時的に変更可能になるとのことなので、今後のGOバトルリーグではシャドウポケモンが流行しそうですね。

次の

【ポケモンGO】あまえるシャドウサーナイトが最強すぎる! シャドウパーティでGOバトルリーグをプレイしてみた!(リクエスト回答)

ポケモン go ハイパー リーグ 最強 パーティー

ギラティナ アナザー ,レジスチル,ラグラージ ギラティナ アナザー レジスチル ラグラージ ゴースト ドラゴン はがね みず じめん SCP:2804 SCP:2843 SCP:2514 総評 ギラティナと レジスチルは SCPが高く相性補完が良い(ギラティナが弱いフェアリー・氷タイプにレジスチルが強く、レジスチルが弱い格闘・炎タイプにギラティナが強い)。 ただしその二体だとハガネール・レジスチルといった 鋼タイプへのケアが甘いので ラグラージで補っている。 オプション ギラティナ・レジスチル・ラグラージといった 環境のトップメタを対策したい場合はギラティナまたはラグラージを ギャラドスにする選択肢もある。 レジスチル,メガニウム,ギラティナ アナザー レジスチル メガニウム ギラティナ アナザー はがね くさ ゴースト ドラゴン SCP:2843 SCP:2527 SCP:2804 総評 SCPが高く技範囲が優秀な レジスチルを中心に組んだパーティ。 二体目にはレジスチルが弱い ラグラージ・ニョロボンなどへのケアとして メガニウムを採用。 メガニウムが弱いトゲキッス・フシギバナにレジスチルが強いのでこの二体は相性が良い。 ただし、この二体では 炎・格闘タイプへのケアが甘いため三体目にSCPが高くタイプが優秀な ギラティナを採用した。 オプション 相手の フリーザー・リザードンを意識する場合はギラティナのかげうちを げんしのちからにする選択肢もある。 クレセリア,レジスチル,ラグラージ クレセリア レジスチル ラグラージ エスパー はがね みず じめん SCP:3027 SCP:2843 SCP:2514 総評 SCPが高く技範囲が優秀な クレセリアを中心に組んだパーティ。 二体目にはクレセリアが弱い レジスチル・ベトベトン アローラ へのケアとして ラグラージを採用。 三体目にはここまで一貫している相手の ギラティナとフェアリー・草タイプへのケアとして レジスチルを採用した。 オプション クレセリアの技構成は環境上位のギラティナとラグラージの両方に弱点をつける構成となっているが、 フシギバナやリザードンを意識する場合はくさむすびを みらいよちにする選択肢もある。 トゲキッス,カビゴン,ラグラージ トゲキッス カビゴン ラグラージ フェアリー ひこう ノーマル みず じめん SCP:2482 SCP:2736 SCP:2514 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに強い トゲキッスを中心に組んだパーティ。 二体目には トゲキッスとの相性補完が良い ラグラージを採用(トゲキッスが弱い鋼・岩・電気タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにトゲキッスが強い)。 三体目には トゲキッスと合わせてギラティナの通常技の一貫を切りつつ高いSCPでパーティ全体の耐久力をケアできる カビゴンを採用した(ギラティナのりゅうのいぶきはトゲキッス、シャドークローはカビゴンが有利に戦える)。 オプション フシギバナに強くしたい場合はカビゴンを ベトベトン アローラ にする選択肢もある。 ハガネール,フシギバナ,ニョロボン ハガネール フシギバナ ニョロボン はがね じめん くさ どく みず かくとう SCP:2725 SCP:2519 SCP:2575 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに対して圧倒的に強い ハガネールを中心に組んだパーティ。 二体目には ハガネールと相性補完の良い フシギバナを採用(ハガネールが弱い水・地面・格闘タイプにフシギバナが強く、フシギバナが弱いエスパータイプやギラティナにハガネールが強い)。 この二体だと ベトベトン アローラ ・ラプラスなどへのケアが甘いため三体目には ニョロボンを採用した。 またニョロボンが弱いエスパータイプにハガネール、フェアリータイプにフシギバナがそれぞれ強いのでこの二体との相性補完も良い形となっている。 ピクシー,リザードン,ニョロボン ピクシー リザードン ニョロボン フェアリー ほのお ひこう みず かくとう SCP:2470 SCP:2383 SCP:2575 総評 ハイパー環境でトップメタの ギラティナに強い ピクシーを中心に組んだパーティ。 二体目にはピクシーが弱い レジスチル・フシギバナに強く出られる リザードンを採用。 リザードンが苦手なギラティナにピクシーが強いのでこの二体の相性補完は良い。 三体目にはリザードンが隙を見せる 水タイプへのケアとして水ミラーで強い ニョロボンを採用した。 ニョロボンは鋼タイプにも強いのでピクシーとも相性が良い。 オプション ニョロボンが弱い クレセリアなどのエスパータイプをケアしたい場合はリザードンを バクフーンにする選択肢もある。

次の