産屋敷。 鬼滅の刃|産屋敷輝哉の痣は病気のせい?お館様と呼ばれるほどの強さについても

【鬼滅の刃】鬼殺隊のお館様こと産屋敷耀哉を考察!

産屋敷

産屋敷輝哉は余命いくばくもない自分を 囮に使い、ラスボス・鬼舞辻無惨をおびき寄せます。 目の前に現れた鬼舞辻無惨に動揺せず、たんたんと話をする産屋敷輝哉。 産屋敷輝哉の言葉に、奇妙な懐かしさや安堵感を感じて鬼舞辻無惨は周囲の状況に疑問に思っていた。 屋敷には四人しか人間がいない。 逆に言えば、四人も人間がいる。 その四人は、産屋敷輝哉とその妻、そして二人の娘。 産屋敷輝哉は、鬼舞辻無惨の夢は「(本人の肉体的な)不滅」だと言い当てるも、それは叶わないと言う。 そして・・・ 鬼舞辻無惨を巻き込みながら、四人は爆発によって死亡します。 自分たちの命をもって、鬼舞辻無惨に攻撃をする隙を作るために……。 しかし鬼舞辻無惨の体は再生を始める。 そこに他の柱もすぐに集まり、一斉に攻撃をしかける! ついに最終決戦が幕を開ける!! 自分も家族も死ぬことを加味した作戦だった…! これは全て産屋敷輝哉の計画通り。 自分のことは直接殺しに来るだろうと先読みし、珠世の高度な科学医療で時間を稼ぐ。 そして最も信頼する柱にだけ作戦を伝え、爆発直後の奇襲をお願いする。 さらには鬼舞辻無惨は日光でしか倒せないことも読んでおり、他の柱も召集させ朝日が昇るまで全員で時間を稼ぐ ・・・という徹底ぶり。 さすが鬼殺隊の当主だと思われますね。 これまで鬼に居所がバレなかったのも、きっと産屋敷輝哉のおかげだったのでしょう。 ここでのシーンはさすがの僕も驚きました……! まさか、妻子も一緒に爆発で死ぬなんて。 鬼舞辻無惨が「妻と子供は承知の上だったのか?」と困惑していましたが、まさに同じ気持ちです。 きっと承知の上だったのでしょうけど、すさまじい家族ですね。 鬼舞辻を完全に油断させ、寿命わずかな自分の命を燃やして足止め、そのあとすぐ最大戦力で一気にたたく。 かたきを討つために攻撃力を増す柱たち。 これほどムダのない計画はみたことがありません・・・! 産屋敷輝哉とはいったいどんな人物? 鬼殺隊の当主であり、産屋敷一族の長。 年齢は23歳と若く、その年になる前から現在の柱にあたる人物たちに接触し、心の拠り所として支えていました。 とても温厚な優しい性格で、隊士のことを心から愛しており、戦死してしまった隊士の墓参りは足腰が立たなくなるまで欠かさず行っていました。 墓参りだけでなく、今際の際の隊士のもとに顔を出して励ますなど、家族を亡くした隊士にとって父親同然の存在です。 鬼舞辻無惨のように力で部下を支配しようせず、隊士の心に寄り添うことで結束を高めている。 まさに鬼舞辻無惨の悪いところを剥ぎ取ったような善人です。 こんな上司がいたら僕も絶対に尊敬するし、そばに付いていきたくなりますね。 圧倒的なカリスマ 柱の9名はそれぞれ個性的で癖の強いキャラクターばかり。 その柱たちに尊敬されるほど、産屋敷輝哉のカリスマはすごいです。 「あの方はいつも、その時人が欲しくてやまない言葉をかけてくださる人だった」 きっと他の柱も同じように思っているのでしょう。 圧倒的な力をもつ柱にも、精神的に弱い部分は必ずあります。 その弱さに負けそうになった時、前に進めるよう産屋敷輝哉は導いてきたのでしょうね。 相手がどんな気持ちなのか、どんな言葉を求めているのか、それが分かる人は少ないのではないでしょうか? 人は自分の話を聞いてほしいと思ってしまうものです。 自分を二の次にして、相手の話に耳を傾けるのは意識しても難しい。 それができる産屋敷輝哉は、まさに天性のカリスマ持ちだということでしょう。 そのきっかけとは、鬼舞辻無惨を一族から生み出してしまったこと。 当時、「20歳まで生きられない」と宣告されるほど病弱だった鬼舞辻無惨は、ある医者の投与した薬で鬼へと変質します。 それから鬼舞辻無惨は、自分の目的のために多くの人間の命を奪いました。 それが理由で、産屋敷一族の子供はみな病弱で短命になってしまった。 だから産屋敷一族はその想いで鬼舞辻無惨を追い続けている・・・・・・千年以上も。 病の進行を執念で抑える その呪いは産屋敷輝哉も例外ではなく、若くしてすでに 病が進行しています。 とうとう歩くこともできなくなり、産屋敷ボンバーの半年前に「あと数日の命」だと医者に宣告されます。 それでも「鬼舞辻無惨を倒す」という一心で、どうにか生きながらえている。 それがどれほどの覚悟なのか、妻子共々自爆をしたのを考えれば、いまさら想像するまでもありませんね。 鬼舞辻無惨への底なき殺意 産屋敷輝哉は感情の動きがゆるやかな人ですが、 炭治郎たちが上弦の陸を倒したという知らせがきたときは珍しく感情が高ぶっていました。 「お前は必ず私たちが私の代で倒す」 苦しくて血反吐を吐いても、産屋敷輝哉は気持ちを抑えられない。 これまで表に出してこなかった 「鬼舞辻無惨を倒す」という執念が溢れ出ていて、僕は少し狂気を感じました。 優しい心と、鬼舞辻無惨への憎悪が同居しているんだなと。 炭治郎と禰豆子が生み出した波紋 上弦の鬼は百年もの間ずっと変わらず、何人もの剣士が殺されてきました。 炎柱・煉獄さんも猗窩座に殺されてしまいましたし、条件が悪ければ柱でも負けてしまうことが分かりますね。 その兆しを作り出したのが、炭治郎と禰豆子。 炭治郎は始まりの呼吸・日の呼吸を継承し、禰豆子は鬼でありながら鬼舞辻無惨の呪いだけでなく太陽まで克服した。 二人が産屋敷一族の呪いを解いてくれる展開が、いつかくるのでしょうか……。 産屋敷耀哉の能力 自分も戦おう、とみずから剣を習ったこともあるお館様。 才能がないため断念しましたが、リーダーとしては・・・彼の、また一族特有の別の能力のほうが、適切だと悟ったのでしょう。 それも強烈すぎる能力。 稀有な声質 産屋敷輝哉の声音や動作の律動は、話す相手を心地よくさせ、聞く者に安らぎと高揚感を与えます。 たしかに、お館様にぴったりの能力ですよね。 ちなみに、実際この声質を持っていた有名人といえば故・美空ひばりさん。 彼女が「昭和の歌姫」と呼ばれた理由の一つなんですね。 直感 またお館様にはもう一つ凄まじい能力があります。 この能力は お館様特有のものではなく、産屋敷一族特有のものらしいです。 この能力によって産屋敷一族は財を成し、幾度もの危機を回避してきました。 そして、この能力があったからこそ、鬼舞辻無惨の襲撃を予測し、決死の作戦を立てることができたということですね。

次の

【鬼滅の刃】産屋敷家についてまとめてみた【鬼殺隊当主の一族】|サブかる

産屋敷

産屋敷家の妻は無表情だが超美人! 産屋敷家は呪いから延命のために代々結婚する相手が決まっており、産屋敷には「あまね」という名前の妻がいました。 この妻が超が付く程の美人!炭治郎にいたってはあまりの美しさに妖精か何かと思ってしまったようです。 ただし表情は硬く全くの無表情。 それでも日々弱っていく産屋敷をそばで最後まで支えました。 産屋敷が身動き出来なくなった時には代理を務める事も 鬼殺隊では半年に1度の頻度で柱合会議というものが開かれ、産屋敷を中心にして意見の交換が行われていました。 しかし産屋敷の病状が悪化し身動きが出来なくなってしまうとその代理としてあまねが務める事になります。 その際も柱たちは何も反論せずお館様である産屋敷の身体を気遣っていました。 炭治郎の威勢に良さには産屋敷もにっこり 笑 「無惨を倒す!」その大きな目標を持っている炭治郎ですが、色々と難易度の高い目標を語る炭治郎に対し産屋敷は目を細めて笑顔で優しく今の炭治郎には出来ないと言いました。 この時の子供の表情はまさに目を丸くした顔 笑 その場にいた甘露寺も笑いをこらえる事に必死でした。 笑顔の産屋敷は珍しくありませんが、ここまで笑う姿はとてもレアです。 産屋敷の子供は5人!跡取りの男の子も。 産屋敷には合計で5人の子供がいました。 その子供たちはみんな同じような顔をしており着物も髪飾りも似たものを身につけています。 その中で1人、髪の黒い子供がおり他の子と同じく着物を着て髪形や髪飾りも似たものを付けているのですが、その子だけは男の子であり産屋敷家の跡取りという事になります。 念願だった上弦を倒した事により興奮する産屋敷 天元と炭治郎たちが上弦の陸である妓夫太郎を倒した報告を受けた産屋敷は吐血して苦しそうになりながらも珍しくかなり興奮した様子を見せます。 それもそのはず、鬼殺隊は上弦の鬼を100年以上も倒す事が出来ずにいたのです。 祈願でもある無惨の討伐、それに大きく一歩近づいたと感じたからこそ産屋敷はこれほど興奮したのでしょう。 無惨を倒す為に起きた産屋敷の壮絶な最後…… 無惨が産屋敷の屋敷を突き止め産屋敷の元へやってきた日。 産屋敷には先見の明がありその事を一足先に察知していました。 そして動かぬ身体で無惨に対抗する為にとった策が自分たち家族もろともの自爆。 自分だけでなく妻と娘2人を巻き込み産屋敷は自爆して柱たちが集まるまでの時間を稼ぐのでした。 家族を巻き込んでの自爆は最初から織り込み済み 無惨が屋敷に到着した時点でこの屋敷には産屋敷と妻・子供2人だけしかいない事に気づいています。 これがもし産屋敷1人だけならば無惨はもっと警戒したでしょう。 しかし傍には妻・庭では無邪気に遊ぶ子供たち。 無惨も何か居心地の良さを感じてしまう程でした。 しかしその場に跡取りとなる息子はおらず、産屋敷は最初から跡取りを残して自爆するつもりだったのかもしれません。 岩柱である悲鳴嶼行冥にだけ最後の作戦を伝えていた産屋敷 産屋敷自身を囮にして無惨を倒す作戦。 本来なら柱合会議で話し合って決めなければならない様な重大な作戦なのですが、産屋敷はこの事を悲鳴嶼行冥にしか伝えていませんでした。 理由は自分を慕う柱たちが絶対に反対するから。 (柱の中には護衛を付けるべきという話もあった)この作戦を悲鳴嶼にだけ伝えたという事はそれだけ彼を信頼しての事だったのでしょう。 産屋敷自爆の瞬間の柱たちは…… 事前に囮作戦を知らされていなかった柱たちは無惨の襲撃を知らされ慌てて屋敷へ駆けつけようとします。 しかし目前で産屋敷は自爆。 燃え上がる炎を前に呆然とする者や唖然とする者がなすすべなく固まってしまいました。 産屋敷耀哉、享年23歳 産屋敷家の人間は同じ血筋である無惨が鬼になった事で呪いを受け30歳までも生きてはいけない様な病弱な身体でした。 耀哉も例外なく今回の自爆が無くとも30歳までは生きられなかったでしょう。 それでも最後に23歳と知った時にはそんな年齢であれだけの決断をしてきたことに驚きました。 短命の党首、産屋敷耀哉まとめ。 生まれながらにして無惨の影響で呪いを受け長くは生きられない運命だった産屋敷。 それでも最後まで無惨に抗い戦い続けた姿はさすがと言えるでしょう。 産屋敷は死んでしまいましたが次は彼を慕っていた柱たちの反撃がどうなっていくのか今後の展開に目が離せません。

次の

【鬼滅の刃】産屋敷の5人の子ども名前は?跡取りは誰?|おさるの空飛ぶリンゴの見つけ方!

産屋敷

産屋敷輝哉は余命いくばくもない自分を 囮に使い、ラスボス・鬼舞辻無惨をおびき寄せます。 目の前に現れた鬼舞辻無惨に動揺せず、たんたんと話をする産屋敷輝哉。 産屋敷輝哉の言葉に、奇妙な懐かしさや安堵感を感じて鬼舞辻無惨は周囲の状況に疑問に思っていた。 屋敷には四人しか人間がいない。 逆に言えば、四人も人間がいる。 その四人は、産屋敷輝哉とその妻、そして二人の娘。 産屋敷輝哉は、鬼舞辻無惨の夢は「(本人の肉体的な)不滅」だと言い当てるも、それは叶わないと言う。 そして・・・ 鬼舞辻無惨を巻き込みながら、四人は爆発によって死亡します。 自分たちの命をもって、鬼舞辻無惨に攻撃をする隙を作るために……。 しかし鬼舞辻無惨の体は再生を始める。 そこに他の柱もすぐに集まり、一斉に攻撃をしかける! ついに最終決戦が幕を開ける!! 自分も家族も死ぬことを加味した作戦だった…! これは全て産屋敷輝哉の計画通り。 自分のことは直接殺しに来るだろうと先読みし、珠世の高度な科学医療で時間を稼ぐ。 そして最も信頼する柱にだけ作戦を伝え、爆発直後の奇襲をお願いする。 さらには鬼舞辻無惨は日光でしか倒せないことも読んでおり、他の柱も召集させ朝日が昇るまで全員で時間を稼ぐ ・・・という徹底ぶり。 さすが鬼殺隊の当主だと思われますね。 これまで鬼に居所がバレなかったのも、きっと産屋敷輝哉のおかげだったのでしょう。 ここでのシーンはさすがの僕も驚きました……! まさか、妻子も一緒に爆発で死ぬなんて。 鬼舞辻無惨が「妻と子供は承知の上だったのか?」と困惑していましたが、まさに同じ気持ちです。 きっと承知の上だったのでしょうけど、すさまじい家族ですね。 鬼舞辻を完全に油断させ、寿命わずかな自分の命を燃やして足止め、そのあとすぐ最大戦力で一気にたたく。 かたきを討つために攻撃力を増す柱たち。 これほどムダのない計画はみたことがありません・・・! 産屋敷輝哉とはいったいどんな人物? 鬼殺隊の当主であり、産屋敷一族の長。 年齢は23歳と若く、その年になる前から現在の柱にあたる人物たちに接触し、心の拠り所として支えていました。 とても温厚な優しい性格で、隊士のことを心から愛しており、戦死してしまった隊士の墓参りは足腰が立たなくなるまで欠かさず行っていました。 墓参りだけでなく、今際の際の隊士のもとに顔を出して励ますなど、家族を亡くした隊士にとって父親同然の存在です。 鬼舞辻無惨のように力で部下を支配しようせず、隊士の心に寄り添うことで結束を高めている。 まさに鬼舞辻無惨の悪いところを剥ぎ取ったような善人です。 こんな上司がいたら僕も絶対に尊敬するし、そばに付いていきたくなりますね。 圧倒的なカリスマ 柱の9名はそれぞれ個性的で癖の強いキャラクターばかり。 その柱たちに尊敬されるほど、産屋敷輝哉のカリスマはすごいです。 「あの方はいつも、その時人が欲しくてやまない言葉をかけてくださる人だった」 きっと他の柱も同じように思っているのでしょう。 圧倒的な力をもつ柱にも、精神的に弱い部分は必ずあります。 その弱さに負けそうになった時、前に進めるよう産屋敷輝哉は導いてきたのでしょうね。 相手がどんな気持ちなのか、どんな言葉を求めているのか、それが分かる人は少ないのではないでしょうか? 人は自分の話を聞いてほしいと思ってしまうものです。 自分を二の次にして、相手の話に耳を傾けるのは意識しても難しい。 それができる産屋敷輝哉は、まさに天性のカリスマ持ちだということでしょう。 そのきっかけとは、鬼舞辻無惨を一族から生み出してしまったこと。 当時、「20歳まで生きられない」と宣告されるほど病弱だった鬼舞辻無惨は、ある医者の投与した薬で鬼へと変質します。 それから鬼舞辻無惨は、自分の目的のために多くの人間の命を奪いました。 それが理由で、産屋敷一族の子供はみな病弱で短命になってしまった。 だから産屋敷一族はその想いで鬼舞辻無惨を追い続けている・・・・・・千年以上も。 病の進行を執念で抑える その呪いは産屋敷輝哉も例外ではなく、若くしてすでに 病が進行しています。 とうとう歩くこともできなくなり、産屋敷ボンバーの半年前に「あと数日の命」だと医者に宣告されます。 それでも「鬼舞辻無惨を倒す」という一心で、どうにか生きながらえている。 それがどれほどの覚悟なのか、妻子共々自爆をしたのを考えれば、いまさら想像するまでもありませんね。 鬼舞辻無惨への底なき殺意 産屋敷輝哉は感情の動きがゆるやかな人ですが、 炭治郎たちが上弦の陸を倒したという知らせがきたときは珍しく感情が高ぶっていました。 「お前は必ず私たちが私の代で倒す」 苦しくて血反吐を吐いても、産屋敷輝哉は気持ちを抑えられない。 これまで表に出してこなかった 「鬼舞辻無惨を倒す」という執念が溢れ出ていて、僕は少し狂気を感じました。 優しい心と、鬼舞辻無惨への憎悪が同居しているんだなと。 炭治郎と禰豆子が生み出した波紋 上弦の鬼は百年もの間ずっと変わらず、何人もの剣士が殺されてきました。 炎柱・煉獄さんも猗窩座に殺されてしまいましたし、条件が悪ければ柱でも負けてしまうことが分かりますね。 その兆しを作り出したのが、炭治郎と禰豆子。 炭治郎は始まりの呼吸・日の呼吸を継承し、禰豆子は鬼でありながら鬼舞辻無惨の呪いだけでなく太陽まで克服した。 二人が産屋敷一族の呪いを解いてくれる展開が、いつかくるのでしょうか……。 産屋敷耀哉の能力 自分も戦おう、とみずから剣を習ったこともあるお館様。 才能がないため断念しましたが、リーダーとしては・・・彼の、また一族特有の別の能力のほうが、適切だと悟ったのでしょう。 それも強烈すぎる能力。 稀有な声質 産屋敷輝哉の声音や動作の律動は、話す相手を心地よくさせ、聞く者に安らぎと高揚感を与えます。 たしかに、お館様にぴったりの能力ですよね。 ちなみに、実際この声質を持っていた有名人といえば故・美空ひばりさん。 彼女が「昭和の歌姫」と呼ばれた理由の一つなんですね。 直感 またお館様にはもう一つ凄まじい能力があります。 この能力は お館様特有のものではなく、産屋敷一族特有のものらしいです。 この能力によって産屋敷一族は財を成し、幾度もの危機を回避してきました。 そして、この能力があったからこそ、鬼舞辻無惨の襲撃を予測し、決死の作戦を立てることができたということですね。

次の